2018年12月18日

The Battle of Little Bighorn

ワイオミング州つづきですが

おや?モンタナのイエローストーン川の下に隠れていて見えなかったビッグホーン川。
「リトルビッグホーンの戦い」の地にちょっと戻って。
map
  3
Custermovements
♪リトルビッグホーンの戦いの話を聞いたことあるだろうか?
見た人の口々から・・
わたしはその寒くて宿命的な朝にそこにいたのだ
カスター将軍とその血まみれの虐殺を♪






candy





houseband at 11:02|PermalinkComments(2)

2018年12月17日

Lights of Laramie

地図上の川巡り、カントリーご当地ソング探し

ワイオミング州のつづきです
3
Someday soonの作者でもあるカナダのIan Tysonの曲がありました。

♪一体全体 僕はどうしちゃったんだろう
こんな日が来るなんて思わなかった
ロデオから解放されて
僕は家に向かっていた

今、ララミーの灯りを探しているんだ
君をこんなに想っているなんて
ララミーにいる君がもし僕を受け入れてくれるなら
もう僕はけして君を離さないよ
Girl  もう僕はけして君を離さないよ♪



candy





houseband at 08:10|PermalinkComments(0)

2018年12月16日

ありがとうございました

この一年もあっという間でしたが、
本年もご愛顧いただきありがとうございました。
3

来年も益々、皆様に楽しんでいただけるよう
頑張ってまいりますので
何卒よろしくお願いいたします


PC150007
PC150005
PC150121

ブログは引き続きアップいたします




houseband at 08:33|PermalinkComments(2)

2018年12月14日

12/15(土)はライブです

寒くなってまいりましたね~
明日はライブです

動く!フィギュアスケートガール

カントリーソングライブでお楽しみくださいませ

メンバー・スタッフと共に皆様のお越しお待ちしております





houseband at 08:34|PermalinkComments(0)

2018年12月13日

The Man from Laramie ララミーから来た男

ワイオミング州のつづきです
3

1955年西部劇。昨日のララミー牧場より前の作品。
6
♪ララミーから来た男
気立てのいい男だった
愛嬌があってフレンドリーな男だった
どんな人とも仲良くなれた
だけどこんなに早く銃を抜く奴をみんな見たことなかった
ララミーから来た男

・・・

彼は女性を惹きつける魅力があった
女性たちは彼の神秘的な雰囲気を愛した♪



candy




houseband at 08:00|PermalinkComments(2)

2018年12月12日

ララミー牧場

ワイオミング州のつづきです

シャイアンのご当地ソングまだまだありますが、
ノース・プラット川に囲まれるようにララミー一帯が見えます。
日本でも放映されていた「ララミー牧場」の舞台。
3

このテーマ曲長いですが、放映の時はカットしていたのでしょうか・・・?
日本版デューク・エイセス テーマ


アメリカ版 歌は入っていなかったのですね。



candy



houseband at 08:00|PermalinkComments(2)

2018年12月11日

She Wants a Cowboy

ワイオミング州のつづきです

このDustin Lynchはナッシュビル生まれのシンガーソングライター。
少年の頃から弾き語りなどで、ナッシュビルで演奏していた方とか。

♪おしゃれなネクタイ pinstripe 縦縞のスーツ
ゴールドのカフスボタン
だけど彼女はブーツが好きなのさ
彼女はカウボーイがいいんだ

ニューヨーク ソーホーのアパート
ウォール街 きれいに後ろになでつけた髪
だけど彼女はハットが好きなんだ
彼女はカウボーイがいいんだ


広い所で 彼と馬に乗って
思いっきり自由に シャイアンの風に吹かれ 
彼女はローピングやテキサスや
煙がかった彼の声を夢見ているんだ
彼女はカウボーイがいいんだ♪



candy


houseband at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年12月10日

Rodeo Cowboy

ワイオミング州のつづきです


続きましてRodeo Cowboyに恋してしまった女性の気持ち


♪私はワイオミン、シャイアンのロデオで彼に出会ったの
おさげしていた13才のまだ子供の頃よ
その日私は 彼がmidnightと呼んでいた馬に乗っているのを応援していた
私いつかRodeo Cowboyの恋人になりたいと誓って
彼をデンバーまで追いかけたの
私たち いい友達になって
射撃の話や 彼が殺されそうになった話など
笑って私に話してくれたわ
だけど彼は次の街、次のロデオへと気もそぞろ

