あさってからでもいいかな・・・

じゃあなんですか!?
じゃーあの、路上で裸になっちゃいけねぇって、
そういう法律でもあるんですか!?
・・・・・・・あるんすか、そうすか、すんません。

VISION OF DISORDER / Razed To The Ground (2015)

razed to the ground
VISION OF DISORDER / Razed To The Ground (2015)

1. Heart Of Darkness
2. Hours In Chaos
3. Electric Sky
4. Razed To The Ground
5. The Craving
6. Cut My Teeth
7. Red On The Walls
8. Nightcrawler
9. Severed Wing
10. Amurdica: A Culture Of Violence

VISION OF DISORDERの3年振り、通算5枚目のアルバム。
Candlelight Recordsからのリリース。

US出身のメタリックハードコアバンドです。
前作リリース後、Matt Baumbach(Gt)が脱退。バンドは新たなメンバーを加えることなく、残った4人で今作を制作。なおライヴではセッションGtを入れて5人でやってる模様。
再結成後、2枚目となるアルバムです。
サウンドそのものはそのままに、現代的なアップデートがなされていた前作がとても良い出来だったので今作にもかなりの期待をしていました。

いやはや、これは期待通りというか期待以上というか。

路線としては前作と同じ。
ミドルテンポ中心のメタリックなバッキングにTim Williams(Vo)のブチ切れスクリームとダミったクリーンという二刀流Voを乗せていくVoDらしいハードコア。
変わった点はVoとギターにメロディの量が増加していること。
TimはクリーンVoによる歌のパートが前作以上に目立つようになりました。#5や#8などはスクリームよりもクリーンVoをメインに据えた曲だし、その他の曲でもクリーンVoがあらゆる場面で登場します。単純にVoの攻撃性でいったら前作のほうが上回っているでしょうね。でもクリーンVoの比重が高まったからって「日和った」と思わせないのがTim WiiliamsというVoの凄いところ。激情的にスクリームしつつ歌もこなし、時に両方が交じり合って歌っていながら叫ぶ、叫びながらも歌う。このVoの巧みさは圧巻。Timという人は未だに進化しているのかと驚かされます。前作以上に表現力の高さが浮き彫りになっただけで攻撃的なVoワークであることには何ら変わりありません。
そしてギターにしてもメロディックなプレイが目立ちます。
量的にはそこまで増えていないのかもしれないけど、印象的なものが多くなった感じ。
ゴリゴリザクザクと凶悪なリフを刻み込んでいく中に哀愁を含んだメロディがそこかしこに散りばめられているMike Kennedy(Gt)のギタープレイはヴァリエーション豊かでそれが今作のメリハリある流れにも繋がっています。
アルバムを通してドラマ性が大いに増しているように感じるのはTimとMikeの2人に因るところが大きいです。
リズム隊の良さは言わずもがな。
Brendon Cohen(Ds)の疾走せずとも多彩なリズムを叩き出す躍動感のあるドラミングやMike Fleischmann(Ba)のバキバキベキベキと強く主張するベースによる強力なリズム隊は今作でも大活躍。立体的な音作りのおかげでリズム隊のキレと迫力がシャープに研ぎ澄まされているのもナイスですね。

ワルいノリのヘヴィリフで躍動的に幕を開ける#1は鋭い絶叫を響かせる激情パートで緩急のある展開をみせ、オルタナ風の濁ったクリーンパートでネットリと締めるハードコアナンバー。
手数の多いドラミングにゴリゴリのリフやVoが合わさり、強烈なフックのあるリズムをバシバシ叩きつけていく#2。
EVERY TIME I DIEやCONVERGEなどにも通ずるロック要素渦巻く骨太リフをブリブリ唸らせるヴァースからブヨブヨに膨れたリフをバウンドさせるスローなコーラスへと展開する#3。
爆裂するような躍動的ドラミングと焦燥感を煽る乾いたリフがウルトラ格好良く絡んでいく#4。
ザクザクしたバッキングにTimのエモーショナルなダミ声クリーンが乗る#5。スクリーム交じりの絶唱が格好良いのは勿論のこと、ナイーヴに歌い上げているコーラスの歌メロが凄く良い。
粗暴にグルーヴしたりザクザク刻んでシャープに決めたりするメタリックなバッキングにMASTODONやLAMB OF GODにも似た格好良さを感じさせる#6。クリーンとスクリームを自在に使い分けるVoも見事。
パンキッシュなやさぐれ感の強いリズミックなヴァースから青臭い叙情性が滲むクリーンパートへと展開する#7。
SLAYERちっくなメロディを噛ませつつハードコアらしいヘヴィリフをズンズンと刻んでいくスローなバッキングに歌心あるソウルフルなダミ声を乗せた#8。
極悪ハードコアを下地にクラシックロック的な熱さやメタルの攻撃性、パンキッシュな衝動性をバランス良く混ぜ合わせたVoDらしい#9。テンポが速いわけではないのにリズムの妙や様々な要素を垣間見せていく展開の上手さにスピード感を感じる佳曲。
ラストの#10はニュースクールハードコアっぽさの強いゴリゴリにヘヴィな曲。KILLSWITCH ENGAGEの前身のAFTERSHOCKとか、2000年前後の初期メタルコア感が強いですね。

攻撃性はそのままにドラマティックでヴァラエティに富んだアルバムです。
BLOODSIMPLEの良かった部分をVoDに還元したかのような印象も受け、そっち側から入った自分としては前作以上に今作のほうがしっくりときています。
VoDの持つ柔軟さと豪胆さが最高の形で合致した1枚です。

評価:★★★★★

THE BLACK DAHLIA MURDERからRyan Knightが脱退!!

ryan knight tbdm

THE BLACK DAHLIA MURDERからRyan Knightが脱退しました。

http://www.blabbermouth.net/news/the-black-dahlia-murder-to-perform-entire-unhallowed-album-band-announces-split-with-ryan-knight/

脱退の理由は「自身と家族との生活を大切にしたいから」とのこと。
メンバー間の不仲などによるものではなく、Trevor Strnad(Vo)はRyanのバンドへの尽力に心から感謝していると述べています。
バンドはRyanの後任にARSISのBrandon Ellis(Gt)を迎えてツアーを行い、そこで1st『Unhallowed』の完全再現をするそうです。


これは残念…。
Shannon Lucas(Ds)の脱退も痛かったけども、Ryanの脱退はそれ以上かもしれない。
過去3回観た中で僕が一番印象に残ってるのは2012年の名古屋公演。
観客が少なくてRyanの目の前でガッツリ観られたライヴで、「ライア〜ン!」なんて声を掛けたら笑って拳を突き出してくれたことを今でも覚えています。

おい、リアルネーム、Ryanよ。
今までありがとな〜!あったかくして寝ろよ!

そして後任がまたしてもARSISからというね。
Ryanを引き抜いてまたしてもw
これはもうJames Malone(Vo)から刺されても文句言えないねw
えい

VENOM INC. 来日キャンセル!!

image

VENOM INC.の来日がキャンセルになりました。


バンドは来日後も精力的にツアーを行っていたそうですが、メンバー間での揉め事が発生し、これ以上バンドとしてツアーを行っていくのが困難な状況にまでなってしまったとのこと。
バンドそのものが解散する可能性まであるそうです。


キャンセルの理由がメンバー同士の喧嘩って子供かよ…。
せめて前々から決まっていた公演はビジネスとして割り切ってやりなさいよ。

それにしてもEvoken de Valhall Productionは毎回トラブルが発生してて本当に不憫。
今回のキャンセルに関しては何の落ち度もないし。
来日させるバンドのチョイスが凄く良いから今後もめげずに頑張って欲しい。

ANGELUS APATRIDA 来日決定!!

angelus apatrida japan tour 2016

ANGELUS APATRIDAの来日が決定しました!


