2006年01月14日

(´・ω・) バリアース 使用法

アナタのダウンロードフォルダを見張ってくれる♪当ツールの利用法は、とっても簡単です。

(1). 入手と解凍
当サイトから最新版をダウンロードして、適当なフォルダに解凍してください。
※インストーラ版をダウンロードした方はダブルクリックで普通にインストールしてください。
※このダウンロードと、解凍というキーワードが普通に分からない方にはこの先は危険です。。

(2). 起動と設定
ダブルクリックで起動します。最初は設定画面です。
ココで監視するフォルダの指定と、発生を検知したい拡張子を決めたら、「つぎへ」をクリック!
※登録できるフォルダは1箇所のみで拡張子は30個までです。

(3). セーフファイルの確認
(2)で指定したフォルダ内に存在し、且つ拡張子が一致するファイルが表示されます。
これらは監視前から存在するので、動作中に誤検知されなくするために「セーフリスト」へ入れられます。
この時点で表示されているファイルをセーフリストへ入れて監視を開始するなら「監視開始」をクリック!
そうでなければ、「もどる」をクリックして設定を見直してください。

(4). 動作中〜検知動作
(3)で「監視開始」をクリックしたら、画面はタスクトレイへ格納されフォルダの監視動作が開始されます。
あとは放っておくだけ。指定のフォルダに、検知対象の拡張子を持つファイルが現れた瞬間にポップアップでお知らせします。ポップアップを左クリックすれば検知詳細画面が開いてファイル名を確認することが可能です。

(5). 動作の再開と終了
(4)の検知詳細画面から、検知(発見)したファイルと、(3)のセーフリストの確認ができます。
この画面が出ている最中は監視動作は一時停止していますので、アナタは次の3つのアクションから選択する必要があります。

[a] 検知(発見)したファイルをセーフリストへ入れるために、(2)の設定画面へ戻り、設定とセーフリストの作成をやり直す。

[b] 検知(発見)したファイルが分かればそれでイイので、そのまま処分保留で監視を続行する。

[c] もういいから監視を止めて当ツール自体を終了しちゃう。

作者としては、[a]がお奨めの選択です。「今忙しい」なんて時には[b]でも構いません。
しかし[b]で保留にした場合は、次の検知(発見)が有るごとに、発見リストに出てくることになります。
そのファイルは危険な拡張子だと認識したうえで、適当にフォルダから出したり、不要なら削除するなりしてください。
ちなみに、[c]を選ぶ場合は、画面の右上Xボタンで完全終了します。

タスクトレイに入ったままでも、いつでも右クリックで各選択が出来ます。

アンインストール方法
レジストリなどは一切利用してませんから、当ツールの入ったフォルダごと普通に削除するだけで完了です。
※削除前にタスクトレイに居ないことを確かめてから削除してください。タスクトレイに居る状態(=動作中)だと当ツールは削除出来ません。
※インストーラ版をご利用の場合は、「プログラムの追加と削除」から『(´・ω・) バリアース』を削除できます。

以上。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hpg/50058661
この記事へのコメント
5
開発 乙(´・ω・) ス

人柱に成れるほどのスキルも無いので・・・陰で応援してる(´・ω・) ス
Posted by たこら at 2006年01月14日 18:55
実行時エラー '9':
インデックスが有効範囲にありません。
Posted by   at 2006年01月14日 19:51
>たこら さん
応援THXです!のんびり頑張ります。

>名無しさん
> 実行時エラー '9':
> インデックスが有効範囲にありません

すみません、どこで出るエラーでしょうか?
もし起動時に出る場合、本体のフォルダの読み取り専用属性を外してみてください。
また教えてもらえると、助かります!
Posted by hpg◆Mf7EUUQl3Q at 2006年01月14日 22:57
>> 実行時エラー '9'
症状再現できました!ご報告ありがとうございます。
発見対象ファイルを削除したりすると出ますね。
すみません、またお恥ずかしいバグです。。

※ver0.6.1 で修正しました!お試しください♪
Posted by hpg◆Mf7EUUQl3Q at 2006年01月15日 00:32
インストール版作ってくださいませ
それか、ショートカットで コマンド スイッチ使えるようにならないでしょうか?
Posted by ちょ at 2006年02月15日 17:17
実行時エラー '52':
ファイル名または番号が不正です。

XP HOMEで使ってま
Posted by かき at 2006年02月15日 19:11
コメントTHXです。

> インストール版
 下記でバグ直しがあったのでついでに置いてみました。うまくインスコできるはずです(多分

> それか、ショートカットで コマンド スイッチ
 常駐の自動開始みたいなことでしょうか?「開始時の時点での無視リストを作ってから」という流れを変えればできますが初心者向けにもう少し考えてみます。ご意見THX!