彼はカウボーイ 大会へと巡り廻る
賞金の出るところを探し求め
彼の持ち物は 馬と銀の鞍だけ
Rodeo Cowboy  彼は決してじっとしていない♪



candy



houseband at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年12月09日

Ridin' The Rodeo

ワイオミング州のつづきです

馬から落ちて落馬して 筋肉痛が痛くて 後で後悔する

1280px-Map_of_USA_with_state_names.svg

♪夜通し何マイルも運転して
アクセル踏みっぱなしで聴くラジオ
シャイアンからサンアントンまで3日間かかった
それがロデオ乗りの生活

背中の痛みで動きが鈍くなっているんだ
だけどオクラホマでbarrel raceがあって
(ドラム缶の回りを馬に乗って早さを競う男女競技)
家庭料理で癒されたよ
それがロデオ乗りの生活

Ride Cowboy ride 乗れカウボーイ 乗り続けるんだ
生きるために
ダイナマイトに座っている 8秒間は長い
放り投げられたら お金はパーさ
それがロデオ乗りの生活♪

Vince Gill



candy





houseband at 08:00|PermalinkComments(2)

2018年12月08日

Cheyenne

ワイオミング州のつづきです

こんな古い歌を見つけました!


♪昔 ワイオミングの辺りじゃ
コヨーテうろつき 夜風吹きすさぶ
カウボーイの元気な「Hello」の声が
谷間を下ってこだました

乙女がやって来て甘い言葉を返せば
カウボーイは宙にハットを飛ばし
「君をここから連れ出しに来たんだ
シャイアンは遠いって言うけれど
そこは牧師がいるんだ」
彼女伏し目がち とってもシャイな彼女
オーオーオー

Shy Ann Shy Ann 僕の馬の後ろに乗って
二人の部屋はあるよ
セレモニーは後だが
家に行こう 僕の馬で シャイアンへ♪



candy







houseband at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年12月07日

I Can Still Make Cheyenne

ワイオミング州のつづきです。


まさに今ラスベガスでコンサートをしているGeorge Strait。
お客様で「今回観に行ってきま~す」との事伺い、お土産話楽しみにしています。


♪8:45 彼女の電話が鳴った
電話の向こう側は彼の声
こんな時間に何かあったのか。。と彼女
予測のつかない彼の電話
カウボーイは いつなんどき
何があるかさえわかない


彼「こっちは寒くて 一人っきりさ
また、あんまり稼げなかったけど、家に帰るよ
随分と留守をしてたな
電話も手紙も書く暇がなったんだ
ロデオを続けるのは俺たちにはきつい事は
わかっているけど、とりあえず戻って問題ないだろ?」

彼女「家に戻ってこなくていいわよ
あなたが戻った頃 あたしは出ていくわね
新しい人もいるし 彼Rodeo manではないのよ」

彼「このとおりだ 謝るよ
いつも君の事思っているよ 会いたいんだ
だけど・・わかったよbaby
シャイアンに急げばまだ稼げるから
今は行かなきゃbaby・・・♪




candy




houseband at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年12月06日

Neon

ワイオミング州のつづきです

先日ひょっとして?生まれて初めて新橋の駅に降りました!!
一瞬、昭和に戻ったような雰囲気を味わえました。
赤提灯、当然あるある、ネオンのカラフルなこと!


♪ワイオミン、シャイアンの空は
あくまでも青色
サンタフェのサンセットを見たことないなら
赤色を見たうちに入らないな
テキサスの花は黄色
あっという間に
秋はオレンジ色
夏は緑色 僕の好きな色は

ネオン いつものその灯り
on the rocks(ウイスキー)の週末
Johnee Leeかかる 古いJukebox
がやがやと 悩み無駄話もいいもんだ
暗闇トンネルの先にはネオンの灯りさ♪



candy






houseband at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年12月05日

Wild Horses

ワイオミング州のつづきです


90年代、カントリーソングが下火の頃、ビルボードのポップスチャートでもアルバムNo.1を長く占めていたGarth Brooks。
コンサートもロックアーティスト並みのパフォーマンス。
細身のカントリーシンガーのイメージを払拭したシンガーだとか(ほほほ確かに)

♪シャイアンの電話ボックスから
ダイアンに約束したんだ
もうロデオはやめるよ
最後のラウンドにするよって

サン・アントニオやサンタフェでも
同じ約束したっけ
今夜、馬に鞍をつけたら
彼女をがっかりさせるんだよな

Wild Horses が俺を引きづり続けるんだ
いつか勝つより多くを失うことになるんだ
Wild Horses は Wildのまま
彼女の心はボロボロさ
Wild Horses が俺を引きづり続けるんだ♪



candy



houseband at 09:00|PermalinkComments(0)

2018年12月04日

Git Along Little Dogies(Woopie Ty Yi Yo)

ワイオミング州のつづきです

1937年映画
12

この曲も本当に沢山のカバーがありました!

