どうも、デスカッターです。
全国的に大寒波ということで、東京でも12月にあるまじき寒さに見舞われています。

全国決勝も終わり、ちょこっと感想を書きますが、まずは今日のカードから。
1210
今日のカードは咲。なう~。
1/1で<警察>全体パンプと経験orネーム指定でレスト+2000。
最初は微妙かと思っていましたが、1/0神津と合わせると強いかもしれません。
警察には経験1/0/6000もいますしね。

そして全国決勝が行われましたね。
完全クローズドイベントということで、決勝進出者の皆様には集中しやすいいい環境だったと思います。
優勝はAB!、準優勝はシャナ、ベスト4はRewriteとディスガでした。
決勝トーナメントにはAB!、Rewrite、ディスガが2ずつ、シャナと、まどかが1ということで、アイマス以外は複数出場したタイトルが順当に抜けた印象です。
地区と比べてシャナの数が増えましたが、悠二でAB!のゆりっぺバーンとRewriteのキスちはやのショットが防げるという点が買われたのだと思います。決勝進出者はカムシンでしたが。

今回のWGPは前半はアイマスとAB!、後半はRewriteが多くなりました。
これにディスガを含めた4強といって差し支えなかったと思います。
アイマスは貴音軸とした早出し盤面制圧型、AB!はレベル1の強さとアンコール&フルゲによる盤面維持のしやすさ、そして何よりゆりバーンの存在がありました。個人的にはユイ早出しのほうが強いと思いますが。

これに対して後半台頭したRewriteはちはやチェンジでの盤面制圧と回収シナジーでのハンド維持+咲夜による擬似アンコ、そしてなんといっても回復メタとショットちはやの存在です。
この2点が噛み合っていて、盤面制圧からのクロック通過でクロックを有利にし、シナジーで詰めパーツを集められるので回れば非常に強いデッキでした。Rewrite使いとしてはキャンセル依存のちはやチェンジは好きではないのですが・・・。

ディスガイアは制限かかったと言っても飛天無双斬の存在が大きいです。レベ0,1の優秀な後列が増えたため、相対的に飛天の強さが増した気がします。
超魔王の2枚制限もデスコで回復量を補うことができ、安定した強さがありました。

準優勝のシャナはエクストラでもっと抜けるかと思いきや1つのみでした。
カムシン、2/2/8500シナジー回収等々優秀なカードが増えたのですが、それをうまくデッキとしてまとめるには時間が少し足りなかったのかな?と思います。
ベスト8入りのまどかはさやか型がほとんどでした。
こちらもゾンビさやかでハンドを温存し、後半勝負のデッキなのでキャンセル率に依存するんじゃないかなぁと思います。回復タイトルなのでRewriteが台頭したのも後半見なくなった一因かもしれません。

制限がどうなるかという点で今後が読めませんが、今回は個人的にはいい環境だったのかなと思います。
これでハルヒととあるの制限(屋根下2枚は残しで)を外せば相当面白い環境になるんじゃないかと思います。
できれば新規の制限をせず、以前の制限を外すような動きにしてもらいたいものです。

1月にはトリオの告知がされましたね。
19番地も参加する予定です。東京トリオみたいな結果が残せればいいのですが。

それではまた。