あさってからでもいいかな・・・

じゃあなんですか!?
じゃーあの、路上で裸になっちゃいけねぇって、
そういう法律でもあるんですか!?
・・・・・・・あるんすか、そうすか、すんません。

SEPULTURA / Machine Messiah (2017)

machine messiah sepultura
SEPULTURA / Machine Messiah (2017)

1. Machine Messiah
2. I Am The Enemy
3. Phantom Self
4. Alethea
5. Iceberg Dances
6. Sworn Oath
7. Resistant Parasites
8. Silent Violence
9. Vandals Nest
10. Cyber God

SEPULTURAの4年振り、通算14枚目のアルバム。
Nuclear Blastからのリリース。

ブラジル出身のグルーヴメタルバンドです。
Cavalera兄弟がどちらもいなくなってから4作目となります。
さてさてこのSEPULTURA、ブラジルのメタルバンドとしては恐らく最も知名度の高いバンドかと思います。
ただスラッシュファンにとっては「SEPULTURAは4枚目まで、ギリ5枚目まで」という人も多く、Max Cavalera(Vo,Gt)が脱退して以降のアルバムはあまり人気がない…。少なくとも日本ではあまり支持されていない気がします。未だに「オリジナルメンバーでのSEPULTURA再結成はないのか?」なんてインタビューにCavalera兄弟やAndreas Kisser(Gt)が定期的に答えていたりしますからね。モリカケ問題も真っ青ですわ。
で、今作。
サウンドとしては中期以降のグルーヴメタル路線を踏襲しています。
暗黒性の高かった前作に比べたら幾分も「らしい」スタイルです。
その上で今作は楽曲にヴァラエティを出すことに重きを置いている印象で、スラッシュ、グルーヴ、シンフォ、デス、ドゥーム、プログレなどなど、今までに培ってきた様々な要素をブレンドしています。
民族的パーカッションやスラッシュビート、グルーヴィーなドラミングといった緩急織り交ぜたリズム、グルーヴリフやスラッシーな刻み、テクニカルフレーズといったリフワーク、Derrick Green(Vo)の歌心ある咆哮やクリーンといったVoワーク、各パートが最大限幅の広いプレイをするよう心掛けている様子で、ベテランらしくそれらを上手く楽曲内に収めています。
で、肝心のアルバムの出来はというと、正直、近作とそこまで大差ないです。
つまりは悪くはないけど、良くもないっていう一番困るやつ。
スラッシュとしてもグルーヴメタルとしても中途半端。かといってジャンルレスな魅力は希薄で単にアピールポイントが弱いアルバムになっていると思わざるを得ないです。

エモーショナルなリードと緩いアルぺジオによるイントロ ~ 閉塞的ヘヴィリフとねっとりした低音クリーンVoでゴシック/ドゥームみたいに聴かせていく#1。中盤からはDerrickのスクリームと共にスローテンポのままエクストリーム色を高めて徐々にスケールアップ。オープニングとしてはメタクソ弱いけど曲としてはそこまで悪くない…と思う。
#2は簡素できったないリフをヴァーヴァー鳴らして疾走するスラッシュ/パンクメタルナンバー。
遊び心たっぷりのパーカッションと民族臭漂うシンフォでスタートし、初期MACHINE HEADっぽいグルーヴメタルをゴリゴリ鳴らしていく#3。時折挟む中東風の民族メロディはキャッチーですね。
#4はルーズなヘヴィリフと軽快に手数を重ねるドラミングのコンビネーションに出来損ないのMESHUGAHHみたいな妙な浮遊感とグルーヴを感じさせる曲。
#5はプログレっぽさを押し出した分厚いアンサンブルがなかなかの格好良さを放つインスト。
不安感を煽る冷たい高音アルペジオの後、ストリングスをまぶしたアップテンポとゴツゴツのミドルテンポを行き来する暗黒性高めのシンフォ/グルーヴメタルナンバー#6。
#7は歌心ある咆哮とタメの効いたスロー/ミドルテンポが織り成すグルーヴメタルナンバー。アルバムの中ではストレートな曲調であり、ブヨブヨに肥大したリフが全然面白くない。
#8はぶっとく刻むリフと突撃するドラミングが気持ち良いヴァースからグルーヴィーなコーラスへ落ち着くモダンスラッシュナンバー。後半はテクいグルーヴメタル方面へと舵を切り、どっしりと締め。
続く#9はアルバムで最もピュアにスラッシュしてる曲。デスメタルっぽさを噛ませた歯切れの良い高速の刻みとバスドラ連打のスラッシュビートで突っ走ってます。
ラストの#10は儀式的なドラミングに太いリフをユニゾンさせ、咆哮とねっとりクリーンを織り交ぜた妖しさ満点のVoワークを合わせたスローな曲。デスメタルやドゥームの要素が絡み、非常にダークな曲調で。

まだまだ迷走中かな。
でもだからといってMaxとIgor Cavalera(Ds)が戻ったら、この状況が変わるとは思えないですね。

評価:★★★

DOWNFALL OF GAIAとDER WEG EINER FREIHEITの来日が決定!!

downfall of gaia der weg einer freiheit japan tour 2018

DOWNFALL OF GAIAとDER WEG EINER FREIHEITの来日が決定しました!!


大阪
9/21(金) SHOVEL

東京
9/22(土) SPACE ODD



EVP久々のマイナーバンドの来日ですな!!

DoGは過去に他のプロモーター招聘で来日したことがあったはず。
Metal Bladeからリリースされた2ndから地味に追ってはいるんだけど、ここで紹介したことはないのよな。
DWEFはSeason Of Mistからリリースされた3rdで知り、去年の新譜が素晴らしくて1stと2ndを海外から取り寄せたくらいなので個人的には非常にタイムリー。

東京は休日だしこれは行かないとですな。
でもこれに行くと同日のBLOODAXE FESTIVALに行けないという…。
でもあっちはエクストラ公演があるかもしれないからそっちに賭けるのもアリか。

DEW-SCENTEDが解散!!

Dew-Scented breaks up

DEW-SCENTEDが解散を発表しました。

http://www.dew-scented.net/?p=1635



声明によると、「DEW-SCENTEDはメンバーの多大かつコンスタントな献身の上で活動を続けてきたが、それが困難になったため自ら解散する道を選んだ。バンドの運命を他人からの干渉や何かの拍子に、ではなく自分達で下すのが最善の方法だと感じた」とのこと。
バンドは2018年にライヴを数回行って、それ以降はライヴもレコーディングも行わないそうです。


また良きバンドが一つ消えてしまった…。

DEW-SCENTEDは2014年に一度観ただけだけど本当に格好良かったんだよな。
キラーなスラッシュチューンばっかりやってくれてブチ上がったことは今でもよく覚えています。

声明ではボカしているけど、「バンドをやっていてもお金にならないんだろうな」ってことが伝わるのが悲しい。

とはいえ、GOD DETHRONEDみたいにすぐ復活!!ってパターンもワンチャンあると思うので期待は捨てないよ!!
DEFLESHEDパターンもあるけど…。

THE AGONISTとVULTURE INDUSTRIESの来日が決定!!

the agonist vulture industries japan tour 2018

CELLAR DALINGのジャパンツアーにTHE AGONISTとVULTURE INDUSTRIESの参加が決定しました!

https://www.alive.mu/info/theagonist2018


一応THE AGONISTとCELLAR DARLINGのダブルヘッドライナー公演ってことらしいんだけど、いやいやどう見てもコレ、THE AGONISTがメインになってるよねw
僕はそれでも全然構わないけども。

個人的にはCELLAR DARLINGよりもVULTURE INDUSTRIESのほうが楽しみなんだよな。
セラダリだけの時点では行くかどうか未定だったけど、これは確実に行きます。

ENSLAVED 来日決定!!

enslaved japan tour 2018

ENSLAVEDの来日が決定しました!!

http://iinioi.com/ens18


東京
9/3(月) 渋谷duo MUSIC EXCHANGE

大阪
9/4(火) CONPASS

名古屋
9/5(水) CLUB UPSET

チケット: ¥6000 



ENSLAVEDが初の単独公演だー!!!
えらいこっちゃ!!!!


