ボーカル

2005年06月29日

ボーカルにやってほしいバランス調節

練習スタジオでのバンド全体の音のバランスは、ボーカリストが調節してください。ギターやベースは音作りに、ドラマーはセッティングに忙しいからです。

リハスタに入ると、興奮して大きな音を出したくなるため、バンドの音は大きくなりがちですが、なるべく小さい音にしてバンド全体の音を、耳に負担をかけることなく聴こえるレベルにすることが、バンド演奏上達の秘訣です。

バランスをとる基準は、ボーカルの声かドラムです。ギターやベースはつまみをひねるだけでいくらでも音を大きくすることができますが、ボーカルの声やドラムの音には限界があるからです。


howtomusic at 13:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月27日

自分の声が聴こえないときは

バンドの音がうるさくて自分の声が聴こえないときは、耳に指を一本突っ込んでください。頭の中に自分の声が響くので、自分の声を聞き取れるはずです。

howtomusic at 22:17|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年06月16日

ボーカルが知っておくべき腹式呼吸と胸式呼吸

腹式呼吸の優越性は有名ですよね!
「ボーカルは腹式呼吸だ!」というのはよく言われることですが、私は是非、胸式呼吸も合わせて修得することをお勧めします。理由は使い分けることができるからです。

胸式呼吸を知ることで,
より腹式呼吸を有効に使うことができます。

具体的な呼吸のやり方については、ここでは省略します。


howtomusic at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
コメント
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/howtomusic/
アクセスカウンター