2016年09月25日

実は水虫は悪魔と化す怖いやつです--☆

今日は水虫にまつわる怖い話をします。

私の水虫は父からの感染でした。
だから、症状としてはかゆみを伴わない指の間の皮白く剥けたり小さい水ぶくれができるくらいの軽症です。

見知らぬ人からの感染する水虫は危険!


一度だけ20代の頃に不衛生なラジウム温泉の足拭きマットからひどい水虫が感染したときがあります。
コチラは父からの感染とはちがい、まあ本当にひどかった。
その症状が悪化するスピードも早くて、異常に痒いと思って足を見たらジュクジュク水ぶくれ赤く腫れ上がり異臭を放つというもの。
足が腐るかもと思うほどでした。
しかし、市販の水虫薬を塗るとすぐに症状は改善。
ほぼ1週間で普通の状態に戻りました。
それ以来、沢山の人が利用する風呂やプールの足拭きマットはよく観察して新しいものやなるべく使われていなそうな箇所に足を置くようにしています。
さもないと見ず知らずの人から怖い「白癬菌」をもらってくる可能性があります。
女性の社会進出がめざましい昨今、女性の5人に一人は水虫に感染していると言われています。
私がひどい水虫にかかったのも会社帰りの恵比寿の人気のラジウム温泉でした。
今や女性であっても人が集まる場所での感染の危険性は高まっています。
スーパー銭湯など行くとこまめに足拭き用のバスタオルを取り替えている光景を目にしますが、そういう銭湯は安心できますよね。
この経験から白癬菌の種類によって強さの違いがあるのかなとふと思いました。
そこで興味があったの調べてみたところ、
水虫は1つじゃない!水虫の種類
やはり水虫は、数十種類も存在するのですね、だから、種類によっては悪質なやつもいるわけです。

水虫が命取りになることも


私の母方は先天的にインスリンが出にくい体質です。
だから、私達3兄弟はすべて糖尿病を発症しました。
いわゆる1型糖尿病と言われる糖尿病です。

糖尿病の合併症として怖いのが糖尿病神経障害からくる足病変です。

引用:糖尿病ネットワーク「病変はなぜ怖い?」
 まず、糖尿病神経障害が進むと足の感覚がにぶり、痛みや痒みを感じにくくなり、キズややけどにすぐ気づけなくなります。また、高血糖で身体の抵抗力が弱くなるために、細菌や真菌(水虫)などの感染症に対する抵抗力が低下し、キズの治りも遅くなります。このような状態を放置していると、潰瘍(かいよう)ができたり、足の形が変形したり、爪がボロボロになったりと、様々な足病変が起こります。

 閉塞性動脈硬化症は、足の血管が詰まり、初期はしびれや冷感、だるさや痛みなどの症状が現れますが、新鮮な血液が末端に届けられないためにキズが治らず、感染を起こし、潰瘍(かいよう)化。悪化すると壊疽(えそ)が起こり、足の切断にまで至るおそろしい病気です。

ですから、糖尿病として入院していたときにフットケアの重要性とフットケアの方法をしっかり勉強しました。

実は私の父は糖尿病ではありませんでしたが、心筋梗塞で寝たきりの状態に強いられました。
そこで何が起きたかというと下肢の血の巡りが悪くなり、日に日に足の色が悪くなり、水虫が暴れだしたのです。
普段健康にしている時はやっかいではあるけれどもそこそこ付き合えばよいくらいの認識の水虫。
毎日父の足をさすっていたその頃の私は、その恐ろしさをまったく知らなかったんです。
しかし、水虫は寝たきりの抵抗力が低下している状態では恐ろしい病変を作り出す悪魔と化すのです。

父に何が起こったかというと、指が紫になり腐りはじめたのです。
医師曰く、そうなるともう手のうちようがなく、足を切り落とすしかないとのこと。
そうしないと足からのでる悪い菌が体中を巡ってしまうのです。
しかし、父は体力が極度に弱っていて、足なんて切れるはずもなく、足が炭化することを待つことになりました。
しかし、炭化は始まったものの結局父は帰らぬ人となりました。
父は集中治療室にいたのですが、並びのベットに両足を切断された方もいらっしゃいました。

もし、ご家族に寝たきりの方がいて、水虫を発症していたら、医師に相談してすぐにでも水虫治療をしてください。

ボタン-1 爪水虫にとても効果がある「クリアネイルショット」  
ボタン-1『クリアフットヴェール』何度も繰り返す水虫への【 最 終 手 段 】







まとめ


水虫は若くて体力・抵抗力があるときにはさほど怖くない病変です。
しかし、歳をとり体力・抵抗力が下がると命を奪う直接の原因になりうる怖い存在です。
特に爪水虫は爪に浸透して数日で完治することは難しい病変です。
病院では、足を切り落とすことを考えれば爪を剥がせば良いのですが
実際に、医師も入院の原因の大きな病気の治療に目がいきがちで
患者が水虫が原因で命を落とすとは考えもしていないようです。
私も、最近になって父の死因は水虫だったと気がつきました。
だから、そうならないためには水虫を完治させておくこと、
爪水虫を完全に治しておくことはとても大切なことなんです。
昔は男性の特有の病変と思われていた水虫、
いまや、女性の5人に一人はかかっていると言われています。
そして、水虫のイチバンの感染場所は家庭です。
家族全員が水虫を完治しなければ撲滅することができません。

水虫には
趾間型(しかんがた)→指の間に皮が白くめくれる
小水疱型(しょうすいほうがた))→足の土踏まずや横のに皮がポツポツと白くめくれる
角質増殖型→かかとや横が固く白く粉を吹いたようになり、最悪ひび割れを起こす
爪白癬(つめはくせん)→いわゆる爪水虫。白い筋、肥厚、変色、ボロボロと爪が剥がれるなど
以上の症状があります。
ネットにさまざまな画像は上がってますので照らし合わせて、水虫かもと思い当たったらすぐに治療を始めましょう。
すべての水虫は市販の薬で治ります。
シニアはいつ何時に寝たきりになるかもしれません。
その時は、家族にフットケアをお願いし、水虫を見つけたら足を清潔にして水虫薬を塗ってもらいましょう。


【今日の水虫対策】
1. 見知らぬ人から水虫の感染を防ぐ(足ふきマット、爪切り、サンダルなど)
2. 水虫は数十種類も存在し、種類によっては症状も感染スピードもちがう。
3. 老後寝たきりになったときの死の引き金になる水虫。だから水虫はほっておかずに完治すべき
 

ボタン-1 爪水虫にとても効果がある「クリアネイルショット」  

 ★ランキングに参加しています
応援クリックお願いします★
にほんブログ村 健康ブログ 水虫・爪水虫へ
 
にほんブログ村 病気ブログ 皮膚・爪の病気へ

 にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

    

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
howtomizumushi at 12:01│Comments(0)爪水虫 | 治療

コメントする

名前
URL
 
  絵文字