寒い…春分の日なのになぜこんなに寒いのか。
こんなに寒い日は家の中でデッキの構想を練るに限ります。
3/29に発売されるD.C.&リトバスを心待ちにしているデスカッターです。
Twitterではいろいろと呟いていますが、今回は既にほとんどのカードが公開されているので、仮組してレシピを組んでみました。

今回の追加で分かりやすく強いのは葉留佳・佳奈多のいわゆる「はるかなデッキ」に入るカードたちです。
足回りを強化する3ルックや、旧弾のCXをシナジーとする修羅場、そしてストックのみを参照するCXシナジーでの強力な詰め、そしてそれらを集めるフィレスが追加されました。

20180312_2




20180316_4
20180316_320180307_220180316_5
















































































今回はこれらのカードを既存の「はるかなデッキ」に入れ込み、アップデートしてみました。
レシピは以下のとおり

レベル0 15枚
4 リトルバスターズ理樹(オカ研)
4 妹想いのお姉さん佳奈多(単レスト控えはるかなネーム回収)
3 デイト・ラヴァーズ佳奈多(0相殺)
2 大切なもの葉留佳(ストック2枚以下3500)
2 満更でもない佐々美&佳奈多(スポーツ&はるかな対応フィレス)

レベル1 11枚
4 融通の利かない佳奈多(修羅場)
3 陽気な騒がし屋葉留佳(新)(3ルック手札交換)
2 巫女神楽佳奈多(登場時ストック補填1/1/7000)
1 比較される姉妹葉留佳&佳奈多(アクターレ&宝対応はるかな2体ストブ付与)
1 クドのルームメイト佳奈多(全体500上昇+レストはるかな1000上昇)

レベル2 8枚
2 風紀委員長さん佳奈多(回復メタ)
2 さらば諭吉ぃっ‼(ホラー)
1 掛け持ち委員長佳奈多(フロントアタックロック)
1 無表情で無愛想佳奈多(起動メタ)
1 リトルバスターズ幼き日の恭介(早出しストック相殺)
1 唯湖&葉留佳(トップ盛り付き3000助太刀)

レベル3 8枚
4 ビューティー☆はるちゃん葉留佳(CXシナジー2点バーン)
2 なんでもない日常佳奈多(山5枚以下早出し&はるかなネーム入れ替え)
2 約束のパートナー沙耶(控え2枚以下早出し&CIP3ルック)

CX
4 Best Shot‼(新)宝
4 いつかの未来のために(新)電源

新規追加された3ルックや修羅場でハンドを整え、カリスマを立てて相手の回復を阻害し、こちらはフィニッシャーのはるちんでメタに引っかからない回復と相手を見ないバーンで詰めていくデッキです。

回した感想としては以下のとおりでした。
①はるちんバーン強っ!
 相手を見ずに②コストでレベル3で最適値と思われる2点を叩き出せるのは思った通り強いです。
 自身が登場時にコストを補填できるのも当たり前に強い。

②修羅場のおかげでピン投でもアクセスが容易!
 修羅場は集中と異なり回収キャラに特徴の制限がないので、状況を見て早出しの沙耶やストック相殺等適切なカードを持ってこれます。これは今までになかった回しやすさを生んでいます。

③山削りしやすい!
 3ルックはるちんだけでなく、フィレスにも2落下がついているので、序盤からの山削りがしやすく、控室も肥えるため忍者集中や修羅場とも相性が非常によいです。

新規カードはもちろん強いのですが、旧弾のカードで一番光が当たったのが、「比較される姉妹葉留佳&佳奈多」でしょう。
Best Shot対応で張った時に葉留佳と佳奈多1枚ずつ選んで相手リバース時ストブ付与というテキストはBest Shotが宝になって帰ってきたことにより強力なシナジーになりました。さらにアクターレのテキストも上から踏むのに非常に役立ちます。

また、このデッキは宝の相棒に電源を採用してみました。
はるかなの特長として、掛け持ちによるフロントアタックのロックがあると思います。しかしこのキャラは2/2にもかかわらずテキストに③コストかかるため、非常に燃費の悪いカードになっていました。これを電源で出してコストを踏み倒すことにより、テキストの使用を容易なものにできると考えました。
また、テキストの使用には先ほどのBest Shot対応でのストブが非常に効果的であることは言うまでもありません。

また、2帯で電源が噛んだ時は3のはるかなのどちらかを後列配置することができるのも好印象です。
3の葉留佳は登場時の擬似ヒールこそなくなるものの、バーンにコストを参照することから、0コストで登場できる電源は非常に相性がいいと考えられます。
3の佳奈多についても、相手のアタックフェイズに後列からでも入れ替えが発動することに加え、チャンプしたキャラのところに電源で出せればリバース要求等のあるデッキには掛け持ちと合わせてプレッシャーをかけることができます。

と、ここまでいいことばかり言ってきましたが、仮組して回すうちに欠点も見えるようになってきました。
①相手の複数体早出しに弱い
 いわゆる早出しメタが素直に入る構築ではないので、ひなろじをはじめとするレベル2複数面早出しは少し対処しづらいです。ひなろじ相手には1帯の電源で起動メタを出せば勝負になるとは思いますが、バンドリの有紗等のサイズの大きい早出しについては苦労しそうです。

②電源で出す1帯がいない。
 黄色に追加される1/1クロアンのようなカードがあればよかったのですが…。いっそマスコットクドをピンで入れるか()

③後列大渋滞問題
 常駐するのは集中ですが、それ以外にもアクターレ、ルームメイト、カリスマ等置いておきたいカードが多すぎて状況を読む力が試されます。時には集中を圧殺する判断も必要になると考えています。

とまぁこんな感じです。
選択肢としてCXを電源でなくて扉(新リトルバスターズ)という選択肢もあり、それを入れるなら以前愛用していたレベル3理樹君が入ったりもするでしょうし、このままでもフィレスのテキストを利用してクロシューの佐々美を併用することは十分に考えられると思っています。
非常にポテンシャルが高いデッキになるのではという予感が強くありますので、今後煮詰めていきたいと思っています。

これ以外にも新あたしたちが付き合おうを使った鈴軸グッドスタッフも考えていきたいと思っていますので、これもまとまったら公開しようかと思います。

ではでは。