ON the ROADのblog

96khz/24bitの ハイクオリティなサウンドをUSBに収録した作品「ON the ROAD』シリーズのブログです。 現在JAZZ File、BLUES File、SOUL Fileを発売中です。

ポップス

「Angel Heart」/ジミー・ウェブ

シンガー・ソングライターのジミー・ウェブのアルバム「Angel Heart」です。これも参加ミュージシャンのクレジットを見て購入しました。

ミュージシャンは、デヴィッド・ペイチ、リー・スカラー、ジェフ・ポルカロ、スティーヴ・ルカサー、ビクター・フェルドマン、デヴィッド・フォスター、ディーン・パークス、マイケル・マクドナルド、ケニー・ロギンス、グラハム・ナッシュ、ジェリー・ヘイ、ダリル・ホール、ステファン・ビショップなどが参加しています。

Angel Heart」「God’s Gift」「One Of The Few」「Scissors Out」「Work For A Dollar」「His World」「Our Movie」「Nasty Love」「In Cars」「Old Wing Mouth」が入っています。

なんか懐かしい感じで、温もりが伝わってくるようなアルバムです。「Scissors Out」はアート・ガーファンクルも唄っています。

人気ブログランキング
ON the ROAD特設サイト  

JimmyWebb

「America’s Greatest Hero」/ジョーイ・スキャベリー

テレビ・ドラマ「アメリカン・ヒーロー」の主題歌を唄っているジョーイ・スキャベリーのアルバム「America’s Greatest Hero」です。アルバムが見つかったのでご紹介します。

ミュージシャンは、マイク・ベアード、ニール・スチューベンハウス、リー・スカラー、ラリー・カールトンたちが参加しています。

The Theme From”The Greatest Anerican Hero”(Believe It Or Not)」「Love Me Like The Last Time」「Stolen Night」「There Is A River」「Everything But Love」「Take This Heart Of Mine」「When She Dances」「That Little Bit Of Us」「Some Of My Old Friends」「Down The Backstaurs(Of My Life)」が収録されています。「The Theme From”The Greatest Anerican Hero”(Believe It Or Not)」を聴くとウィリアム・カットが出演していた「アメリカン・ヒーロー」を想い出しますね。ラリー・カールトンも良いギター・ソロ弾いています。

ジョーイはカントリー歌手のようですが、この作品はポップ・アルバムというかAOR路線になっています。ただ、この後「When She Dances をヒットさせて以来チャートには出なくなってしまいました。ジャケットの写真が悪かったのかな?Youtubeに唄っている映像がありましたが、ジャケットより格好良かったですが・・・。

人気ブログランキング
ON the ROAD特設サイト  

JoeyScarbury

「Love Life」/ブレンダ・ラッセル

私が持っているアルバムでも結構クレジットされていたブレンダ・ラッセルのソロ・アルバム「Love Life」です。シンガー・ソングライターとしても多くのアーティストに楽曲を提供しています。

ミュージシャンは、ニール・ラーセン、エイブラハム・ラボリエル、ジェフ&スティーヴ・ポルカロ、スティーヴ・ルカサー、バジー・フェイトン、ディーン・パークス、レニー・カストロ、ビル・チャンプリン、ドン・グルーシンなどという豪華メンバーです。

Love Life」「Rainbow」「Something I Like ToDo」「Lucky」「Sensitive Man」「Deep Dark And Mysterious」「If You Love」「Thank You」が収録されています。全曲ブレンダが作詞・作曲に関わっています。大人のポップスに仕上がっています。


人気ブログランキング
ON the ROAD特設サイト  

BrendaRussell

「Stones」/ダン・シールズ

どちらかというとカントリー系のアーティストダン・シーゲルのアルバム「Stones」です。1970年代初めに「イングランド・ダン&ジョン・フォード・コリー」のメンバーとして活動して、デュオ解散後ソロで活動していました。

Stones」「Late At Night」「Love Me Like The Last Time」「Getting To The Point」「How Do I Survive」「Holdin’ Out For Love」「You Could’ve Been The One 」「Take You Home」「When It’s Over」「Lullaby」が入っています。

ミュージシャンは、レイ・パーカーJr.、ポール・ジャクソン、スティーヴ・ルカサー、ネイザン・イースト、マイク・ベアード、ポリーニョ・ダ・コスタ、リッチー・ジトー、エド・グリーン、デヴィッド・フォスター達が入っています。カントリー臭くないのはミュージシャンのせいでしょうか。サッパリしたAOR風に仕上がっています。


人気ブログランキング
ON the ROAD特設サイト  

DanSeales

「T’s Ballard」/角松敏生

日本のアーティストで好きなアーティストが出てきました。角松敏生です。彼のアルバムはレコード、CDでかなり買いました。「T’s Ballard」は角松のバラード・ベスト・アルバムです。角松のフュージョンのアルバムも好きですが、バラードも素敵です。彼は音楽を楽しんで創っていると感じられるのがとても大事なことだと思います。

吉田美奈子、村上“ポンタ”秀一、数原晋、リチャード・ティーなどが参加しています。

Overture」「Still I’m In Love With You」「Wave」「Crescent Aventure」「Ryoko」「Beach’s Widow」「Mermaid Princess」「Ramp In」「Let Me Say」「It’s Too Late Overture」「Song For You」「Still I’m In Love With You」「No End Summer」が収められています。

人気ブログランキング
ON the ROAD特設サイト  

TKadomatsu