LOUD PARK 16でのライヴが非常に素晴らしかったけど、時間が短かったのが残念だったのでフルセットで観られるのは嬉しい!!

招聘はVampillia。KRALLICEやALCESTなどに続いてENSLAVEDとか感謝しかない。
チケットも安いわね。
大阪名古屋もあるみたいだからみんな行こうな。 

FIT FOR AN AUTOPSYがNuclear Blast Entertainmentと契約!!

fit for an autopsy nuclear blast

FIT FOR AN AUTOPSYが新たにNucear Blast Entertainmentと契約を交わしました。

http://www.blabbermouth.net/news/fit-for-an-autopsy-signs-with-nuclear-blast-entertainment/


バンドは現在ニューアルバムの制作中で、2019年初頭のリリースを予定しているとのこと。


今年THY ART IS MURDERと共に初来日を果たしたFIT FOR AN AUTOPSYがそのTAIMとレーベルメイトに。
前作がちょっと攻撃性弱めでアーティスティックな方向に行っちゃったから次はデスコアらしくバシバシやって欲しかね。

AGNOSTIC FRONT Japan Tour 2018 @ 渋谷THE GAME 5/13 感想

AGNOSTIC FRONTを観てきました!!

NYハードコアの重鎮が11年振りの来日!!
勿論観るのは初めて!!
去年はSICK OF IT ALLを観られて今年はAGNOSTIC FRONTとか最高かよ。


僕が会場に御降臨されたのは20:30頃。
この日は大雨。
SOIAを観に行った日も大雨だったんだよな。
これはハードコアラの中に天然記念物の雨男がいるに違いない。
サハラ砂漠に行けば重宝されるぞ!!


会場内はガラの悪いお兄さん、おじさん、オタクでいっぱい。
ソールドアウトだったのかどうかは知らないけど、ほぼ満員状態でした。


AGNOSTIC FRONTが登場したのが21:00をちょっと過ぎた頃。
ライヴは新譜の11thのイントロから2ndの1曲目の流れでスタート!!

セットリスト

1. Intro
2. The Eliminator
3. Dead To Me
4. My Life My Way
5. Police Violence
6. Only In America
7. Old New York
8. For My Family
9. Friend Of Foe
10. Victim In Pain
11. Your Mistake
12. Public Assistance
13. Peace
14. Crucified
15. Take Me Back
16. Power
17. Blind Justice
18. United Blood
19. Gotta Go
20. Police State
21. A Mi Manera
22. All Is Not Forgotten
23. Addiction
-Encore-
24. Blitzkrieg Bop

こんな感じ。
1時間強のフルセット。

ハードコアでありながらメタルな部分もたっぷりある熱くて重いライヴでした。
爆走する場面は軽快に、落とす部分は極悪に、とメリハリの効いた強靭な演奏にRoger Miret(Vo)の独特のアジテーションVoが乗っかるAF流ハードコアは狭いフロア中にギャンギャン轟き、いきなり耳がやられるw
バンダナを巻いたおっさんことRogerは素早く吐き捨てながら最前の荒々しい観客の波にマイクを向けたりサーファーとタッチしたりとパンクなアクションが格好良し。見た目的にSUICIDAL TENDENCIESのMike Muir(Vo)と被る部分はあるんだけど、Rogerのほうが忙しなさの少ない、良い意味でどっしりと構えたステージングでした。
モヒカン風の短髪だったVinnie Stigma(Gt,Vo)は見た目からして超ガラがワルい。ハリウッド映画とかでよく見るギャングの下っ端みたいな雰囲気。時々Rogerの代わりにMCを取ることがあったんだけど、Vinnieのほうがウケていた気がします。というのも「お前ら最高だぜ!」とか「家に帰りたくねぇな!」とか本当に分かりやすいことしか言ってなかったから。
Craig Silverman(G,Vo)とMike Gallo(Ba,Vo)はRogerとVinnieをメインに立てて、手堅い演奏とバッキングVoで貢献。まぁそうなっちゃうよね。
ライヴは曲間をギターのフィードバックノイズで繋いで、ほぼノンストップで進行。
スラッシーなメタリックハードコアナンバーやゴリゴリに重たい曲をやりつつ1stや初期EPのドタバタ爆走ナンバーで沸かせる非常に巧みなライヴ運び。曲のヴァリエーションを生かしたベテランらしいやり方でありました。
フロアは当然の如く荒れまくり。
でも僕は毎回思うんだけど、ハードコアのライヴって本当に観客のシンガロングが凄い。
THE EXPLOITEDやTERROR、SICK OF IT ALLなど、どのライヴでもフロントマンがマイクをフロアに向けたら必ず観客がレスポンスを返す。メタルのライヴだと時々静まり返ることがあるけど、ハードコアだとそれが全くない。古い曲は勿論、新しい曲でもちゃんと返す。予習してきている人の多さに感心するんだよなぁ。
セトリは新旧幅広く。
初期2枚のアルバムやEPからは多く演奏されるも最近のアルバムからも結構いっぱいやってくれました。
個人的にはリアルタイムでの新譜だった『Warriors』からたくさんやってくれて嬉しかったですね。このアルバムとその前の『Another Voice』は特に好きなので「Dead To Me」や「Peace」のイントロが流れてきた瞬間、ガッツポーズでした。
ただライヴとしてはSICK OF IT ALLのほうが良かったかなと思う部分があったり。
一番の原因は音。
演奏が分厚くて爆音なので、どうしてもRogerのVoが埋もれてしまう。パワーでガナり立てるようなスタイルでなく、くぐもらせてラップっぽくリリックを吐いていくスタイルなので仕方ない部分もあるんだけどね。というかSOIAが完璧過ぎるほどに良かったからあれと比べたら大抵のバンドは見劣りすると思う。
アンコール最後にはTHE RAMONESの超絶有名曲という反則技で締め。
ライヴ終了後はフロアがサウナ状態。
モッシュ見てただけなのにパンツびっしょりよ。

SICK OF IT ALLもAGNOSTIC FRONTも来日したわけだから、次はMADBALLかな?

DEATH ANGEL "The Evil Divide Across Asia" @ 代官山UNIT 5/9 感想

DEATH ANGELを観てきました!!

来日は2014年のLOUD PARK 14以来3年半振り!!
単独での来日は1991年以来なんと27年振り!!


僕が会場に御降臨されたのが19:40頃。
仕事が長引いたせいで結構ギリギリになってしまいました。


フロアの埋まり具合はほどほど。
満員とは言えないけど、6割は埋まってる。
400人弱ってところでした。


バンドが登場したのは20:05頃!!
ライヴは8thの4曲目からスタート!!!