> 実行時エラー '52':
 この指摘から危険拡張子のファイル自身が読取り属性だと拡張子変更&Zone書替え時にエラー70番台が出ることに気付きました。なんとも情けないミスです(^^; とりあえずこの恥バグだけ直したバージョン「0.6.3」を置いておきましたのでダウンロードコーナーから試してみてください!
まだ症状が出る場合は、どのシーンで出るかも教えてもらえると対応が早いかも。ともかく情報THX!
Posted by hpg at 2006年02月16日 02:09
こんなソフト待ってました。
ありがたいです。

さっそくですが、
リモートデスクトップ機能を使用した専用PCに
共有ファイルに落として使用していますが、

実行時エラー '52':
ファイル名または番号が不正です。

と出て使えないようです。
どちらもXP PROです。
Posted by おおさか at 2006年02月25日 23:33
どうもです。

> リモートデスクトップ機能を使用した専用PCに

えっと、面倒なことはしてないシンプル設計wなので、普通に使ってください。このエラーは恐らく、起動時に「バリアース」と同フォルダに作られる設定ファイル(.ini)の作成に失敗しているんだと思います。当ツールを入れたフォルダが書き込み専用になっていないか、実行権限があるかなどをご確認ください。
本日出たバージョン0.8.0もよろしく♪
Posted by hpg at 2006年02月27日 23:31
「指定のフォルダが存在しません」のエラーで監視するフォルダの設定ができません。
どうも指定したいフォルダの中にフォルダがあるとダメなような感じですが、もしそうなら、ここんとこ何とかなりませんか?
Posted by バカボン at 2006年03月11日 21:34
バカボン さん

> 「指定のフォルダが存在しません」
> 指定したいフォルダの中にフォルダがあるとダメなような感じ

下層フォルダはいくつありますか?一応いくつあっても監視対象になるはずですが、程度によるかもしれません(数百個などは未確認)
おそらくエラーが起きているのは環境依存の現象だと思われます。そのフォルダに特別な権限設定を与えてませんか?フォルダ名の前後に空白を使ってませんか?ユーザのアカウント名に2バイト文字(日本語など)を使っているとフォルダを認識できない場合もあるかもしれません(文字による)。またネットワーク上の共有フォルダなどは監視できません。

もしくは監視フォルダ以下にエラーを引き起こす超ロングファイル名が存在する可能性があります。以下の記事を参考にそのファイルを監視対象フォルダから外してください。
http://blog.livedoor.jp/hpg/archives/50071728.html

それでもダメなら、もう少し状況を詳しく教えてくれれば、何か分かるかもしれません。
Posted by hpg at 2006年03月12日 02:19
「指定のフォルダが存在しません」で質問したバカボンです。
回答に沿って色々試した結果、やっと動くようになりました。
原因は、監視するフォルダの「アイコン」を変更していたためでした。「標準アイコン」に戻したらOKになりました。
フォルダ内にフォルダがあっても問題ないようです。
お手数かけました。
Posted by バカボン at 2006年03月12日 09:24
バカボン さん

> 監視するフォルダの「アイコン」を変更していた

う〜ん。それで動くようになりましたか(^^;
当方ではアイコン変えまくりですが異常は無しです。
まぁ色々な環境があるんでしょうね。
とりあえず動作するようになって良かったです。
Posted by hpg at 2006年03月12日 17:50
WSAIoctlで失敗。ちゃんとLANカード入ってる?
と出た後、
実行時エラー '424':
オブジェクトが必要です。
と出るのですが何故でしょう?
ちなみに無線LANなのですが関係ありますか?
Posted by 1110 at 2006年03月17日 12:33
1110 さんへ

一部の無線LAN機器装置で、そのような症状が出る「らしい」のですが、情報が集まらないので詳細は不明です(^^;

原因はエラー内容のまんま、そのPCのLAN装置が見つからなかった場合のものです。監視するIPアドレスは複数出ますか?出るとしたら正しいアドレスを選んでますか?「動作確認情報」を溜めたいので、差し支え無ければ無線LAN機器(USB接続?カード?)の型番を教えてください。
Posted by hpg at 2006年03月18日 13:49
当方も1110さんと同じ症状が発生しています。
当方の情報としては、監視するIPアドレスは1つのみで、かつ正しいアドレス(無線のIPアドレス)を選定している。
LAN機器の情報としてはWLI-CB-AMG54のカードで無線LAN本体はブリッジ回路にしてルータ付モデムに接続しています。
IPアドレスはDHCPにて自動取得し、PCは1台の環境です。
Posted by こまったちゃん at 2006年03月18日 23:23
こまったちゃん へ

情報THXです。
バリアースのポート監視はWin2000以降限定の簡単な方式を利用していますが、どうやら一部の機器では対応していないようです。それにしてもP2Pファイル交換を無線LANでっていう人、意外と多いんですね。う〜んWinPcap版も必要かなぁ?(^^;

ちなみに、同メーカーの無線カード「WLI-CB-G54S」では動作を確認しています。一応、WLI-CB-AMG54は「非対応機器」としてメモっておきます。貴重な情報THXです!
Posted by hpg at 2006年03月19日 05:01
5
もう更新は無いのですかね。。
お世話になりました。
Posted by ティファニー リング at 2013年07月21日 19:21