自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法:(アービンジャー・インスティチュート著)の日本法人公認ファシリテーターのブログです。
「1万人の名古屋箱セミナー!」を目指して、情報配信中です。

実例紹介

株式会社アババイの創り方

昨日、一昨日と株式会社アババイのクレド合宿を
開催しました。

今のクレドは2年半 前につくったものでして
会社のステージが上がった今、再び見直す
必要を感じたからです。


株式会社アババイは、名古屋にある
WEB会社です。


東海地区の建設建築業界のお客様が
多いのですが、彼らがつくりだすHPは
本当に素晴らしいものばかりです。

株式会社アババイHP
http://ababai.co.jp


面白い会社、笑える会社。


そして、変な会社だけど

なぜか泣ける会社。



前回のクレドは、創業から5年目の
時に作成しました。


当時、社員数6名で役員1名。

売上は7000万円ぐらい。


ある日、制作スタッフが一斉に辞めたこともあり、
残った社員だけで、半年間会社を回すという
過酷な状態でした。


会社は債務超過にあり、銀行借り入れも出来ず
お金がない状態。


既存社員はみんなで踏ん張りましたが
とにかく辛い。


明るかった社内は、いつの間にか
どん底の暗い雰囲気に。


そんな時に、クレドプロジェクトが
スタートします。


今思えば、社長の山ちゃんの決断が
素晴らしかったのだと思います。


「うちの社員は、皆何かを抱えてるんです。」


「正直、今回のクレドプロジェクトで
会社の業績が上がるとは思ってませんし、
そこまで期待もしていません。」

「でも、それでも。少しでも皆が元気に
なってくれたら、僕はそれで満足です。」


業績が悪化している時は、とにかく売上を
あげたくなるのが社長と生き物です。


ところが、アババイは違った。


会社がどうなっても良いから、
みんなが明るくなれます様に。


当時の山ちゃんの決断でした。



それが、数年後に、息を吹き返すきっかけと
なったのです。


株式会社アババイHP
http://ababai.co.jp


箱会「受付終了」、最近の想いとアンケート。

こんにちは!西田です。

先日、アナウンスした10月7日(火)の箱会
ですが、おかげさまで15名満席となりましたので
募集を終了いたします。

参加ご検討いただいていた皆さんには
誠に申し訳ありません。

次回は、11月を予定しています。



独立してから、丸6年が過ぎようとしています。


これまで、不思議なご縁や、色んな方が
僕を口コミで紹介してくださったりして
会社を継続してきました。


振り返ると、ただ「ありがたい偶然」が
重なっているだけです。

これからも、その偶然のスタンスは大事に
したいと思うのですが、それだけでは、
いけないなーっとも思っています。


年初に、今年のテーマを考えていました。

「やり残したことを、やっていく。」

今年のテーマです。


-書籍を出す為に講座に通っています
-人前で歌を歌うことに挑戦しています
-自分のブランディングについて学んでいます
-事業計画を策定しました
-遠い地にある、ご先祖様のお墓参りにいきました


たくさんのやれたことがあります。


反対に、まだ出来ていないことが
多数あります。

なるべくこなしていこうと思います。

今から、年末に向かって
もう一度、始めようと思っています。


最近、自分のやっている仕事をまとめています。

これも今年のテーマです。


自分の仕事を表現するって、なかなか難しい。

株式会社アババイの皆さんや、お客さんの声を
聴いたりしながら、

「自分は、他の人と何が違うのか?」
「特に、役に立てそうなお客様はどんな方か?」
「どんなサービスがあるのか?」

これらのことをまとめています。


会社としての成長意欲と、従業員の幸せに
興味のある中小企業さまに、
コンサルティングサービスを行うことが僕の
仕事です。


基本的な軸は、「クレド経営」になりそうです。


クレドを中心としながら、採用・教育・評価の
価値観と仕組みを浸透させていきます。

また、クレドを中心にしながら
新規事業の立ち上げ(戦略立案、
マーケティング、セールス)も支援します。


これらのサービスと、僕との関わりで
相乗効果のあるお客様が、過去の事例とともに
だいたい特定できました。


リーダーシップのスタイルが、
カリスマ型ではなく、調和型の経営者。

(一人で求心力を発揮するよりも、
多くの人の力を借りて、遠心力を発揮したい人。)