セットリスト

1. Father Of Lies
2. The Dream Calls For Blood
3. Relentless Revolution
4. Claws In So Deep
5. Seemingly Endless Time
6. Stop
7. Breakaway
8. Voracious Souls
9. The Ultra-Violence ~ Thrown To The Wolves
10. Lost
11. Mistress Of Pain
12. 3rd Floor
13. Caster Of Shame
14. The Moth
-Encore-
15. Evil Priest
16. Kill As One

当初は90分の予定だったそうですが、結果的にプラス15分ほどやってくれました。

やっぱりDEATH ANGELはライヴバンドであることを改めて感じる強いライヴでした。
毎回、音源並以上の勢いと圧でぶちかましてくる。
Mark Osegueda(Vo)は天パの長髪をもっさもっささせながら音源以上のパワーで歌い切る。アジテーションたっぷりの吐き捨てはより激しくなり、高音の鋭さが増した絶唱はガンガン突き抜けていく爽快さ。ステージ上での動きも非常にフレッシュ。まぁデスエンはMark以外の楽器隊もめちゃくちゃ動き回るんだけどね。MCはかなり長め。観客への煽りや楽曲の説明、日本への賛辞、メタルシーンの繋がりの強さについてなど、よく喋る。酒を飲みながらめっちゃ喋る。時々観客の英語への理解が追いつかなくてシーン…となってしまうこともあるけど、最後は大歓声と拍手に包まれてたからまぁ変な雰囲気にはなってなかったです。ともかくMarkはUSのベテランスラッシュ勢の中ではOVERKILLのBlitz(Vo)と並んで素晴らしいフロントマンだと思います。
楽器陣ではRob Cavestany(Gt)が格好良過ぎる。引き締まった身体でリフを刻む姿が超絶イケメン。音源以上に苛烈でブルータルなクランチリフからインテレクチュアルなテクニカルリフまで自在に弾きこなしてフロアも積極的に煽っていく。リフを刻んでる時は鋭い眼光なのに曲間はお茶目なの可愛いかよ。
相方のTed Aguilar(Gt)はいつも通り飄々としていて存在感は薄め。
Damien Sisson(Ba)はマッチョな上半身を見せつけてフロアのモッシュを要求したりサーファーとタッチしたりと盛り上げ役として大活躍。Dennis Pepa(Ba)がどんな感じだったかは2006年に観たっきりでもう全く覚えてないけど、現デスエンにはDamienが完全にフィットしていますね。
これはWill Caroll(Ds)にしても同様。ビシッ!!と芯のあるドラミングで音源では粗さの残る初期ナンバーをよりシャープに際立たせていました。
セトリは新譜と1stを中心に5th以外のアルバムから満遍なくチョイス。
ハイライトになっていたのは「The Ultra-Violence」のイントロから繋げて演奏された「Thrown To The Wolves」。この日最大のサークルピットが出現してみんな大合唱。個人的にもこの曲は好き過ぎて駄目。イントロリフを聴いただけで体中の毛穴がブゥワッ!!って開いて白目剥いたまま頭を振り続けちゃう。名曲ですわ。
新譜からは「The Moth」と「Breakaway」はウケがよかったです。僕は新譜の曲だと「Cause For Alarm」とかパンクッ気が強くて好きなんだけどこの日は演奏されませんでした。
観客の盛り上がりは常に絶好調。
フロア中央にはほぼずっとモッシュスペースがあり、演奏が終わると"Death Angel!! Death Angel!!"とコールが何度も起こるなど、この前のDESTRUCTIONのライヴと同じ、単独ならではの熱さがありました。まぁ多分DESTRUCTIONにいた時の客がそのまま今回のデスエンも観に来てたんだと思うけどね。

スラドミやラウパもいいけど、単独でたっぷり観られて本当に良かったです。
つか東京の次の日にはニュージーランドでライヴとかおっさん達タフ過ぎるわ。

CRADLE OF FILTH / Cryptoriana - The Seductiveness Of Decay (2017)

cryptoriana cradle of filth
CRADLE OF FILTH / Cryptoriana - The Seductiveness Of Decay (2017)

1. Exquisite Torments Await...
2. Heartbreak And Seance
3. Achingly Beautiful
4. Wester Vespertine
5. The Seductiveness Of Decay
6. Vengeful Spirit
7. You Will Know the Lion By His Claw
8. Death And The Maiden
9. The Night At Catafalque Manor *
10. Alison Hell (ANNIHILATOR Cover) *

CRADLE OF FILTHの2年振り、通算12枚目のアルバム。
Nuclear Blastからのリリース。

UK出身のエクストリーム/シンフォニックブラックメタルバンドです。
前作リリース後、メンバーの交代が…ない!!!
これってもしかしてバンド初なんじゃないの?
CoFのことをブラックメタルって呼ぶと「は?CoFはブラックメタルじゃないからwww」とよく鼻で笑われて馬鹿にされたものですが、なんかもうそのあたりのジャンル分けは面倒臭いので何でもいいです。
日本でもそれなりに人気のあるバンドなんですが長年来日公演が実現せず、2017年になってやっとLOUD PARKで16年振りに来日。2018年には今作に伴う単独公演が実現しました。
さてさて、このCRADLE OF FILTHというバンド。
「らしさ」は失わずにマンネリ感を感じさせないよう作風に変化を付けながらアルバムリリースを重ねている非常に優れたバンドだと個人的には思っています。
前作は今までの路線を踏襲しつつも、古くから持ち合わせていた正統派メタル的ツインギターをまるでメロデスかのように楽曲に大々的に加えたことで作風に多少の変化を見せてきたアルバムでした。個人的には気に入っているアルバムではあったんですが、CoF独特のホラーな持ち味が損なわれて、妙に明るくて"健康的"なアルバムだったように思います。
んで今作。
これは完全に前作の上位互換ですわ。
とても素晴らしい出来。
エクストリーム性をストレートに剥き出すようになった近作の路線を軸に、B級ホラー的メロディやKeyアレンジが上手く合わさったことで、攻撃的でありながらサウンド全体にダークな空気が充満して、初期路線を思わせる部分が復活している印象です。今までの集大成というか良いとこ取りと言っても良いかもしれない。
前作においてマイナスに感じていたメロいギターは今作では自然な形で楽曲に溶け込んでいます。テクニカルフレーズから王道の熱いリード、ブラック系のトレモロ、ツインギターハーモニーと、古典的なヘヴィメタルからモダンなエクストリームメタルまでヴァラエティに富んだプレイをそこかしこに配しているけれど、ダーク&ホラーな雰囲気は決して壊さないバランス感覚の良さ。昔からNWOBHM的なギターを取り入れるバンドではあったのに前作ではそういったフレーズの入れ方がちょっとおざなりで違和感を覚えたのだけれど、今作でそういった部分が払拭されています。この軌道修正は大きいかな。
またアルバム通してスピード感溢れる構成になっていて余計な小細工をしていないのもポイント高い。CoFってどうしてもダレる場面が出てくるアルバムが2000年以降だと多かったんだけど今作はそこも問題なし。
明確に弱い曲のない頑強な仕上がりです。

