2005年09月15日

天才の開花

生まれた人間のほとんどは、天才というものに憧れることでしょう。

ここでいう天才とは、あくまでニュートンやポール・マッカートニーのような偉大な発明で業績を上げる人間のことで、勉強をして良い成績をとる秀才とは別のものです。


天才かそうじゃないかの分かれ目は、ひらめきです。
普通の人間でも少なからずひらめきます。天才はその何倍もひらめきます


ひらめきのメカニズムを知り、ひらめきを自在にコントロールすることができれば、天才になるのも可能ではないでしょうか?

ひらめき快感とともに右脳がスパークした状態です。

ひらめくためには、その分野に関する知識が必要です。
目安としては、その分野の専門家と言われるレベルの知識です。
それこそオタクといわれるくらいの知識と、狂気ともいえるほどののめりこみが必要になります。
その努力の必要性ゆえに、凡人が天才になることが難しくなっています

知識と、その知識を活かす目的を持つ事が必要です。
知識と目的があれば、右脳は自動的に考えリラックスしているとき(お風呂に入っているときなど)にひらめきがやってきます



ビートルズは、古いレコードを擦り切れるまで聞いて曲を研究しました。ポール・マッカーがイエスタデイを作曲したときの有名なエピソードは、まさにひらめきのエピソードであると思います。


ひらめきは、条件を満たせば誰にでもやってきます
凡人が天才になることは理論上は不可能ではありません
天才になりたいのであれば、脳の仕組みを理解狂気といえるまでの努力をしててはいかがでしょうか?
↑簡単に言ってすみません。それが難しいんですよね。


howtomusic at 22:04│Comments(2)TrackBack(0)clip!脳と神経 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by vice   2005年09月22日 18:13
私の知り合いに勉強せずに有名国立大学に行った人がいます。
その人は小さいころに英語勉強させられて、今はほとんど勘でできるそうです。
つまり小さいころに死ぬほど努力してたってことですね。

結局努力なしに華は咲かないんですよね。
2. Posted by サラマンダーマツモト   2005年09月23日 01:45
良いコメントをありがとうございました。

本当に物事のトップを目指すためには、人並みはずれた努力が必要ですね。

努力をすれば秀才になることができます。

もし天才を目指すのであれば、努力だけでは足りないんですね。


インタビューを読んで思うのは、ロックミュージシャンって秀才ばかりでもないんですね。でもひらめきによって、天才的な才能を開花させるミュージシャンは、本人が気が付かない間に努力していたりするんだと思います。
それについても今度特集したいと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
コメント
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/howtomusic/
アクセスカウンター