2017年07月01日

目先の数万円をどう捉えるか

一度でも賃貸マンションを借りたことがある方なら

ご存じだと思いますが、契約する際に必ず火災

保険へ加入して頂いております。


「火災保険=火事」と思われがちですが、

基本的に住宅総合保険の為、火災だけではなく、

漏水事故や盗難被害にあった場合でも保険の

対象となるんです。


初年度は契約時に加入する為、安心ですが、

2年目以降は任意での更新となることが多く、

更新せず未加入のまま住まれている方も

いらっしゃるのではないでしょうか。


そうした方に限って火災事故や漏水事故を起こし、

隣室や階下へ被害を及ぼすことがあります。


被害に遭われた方への家財や室内の原状回復、

建物自体への損害等を合わせると、数十万円~

数百万円にものぼり、全額自己負担にて支払う

ことになってしまいます。


そうならない為にも年間1~2万円程度の出費と

なりますが、火災保険への加入及び更新をされる

ことをおすすめします。


是非下記リンク先もご覧頂ければと思います。




【賃貸管理のプロに聞く】 意外と多い「漏水」被害

被害者、加害者になったらどうする?


http://suumo.jp/journal/2017/06/29/136036/
※スーモジャーナルより


housingstatus at 17:40│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 秋休ライブ!!
  • 固定観念を捨てる
  • 固定観念を捨てる
  • 事務所や店舗もお任せください!
  • Z's TOUR 2016-3rd CHALLENGE-
  • Z's TOUR 2016-3rd CHALLENGE-