#1はドゥーミーなリフでホラー感強めに幕を開け、クワイアと共に壮麗な爆走をみせるショートナンバー。
湿っぽいギターメロディで幕を開ける#2は軽快に転がるメロディックリフで疾走するヴァースと泣きを含んだスローなコーラスでトーンダウンする曲。シンフォ/クワイアの味付けはほどほどにギターを中心に展開していくあたり、エクストリームメタルではあっても古典的ヘヴィメタルの良さを感じますね。
#3は琴の音で始まり、デス/ブラックなトレモロと神秘的シンフォが合わさって爆走する曲。
#4はスラッシーな突貫がキレキレで格好良いエクストリームメタルナンバー。単なるスピードナンバーで終わらせず、Keyやシンフォで妖しい演出をみせながらスケールを広げていく展開は流石。
もったいぶったイントロからデスメタリックな疾走へ流れ、メロデスちっくなリフや中世風のKeyメロを噛ませていく#5。もろにIRON MAIDENなギターパートはちょっと笑っちゃうわね。
#6はデスラッシュ的な疾走でストレートに攻撃性を発散し、シンフォブラックらしいクワイアや女性コーラスパート、アルペジオによる静寂などを使って、暗くも幻想的な雰囲気を醸す曲。
寒々しいトレモロで疾走するイントロ ~ ダークな単音を織り込んだ突貫へ連なり、影のあるメロディ展開に堕ちていく#7。
本編ラストの#8はもの悲しいモノトーンのメロディを垂れ流しながらゆっくりと進めていくブラックメタルナンバー。
#9はボートラ。淡いシンフォ/クワイアやツインギターなど、曲調に明るさが見える疾走ナンバー。
#10もボートラでANNIHILATORのカバー。ANNIHILATORのはずがDESTRUCTIONっぽくなってるのが面白い。

キャアアアアアアア!!って言いたくなる良作です。
ベテランの底力ってやつですな。

評価:★★★★★

UNLEASHEDがNapalmと契約!!

unleashed napalm

UNLEASHEDが新たにNapalm Recordsと契約を交わしました。

http://www.blabbermouth.net/news/unleashed-signs-with-napalm-records/


バンドは13枚目となるニューアルバムのレコーディングを今年中に行うとのこと。


お?UNLEASHEDがNuclear Blast離れたんか。

正直NBにいた頃のアルバムは個人的にイマイチなものが多かったから、ここらでまたデスメタル路線に回帰して欲しいところだけども…。
でも今の路線はNapalmのレーベルカラーに合ってるんだよなぁ…。

POWER TRIP 来日決定!!

power trip japan tour 2018

POWER TRIPの来日が決定しました!!


東京
9/15(土) 新大久保EARTHDOM

名古屋
9/16(日) HUCK FINN

大阪
9/17(月) CONPASS

東京
9/18(火) 新代田FEVER



ここ最近急激に人気を高めているスラッシュバンドが遂に来日!!
DaymareはDEAFHEAVENやPALLBEARERなど、期待の若手を招聘してくれるのがありがたい。

15日はTHE CROWN & ORIGINに行くから18日に行くかな。

WITHERFALL 来日決定!!

witherfall japan tour 2018

WITHERFALLがKAMELORの来日公演に帯同することが決定しました!!

https://www.creativeman.co.jp/event/kamelot18/


WITHERFALLは去年デビューアルバムを出したばかりのパワー/プログレメタルバンドです。

メロディックなタイプじゃなくNEVERMOREっぽさのあるダークでヒネくれててヘヴィなサウンドだから日本じゃあまりウケないかもしれないね。

CRADLE OF FILTH "Cryptoriana World Tour 2018 in Japan" @ 恵比寿LIQUIDROOM 5/1 感想

CRADLE OF FILTHを観てきました!!

去年のLOUD PARK 17で久々の来日を果たし、会場内でCoFの単独公演決定のニュース!
なんとも粋な発表でした。


僕が会場に御降臨されたのが18:30頃。
観客の入りはかなり良さげ。
左右に少しだけ閉鎖しているエリアはあったもののそんなことしなくても充分に入っていたと思います。


ライヴはほぼ定刻通りにスタート!!
オープニングは6thの2曲目!!

セットリスト

1. Gilded Cunt
2. Beneath The Howling Stars
3. Blackest Magick In Practice
4. Heartbreak And Seance
5. Bathory Aria (I: Benighted Like Usher / II: A Murder Of Ravens In Fugue / III: Eyes That Witnessed Madness)
6. Dusk And Her Embrace
7. The Death Of Love
8. You Will Know The Lion By His Claw
-Encore-
9. The Promise Of Fever
10. Nymphetamine (Fix)
11. Her Ghost In The Fog
12. Born In A Burial Gown
13. From The Cradle To Enslave

約100分ほどのライヴでした。

ラウパでの物足りなさを見事に払拭してくれました。
と言ってももっとやってくれて良かったけどね。

メンバーは全員が儀式的かつ悪魔的なメイクと衣装に身を包でいてステージ上はとても華やか。それこそアングラ劇団の暗黒舞踏会風ミュージカルな感じ。いや演劇とか全然観に行ったことないけど。
劇団長のDani Filth(Vo)はトゲトゲしい格好で動き回り、吸血鬼らしい見た目に反してアクティヴ。ステージを左右に動いて観客を煽る動きも忘れず、ショーマンシップ高し。MCはナチュラルでそこまで芝居掛かった雰囲気はなかったです。曲の題材の説明と共に曲名をコールして演奏開始ってパターンで1曲1曲パッケージしていてライヴらしい流れっていうのもあまりなかったかな。
Voパフォーマンスは超最高。邪悪なダミ声やグロウルを中心に要所であの"キャアアアアアアアアアア!!!"という金切り声でガンガン鼓膜を突き刺していく。キャアアアアアアア!!する時はマイクをデコあたりで構えて上を向いて絶叫するんだけど、まぁその姿が格好良いわけで。Daniがキャアアアアアアアアアアアア!!!するたびに大歓声。やっぱりあの声は唯一無二ですな。
楽器陣は3人ともよく動く。Daniも動くので結構わちゃわちゃしてました。
特に目立ってたのはRich Shaw(Gt)。大振りなヘドバンしたり、ギターを弾きながらグルグル回転したりとかなり激しいパフォーマンス。おちゃらけた身振りでも観客を楽しませるなど、とても良いキャラをしていました。
Galder…じゃなかったAshok(Gt)はソロでの見せ場が多め。激しいRichと違ってメタルギタリストらしいクールなアクションで魅せるので、その対比がGood!でした。
紅一点のLindsay Schoolcraft(Key,Vo)はシンフォニックな音使いや耽美なピアノの旋律でサウンドを装飾しつつ、細めの歌唱で数々のクリーンパートを再現。特に出番がない場面では両手を大きく広げて黒魔術でもやっているかのような動きが可愛かったです。
透明のプラスチック板に囲まれたドラムセットでバシバシ叩いていたMarthus(Ds)はリズムがやや危なかった。爆走するとズレそうになるところを強引にフィルで持ち直してってところがB級突貫スラッシュみたいでした。
今回のセトリはラウパの時のセトリをベースに曲数を増やした形。
新譜からは2曲でその他のアルバムからも満遍なく選曲されていて新旧であまり偏りがない。
でももっと聴きたい曲はたくさんありました。
「Lilith Immaculate」とか「Cthulhu Dawn」とか「Funeral In Carpathia」とか「Tragic Kingdom」とかも聴きたかった。というか今回やった曲を全て外して新しいセトリを組んでも良いくらい。そのくらいやってない名曲があり過ぎる。
フロアはかなり盛り上がっていたんだけど、ビックリしたことにサーフが全く起きませんでした。
モッシュは多少あったもののそこまで大きくもなく。CoFって別にNo Moshじゃないですよ?
でも拍手や歓声は大きいしクレイドルコールも起こるしでみんなライヴを楽しんでいる雰囲気はしっかりありました。
残念だったのは音。
ラウパの時のような力強さと鋭さがなくて、妙にもこもこもこもこと籠ってて抜けが悪い。
良く言えばホラーな雰囲気が強かったと表現出来るけど、CoFの持つスケール感を出し切れていないマイナスのほうが大きかったです。
もしかしてシンフォ系のメタルとリキッドルームって相性悪い?
こうなると10月のDIMMU BORGIRもちょっと心配。
まぁそんなマイナスはあっても充分楽しめましたけどね。

