もし、「西田さんにとって、人生の師匠とは?」

こんな質問を受けたら

「株式会社ココシスの岡部会長」と

即答します。

僕の発信する言葉、表面の行動、その奥に

存在する思想や感情。


50%位は、岡部会長の影響を受けてるのでは?

ココシスの岡部会長から、学んでいることは数知れず。

最近、いつも思い出してる言葉に


『思想×仕組み×運用』という言葉があります。

組織をつくりあげるためのエッセンス。




思想とは、,△┐涜膸にしたいこと。

仕組みとは、,鮗存修垢襪燭瓩法
最適な手段と思える施策◆

運用とは、△鮗汰すること。


僕なりに訳すと



「あえて大事にしたいことを実現するために

最適な手段と思える施策を実践すること」



となります。


これが、組織づくりの極意なんだと思います。




でも、そこには、もう一つの要素が隠れている
そうです。

それが、「リーダーの資質」


やはり、リーダーの資質によって

 ↓◆↓A瓦討陵彖任決定してしまうと
いうことです。


つまり、「誰?」が大きな決定要因と
なるということです。



ここから僕の見解ですが、


リーダーの資質を言い始めると
最後は、正解探しと犯人探しになります。


世間で広く認められているリーダー像を
多くの人が支持するなら

そのリーダー像から外れている人は
リーダーとして相応しくないとなりがちです。


リーダーに対する変なイメージがあるからこそ、
そこからズレている人に、抵抗心を抱き易くなる。


本当は、リーダーシップに正解はありません。


100通りのリーダーシップがあって
良いのです。


「個人の資質=リーダーとしての資質」を

方程式に掲げると、余計な摩擦が起きる。


そこまで人の感情を計算した

「思想×仕組み×運用」

という方程式が

素晴らしいと思うのです。