オリビア・ニュートン・ジョンとジョン・トラボルタが共演した1983年製作の映画「Two Of A Kind(セカンド・チャンス)」のサウンドトラックです。「グリース」「ザナドゥ」に続く共演三作目のロマンティック・コメディ映画です。前二作もサントラはヒットしていましたし、今回も映画は大ゴケしましたがサウンドトラックは100万枚以上を越える売上を記録しました。

曲のプロデューサーとミュージシャンがまさに私好みで、まず、プロデューサーですが、デヴィッド・フォスター、クインシー・ジョーンズ、スティーヴ・キプナー、デヴィッド・ペイチ、ジェフ・ポルカロ、マイク・ストーンでパフォーマーは、オリビア・ニュートン・ジョン「Twist Of Fate」「Shaking You」「Desperate Times」、オリビア&ジョン・トラボルタ「Take A Chance」、スティーヴ・キプナー「Catch 22」、ボズ・スキャッグス「The Perfect One」、ジャーニー「Ask The Lonely」、シカゴ「Prima Donna」、デヴィッド・フォスター「Night Magic」が収録されています。どの曲も良いですが、映画がヒットしなかったのはオリビアのファンとしては残念です。

人気ブログランキング
ON the ROAD特設サイト  

TwoOfAKind