東京
5/21(土) 四谷OUTBREAK!

仙台
5/22(日) FLYING SON

チケット: ¥3000 (東京) / ¥2500 (仙台)


ROTTING CHRISTのジャパンツアーにも帯同したスペイン産スラッシャーがまた来るようです。
東京と仙台だけっていうのは特殊だね。

公演日が休日な上にチケットもお手頃価格なのが嬉しいところ。
予定さえ合えば行こうと思う。

それにしてもせっかく来日するのに全く宣伝されてないけど大丈夫なんだろうか?

EXARSIS / The Human Project (2015)

the human project
EXARSIS / The Human Project (2015)

1. Arrivals
2. Medicide
3. Abnormal Generation
4. Police Brutality
5. R.F.I.D.
6. False Flag Attack
7. Know Your Enemy (322)
8. Skull & Bones
9. Change Of Plans
10. Brutal State
11. Deathrider *
12. After Nuclear Devastation *

EXARSISの2年振り、通算3枚目のアルバム。
MDD Recordsからのリリース。

ギリシャ出身のスラッシュメタルバンドです。
前作リリース後、Vo、Gt、Dsが相次いで脱退。今作は新たなメンバーを入れて制作されたようです。
1stから2ndにかけて目覚しい進化を遂げたこのバンドですが、その後メンバーが大量に脱退したと聞いて、新譜がどうなるのか、かなり心配でした。
特にNUCLEAR ASSAULTのJohn Connelly(Vo,Gt)に似たあのVoが抜けてしまったのはバンドにとってかなりの痛手になるんじゃないかと思っていました。
で、聴いてみた。

何コレ、メッチャ良くなってるやん。

CHRONOSPHEREやBIO-CANCERと同様にこのバンドも大きく化けた。
化けた要因は色々あるけれど、一番大きいのはメンバー交代。
これがバッチリと嵌った。
まずVoの交代。
これがこれっぽっちも痛手になっていないどころか、大きなプラスになっています。
声質的には両者はそれほど似ていません。前VoがJohn Connelly似なのに対して、新Voは元WATCHTOWERのJason McMaster(Vo)っぽい。つまり低~中音域で歌ったり吐き捨てたりしながらヒステリックなハイトーンでヒャアアアアアアアア!!とやるタイプということ。
この高低をダイナミックに使い分ける新VoのおかげでVoパートは比べ物にならないくらい充実。
前任者のJohnをガキっぽくした感じのハイトーンも個人的には嫌いではなかったけれど、常に甲高く叫ぶだけで表現に欠ける部分があったのも事実。そして音作りも影響してか、楽曲から"浮いて"聴こえることも多々ありました。そういった不満が新Voの加入でほぼ解決されています。
次にギター。
リフ作りに関しては前作の時からセンスを見せていたけれど、今作においてはそれ以上にキャッチーな刻みや切り込んでくるソロをバンバン盛り込んでいて順当にレベルアップしています。
んでここでもまたVoが関係してくる点がありまして…。
というのも前作ではVoが前へ前への精神で出てくるもんだから、スラッシュの肝であるリフが埋もれることが多かった。しかもそのVoが一本調子。そうなるとリフの違いからくる曲の差別化などがあまり感じられず、聴き終わった後はどの曲も同じようなイメージになってしまうきらいがありました。だから前作を紹介した時に「楽曲単位での印象は薄め」と書いたんです。リフが生命線でもあるスラッシュにおいてリフが埋もれるというのは致命的なことなわけで。
そういったマイナスも今作では全部解消。リフはジャリジャリザクザクと常に際立ってる。リフがVoに埋もれることも重なって邪魔をすることもない。良い位置関係になりました。キャッチーな刻みを思う存分楽しめる。
最後にドラム。
これもまたプラスになった要素の一つ。
前任者よりシャープで性急に畳み掛けるドラミングが楽曲をグイグイと引っ張っています。
手数やリズムパターンの豊富さも段違い。
今作を聴いた後に前作を聴くと「随分と緩い疾走感だなぁ」と感じますね。

陽性のメロディを含ませた猛烈な刻みで爆走する#1。ヒャアヒャア叫んでるヒステリックなVoと野太いバッキングコーラスとのコンビネーションがいかにもスラッシュらしくて格好良し。
若手スラッシュらしい細かい刻みと単音を織り交ぜたメロディックなリフワークによる整った爆走が爽快感抜群な#2。
ザクザクとタメるイントロ ~ スピードメタル/クロスオーヴァースラッシュっぽさのあるシンプルなメロディを刻みまくって明るく駆け抜ける#3。
パタパタとしたスラッシュビートでコミカルな疾走をしつつ、リフの押し引きやブラストによる加速などのちょっとしたギミックでクールに仕上げている#4。
若干シリアスムードのザクザク疾走スラッシュに高らかなヒス系ハイトーンを乗せた#5。
ライトになったEXODUSって感じのリフで幕を開け、リズム感の良いキャッチーなリフでもって疾走する#6。高低を器用に使い分けるVoが芸達者でかなりの存在感を放っています。
#7は電話の会話を流すだけのインタールード。
#8は軽ーくシャクシャク刻むミドルテンポから、フゥッ!!と掛け声一発かけて小奇麗な刻みで疾走を開始するフレッシュな勢いに満ちたスラッシュナンバー。後半の叙情アルペジオやギターソロと共に疾走するインストパートが凄く良い味出してます。
#9はちょろっとクロスオーヴァー掛かった疾走でいつも通り爽快感のあるスラッシュをやりながら、テンションを落とさない程度にミドル/アップテンポを組み込んで巧みに展開するスラッシュナンバー。
本編ラストの#10はオーディエンスと一緒にスクリーム出来るミドルテンポのコーラスパートを持った曲。オールドスクールなハードコアを思わせるフックと軽快さが楽しい。曲のタイトルにあえて前作のアルバムタイトルを持ってくるのはNUKESリスペクトかな?
#11はボートラでANTHRAXの人気曲のカバー。悪くはないけど、個人的にはもう少しちゃんとあの歌メロを再現して欲しかった。
#12はVIOLATORのカバー。原曲の荒さをスポイルして綺麗に纏めた感じ。

またしてもギリシャのスラッシュバンドが羽ばたいたか。
ギリシャのスラッシュシーンが注目を集めるきっかけを作ったのはSUICIDAL ANGELSであることに疑いの余地はないけれども、最近はそのSA超えを果たして下克上するバンドが増えたと思う。
このEXARSISもその中の一つになる予感。
ただ今作リリース後にここまでの3作でバンドを支えてきたGtが脱退してしまったそうな…。

評価:★★★★★

TRIVIUM 来日決定!!

trivium japan tour 2016

TRIVIUMの来日が決定しました!

http://www.creativeman.co.jp/artist/2016/04trivium/


大阪
4/4(月) なんばHATCH

東京
4/5(火) TSUTAYA O-EAST
4/6(水) TSUTAYA O-EAST

名古屋
4/7(木) DIAMOND HALL

チケット:¥8000


また4月…。
もう4月は無理だよ。
これ以上は死んじゃう。死んじゃウィッシュ。
メタラーの財布を切り捨て御免。

それに8000円って高くね?
TRIVIUMは2005年のARCH ENEMYの前座で来た時から観てるけど、そんなに大きなバンドになっちゃったんだって、おじさんビックリしてるよ。

NIGHTWISH 来日決定!!

nightwish japan tour 2016

NIGHTWISHの来日が決定しました!!


