今回、世界を揺るがしているトヨタリコ−ル問題。「いつかはクラウンに!」こんな キャッチコピーで様々な成功を夢見て日々努力し、成功したら成功者の証し、トヨタ クラウンに乗ろうと昭和時代の経営者はみな夢見たものだ。道路を走っているクラウン を見れば「オッ、クラウンだ!どこの社長だろう?」「俺もいつかは、、」そんな 一時代を築いたトヨタ。それから30年が経過してもトヨタは世界を君臨していた。 常に世界をリードし、安全神話が生まれる程に安全快適で最新技術を売りにしてきた トヨタ。しかし、今回のトヨタは対応が遅過ぎた。早くから多方面のユーザーから疑問 の声や問い合わせが有り、社内からの疑問にさえ疑いの目を持たず、誰一人とし て検証しようとしなかった。やがて現実に事故が発生し、その件数が目に余る声となって 現れ、社内からも疑問の声が上部にあがったのに、対応が表面化しなかった。 実は経営陣にはこの問題点と原因が判明していた。しかしリコールを恐れた。 問題が明確で有る事は知っていた。しかし、様々な箇所への影響を考え、対応を先送り した結果で、まるで民主党が行なっている鳩山政権の対応に似ている。 何が問題で、どんな対応するのが正解かも知りながらリコール宣言ができずにいる鳩山 政権。マニュフェストの限界、沖縄米軍基地問題、医療医師不足、自殺予備軍への 対応、貧困者救済の対応、子育て問題、保育園や幼稚園不足による待機児童問題、 などなど。「対応できないでいるのは予算が無い事」税収入の不足、埋蔵金を捻出 できなかった事など収入が無いのに、更に国債と言う借金を増やしてまでも 「消費税増税しない宣言」で自分の首を絞めている。政権交代してまだ4か月だが、 今の予算不足を解消する『定期預金の満期』と言う具体的な解決方法が存在しない 以上、このままダラダラと政権運営するより、予算不足の現状を認めるべきでは無い のか?国民の誰もが、予算不足を理解している筈。国民が不安を抱くのは、このまま 信じて政権を任せてれば、国民の生活が良くなるかの様に期待させておき、結局は 『ダメでした』と突き離された時の国民のショックと国力の衰えと世界経済からの 信用失墜が怖い。それこそ、遅過ぎたトヨタリコール対応にならなければ良いが、、
★★━━━━★★
【フィリピン宅地】 購入希望&問合わせ Q&A
【防犯パソコンサイト】 <催涙スプレ> <伸縮警棒> <防弾チョッキ> <レンタス-ツケース> <スタンガン> <その他>
【防犯携帯サイト】 <女性の防犯用品>
【メール独占広告】 サーチTokyo-Japan
【恋愛小説(純愛)】 『 愛する故に・・』