ライヴ終わりにまだ時間があったのでレイトショーで『パシフィック・リム』の2作目を観ました。
ライヴと映画のハシゴなんて初めて。
まぁ1作目のほうが面白かったよね。 

EVILEにOl Drakeが復帰!!

ol drake evile 2018
EVILEにOl Drake(Gt)が復帰しました。

http://www.metalstorm.net/events/news_comments.php?news_id=33601


バンドは現在5枚目となるアルバムの制作中とのこと。


「安定した収入が欲しい」って理由でバンドを脱退したけど戻ってきたのか。
旧知の仲だし脱退も仲違いが理由じゃないしそもそもMatt Drake(Vo,Gt)の弟だしであっさり復帰が決まった感じがするw

EVILEは1stが最高でそれ以降はイマイチ煮え切らないからここいらで一発かまして欲しいけどねぇ…。

Pagan Metal Horde Vol.3 @ SPACE ODD 4/22 感想

Pagan Metal Horde Vol.3の2日目に行ってきました!!

ORPHANED LANDとMYRATHとDALRIADAをおかわり!!!


僕が会場に御降臨されたのが18:10頃。
前日は最初から最後までいたんだけど、もうおじさん疲れちゃってね。
メイン3バンドだけ観られればいいやって思ってこの時間に行きました。

SPACE ODDに行くのは2回目。
ここホントにアクセス悪いし場所が分かりづらい。
ハコ自体はキレイで2階もあったりして良いところなんだけど、行くまでが面倒臭い。


この日も前日同様にソールドアウトということで会場内はかなりの入り。
でもそこまでギュウギュウではなかったと思う。フロアだけでなく2階のベランダの席も開放してたからかもしれない。


この日は進行が巻き気味でDALRIADAが登場したのがタイムテーブルより5分くらい早かったです。
ライヴは前日と同じ流れでスタート!!

セットリスト

1. Thury Gyorgy Balladaja 2. resz
2. Napom, Fenyes Napom
3. Aldas
4. Busirato
5. Amit ad az eg (Almos bucsuja)
6. Komamasszon
7. Hajdutanc

セトリも変わらずでした。

やっぱり盛り上がるんだよなぁ。
「聴かせる」系の曲が多いメインの2バンドよりもフォーク由来の馬鹿騒ぎ感が強いため、フロアの沸き具合はこの日一番でした。
狭いフロアで軽いモッシュが起きてのどんちゃん騒ぎ。
Laura嬢がクルクル踊って手拍子して、とっても楽しい田舎祭りでした。
そういえばラストの曲をやる前にKeyがちょろっといきものがかりの「ブルーバード」を弾いてたよね。「なんでだろう?」と思って調べたら、どうやらあの曲、NARUTOのOPだったらしい。TシャツのデザインもNARUTOのパロディだったし、NARUTO好き過ぎるってばよ。



続いてMYRATH!!
こちらもライヴの幕開けは前日と同じ!!

セットリスト

1. New Song
2. Storm Of Lies
3. Dance *
4. Merciless Times
5. Get Your Freedom Back
6. Endure The Silence
7. Nobody's Lives
8. The Unburnt
9. Tales Of The Sands
10. Believer
11. New Song
12. Beyond The Stars

1曲少ないだけで特に変更点はなしでした。

パフォーマンスは前日に勝るとも劣らない出来。
安定感がありますな。
情熱的でいて叙情的な中東メロディをたっぷり堪能しました。
エッチな格好をしたベリーダンサーのお姉さんはドラムセット横のお立ち台みたいなとこで勝手に踊ってて前日とはまた違ったシュールさ。
あとはセトリをちょこっとでも変えてくれたら良かったかな。
2ndの曲を1曲くらいやってくれてもよかったかも。
フロアの圧縮はMYRATHが一番でしたね。
特にモッシュがあったわけではないけどみんな合唱していて前日よりも歌えていた気がします。
キンタマがイイー♪



最後はORPHANED LAND!!
ライヴの幕開けは前日と同じ!!

セットリスト

1.The Cave
2.All Is One
3.The Kiss Of Babylon(The Sins)
4.Ocean Land(The Revelation)
5.We Do Not Resist
6.Like Orpheus
7.Birth Of The Three(The Unification)
8.In Propaganda
9.All Knowing Eye
10.Sapari
11.In Thy Never Ending Way(Epilogue)
-Encore-
12.Norra El Norra(Entering The Ark)

ちょこっとセトリを変えてきました。

この日はトリとしての出演だったORPHANED LANDですが、悲しいかな、フロアの圧縮具合はMYRATHほどではなく、ぽつりぽつりとフロアを後にする人が多くどことなく緩い埋まり具合。フロア後方や2階ベランダで観ている人が多かったのか、帰ってしまったのかは分からないけども。
でもそんな状況を特に気にすることもなくライヴはとても良かったです。
Kobiの神々しさと親しみやすさを備えたパフォーマンスはこの日も抜群の冴えを見せており、優れたフロントマンっぷりを存分に発揮。扇動の仕方が本当に巧みで会場を完全に掌握していました。
オリエンタルなメロディを軸にデスメタルやプログレを織り交ぜた彩り豊かな楽曲の数々は前日よりもスケールの広さをダイレクトに感じられました。ハコの天井が高く、HOLIDAYよりも音響的に分離が良かったのが要因でしょう。MYRATHにも言えることなんだけど、こういうシンフォを多用したメタルはグチャッとした音だと良さが半減してしまうんだよね。まぁ両日とも音はそこまで悪くなくて、どちらかというと2日目のほうが優れていたってだけです。

しかしまさかこの組み合わせでソールドアウトするとは…。
これは今後の再来日にも期待出来そうですね。 
天気予報
プロフィール

そのへん

メタルとラジオとユニークをこよなく愛する、そんなブログ。まぁ、楽し・・・かった、よね?
俺、さき行ってっかんな!!

訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

検索
最新記事
アートワークギャラリー
  • SEPULTURA / Machine Messiah (2017)
  • CRADLE OF FILTH / Cryptoriana - The Seductiveness Of Decay (2017)
  • ARCHSPIRE / Relentless Mutation (2017)
  • BEAST IN BLACK / Berserker (2017)
  • GAME OVER / Claiming Supremacy (2017)
  • WOLVES IN THE THRONE ROOM / Thrice Woven (2017)
  • SONS OF APOLLO / Psychotic Symphony (2017)
  • HIDEOUS DIVINITY / Adveniens (2017)
  • WHITE DEATH / White Death (2017)
  • WARBRINGER / Woe To The Vanquished (2017)
  • TANKARD / One Foot In The Grave (2017)
  • AUGUST BURNS RED / Phantom Anthem (2017)
  • ARCH ENEMY / Will To Power (2017)
  • BUTCHER BABIES / Lilith (2017)
  • THE BLACK DAHLIA MURDER / Nightbringers (2017)
  • FIREWIND / Immortals (2017)
  • ANNIHILATOR / For The Demented (2017)
  • THY ART IS MURDER / Dear Desolation (2017)
  • BLOODCLOT / Up In Arms (2017)
  • THE LURKING FEAR / Out Of The Voiceless Grave (2017)
  • MORBID ANGEL / Kingdoms Disdained (2017)
  • VALHALORE / Voyarge Into Eternity (2017)
  • ENSIFERUM / Two Paths (2017)
  • CROMONIC / Time (2017)
  • CONVERGE / The Dusk In Us (2017)
  • CANNIBAL CORPSE / Red Before Black (2017)
  • THE MONOLITH DEATHCULT / Versus (2017)
  • CYTOTOXIN / Gammageddon (2017)
  • SIX FEET UNDER / Torment (2017)
  • JOHN FRUM / A Stirring In The Noos
  • SUFFOCATION / ...Of The Dark Light (2017)
  • DYING FETUS / Wrong One To Fuck With (2017)
  • CODE ORANGE / Forever (2017)
  • DARKEST HOUR / Godless Prophets & The Migrant Flora (2017)
  • MY REGIME / Deranged Patterns (2017)
  • DEAD CROSS / Dead Cross (2017)
  • SATYRICON / Deep Calleth Upon Deep (2017)
  • THE HAUNTED / Strength In Numbers (2017)
  • PARADISE LOST / Medusa (2017)
  • MASTODON / Emperor Of Sand (2017)
  • POWER QUEST / Sixth Dimension (2017)
  • ULSECT / Ulsect (2017)
  • GHOST BATH / Starmourner (2017)
  • BESATT / Anticross (2017)
  • LOCK UP / Demonization (2017)
  • DECAPITATED / Anticult (2017)
  • PERSEFONE / Aathma (2017)
  • WINTERSUN / The Forest Seasons (2017)
  • MORFIN / Consumed By Evil (2017)
  • BEHEADED / Beast Incarnate (2017)
  • INTEGRITY / Howling, For The Nightmare Shall Consume (2017)
  • IMMOLATION / Atonement (2017)
  • CONDEMNED / His Divine Shadow (2017)
  • JOTNAR / Connected/Condemned (2017)
  • ATLAS PAIN / What The Oak Left (2017)
  • VOMIT REMNANTS / Hyper Groove Brutality (2017)
  • CHRONOSPHERE / Red N' Roll (2017)
  • ALL THAT REMAINS / Madness (2017)
  • OVERKILL / The Grinding Wheel (2017)
  • CELLADOR / Off The Grid (2017)
  • SIKTH / The Future In Whose Eyes? (2017)
  • BATTLE BEAST / Bringer Of Pain (2017)
  • NIGHTRAGE / The Venomous (2017)
  • MISS MAY I / Shadows Inside (2017)
  • HOUR OF PENANCE / Cast The First Stone (2017)
  • HAVOK / Conformicide (2017)
  • POWER TRIP / Nightmare Logic (2017)
  • MORS PRINCIPIUM EST / Embers Of A Dying World (2017)
  • SUICIDE SILENCE / Suicide Silence (2017)
  • KREATOR / Gods Of Violence (2017)
  • LIGHT & SHADE / The Essence Of Everything (2016)
  • INSISION / Terminal Reckoning (2016)
  • DOPE / Blood Money Part 1 (2016)
  • ALTER BRIDGE / The Last Hero (2016)
  • DEVIN TOWNSEND PROJECT / Transcendence (2016)
  • BLASPHEMER / Ritual Theophagy (2016)
  • KVELERTAK / Nattesferd (2016)
  • MITHRAS / On Strange Loops (2016)
  • DIABULUS IN MUSICA / Dirge For The Archons (2016)
  • DISCHARGE / End Of Days (2016)
  • PUTRID PILE / Paraphiliac Perversions (2016)
  • DEFILED / Towards Inevitable Ruin (2016)
  • ANCIIENTS / Voice Of The Void (2016)
  • DREAM THEATER / The Astonishing (2016)
  • KORN / The Serenity Of Suffering (2016)
  • DEVILMENT / II - The Mephisto Waltzes (2016)
  • CLOUDSCAPE / Voice Of Reason (2016)
  • CROWBAR / The Serpent Only Lies (2016)
  • DEATHSPELL OMEGA / The Synarchy Of Molten Bones (2016)
  • MANTAR / Ode To The Flame (2016)
  • BLACK TUSK / Pillars Of Ash (2016)
  • HITTEN / State Of Shock (2016)
  • BOMBS OF HADES / Death Mask Replica (2016)
  • DRAGGING ENTRAILS / Penetrating Her Syphilic Cadaver (2016)
  • CYSTIC DYSENTERY / Homicidal Suicide (2016)
  • 兀突骨 / 兵ドモガ夢ノ跡 (2016)
  • VALE OF PNATH / II (2016)
  • LORD OF WAR / Suffer (2016)
  • REVOCATION / Great Is Our Sin (2016)
  • THE FORESHADOWING / Seven Heads Ten Horns (2016)
  • BRAIN DRILL / Boundless Obscenity (2016)
  • IRON CURTAIN / Guilty As Charged (2016)
  • THRANENKIND / King Apathy (2016)
  • BEGGING FOR INCEST / Finsternis (2016)
  • DGM / The Passage (2016)
  • BRAINSTROM / Scary Creatures (2016)
  • DEFTONES / Gore (2016)
  • PRONG / X - No Absolute (2016)
  • IMPERIUM DEKADENZ / Dis Manibvs (2016)
  • RUINOUS / Graves Of Ceaseless Death (2016)
  • THEOCRACY / Ghost Ship (2016)
  • EVERY TIME I DIE / Low Teens (2016)
  • DELAIN / Moonbathers (2016)
  • WAYFARER / Old Souls (2016)
  • 16 / Lifespan Of A Moth (2016)
  • CAULDRON / In Ruin (2016)