東京
4/19(火) EX THEATER ROPPONGI

大阪
4/21(木) BIGCAT

東京
4/22(金) 新木場STUDIO COAST

チケット:¥8500



IRON MAIDENの来日を挟む形でNIGHTWISHが来日…。
この過密な来日スケジュールの中で東京2公演に大阪って、かなり集客厳しいと思うんですけど。
東京2日目の新木場は1月のSTRATOVARIUS以上にガラガラの予感…。

しかも4/22ってDRAGONFORCEも渋谷duoでやってるやん。
他のプロモーターの公演と被っちゃうならともかく、自分とこの公演を被らせるってどういうことなの。
クリマン御乱心ですか。

行くとしたら19日のほうかなぁ。

WITH THE DEADからMark Greeningが脱退!!

mark greening wtd

WITH THE DEADからMark Greeningが脱退しました。

http://bravewords.com/news/with-the-dead-drummer-mark-greening-out-of-the-band


脱退の理由は「個人的な」そして「政治的な」ものとのこと。
声明を読む限りではあまり友好的な脱退ではないようです。


with the dead new lineup

また、バンドは新たにLeo Smee(Ba)とAlex Thomas(Ds)が加入すると発表しました。
今後はこの4人でライヴなどを行っていくようです。


Mark Greeningの脱退は残念でしかない。
「政治的な理由」って何よ…。
これでまたELECTRIC WIZARDに戻ってくれたらそれはそれで嬉しいけど、多分ないだろうなぁ。

そしてLeo Smeeの加入はCATHEDRALファンには嬉しいお知らせなんじゃないかと思う。
これでメンバーの半分がCATHEDRAL。
新しいドラマーは元BOLT THROWERだそう。『Mercenary』で叩いてたらしいけど、あのアルバム、BTのディスコグラフィの中でもかなり地味よね。

なんでもいいから日本には来て欲しいよ。

MGLA / Exercises In Futility (2015)

exercises in futility
MGLA / Exercises In Futility (2015)

1. Exercises In Futility I
2. Exercises In Futility II
3. Exercises In Futility III
4. Exercises In Futility IV
5. Exercises In Futility V
6. Exercises In Futility VI

MGLAの3年振り、通算3枚目のアルバム。
Northern Herrirage Recordsからのリリース。

ポーランド出身のブラックメタルバンドです。
M.(Vo,Gt,Ba)とDarkside(Ds)という2人によるブラックメタルバンドで、バンド名の正式な表記は『Mgła』。「ムグワ/ングワ」と発音するみたいです。
2012年にリリースされた前作がアングラなブラックメタル界隈で話題になっていたので、僕もちょっと時間が経ってから1stと2ndをバンドから直接買って聴いていました。
単なるアングラプリブラだった1stから2ndではメロディと展開力に磨きが掛かっていて、なるほど確かに話題になるだけのことはあるなと聴き比べて思ったわけですが、今作は更に良くなってる。
サウンドの路線としては正しく前作の延長。
もう前作の段階でプリブラ的なチープさはかなり薄れて、どっしりと自分たちのサウンドを確立させた感が充分にありました。今作はそこから更にドラマ性を上げてきた印象で、あざといくらいに叙情的なメロディやベタで劇的な展開でもって盛り上げるなど、聴き手のツボの突き方が上手くなっています。
薄暗い雰囲気の中、鬱々としたメロディで負の感情を鬱屈させた後に叙情トレモロを掻き鳴らして全てを洗いざらい発散させているかのようなギタープレイとそれを支えるドラミングのコンビネーションがとにかく素晴らしい。メロディの量だけで言えば前作のほうが上かもしれないけど、展開の妙は今作のほうが上です。ここぞという場面で見せる叙情メロディのクオリティに関しても僕は今作のほうが光っていると感じました。
Voはブラッキンな高音シャウトと威厳に満ちた咆哮のちょうど中間あたりのスクリーム。このVo、声質が非常にイケメン。これもまたムチャクチャ格好良い。これぞブラックメタル界のイケボ。
SARGEIST的な叙情性やBEHEXENやHORNAのような荘厳性など、フィンランド産ブラック的な部分が多く感じ取られるサウンドながら、このバンドはもっとメジャーなブラックメタルバンドに通ずる間口の広さが出てきました。アングラな質感は残しつつも、そういうメジャー感があるのはこのバンドの強みですね。

絶望感を煽るSEと鬱々としたアルペジオに鈍足のドラムロールが絡んでくるイントロ ~ 陰鬱なメロディを引き摺りながらも軽快なミドルテンポでノリ良く走る前半 ~ 疾走する中盤からはトレモロの叙情旋律で感動的なほどに悲哀を高め、その分かりやすいくらいにベタな展開で聴き手を揺さぶりにくる#1。
陰鬱なトレモロをスローテンポの中漂わせ、演説するかのような威厳に溢れる咆哮を乗せたヴァースからメロディックな疾走パートで泣かせにくる#2。
ユラユラとした掴みどころのない暗黒メロディが軽やかなミドルやドタバタした爆走に覆い被さる#3。叙情性がなく薄気味悪いドス黒さが目立つけど、コロコロと変わるリズムが楽しい1曲。
イントロの段階から北欧的な悲哀メロディを滲ませ、Voが加わってからは叙情トレモロで悲しみを爆発させる#4。フィンランド産ブラックっぽいメロディ展開、ミドルと疾走の使い分けが活きた曲。
若干ペイガン臭い鈍重なイントロの後、ジャリジャリと吹き荒ぶトレモロでミドルテンポを寒々しく彩っている#5。ラスト2分のトレモロと金物の嵐も凄く良い。
ラストの#6は叙情トレモロでひたすら疾走するメロブラナンバー。

作を追うごとに順調にステップアップしています。
アングラシーンだけで留まってしまうのは非常に勿体無い。
王道のブラックメタル好きから北欧のメロいプリブラ好き、はたまたカスカディアン系ポストブラック好きまでアピール出来る絶妙な立ち位置にいるバンドなんじゃないかと思います。

評価:★★★★★

SARGEISTからGt以外全員脱退!!

ssargeist shatraug

SARGEISTからShatraug(Gt)とVJS(Gt)以外のメンバーが全員脱退しました。

https://www.facebook.com/thetruesargeist/posts/760084024123235


脱退したのはHoath Torog(Vo)にVainaja(Ba)、Horns(Ds)の3人。
脱退の詳しい理由は明かされていませんが喧嘩別れなどではないようです。
バンドは2016年中に新たなメンバーを加えて新曲をリリースするとのこと。


元々Shatraugのワンマンプロジェクトだからサウンドにはさほど影響はなさそう。
ただ脱退したHoathとHornsとはBEHEXENでも一緒なのに気まずさとかはないのだろうか。

これで後任のメンバーがHORNA関連だったらもう訳分からなくなるなw

IRON MAIDEN 来日決定!!

iron maiden japan tour 2016

IRON MAIDENの来日が決定しました!!

http://www.creativeman.co.jp/artist/2016/04iron/


東京
4/20(水) 両国国技館
4/21(木) 両国国技館

チケット
アリーナ席:¥17000 / 1F升席:¥14000 / 2Fスタンド席:¥12000 / サイド席:¥10000




IRON MAIDENの来日公演がやっと決まったぞ!!