もともとの才能が、
男性的ではなく、女性的な才能が強い経営者。

(男性の才能とは、左脳中心でありロジカルなことを指しています。
女性的な才能とは、右脳中心であり、感性や感覚、イメージが先行する
ことを指しています。)


調和型のリーダーシップやマネジメントスタイルを望み、
そこに自身の直感やインスピレーションを重ね合わせたい
企業の経営者が、僕が一番効果を出しやすいお客様なのです。


年末に向けて、もっと文章を醸成します。


新しくHP も作り直す予定です。

楽しいHPができあがりそう!



9月6日、7日に開催された
箱セミナーのアンケートを公開いたしますね。

-----------------------------------------------------

『箱セミナーアンケート』

実施日:2014年9月6日、7日
参加者:3名
満足度:9.3(10点満点の平均点)

アンケートより抜粋

『本を読んでわかっていたつもりでしたが、やっぱり
「実際どうすればいいの?」と思っていたことが
スッキリしました。いつ、どの段階でスッキリしたのかが
分からないところが、また不思議です。
自分が問題だと思っていたことが、実はあまり問題では
ないと思えて楽になりました。2日間、みっちりと本当に
感謝します!』

株式会社丸山組 丸山祥子さま


『良心の価値が少し信じることが出来る様になりました。
今回それが一番の気づきだと思います。そして、
自分の心の気づき、感じることを出来るだけ
聴いてみたいと思います。箱セミナー、大変面白かったです。』

M社 T様(41歳)


『箱に入ってることに気づいた時が、選択し直す時。
人生をやり直すのに、遅すぎることはない、、、
そんなことを思いました。選択し直すことで、人生が
どう展開していくかは、まさに「なるようにしかならない」
世界ですが、気づいたという自分の良心に正直であること
自体に価値があるように思います。2日間ありがとうございました。』

S様 
 
----------------------------------------------------------


今回の開催は、少人数だったので、それだけ
お互いに深く、ディープな話になりました。

お互いにまるで昔からの知人のような感じが
するのも不思議な感覚でした。

終了した後には、何とも言えない、
満たされた自分がいました。


その感覚が永遠に続くかと言えば
そうではないけども、少なくともそういう
経験をしていることに価値があるのでしょうね。


忘れたら、またその感覚を思いだせば良いのですから。


グループコーチング的な効果があるのも
箱セミナーの良いところだと思います。


 9月27日(土、)28日(日)10時〜18時
にも2日間で箱セミナーを開催します。

場所は、名古屋駅近くの弊社事務所、
費用は15万円(+消費税)となります。

今のところ、4名の方が参加されますので
あと数名はご参加可能です。

ご興味のある方は、info@hr-japan.com 
までご連絡ください。



「箱セミナー」受講者アンケート9月 税理士法人鶴田会計様

こんばんは!箱の西やんです。

この2週間は、箱セミナーラッシュでございます。

ハードなスケジュールでしたが、それぞれで

深いマインドフルネスを味わいました。

今日は、企業セミナー編のアンケート結果のご報告です。

箱セミナーを企業導入したいとお考えの方には
参考になるかと思います。

------------------------------------------------------

 
税理士法人 鶴田会計様
http://www.tsurutax.com 

*今、もっとも名古屋で勢いのある
税理士法人様です。


セミナー受講者 :21名
アンケートご回答:18名
満足度平均点  :9.55点 
最高点     :10点(14名)
最低点     :7点 (1名)


「感想」〜アンケートより抜粋

・自己裏切りが性格となっていることに気づいた。  
今回は、社内で共通言語ができたところが良かった。
これから更にスタッフが増えて行く中で、個々人の参加でも
良いので、箱の考え方を皆に持ってもらいたい。

・3年ぶりの箱セミナーでした。
職場で感謝の時間をもてたのがすごく良かったです。
職場で「箱」という共通言語ができ、また1つ絆が深まったことが
何より嬉しいです!