  • NORMA JEAN / Polar Similar (2016)
  • WARDRUM / Awakening (2016)
  • THE ORDER OF ISRAFEL / Red Robes (2016)
  • SAOR / Guardians (2016)
  • SKILTRON / Legacy Of Blood (2016)
  • MAGRUDERGRIND / II (2016)
  • ASSASSIN / Combat Cathedral (2016)
  • ANGER AS ART / Ad Mortem Festinamus (2016)
  • NEUROGENIC / Ouroboric Stagnation (2016)
  • DESTROYER 666 / Wildfire (2016)
  • FACE OF OBLIVION / Cataclysmic Desolation (2016)
  • DARKNESS / The Gasoline Solution (2016)
  • REZET / Reality Is A Lie (2016)
  • CONDITION CRITICAL / Extermination Plan (2016)
  • BATTERY / Martial Law (2016)
  • INFANT ANNIHILATOR / The Elysian Grandeval Galeriarch (2016)
  • DISFIGUREMENT OF FLESH / Deity Of Hideous Fertility (2016)
  • WITHIN DESTRUCTION / Void (2016)
  • GEROGOT / Cruelty Vomit Of Hatred (2016)
  • OPETH / Sorceress (2016)
  • SPELLCASTER / Night Hides The World (2016)
  • TREES OF ETERNITY / Hour Of The Nightingale (2016)
  • WITHEM / The Unforgiving Road (2016)
  • RAGNAROK / Psychopathology (2016)
  • HIEROPHANT / Mass Grave (2016)
  • ALLEGAEON / Proponent For Sentience (2016)
  • NARNIA / Narnia (2016)
  • SALEM'S POT / Pronounce This! (2016)
  • GRIMNER / Frost Mot Eld (2016)
  • KHONSU / The Xun Protectorate (2016)
  • KRYPTS / Remnants Of Expansion (2016)
  • EPICA / The Holographic Principle (2016)
  • ENTHEOS / The Infinite Nothing (2016)
  • RANGER / Speed & Violence (2016)
  • VADER / The Empire (2016)
  • LACUNA COIL / Delirium (2016)
  • BURY TOMORROW / Earthbound (2016)
  • SUICIDAL TENDENCIES / World Gone Mad (2016)
  • DEFEATED SANITY / Disposal Of The Dead / Dharmata (2016)
  • MORTILLERY / Shapeshifter (2016)
  • METAL CHURCH / XI (2016)
  • RE-ARMED / The Era Of Precarity (2016)
  • THE AGONIST / Five (2016)
  • SPACE CHASER / Dead Sun Rising (2016)
  • CARNIFEX / Slow Death (2016)
  • VENOM PRISON / Animus (2016)
  • ASH BORER / The Irrepassable Gate (2016)
  • INQUISITION / Bloodshed Across The Empyrean Altar Beyond The Celestial Zenith (2016)
  • GHOUL / Dungeon Bastards (2016)
  • FLOTSAM AND JETSAM / Flotsam And Jetsam (2016)
  • MY REGIME / Dogmas (2016)
  • KAYSER / IV: Beyond The Reef Of Sanity (2016)
  • SONS OF BALAUR / Tenebris Deos (2016)
  • CAR BOMB / Meta (2016)
  • ONI / Ironshore (2016)
  • DYNAZTY / Titanic Mass (2016)
  • UNMERCIFUL / Ravenous Impulse (2016)
  • UNFATHOMABLE RUINATION / Finitude (2016)
  • GRAND MAGUS / Sword Songs (2016)
  • RUNNING WILD / Rapid Foray (2016)
  • URGEHAL / Aeons In Sodom (2016)
  • AVANTASIA / Ghostlights (2016)
  • MIASMAL / Tides Of Omniscience (2016)
  • CRISIX / From Blue To Black (2016)
  • ASPHYX / Incoming Death (2016)
  • CULT OF LUNA & JULIE CHRISTMAS / Mariner (2016)
  • ABLAZE MY SORROW / Black (2016)
  • SONIC SYNDICATE / Confessions (2016)
  • NERVOSA / Agony (2016)
  • STRIKER / Stand In The Fire (2016)
  • GUTTER INSTINCT / Age Of The Fanatics (2016)
  • PRIMAL FEAR / Rulebreaker (2016)
  • VIRULENCY / The Anthropodermic Manuscript Of Retribution (2016)
  • WALLS OF JERICHO / No One Can Save You From Yourself (2016)
  • POLTERGEIST / Back To Haunt (2016)
  • ROTTEN SOUND / Abuse To Suffer (2016)
  • EXIMPERITUSERQETHHZEBIBSIPTUGAKKATHSULWELIARZAXULUM / Prajecyrujučy Sinhuliarnaje Wypramieńwańnie Daktryny Absaliutnaha... (2016)
  • DENNER / SHERMANN / Masters Of Evil (2016)
  • WORDS OF FAREWELL / A Quiet World (2016)
  • CONVULSE / Cycle Of Revenge (2016)
  • GOREVENT / Dull Punishment (2016)
  • PIGHEAD / Until All Flesh Decays (2016)
  • PARAGON / Hell Beyond Hell (2016)
  • CHURCH OF MISERY / And Then There Were None... (2016)
タグ絞り込み検索
ニュース
  • DEW-SCENTEDが解散!!
  • FIT FOR AN AUTOPSYがNuclear Blast Entertainmentと契約!!
  • UNLEASHEDがNapalmと契約!!
  • EVILEにOl Drakeが復帰!!
  • BLEEDING THROUGHが再結成!!
  • VOMITORYが再結成!!
  • NECROPHAGIAのKilljoyが死去
  • UNEARTHがCentury Mediaと契約!!
  • SEVEN SISTERS OF SLEEPが解散!!
  • SUFFOCATIONからFrank Mullenが脱退!!
  • CARCASSからBen Ashが脱退!!
  • ARSISがAgoniaと契約!!
  • ATHEISTがAgoniaと契約!!
  • UNANIMATEDがCentury Mediaと契約!!
  • FULL OF HELLがRelapseと契約!!
  • JUDAS PRIESTのGlenn Tiptonがツアー活動から離脱
  • Zeno Roth死去
  • SACRED REICHがMetal Bladeと契約!!
  • SODOMにFrank Blackfireが復帰!!
  • DESTRUCTIONからVaaverが脱退!!
  • SLAYERがファイナルツアーを発表!!
  • BETWEEN THE BURIED AND MEがSumerianと契約!!
  • SODOMからBernemannとMakkaが脱退!!
  • ENSIFERUMからNetta Skogが脱退!!
  • Warrel Daneが死去
  • CYNICからSean Reinertが脱退!!
  • DREAM THAETERがSony Music / Inside Out Musicと契約!!
  • HIBRIAからAbel Camargo以外のメンバーが全員脱退!!
  • BULLET FOR MY VALENTINEからMichael "Moose" Thomasが脱退!!
  • MALEVOLENT CREATIONが新たなラインナップを発表!!
  • THE CROWNがMetal Bladeと契約!!
  • AC/DCのMalcolm Youngが死去
  • EXHORDERが再結成!!
  • GLORIOR BELLIがSeason Of Mistと契約!!
  • PILGRIMのJon Rossiが死去
  • DERDIANにIvan Gianniniが復帰!!
  • CELTIC FROSTのMartin E. Ainが死去
  • FLESHGOD APOCALYPSEからTommaso Riccardiが脱退!!
  • TWILIGHT FORCEからChrileonが脱退!!
  • RIOTがNuclear Blastと契約!!