震災で中止になったのが2011年。
あれから約5年ですか。
長かったねぇ…。

それにしても会場が両国国技館ってのがなんとも。
僕のようなくりぃむANNリスナーからしたら国技館はプロレスのTPG事件の印象しかない。
「升席に入場の際は履物を脱いでいただきます」ってマジか。
全席指定となるとモッシュなんて絶対に起こらないね。
それはそれで寂しい。

とりあえずTシャツのデザインは力士になったデブエディで。

HELLOWEEN 来日決定!!サポートアクトにAMARANTHE!!

helloween japan tour 2016

amaranthe japan tour 2016

HELLOWEENの来日が決定しました!!
サポートアクトとしてAMARANTHEも帯同するそうです。 ※広島公演以外

http://www.creativeman.co.jp/artist/2016/06helloween/


広島
6/19(日) 広島CLUB QUATTRO

大阪
6/22(水) なんばHATCH

名古屋
6/24(金) DIAMOND HALL

東京
6/25(土) EX THEATER ROPPONGI
6/26(日) EX THEATER ROPPONGI

チケット:¥9000


チケット高い…。
他にも来日公演がたくさんある中で9000円はかなり強気。

個人的に両バンドとも新譜がイマイチ気に入らなかったから今のところ保留かな。

STRATOVARIUS Japan Tour 2016 @ 新木場STUDIO COAST 1/29 感想

STRATOVARIUSを観てきました!!
ストラト!!

観るのはLOUD PARK 13以来。
つまりはAMORPHISと同じ。

場所は新木場STUDIO COAST。
恐らく誰もが「会場設定ミスってるだろ」と思ったはず。
ストラトに2000人規模のハコはあまりにも大き過ぎる。
無難にO-EASTあたりにしておいたほうがよかったんじゃないか。

僕が会場に御降臨されたのが開演の10分ほど前。
中に入ってみると案の定というか、フロアをかなり狭めていました。
2Fを含め、後方が全て閉鎖。
更にフロアの左右、特に上手側のフロアはえげつないほどに狭めていて、こっちとしても「そこまで狭めなくてよくね?」と思うほど。
その甲斐あってフロアは良い感じに埋まっており、多分1000人くらいは入ってたと思います。
やっぱりO-EASTでよかったんや。
この日は雨が降っており集客に響きそうな予感もしていたんだけど、あまり関係なかったかも。


開演はほぼ定刻。
ライヴは新譜の1曲目からスタート!!

セットリスト

1. My Eternal Dream
2. Eagleheart
3. Phoenix
4. Lost Without A Trace
5. SOS
-Bass Solo-
6. Paradise
7. Against The Wind
8. The Lost Saga
-Keyboard Solo-
9. Black Diamond
10. Unbreakable
-Encore-
11. Shine In The Dark
12. Hunting High And Low


ファンタジックなSEからテッテテテー♪という「My Eternal Dream」のイントロのファンファーレで勢い良くスタートした今回のライヴ。
開演前は気温の寒さと雨に濡れた体のせいで縮こまっていた体も、あの曲の持つメロディックパワーメタル然とした高揚感とスピードにあてられてもうビンビン!!ちょっと前までは「失敗したぁ…調子こいてTシャツになんてなるんじゃなかったぁ…もっかい上着取りにロッカー行きてぇ…」とか思ってたんだけど、最初の1曲でそんな考えは吹っ飛びました。
Timo Kotipelto(Vo)の声は序盤から調子も良さそうで伸びやか。それに見た目が格好良いんだよね。メロパワバンドのライヴは少なからず色々と観てきたけど、小ティモの格好良さはトップクラスだと思う。
2曲目は「Eagleheart」!!
僕にとっては初めて聴いたストラトの曲であり、『STRATOVARIUS = Eagleheart』みたいなところがあるので、ラウパに引き続きこの曲が聴けたことで大興奮。
多分バンドとしては解散騒動でゴタついたSMAPにエールを送る意味も込めて演奏したんだと思う(嘘
そういやストラトも前Gtの御乱心で解散騒動にまで発展したことがあったね。そういう意味では似た者同士である。どちらも元々特別なイーグルハートを持って今後とも頑張って頂きたい。
ネオクラ的なクサみが良い「Phoenix」までの序盤3曲の盛り上がりから「Lost Without A Trace」で一旦落ち着き、ポップな「SOS」でフロアを温かく沸かせたところでLauri Porraのベースソロタイム。
このベースソロ、なかなか見応え/聴き応えがあって僕はかなり楽しめました。バキバキの重低音でリズムを刻んだりスラップして低音をバウンドさせたりテクニカルに速弾きしたり繊細に叙情メロディを紡いだりと、打楽器と弦楽器の間を縦横無尽に行き来していて非常にスリリング。最後まで飽きさせない構成の巧みさをあって単なる繋ぎ以上のものになっていたと思います。
7曲目には日本では久々の「Against The Wind」!!
前Gtは面倒臭い人ではあったけど、やっぱり作曲センスはピカイチだったんだなぁということが分かる名曲。未だに小ティモがあの高音部分もしっかりと出せていたことには感心しました。
長尺曲の「The Lost Saga」に聴き入った後はJens Johansson(Key)のソロタイム。
が、正直何をやっていたのか全く覚えていないw
Keyに取り付けてあった黄色のアヒルがグレードアップして光っていたことしか記憶にないw
そのソロからの「Black Diamond」のイントロへの流れはもうお約束。
この曲はみんな好きよね。
間奏はステージ袖から投げ込まれるペットボトルを小ティモが片手キャッチしてはフロアにリリースというプレゼントタイムになっていてフロア前方の人たちはみな水入りペットボトルを手に入れようと必死になっていてマッドマックス状態。
曲終わりにはちょろっとドラムソロがあり、マルフォイヘッドになったRolf Pilve(Ds)君が若い力大放出といばかりにバッシンバッシン叩きまくっておりましたフォイ。
アンコール1曲目は新譜のリードトラック「Shine In The Dark」。ストラトの新たな名曲ですな。この曲を観客がみな腕を振り上げて歌っている姿を観たメンバーも満足そう。
ラストは当然あの曲。
観客にコーラスの合唱を求めるパートもいつも通り。
「メキシコのオーディエンスは凄かったのよ~。お前らはもっとラウドに歌えるか~?」とか「いやいやブラジルのサンパウロも凄かったのよ~。」とかって煽りを入れてくるもんだからみんな力いっぱい歌う。あまりにも歌声がデカかったからか、小ティモが「今のどうだった?」と隣のJensに訊いたら前回のラウパみたいに「いや、まだまだ」と首を横に振ることなく、「うん、かまわんよ」と一発OKが出ちゃうというね。


良いライヴでした。
演奏は強固でダレるような選曲もなし。
小ティモのCorey Taylorばりに日本語を使いまくってたMCもよし。「ゲンキ~?」とか「イッショニー!ウタッテクレ!!」とか他にも色々。ちゃんと使う場面に合った日本語だったので反応も上々でした。ただし「オイシイィィィ!!」に関しては完全に間違ってました。そもそもライヴで「オイシイ」なんて日本語を使う場面なんてほぼないわけで。なのにTimoはこの日本語を気に入っているのか2回くらい使ってるという。
唯一曲数の少なさには不満が残ります。
せっかくの新譜のためのツアーなんだし、「Rise Above It」や「Feeding The Fire」、「Few Are Those」あたりのライヴ栄えしそうな曲はやって欲しかった。新譜があんなに良い出来だったのに勿体無さ過ぎる。

なお大阪公演ではこれに加えて「Forever」をやり、名古屋では更に加えて「Speed Of Light」までやった模様。
東京のファンが一番損しているというのは珍しいですな。

AMORPHIS Japan Tour 2016 @ TSUTAYA O-EAST 1/27 感想

AMORPHISを観てきました!!