・2回目の受講でしたが、改めて気づくことが多かったです。
「クレド」に立ち返り、感じたことができているのか、
もう一度考えたいです。

・これからは、会社のミッション達成のために、お客さんとなる
方々や、良い結果に視点をあてて頑張りたいと思いました。

・箱の考え方が、以前よりも理解できて良かったです。
3年前は、まだ仕事をして日も浅く、感じることが少なかった
のだと思います。社員全員で受けられたことに感謝です。

・クレドに基づく内側からの動機付けによって、お客様の
問題解決に取り組めるようになれば、最高に楽しい仕事が
できると思いました。

・2回目のセミナー受講となりました。正直忘れている部分も
多く、スーッと箱の概念が入ってきました。セミナーにおけるミソは
自身が箱に入っていることに気づくことが最大のポイントだと思います。

・初めて受講させていただきました。仕事は仕事と割り切った考えが
ありましたが、一日の中で長い時間を過ごす職場で、仲間として、人間として
そして、私自身人間らしい考えを持つ事が必要と感じました。

・たくさんの気づきをありがとうございました!
今まで無意識にモノとしてみていた状況でも、それに気づいて
思いやりを選択できるように、少しなりました。

・特に1日目の「論理を試す」というページで「箱の中にいる時
しても無駄なこと」は、私が後輩に対して行い、上手くいかなかった
ことと全く同じだったことは、とても衝撃的でした。

・3年前に受講した時は、まだ若かったので、あまりピンとこなかった
記憶がありますが、今回は共感しながら受講することができました。

・私は、基本的に箱に入ってしまうタイプだと感じた。まず気づくことが
できた点が良かったと思い、箱からの出方も少しずつ分かってきました。

・自分が箱に入っていることに気づいた。意識して変えていかなければ
いけない。

・個人的にも、全社的にも、今のタイミングで受けることが
できて良かったです。

・とても勉強になりました。もっと生きやすい人生にするために
自分を変えます。

・以前よりも、気持ちに余裕をもって受講することが
できたと思います。今回も良い2日間を過ごすことができました。

・チームで仕事をする以上、箱から出た状態でのコミュニケーションを
とらないと良いパフォーマンスを発揮できないと思いますので
全員で受けることができて良かったです。

・西田さんの実体験のお話が面白かったですし、イメージがつかみ
やすかったです。


------------------------------------------------------


鶴田会計様は、
3年前全社で受講していただいた時には、
社員数が10名ほどでしたが、
今では、倍の規模になっています。

それだけ、お客様の期待が集まっている
証拠ですね。

今回の僕の気づきは、「全員で受けることに意味がある」
ということです。

企業規模が大きくなるほど、社長の声や想いが
届かなくなります。

特に、会社のステージをかえていこうとする
成長企業において、声が伝わりにくくなります。

そんなステージでの対策が、「共通言語」と
「共通体験」を増していくこと。


今回は、2泊3日の社員旅行の中で
セミナー開催するという、ストイックな内容でしたが
そこにこそ、企業姿勢が現れると思います。


いかに全員集まって「質の高い時間」を共有できるか。

未来のためのコストを、今、確保できるか。


学ばせていただくことが、とても多かったセミナーでした。


箱セミナー企業編 ご感想

こんにちは、西田です。

7月中旬に、富山県で出張セミナーを開催しました。

今回セミナーで呼んでくださったのは、
満丸株式会社の皆さん。

僕が初めて富山県に伺うことになったのも
満丸のみなさんとのご縁からです。

富山は、お寿司が本当に美味しくて
景色も素晴らしいし、一年に1度は行きたくなる街です。

セミナーを通じて、こうやってご縁がひろがって行く。

 ありがたい毎日です。


「箱セミナーって出張でもやってもらえますか?」

と、ご質問をいただくことがありますが、

基本的には、全国どこにでもいきます。

企業内での開催などを考えている方は

info@hr-japan.com まで

ご相談くださいませ。

--------------------------------------------------

『箱セミナー企業編 7月』

受講者:4名 平均満足度:9.75(10点中)

