となりのにわ

都市部にあるありふれた庭、日陰率は90%。
試行錯誤の記録とか、植物のこととかを。

胡蝶蘭

あれ‥?

またつぼみができた
サルビア・スクテラリオイデス。

見てみたら‥またなんかない。
20190705 012
もしかしてこの部分、これでいいの?

前もこうなって、
そのときはヨトウが出てたときだから
ヨトウが犯人、と思ってたけど、
今はいない(と思う)。

反対側のつぼみ
20190705 014
これでも見て落ち着こう。

ちなみになんか芽が出てきました。
20190705 013
スミレってとこかな。


とうとう胡蝶蘭のミニの方、
ダメっぽくなり終了としました。

本には枯れたと思っても、
ほっとけば復活することもある、
とありましたが、
さすがにこれは無理でしょう、
というとこまで来てしまったので。

去年の冬、
そんなに悪くなかったよね、
って見てみると、全然元気そう

ミズゴケ減らしたの、良くなかったか‥。
ほんとごめん。

梅雨らしい

梅雨入りしたら
ほんと梅雨っぽいですね。

そして今日は
かろうじて20度ありましたが
明日は20度ないらしいです。


オシロイバナの種から育てて冬越しさせた方は
芽が出てきてぎゅうぎゅうになったんですが、
挿し木で育てた方は動きがなかったんで
ダメなんかなーって若干放置(汗)してたのですが
20190609 004
ちゃんと出てきてくれてました。

一緒に生えてるスミレの葉、
オシロイバナの葉に擬態したわけじゃないんだろうけど
すごく似てる。

オシロイバナ、
鉢でも冬越しできるのね。


いろいろ試行錯誤しましたが
ミニ胡蝶蘭が危篤状態、
普通の胡蝶蘭はもうちょっとがんばれるかな‥
という感じ。

うーん‥‥。

育て方再考

2015年から花が咲いてない
観葉植物化した胡蝶蘭。

野生でも生きていける
(といってもうちのは園芸種だけど)
ような植物なので、
何か違うのかも。

というわけで

本を読んでみました。

いろいろ載っていて、
冬越し失敗したときの復活法、
葉が裂けてきたときの対処法など。
そうだったのか。

ほぼ育て方はあってたし、
目標とする葉の枚数も同じだったんだけど、
本にある健全だという葉とは違い、
うちのは小さく、
そんなには元気そうじゃない。
花を咲かせるほどの体力はないのかも。

本にはとにかく根腐れにならないように、
と書かれていました。


20181203 005
じゃあってんで
ミズゴケをもっと少なくしてみました。

これはピンクのミニコチョウラン。
根も結構出てて
まあまあ元気そうではあるけど咲かない。

20181203 003
これは普通の胡蝶蘭。

ちなみに真ん中のは唯一の
100円エアプランツ(ブラキカウロス)
生き残り。

ミニコチョウランとそれほど変わらない大きさ‥
ってことはあんまり健全ではないのよね。

こちらもミズゴケ減らしてみました。

でも以前ミズゴケ減らしたら
あまりよくなかったような‥。

そんでツインピークスでも
蘭を育ててるシーンが出てきて
「難しいことはなくて
温度と湿度があれば育つ」と
言っていたような。

でも、
本によると風通しのいいところに
自生しているとのことなので、
しばらくこれで様子を見たいと思います。

植え替え

胡蝶蘭たち、
かごに入れて育てたら
自然の状態に近くて元気になるだろうか、
とやってみたんだけど
特に何も変わらず(笑)。

で、春先にひとつ植え替えたのだけど、
もうひとつは、
かごの編み目に根が入ってしまっていて
取れなさそうだったので
ダメージ負っても大丈夫なように
あったかくなってからやろうと思った。

で、やってみました。

外せなかったら
カゴをちょっと切ろうと思ってたのですが
全然そんな必要はなく、
加減しながらひっぱると意外ととれた。

古く硬くなったミズゴケを全撤去‥
何かが出てきそうでコワイので
ハサミで掻き出す‥出てきませんでした(笑)。
20180606 015

カゴの底に水がたまるように
浅いプラスチック容器をいれました。

ミズゴケは保水性がいいし、
何も入れない方が通気性がよくて
いいかなと思ったのですが、
だんだん硬くなって吸水性が悪くなり、
下にダダ漏れるようになってしまったので。

ちなみにカゴは
そんな風に使っていましたが
カビは生えませんでした。

今年も花は咲かなさそうですが、
超厳しかった冬も越してくれて
それだけで十分ですわ。

ついつい買う その2

そんなわけでこの前
100円ショップへ行ったのですが、
100円ショップと言えば‥
多肉が売られていますね。

初代の毛の生えたこがいました。
ちょっと傷がついてしまったけど、
そこからまた小さいのが生えてきて
というこ。

つい買いました。
20161206 009
胡蝶蘭の上に寝かせています。

この前のとは、
少し形態が違う気もします。
この前のは葉が細くて広がっていたけど、
今回のは葉がそれよりは大きくて
ぎゅっとつぼまっているような。
単なる個性?

今度は‥大丈夫なはず。


ちなみに胡蝶蘭たちもまあまあ元気です。
新しい葉がゆーーーっくりと出てきています。
たまに液肥をかけると、
その生長度合いが少し早くなるような。

でもあれ以来、花芽はつかないんだよね。
多分野生?のこたちは、毎年花を咲かせているはず。
なんかした方がいいのかな。

記事検索
どんなひと
おおむね自己流。
良くも悪くも
参考になれば幸いです。
念のためですが、
写真・文章とも
houstoniaに
著作権があります。

人気ブログランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
PR

【ブルーミングスケープ】チョコレート・ペッパー 栽培セット 忘れられない辛さ!チョコ色の珍しいトウガラシ。タバスコの約100~200倍の辛さです。
分類
  • ライブドアブログ