2014のフィンフェスは行かなかったのでAMORPHISを観るのはLOUD PARK 13以来。
多分4回目くらい。

僕が渋谷に御降臨されたのが大体18:40くらい。
O-EASTに着くとその向かいにあるO-WESTの入り口が何やら人でごった返してる。
「なんだろ?ボンテージ祭りでもやってんのかな?」と様子を見てみたら残念ながらボンテージ祭りはやってなくて、どっかのアイドルの握手会的なイベントをやってる最中でした。
寒空の下、大勢の野郎共が薄着の派手な衣装に身を包んだ女の子達を取り囲んで会話したり握手したりしてて「アイドルって大変なんだなぁ…」としみじみ思ったんだけど、興味本位でゲリラ的に少し観察することに。
いやーなんだか楽しいよ。
外から野次馬的に見てる分にはなんだか楽しいよ。参加したいとは思わないけど。
ビックリしたのはその中にいた一人のアイドルの子がファンと思われる男性とタメ口で会話してたこと。「えー、〜〜じゃね?てかさぁー、〜〜」みたいな感じでかなりくだけた話し方。
え?そういうのありなん?
むしろファンとしてはそういう対応のほうが嬉しいのだろうか?「この子は俺に心開いてくれてるんだ!」みたいな?「好きんなっちゃう!」ってシソンヌばりに思うんだろうか?
外野の僕は軽く引いたけどね。
5分ほど眺めてカルチャーショックを覚えたところで「ボンテージ!!」と思いながらO-EASTに入りました。


客入りは案外悪くない。
フロアの左右を狭めてたりフロアを仕切る柵が多かったりとガラガラ対策はされていたものの普通に盛況と言える入り。
後ろから押されることなく快適に楽しめるちょうど良い環境でした。

会場はほぼ定刻通りに暗転。
ライヴは新譜の1曲目からスタート!!

セットリスト

1. Under The Red Cloud
2. Sacrifice
3. Bad Blood
4. You I Need
5. The Wanderer
6. On Rich And Poor
7. Drowned Maid
8. Enemy At The Gates
9. The Four Wise Ones
10. Silent Waters
11. My Kantele
12. House Of Sleep
13. Hopeless Days
-Encore-
14. Death Of A King
15. Silver Bride
16. The Smoke

全16曲で単独としてはちょっと短め。
大阪は「You I Need」の代わりに「Sky Is Mine」をやったそうです。そっちのがよかったー!!

僕の勝手なイメージとしてはAMORPHISのライヴってパフォーマンスはそこそこに、ほぼ曲の良さで勝負してるっていう感じだったんだけど、今回のライヴに関して言えば全くそんなことはなかった。
過去の3回より圧倒的にライヴが上手くなってる。
演奏のタイトさがまるで違う。
今まではゆるーいマイルドな演奏と抜けのよろしくない音でお送りする多少のイモ臭さがあるライヴだったんだけど、今回は音の強度とエッジがぐんと底上げされてガチガチのビキビキにメタリック。音は音圧が高いのにクリアでシャープだし、演奏はライザップでも通ったのかと思うくらいに引き締まっていてもはや別のバンドじゃないかと思うほど。
サウンド面でのクオリティが上がった分、バンドの強みである曲の良さもいっそう引き立ち、メランコリックなメロディとメタルのアグレッションのぶつかり合いが迫力たっぷりに再現されていて、存分に楽しめました。

Tomi Joutsen(Vo)はトレードマークだったドレッドヘアをバッサリ切って、長めのサラサラヘアにイメチェン。だいぶ印象が変わってましたね。でもマイクはいつもと同じあの変な形のやつでした。声のほうは絶好調でグロウルもクリーンもパワフルで全然ヨレない。極端に違う2種類の声をライヴでもあれだけ上手く使い分けられるのは本当に凄い。

セトリは新譜からの曲を軸にほぼ近作から。Tomi加入前の曲は3曲だけ。去年は2ndの完全再現もやってたみたいだからそれで少なめだったのかな。
でもやっと「On Rich And Poor」が聴けたんだぜー!!!前回のフィンフェスでこの曲をやったと聞いて「なんで自分が行かなかったライヴに限ってやるんだ!お前、ふざけろよ〜!?」とおこだったんだけど、今回もやってくれたので許してやろう。
あと7曲目の「Drowned Maid」を演奏する前には、JoutsenのほうのTomiが「俺、バンドのオリジナルシンガーである彼にも歌って貰おうと思ってんのよ〜」とTomi Koivussari(Gt,Vo)を紹介し、彼が合いの手のようにちょくちょくグロウルを挟んでいたのが嬉しかった。ブレスが多めのアングラ臭漂う低音グロウルで初期アルバムで聴いたあの声より若干陰湿な雰囲気があり、パワーではJoutsenのほうのTomiに劣るもオールドスクールデスらしさがあって非常に良かったです。今後はダブルTomiのVoワークを充実させるのもアリだと思うのよなぁ。いかんせんKoivussariのほうのTomiがあまり歌いたがらないらしいから難しいのかもしれないけど。
地味にNiclas Etelävuori(Ba,Vo)のバッキングVoがグロウルとクリーンで大活躍だったことも付け加えておきます。

観客はどの曲に対しても熱が凄い。
「あの曲が特に盛り上がったね」とか「あの曲は反応が悪かったね」というのがなく本当にどの曲も半端じゃないくらいにウケていて、毎回曲が終わるたびにフィナーレかと思うほどの拍手と歓声。去年のBATTLE BEASTを思い出すような熱さ。AMORPHISのファンってここまで熱狂的だったのか。

単独なんだからもっとたくさん演奏してくれてもよかったんじゃないかとも思うけど、ライヴ自体は今まででベストと言えるパフォーマンスでした。

VREIDがKALMAHのジャパンツアーに帯同決定!!

vreid japan tour 2016

VREIDがKALMAHのジャパンツアーに帯同することが決定しました。

今回のKALMAHのジャパンツアーはVREIDに加えて、日本のETHEREAL SINとARESがサポートアクトとして出演。
そして、3月20日の東京公演がソールドアウトしたため、21日に新宿MARZにて追加公演を行うことも決定しました。


これは豪華な追加ですね。
しかもVREIDの単独公演を匂わせる発言もあったり…。
天気予報
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