 
「久しぶりで、忘れていたことも
たくさんありました。まだまだ箱に
入ることもあって、自分の成長しなさ加減に
あ〜〜あと思うこともあります。

開催して良かった。
本当にありがとうございました。」


「自分次第でこんなにも周りへの影響が
出るとは思わなかった。

プライベートと仕事の人間関係を分けがち
だけど、本当は同じで、解決策も同じ。

とても分かりやすく、楽しく
セミナーを受けることができました。」


「思いやり、人としてみることの大切さは
何となくの良心として、認識していたものだった
けど、行動の根本にあるもの、何をしても
どんな行動をとっても、そこにあるべきことなんだと
気づくことが出来たと思います。

会社の中でも、その気持ちで協力していけたら
いいです。」


「自分が以前の職場の上司に対して、
すごく壁をつくっていたことに気がつきました。

またすぐに壁ができるかもしれませんが、
教わったことを思い出して、壁をつくらず
思いやりの心を持って、相手に接したいです。

2日間ありがとうございました!」


-----------------------------------------------------

富山でのセミナーも、ほんとに良かったなー。

満丸の皆さん、本当にお世話になりました。


 企業内での開催などを考えている方は

info@hr-japan.com まで

ご相談くださいませ。

西やんの箱セミナー「感想」7月

こんにちは、西田です。

先日も無事に箱セミナーが終了しました。

今月は2回の開催。

みなさまより頂いたアンケート結果を
ご報告いたします。

「箱セミナー、興味あるな」
「どんな内容なの?」なんて方は、チェックしてくださいね。

ちなみに、次回の名古屋箱セミナーは
2014年9月27日(土)、28日(日)です。


お問い合わせ等は、info@hr-japan.comまで
気軽にご相談ください。

--------------------------------------------------------------

『箱セミナーIN名古屋 2014年7月26日、27日』

*受講者5名 平均満足点10点(10点満点中)
 アンケートより抜粋

「本では気づけないが、セミナーで
 気づかされることが多くある。
 職場でも、積極的に自分から動くことをせず
 いつの間にか、箱に入って上司や部下を見ていた。
 これからは、積極的に動き、人を思いやりの心で、
 人を人として見て行きたいと思います。」

株式会社ターニングポイント 上田様


「自分がやらない理由をみつけている時間の代わりに
 行動さえすれば、全く違う世界に繫がると感じました。

 自分がしなかった事の理由探しに気をとられて
 本来すべきことが見えなくなってしまっていました。」

某医療法人 高橋様


「自分のいけないことを知っているつもりでした。
 が、違いました。自分を否定し続けた自分は
 自分だけの問題だと思っていました。
 周りの人への影響を考えていなかった・・」

株式会社アババイ 日下様


「2度目の箱セミナーでしたが、マークのところを
全く欠落させていました。
時折、本を読んでいたのですが、箱から出る方法を
忘れていました。。

気づきを与えて頂き、ありがとうございます。」

株式会社オークローンマーケティング 石原様


「今までの自分の行動が、箱に入っていたんだと
気づくことが出来ました。

今後の人生において、すごく大切なことを教えて
いただけました。ありがとうございました。」

株式会社アババイ 高井様


-------------------------------------------


受講者のみなさん、本当にありがとうございました。

2日間の濃い〜い体験でしたね。

「箱セミナー、興味あるな」
「どんな内容なの?」なんて方は、チェックしてくださいね。


ちなみに、次回の名古屋箱セミナーは
2014年9月27日(土)、28日(日)です。


お問い合わせ等は、info@hr-japan.comまで
気軽にご相談ください。


livedoor プロフィール
記事検索
メンバーリスト