Git またこの単語出てきました。Getの訛り。

Dogies あれ? Doggies でなくて? あ、犬はDogsか。。
Dogie=放牧された畜牛の群れの母なし子牛

♪毎朝のように僕は気持ちよく歩いていた
馬に乗ってやってくるCowpunchar(カウボーイ)を見たんだ
彼のハットは後ろに 拍車はカチカチと
近づいてきたらこんな歌を歌っていた

Whoopee ti yi yo, git along little dogies
ついておいで 子牛たち

It's your misfortune and none of my own
(母をなくして)不運は 僕のせいじゃないよ

ワイオミングの新しい家に 行くんだよ♪






candy




houseband at 09:47|PermalinkComments(2)

2018年12月03日

Cowpoke

ワイオミング州のつづきです
5

Cowboy=Cowpoke 牛追い


♪俺は孤独だが幸せ 金持ちだが外れもの
神はご存知だ 俺が Cowpoke という事を

シャイアンからダグラスまで
山という山なら知りつくしている
誰とも共に行かず 一人、風と漂う・・♪





candy




houseband at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年12月02日

The Horse Nobody Could Ride

ワイオミング州のつづきです

この歌詞に出てくるMustang ムスタングという種の馬は
人間に服従しない独立の精神に富んだ性格との事です。
12

♪彼女は若い野生の Mustang (小型馬)
頭に着ける馬勒(ばろく)、手綱も着けていない
心は情熱で溢れている
レアな品種で 自由に走り回る為生まれた
誰も乗る事が出来なかったその馬

若い者達はその馬に乗ろうとトライした
そんな話しが広まっていった
まるで風に吹かれるように
カウボーイは投げ出された

シャイアンで物静かなShy Manが
誰も成し遂げられなかったことにチャレンジした
・・・・
しばらく馬は彼を無視して
それから彼女は彼に向かい彼の脇に立った
彼は呟いた「君を傷つけはしないよ」
そして手を差し出した

彼が歩きまわると 彼女は頭を下げた
彼女の背中にやさしく彼は滑りこんだ
彼女の恐れは無くなった

カウボーイは
誰も乗る事が出来なかった馬から降りた♪


↓正統派、伝統派カントリー若手女性シンガー



candy




houseband at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年12月01日

Goodbye Old Paint

ワイオミング州のつづきです
3
シャイアン川を随分南下した所に州都シャイアンの街が見えました。
今だに、西部開拓時代の町並み、雰囲気を残しているようです。

この曲は黒いカウボーイのCharley Willisという方の1800年代ソングライティングによるものらしいですが、人種差別などから後年著作名が消されていたようです。

♪シャイアン 僕は出発するよ シャイアン
Goodbye Old Paint (まだらの馬) 僕は行くよ

ぼくは鐙(あぶみ)に足をかけ、たずなをつかみ
シャイアンを出て行くよ 山を下って・・♪


Johnny Bond






candy






houseband at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年11月30日

I Was Born in Old Wyoming

ワイオミング州のつづきです


古いカウボーイソング等がザックザクでてきます

楽しそう! ヨロロロローィッピ~
 
唇Brrrrrrrr

この方はニュージーランドのカントリーシンガー




candy


houseband at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年11月29日

Somewhere In Old Wyoming

ワイオミング州のつづきです


ご案内頂いたアーチストはありませんでしたが、
別バージョンもあがっていました。

どことなくJimmy Rodgers的な旋律も聞こえます。



なるほど、このワルツで踊っていたのですね


こちらはElectric Pianolaというピアノ自動演奏



candy



houseband at 08:14|PermalinkComments(0)

2018年11月28日

We Met in the Hills of Old Wyoming

ワイオミング州のつづきです

こちらは昨日のタイトルに似た曲です。
Hank Snow がカウボーイソング等歌っていた1936-1947のCD5枚セットもあるようです。
4

♪曲がりくねった ワイオミングの小路
薔薇で囲まれた小さな小屋へ向かう
つぶらな青い瞳、カールした髪の少女に
また会えるのが待ち遠しい

彼女は谷のユリのようにsweet
僕には彼女が全てだと言ってもいい
僕たちはワイオミングの丘で会った
彼女は僕に心を捧げてくれた・・♪



candy



houseband at 08:00|PermalinkComments(0)