検索
最新記事
アートワークギャラリー
  • VISION OF DISORDER / Razed To The Ground (2015)
  • EXARSIS / The Human Project (2015)
  • MGLA / Exercises In Futility (2015)
  • WITH THE DEAD / With The Dead (2015)
  • GAMA BOMB / Untouchable Glory (2015)
  • DEAFHEAVEN / New Bermuda (2015)
  • KALMAH 来日決定!!
  • MALEVOLENT CREATION / Dead Man's Path (2015)
  • LOST SOUL / Atlantis: The New Beginning (2015)
  • GRAVE RITUAL / Morbid Throne (2015)
  • CRUCIAMENTUM / Charnel Passages (2015)
  • ANTIGAMA / The Insolent (2015)
  • KRONOS / Arisen New Era (2015)
  • SICKENING / The Beyond (2015)
  • SERIAL BUTCHER / Brute Force Lobotomy (2015)
  • ARKAIK / Lucid Dawn (2015)
  • GRAVE / Out Of Respect For The Dead (2015)
  • RIVERS OF NIHIL / Monarchy (2015)
  • CARNIVOROUS VORACITY / The Impious Doctrine (2015)
  • NILE / What Should Not Be Unearthed (2015)
  • CATTLE DECAPITATION / The Anthropocene Extinction (2015)
  • CREPITATION / The Violence Of The Slams (2015)
  • DEVOUR THE UNBORN / Meconium Pestilent Abomination (2015)
  • BONE GNAWER / Cannibal Crematorium (2015)
  • HORDE CASKET / Bloodfiends (2015)
  • DEIVOS / Theodicy (2015)
  • KRAANIUM / Chronicles Of Perversion (2015)
  • DYSENTERY / Fragments (2015)
  • KRISIUN / Forged In Furyn (2015)
  • MARUTA / Remain Dystopian (2015)
  • PUTRIDITY / Ignominious Atonement (2015)
  • PARTY CANNON / Bong Hit Hospitalisation (2015)
  • UNBREAKABLE HATRED / Ruins (2015)
  • HATE ETERNAL / Infernus (2015)
  • SVARTSOT / Vaeldet (2015)
  • RIFFTERA / Pitch Black (2015)
  • GRAVEWORM / Ascending Hate (2015)
  • BORN OF OSIRIS / Soul Sphere (2015)
  • POWERWOLF / Blessed & Possessed (2015)
  • STRATOVARIUS / Eternal (2015)
  • GLORYHAMMER / Space 1992: Rise Of The Chaos Wizards (2015)
  • MISS MAY I / Deathless (2015)
  • ATREYU / Long Live (2015)
  • CROSSFAITH / Xeno (2015)
  • FOR TODAY / Wake (2015)
  • PARKWAY DRIVE / Ire (2015)
  • IN DREAD RESPONSE / Heavenshore (2015)
  • CHILDREN OF BODOM / I Worship Choas (2015)
  • THE BLACK DAHLIA MURDER / Abysmal (2015)
  • BATTLECROSS / Rise To Power (2015)
  • SOILWORK / The Ride Majestic (2015)
  • WOLFHEART / Shadow World (2015)
  • SERENITY IN MURDER  / The Highest Of Dystopia (2015)
  • THOUSAND EYES / Endless Nightmare (2015)
  • AMORPHIS / Under The Red bCloud (2015)
  • COHOL / 裏現 (2015)
  • SUMAC / The Deal (2015)
  • KATAKLYSM / Of Ghosts And Gods (2015)
  • ARMAGEDDON / Captivity & Devourment (2015)
  • HIBRIA / Hibria (2015)
  • FIVE FINGER DEATH PUNCH / Got Your Six (2015)
  • SACRAL RAGE / Illusions In Infinite Void (2015)
  • DARK SERMON / The Oracle (2015)
  • SOULFLY / Archangel (2015)
  • BUTCHER BABIES / Take It Like A Man(2015)
  • FEAR FACTORY / Genexus (2015)
  • MYRKUR / M (2015)
  • ACT OF DEFIANCE / Birth And The Burial (2015)
  • BULLET FOR MY VALENTINE / Venom (2015)
  • HYADES / The Wolves Are Getting Hungry (2015)
  • RAGING DEATH / Raging Death (2015)
  • RUNNING DEATH / Overdrive (2015)
  • DISTURBED / Immortalized (2015)
  • DISARMONIA MUNDI / Cold Inferno (2015)
  • LAMB OF GOD / VII: Sturm Und Drang (2015)
  • NECROWRETCH / With Serpents Scourge (2015)
  • TRIBULATION / The Children Of The Night (2015)
  • BOREALIS / Purgatory (2015)
  • DEMON LUNG / A Dracula (2015)
  • SKINLESS / Only The Ruthless Remain (2015)
  • CRADLE OF FILTH / Hammer Of The Witches (2015)
  • AUGUST BURNS RED / Found In Far Away Places (2015)
  • SHINING / IX: Everyone, Everything, Everywhere, Ends (2015)
  • IWRESTLEDABEARONCE / Hail Mary (2015)
  • JUNGLE ROT / Order Shall Prevail (2015)
  • UNLEASHED / Dawn Of The Nine (2015)
  • BETWEEN THE BURIED AND ME / Coma Ecliptic (2015)
  • DEW-SCENTED / Intermination (2015)
  • ENTRAILS / Obliteration (2015)
  • ALKALOID / The Malkuth Grimoire (2015)
  • UNLEASH THE ARCHERS / Time Stands Still (2015)
  • THY ART IS MURDER / Holy War (2015)
  • CUT UP / Forensic Nightmares (2015)
  • LINDEMANN / Skills In Pills (2015)
  • LUCA TURILLI'S RHAPSODY / Prometheus, Symphonia Ignis Divinus (2015)
  • PARADISE LOST / The Plague Within (2015)
  • REIGN OF FURY / Death Be Thy Shepherd (2015)
  • GRUESOME / Savage Land (2015)
  • GEORGE KOLLIAS / Invictus (2015)
  • THEORIES / Regression (2015)
  • FORGOTTEN TOMB / Hurt Yourself And The Ones You Love (2015)
  • VATTNET VISKAR / Settler (2015)
  • KAMELOT / Haven (2015)
  • HIGH ON FIRE / Luminiferous (2015)
  • LEPROUS / The Congregation (2015)
  • KORPIKLAANI / Noita (2015)
  • CAIN'S OFFERING / Stormcrow (2015)
  • HELLOWEEN / My God-Given Right (2015)
  • DISTURBED 活動再開!!
  • GOATSNAKE / Black Age Blues (2015)
  • WEEDEATER / Goliathan (2015)
  • SIX FEET UNDER / Crypt Of The Devil (2015)
  • SATAN'S WRATH / Die Evil (2015)
  • DEATHHAMMER / Evil Power (2015)
  • SIGH / Graveward (2015)
  • VEIL OF MAYA / Matriarch (2015)
  • CIVIL WAR / Gods And Generals (2015)
  • INFERNAL WAR / Axiom (2015)
  • IMMORTAL SOULS / Wintermetal (2015)
  • GYZE / Black Bride (2015)
  • NOISEM / Blossoming Decay (2015)
  • UNREST / Grindcore (2015)
  • SHATTERED SUN / Hope Within Hatred (2015)
  • NATIVE CONSTRUCT / Quiet World (2015)
  • ULTRA-VIOLENCE / Deflect The Flow (2015)
  • MOONSPELL / Extinct (2015)
  • LAMB OF GODがNuclear Blastと契約!!
  • NIGHTRAGE / The Puritan (2015)
  • XIBALBA / Tierra Y Libertad (2015)
  • VENOM / From The Very Depths (2015)
  • NIGHT DEMON / Curse Of The Damned (2015)
  • THE SANITY DAYS / Evil Beyond Belief (2015)
  • CARACH ANGREN / This Is No Fairytale (2015)
  • BIO-CANCER / Tormenting The Innocent (2015)
  • THULCANDRA / Ascension Lost (2015)
  • EVIL / Shoot The Messenger (2015)
  • LEVIATHAN / Scar Sighted (2015)
  • ENFORCER / From Beyond (2015)
  • MORGOTH / Ungod (2015)
  • BARREN EARTH / On Lonely Towers (2015)
  • SORCERER / In The Shadow Of The Inverted Cross (2015)
  • PSYCROPTIC / Psycroptic (2015)
  • TORCHE / Restarter (2015)
  • HATE / Crusade:Zero (2015)
  • ENSLAVED / In Times (2015)
  • LORD DYING / Poisoned Altars (2015)
  • KEEP OF KALESSIN / Epistemology (2015)
  • EVIL INVADERS / Pulses Of Pleasure (2015)
  • RANGER / Where Evil Dwells (2015)
  • ENSIFERUM / One Man Army (2015)
  • PERIPHERY / Juggernaut: Omega (2015)
  • PERIPHERY / Juggernaut: Alpha (2015)
  • SYLOSIS / Dormant Heart (2015)
  • FEED HER TO THE SHARKS / Fortitude (2015)
  • FINSTERFORST / Mach Dich Frei (2015)
  • THE AGONIST / Eye Of Providence (2015)
  • ANGELUS APATRIDA / Hidden Evolution (2015)
  • ALL THAT REMAINS / The Order Of Things (2015)
  • NAPALM DEATH / Apex Predator - Easy Meat (2015)
  • BLIND GUARDIAN / Beyond The Red Mirror (2015)
  • MARDUK / Frontschwein (2015)
  • THE CROWN / Death Is Not Dead (2015)
  • BATTLE BEAST / Unholy Savior (2015)
  • ATRIARCH / An Unending Pathway (2014)
  • ANATOMY OF HABIT / Ciphers + Axioms (2014)
  • MOTIONLESS IN WHITE / Reincarnate (2014)
  • KISSIN' DYNAMITE / Megalomania (2014)
  • NOVEMBERS DOOM / Bled White (2014)
  • THESE ARE THEY / At The Feast Of Seven Funerals (2014)
  • THE ATLAS MOTH / The Old Believer (2014)
  • SUHNOPFER / Offertoire (2014)
  • ENGEL / Raven Kings (2014)
  • USNEA / Random Cosmic Violence (2014)
  • THE GHOST INSIDE / Dear Youth (2014)
  • NE OBLIVISCARIS / Citadel (2014)
  • MACHINE HEAD / Bloodstone & Diamonds (2014)
  • ORANGE GOBLIN / Back From The Abyss (2014)
  • SKALMOLD / Med Vaettum (2014)
  • FECAL GOD / Thee Flesh We Mutilate (2014)
  • ABYSMAL DAWN / Obsolescence (2014)
  • NERO DI MARTE / Derivae (2014)
  • INJURY / Dominhate (2014)
  • OLD MAN GLOOM / The Ape Of God (2014)
  • OLD MAN GLOOM / The Ape Of God (2014)
  • RIGOR MORTIS / Slaves To The Grave (2014)
  • BLOODBATH / Grand Morbid Funeral (2014)
  • ELECTRIC WIZARD / Time To Die (2014)
  • CRIPPER / Hyena (2014)
  • THE SKULL / For Those Which Are Asleep (2014)
  • SSS / Limp.Gasp.Collapse (2014)
  • HIEROPHANT / Peste (2014)
  • MADBALL / Hardcore Lives (2014)
  • SICK OF IT ALL / Last Act Of Defiance (2014)
  • RISE OF THE NORTHSTAR / Welcame (2014)
  • BAPTISTS / Bloodmines (2014)
  • BLUT AUS NORD / Memoria Vetusta III: Saturnian Poetry (2014)
  • GOATMOON / Voitto Tai Valhalla (2014)
  • VESANIA / Deus Ex Machina (2014)
  • NIGHTBRINGER / Ego Dominus Tuus (2014)
  • SAILLE / Eldritch (2014)
ライヴ予定表




