2005年06月29日

耳を守る

大きな音でプレイするロッカーたちは、難聴に困ることがあります。
客席や、バンドの中心で聴くとバランスの良い音でも、アンプの近くや、ドラムの近くでは大きすぎるということがあります。

大きな音を、長い時間聴き続けることは脳にとって有害です。

そこで耳栓を使って練習することをお勧めします。
耳栓には
潰して使う通常のタイプ
密閉型ヘッドフォンタイプ
潰さずに耳にはめ込むだけのタイプ

                   などがあります。
使い方次第で、その遮断効果が変わるので、ほどよい遮断状態を模索してみてください。

パワー系のドラマーが、大きな音による耳への負担をカバーするために、本能的に叩く力を下げるのはもったいないと思います。
軽く音を遮断するだけなら、練習には問題がありません
耳栓で遮断された部分は、音による体や骨の振動によって聴き取ることができます


howtomusic at 13:36│Comments(0)TrackBack(0)clip!脳と神経 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
コメント
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/howtomusic/
アクセスカウンター