  • LIGHT THIS CITYが再結成!!
  • ABYSMAL DAWNがSeason Of Mistと契約!!
  • XANDRIAからDianne Van Giersbergenが脱退!!
  • SKELETAL REMAINSがCentury Mediaと契約!!
  • AT THE GATESの新Gtが決定!!
  • BEAST IN BLACKがNuclear Blastと契約!!
  • TRAP THEMが解散!!
  • SAVAGE MESSIAHがCentury Mediaと契約!!
  • Mike Portnoyが新バンドを結成!!
  • SPAWN OF POSSESSIONが解散!!
  • PERIPHERYからAdam "Nolly" Getgoodが脱退!!
  • VATTNET VISKARがVATTNETに改名!
  • DEVIL YOU KNOWがLIGHT THE TORCHに改名!!
  • LINKIN PARKのChester Benningtonが死去
  • FALLUJAHからAlex Hofmannが脱退!!
  • AMARANTHEにDYNAZTYのNils Molinが加入!!
  • NOCTURNAL RITESがAFMと契約!!
  • CHIMAIRAが再結成!!
  • SOUNDGARDENのChris Cornellが死去
  • TEXTURESが解散!
  • DAGOBAがCentury Mediaと契約!!
  • POSSESSEDがNuclear Blastと契約!!
  • SATYRICONがNapalmと契約!!
  • OVERKILLにJason Bittnerが加入!!
  • KRAANIUMのMartin Funderudが死去
  • SOILWORKの新ドラマーが決定!!
  • DEAD TO FALLが再結成
  • HAIL OF BULLETSが解散!!
  • AT THE GATESからAnders Björlerが脱退!!
  • SIX FEET UNDERにJack Owenが加入!!
  • 1349がSeason Of Mistと契約!!
  • MY DYING BRIDEがNuclear Blastと契約!!
  • NILEからDallas Toler-Wadeが脱退!!
  • AMARANTHEからJake Eが脱退!
  • VENOM INC.がNuclear Blastと契約!!
  • John Wettonが死去
  • NE OBLIVISCARISからBrendan "Cygnus" Brownが脱退!!
  • IRON MONKEYが再結成!!
  • THY ART IS MURDERにCJ McMahonが復帰!!
  • TRIVIUMからPaul Wandtkeが脱退!
  • MORBID ANGELのニュードラマーが決定!!
  • VEKTORからDavid DiSanto以外のメンバーが全員脱退!!
  • CIVIL WARからNils Patrik Johanssonが脱退!!
  • ENSLAVEDからHerbrand Larsenが脱退!!
  • IN FLAMESからPeter Iwersが脱退!!
  • RHAPSODYがオリジナルメンバーによるフェアウェルツアーを発表!!
  • DEICIDEからJack Owenが脱退!!
  • HELLOWEENがMichael KiskeとKai Hansenと共にワールドツアーを行うことを発表!!
  • RHAPSODY OF FIREの新Voが決定!!
  • ALKALOIDがSeason Of Mistと契約!!
  • MISERY SIGNALSがオリジナルラインナップで再編成
  • AMON AMARTHのニュードラマーが決定!!
  • RHAPSODY OF FIREからFabio Lioneが脱退!!
  • A CANOROUS QUINTETが再結成!!
  • IN FLAMESのニュードラマーが決定!!
  • BOLT THROWERが解散!!
  • SABATONにTommy Johanssonが加入!!
  • EMPERORが2017年に再結成!!
  • THE DILLINGER ESCAPE PLANが解散!?
  • MORBID ANGELがUDR Musicと契約!!
  • TERRORIZERがThe Endと契約!!
  • MEGADETHにDirk Verbeurenが加入!!
  • EVILDEADが再結成!!
  • WARBRINGERがNapalmと契約!!
  • IN FLAMESがNuclear Blastと契約!!
  • OPETHがNuclear Blastと契約!!
  • PARADISE LOSTがNuclear Blastと契約!!
  • MUNICIPAL WASTEにセカンドギタリストが加入!!
  • NOISEMがRelapseと契約!!
  • ALTER BRIDGEがNapalm Recordsと契約!!
  • SIKTHからJustin Hillが脱退!!
  • FIVE FINGER DEATH PUNCHがRise Recordsと契約!!
  • MANOWARが解散!?
  • 元MEGADETHのNick Menzaが死去
  • RINGS OF SATURNがNuclear Blastと契約!!
  • ELUVEITIEから3人のメンバーが脱退!!
  • THE AGONISTがNapalm Recordsと契約!!
  • AKERCOCKEが再結成!!
  • AC/DCがBrian Johnsonの代役にAxl Roseを起用!!
  • DESPISED ICONがNuclear Blastと契約!!
  • ENSIFERUMにNetta Skogが加入!!
  • DARK TRANQUILLITYからMartin Henrikssonが脱退!!
  • DIMENSION ZEROにAndy Solveströmが加入!!
  • DEMOLITION HAMMERが再結成!!
  • THE RESISTANCEからJesper Strömbladが脱退!!
  • GATES OF ISHTARのOskar Karlssonが死去。
  • INCANTATIONがRelapseと契約!!
  • THE BLACK DAHLIA MURDERからRyan Knightが脱退!!
  • WITH THE DEADからMark Greeningが脱退!!
  • WITH THE DEADからMark Greeningが脱退!!
  • SARGEISTからGt以外全員脱退!!
  • CHILDREN OF BODOMの新Gtが決定!!
  • MOTORHEADのLemmy Kilmisterが死去
  • THY ART IS MURDERから CJ McMahonが脱退!!
  • ABBATHからCreatureが脱退!
  • EUCHARISTが再結成!!
  • GATES OF ISHTARが再結成!!
  • IN MOURNINGがAgonia Recordsと契約!!
  • G.I.S.M.が再結成!!
  • IN FLAMESからDaniel Svenssonが脱退!!
  • AVENGED SEVENFOLDの新ドラマー決定!!
  • BRODEQUINが再結成!!
  • GAMMA RAYに専任Voが加入!!
  • ALL SHALL PERISHが活動再開!!
  • ALL THAT REMAINSからJeanne Saganが脱退!!
  • SEE YOU NEXT TUESDAYが再結成!!
  • SEVEN SISTERS OF SLEEPがRelapseと契約!!
  • CYNICが解散!?
  • AVENGED SEVENFOLDからArin Ilejayが脱退!!
  • MORBID ANGELからTrey Azagthoth以外のメンバーが脱退!!そしてVoにはSteve Tuckerが復帰!!
  • MORBID ANGELからTrey Azagthoth以外のメンバーが脱退!!そしてVoにはSteve Tuckerが復帰!!
  • SWALLOW THE SUNがCentury Mediaと契約!!
  • INTO ETERNITYがKolony Recordsと契約!!
  • ANNIHILATORがラインナップチェンジ!!
  • 3 INCHES OF BLOODが解散!!
  • CHILDREN OF BODOMからRoope Latvalaが脱退!!
  • THE DUSKFALLからMagnus Klavbornが脱退!!
  • BULLET FOR MY VALENTINEの新ベーシストが発表!!
  • ACID REIGNが再結成!!
  • Tony CamposがSOULFLYを脱退し、FEAR FACTORYに加入!!
  • UNEARTHLY TRANCEが再結成!!
  • ACCEPTに新メンバーが加入!!
  • MEGADETHにANGRAのKiko Loureiroが加入!!
  • IMMORTALが解散!!
  • AMON AMARTHからFredrik Anderssonが脱退!!
  • SANCTUARYにNick Cordleが加入!!
  • BATTLE BEASTからAnton Kabanenが脱退!!
  • BULLET FOR MY VALENTINEからJason Jamesが脱退!!
  • WAKING THE CADAVERが解散!!
  • RAGE 現ラインナップを解体!!
  • KAMELOTがNapalm Recordsと契約!!
  • BARREN EARTHがCentury Media Recordsと契約!!
  • ACCEPTからHerman FrankとStefan Schwarzmannが脱退!!
  • ACCEPTからHerman FrankとStefan Schwarzmannが脱退!!
  • MEGADETHからChris BroderickとShawn Droverが脱退!!
  • MEGADETHからChris BroderickとShawn Droverが脱退!!
  • ARCH ENEMYからNick Cordleが脱退!!新たにJeff Loomisが加入!!
  • STATIC-XのWayne Staticが死去
  • DEVILDRIVERからJeff KendrickとJohn Boecklinが脱退!!
  • DEVILDRIVERからJeff KendrickとJohn Boecklinが脱退!!
コメント
アドレス

nonbiri.lml@gmail.com
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター

    みんな、ありがとな~!
    • 累計:

    ご意見、感想、パネェ質問
    • ライブドアブログ