1/12
SECRET SPHERE
EGO FALL

1/24
MARDUK
SHINING

2/9
AT THE GATES

2/14
MOTLEY CRUE

2/15
MOTLEY CRUE

2/17
FAITH NO MORE

2/18
FAITH NO MORE

2/21
DESTRAGE

2/22
DESTRAGE

3/2
ARCH ENEMY

3/3
ARCH ENEMY

3/5
UNEARTH

3/11
JUDAS PRIEST

3/21
【THRASH DOMINATION 15】
OVERKILL
EXODUS
SODOM

3/22
【THRASH DOMINATION 15】
OVERKILL
EXODUS
SODOM

4/1
MASTODON

4/17
THE CROWN
ROTTEN SOUND
ABORTED

5/11
THE HAUNTED

5/20
ANGRA

5/21
ANGRA

6/8
FLESHGOD APOCALYPSE
NE OBLIVISCARIS
PSYCROPTIC


ニュース
  • THE BLACK DAHLIA MURDERからRyan Knightが脱退!!
  • WITH THE DEADからMark Greeningが脱退!!
  • WITH THE DEADからMark Greeningが脱退!!
  • SARGEISTからGt以外全員脱退!!
  • IRON MAIDEN 来日決定!!
  • CHILDREN OF BODOMの新Gtが決定!!
  • MOTORHEADのLemmy Kilmisterが死去
  • THY ART IS MURDERから CJ McMahonが脱退!!
  • ABBATHからCreatureが脱退!
  • EUCHARISTが再結成!!
  • GATES OF ISHTARが再結成!!
  • IN MOURNINGがAgonia Recordsと契約!!
  • G.I.S.M.が再結成!!
  • IN FLAMESからDaniel Svenssonが脱退!!
  • AVENGED SEVENFOLDの新ドラマー決定!!
  • BRODEQUINが再結成!!
  • GAMMA RAYに専任Voが加入!!
  • ALL SHALL PERISHが活動再開!!
  • ALL THAT REMAINSからJeanne Saganが脱退!!
  • SEE YOU NEXT TUESDAYが再結成!!
  • SEVEN SISTERS OF SLEEPがRelapseと契約!!
  • CYNICが解散!?
  • AVENGED SEVENFOLDからArin Ilejayが脱退!!
  • MORBID ANGELからTrey Azagthoth以外のメンバーが脱退!!そしてVoにはSteve Tuckerが復帰!!
  • MORBID ANGELからTrey Azagthoth以外のメンバーが脱退!!そしてVoにはSteve Tuckerが復帰!!
  • SWALLOW THE SUNがCentury Mediaと契約!!
  • INTO ETERNITYがKolony Recordsと契約!!
  • ANNIHILATORがラインナップチェンジ!!
  • 3 INCHES OF BLOODが解散!!
  • CHILDREN OF BODOMからRoope Latvalaが脱退!!
  • THE DUSKFALLからMagnus Klavbornが脱退!!
  • BULLET FOR MY VALENTINEの新ベーシストが発表!!
  • ACID REIGNが再結成!!
  • Tony CamposがSOULFLYを脱退し、FEAR FACTORYに加入!!
  • UNEARTHLY TRANCEが再結成!!
  • ACCEPTに新メンバーが加入!!
  • MEGADETHにANGRAのKiko Loureiroが加入!!
  • IMMORTALが解散!!
  • AMON AMARTHからFredrik Anderssonが脱退!!
  • SANCTUARYにNick Cordleが加入!!
  • BATTLE BEASTからAnton Kabanenが脱退!!
  • BULLET FOR MY VALENTINEからJason Jamesが脱退!!
  • WAKING THE CADAVERが解散!!
  • RAGE 現ラインナップを解体!!
  • KAMELOTがNapalm Recordsと契約!!
  • BARREN EARTHがCentury Media Recordsと契約!!
  • ACCEPTからHerman FrankとStefan Schwarzmannが脱退!!
  • ACCEPTからHerman FrankとStefan Schwarzmannが脱退!!
  • MEGADETHからChris BroderickとShawn Droverが脱退!!
  • MEGADETHからChris BroderickとShawn Droverが脱退!!
  • ARCH ENEMYからNick Cordleが脱退!!新たにJeff Loomisが加入!!
  • STATIC-XのWayne Staticが死去
  • DEVILDRIVERからJeff KendrickとJohn Boecklinが脱退!!
  • DEVILDRIVERからJeff KendrickとJohn Boecklinが脱退!!
  • HATE ETERNALがSeason Of Mistと契約!!
  • BACKYARD BABIES 活動再開!!
  • VEIL OF MAYAからBrandon Butlerが脱退!!
  • GWARに新たなVoが加入!!
  • FEAR FACTORYがNuclear Blastと契約!!
  • CHIMAIRAが解散!!
  • HAVOKがCentury Media Recordsと契約!!
  • OBSCURAからChristian MünznerとHannes Grossmannが脱退
  • OBSCURAからChristian MünznerとHannes Grossmannが脱退
  • VOIVODからBlackyが脱退
  • PESTILENCEが解散!!
  • ATREYUが活動再開!!
  • ANAAL NATHRAKHがMetal Blade Recordsと契約!!
  • EXODUSからRob Dukesが脱退!!そしてSteve "Zetro" Sousaが復帰!!
  • EXODUSからRob Dukesが脱退!!そしてSteve "Zetro" Sousaが復帰!!
  • OBITUARYがRelapse Recordsと契約!!
  • TRIVIUMからNick Augustoが脱退!!
  • SLAYERがNuclear Blastと契約!!
  • ELECTRIC WIZARDがSpinefarm Recordsと契約!!
  • AS I LAY DYINGのメンバーが新バンドを結成!!
  • AS I LAY DYINGがTim Lambesis抜きで活動再開!!
  • GWARのOderus Urungus死去
  • GORGUTSからJohn Longstrethが脱退!!
  • ARCH ENEMYからAngela Gossowが脱退!!新たにTHE AGONISTのAlissa White-Gluzが加入!!
  • ARCH ENEMYからAngela Gossowが脱退!!新たにTHE AGONISTのAlissa White-Gluzが加入!!
  • THE DUSKFALLが再結成!!
  • AT THE GATESがニューアルバムをCentury Mediaからリリース!!
  • ENTOMBEDが分裂!!
  • AT THE GATESが2014年にニューアルバムをリリース?
  • WORMEDがSeason Of Mistと契約!!
  • TESTAMENTにSteve DiGiorgioが再加入!!
  • BRUTAL TRUTH解散!!
  • ORPHANED LANDからYossi Sassiが脱退!!
  • SLIPKNOTからJoey Jordisonが脱退!!
  • CAVALERA CONSPIRACYがNapalm Recordsと契約!!
  • MORBID ANGELからPete Sandovalが脱退!!
  • KAMPFARがIndie Recordingsと契約!!
  • RIOTの新Vo決定!!
  • I KILLED THE PROM QUEENがEpitaph Recordsと契約!!
  • SKINLESSがRelapse Recordsと再契約!!
  • AMARANTHEからAndreas Solveströmが脱退!
  • SUICIDE SILENCEの新Vo発表!!
  • MACHINE HEADがNuclear Blastと契約!!
  • CARCASSがLOUD PARK 13に出演決定!!
  • ENTOMBEDがCentury Media Recordsと契約!!
  • EVILEからOl Drakeが脱退!
  • KIUASが解散!
  • GOD FORBIDが解散!
  • ANTHRAXにJon Donaisが加入!!
  • SKINLESSが再結成!!
  • WAKING THE CADAVERがAmputated Vein Recordsと契約!!
  • DARK ANGELが再結成!!
  • NIGHTRAGEの日本ツアーに元IN FLAMESのJesper Strömbladが参加決定!!
  • SCAR SYMMETRYからJonas Kjellgrenが脱退!!
  • EMPERORが再結成!!
  • HATESPHEREがMassacre Recordsと契約!!
  • ARTILLERYがMetal Blade Recordsと契約!
  • BARREN EARTHからMikko Kotamäkiが脱退!
  • THE HAUNTEDが復活!!
  • NIGHTRAGEからAntony Hämäläinenが脱退!
  • MACHINE HEADの新ベーシストが決定!!
  • UNEARTHがeOne Musicと契約!!
  • DARKEST HOURがSumerian Recordsと契約!!
  • SLAYERにPaul Bostaphが復帰!
  • CARCASSがNuclear Blastと契約!!
  • SANCTUARYがCentury Media Recordsと契約
  • SOULFLYがNuclear Blastと契約!!
  • AS I LAY DYINGのTim Lambesis逮捕!!
  • SLAYERのJeff Hannemanが死去
  • AGENT STEELのメンバーが新バンド、MASTERS OF METALを結成!
  • ENSIFERUMがMetal Blade Recordsと契約!!
  • CARNAL FORGEが復活!!
  • DEAD BY APRILからJimmie Strimellが脱退!!
  • KORPIKLAANIからアコーディオン奏者が脱退!!
  • LAMB OF GODのRandy Blythe無罪!!
  • LAMB OF GODのRandy Blythe無罪!!
  • NE OBLIVISCARISがSeason Of Mistと契約!!
  • PESTILENCEがCandlelight Recordsと契約!!
  • GORGUTSがSeason Of Mistと契約!!
  • GAMA BOMBがAFM Recordsと契約!!
  • PATHOLOGYがSevared Recordsと契約!!
  • FIREWINDからApollo Papathanasioが脱退!
  • POWER QUESTが解散!
  • LEGION OF THE DAMNEDがNapalm Recordsと契約!!
  • ANTHRAXからRob Caggianoが脱退!!
  • BLEEDING THROUGHが解散!
  • PATHOLOGYからJonathan Huber脱退!
  • LORDIがAFM Recordsと契約!!
  • ジャーマンスラッシュ四天王、"THE BIG TEUTONIC 4"
  • CARCASSが2013年にニューアルバムをリリース?
  • CEREBRAL BOREからSimone "Som" Pluijmersが脱退!
  • THE DILLINGER ESCAPE PLANがSumerian Recordsと契約!!
  • WATAINがCentury Media Recordsと契約!!
  • ROTTEN SOUNDがSeason Of Mistと契約!!
  • ENGELからMagnus "Mangan" Klavbornが脱退!!
  • THE BLACK DAHLIA MURDERからShannon Lucasが脱退!!
  • SUICIDE SILENCEのMitch Luckerが事故死
  • THE HAUNTEDからAnders BjörlerとPer Möller Jensenが脱退!
  • THE HAUNTEDからAnders BjörlerとPer Möller Jensenが脱退!
  • THE HAUNTEDからAnders BjörlerとPer Möller Jensenが脱退!
  • HATEBREEDがNuclear Blast、Razor & Tieと契約!!
  • NIGHTWISHからAnette Olzonが脱退!!
  • ARTILLERYからSøren Nico Adamsenが脱退!!
  • TYRがMetal Blade Recordsと契約!!
  • SUICIDE SILENCEがNuclear Blastと契約!!
  • VOIVODがCentury Media Recordsと契約!!
  • Geoff Tate版QUEENSRYCHE始動!!
  • DECAPITATEDからドラマーが脱退!!
  • DECAPITATEDからドラマーが脱退!!
  • GORGOROTHからPestが脱退!!
  • LAMB OF GODのRandy Blythe釈放!
  • NORTHERが解散!!
  • BLESSED BY A BROKEN HEARTからVoが脱退!!
  • DEEDS OF FLESHが再びメンバーチェンジ!!
  • Heavy ArtilleryがEarache傘下に!!
  • Heavy ArtilleryがEarache傘下に!!
  • FORBIDDENが活動休止!
  • LAMB OF GODのRandy Blytheが逮捕!?
  • DEVILDRIVERがNapalm Recordsと契約!!
  • SOILWORKからPeter Wichersが再脱退!!
  • ATHEISTにTony Choyが復帰!!
  • KAMELOTの新Voが決定!!
  • CHILDREN OF BODOMがNuclear Blastと契約!!
  • STRATOVARIUSの新ドラマーが決定!!
  • QUEENSRYCHEからGeoff Tateが脱退!!
  • INCANTATIONがListenable Recordsと契約!!
コメント
アドレス

nonbiri.lml@gmail.com
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    みんな、ありがとな~!
    • 累計:

    ご意見、感想、パネェ質問
    • ライブドアブログ