あさってからでもいいかな・・・

日本で最も女子力の高いブログだそうです。

EXHUMED / Horror (2019)

horror exhumed
EXHUMED / Horror (2019)

1. Unsound
2. Ravenous Cadavers
3. Scream Out In Fright
4. The Red Death
5. Utter Mutilation Of Your Corpse
6. Slaughter Maniac
7. Ripping Death
8. Clawing
9. Naked, Screaming, And Covered In Blood
10. Playing With Fear
11. Dead Meat
12. Rabid
13. In The Mouth Of Hell
14. Shattered Sanity
15. Re-Animated

EXHUMEDの2年振り、通算7枚目のアルバム。
Relapse Recordsからのリリース。

US出身のデスグラインドバンドです。
前作リリース後、Bud Burke(Gt,Vo)が脱退。新たにNOISEMのSebastian Phillips(Gt)が加入しています。
色んなバンドに浮気するMatt Harvey(Vo,Gt)兄さんですが、最近はEXHUMEDをメインに活動してくれていてます。個人的には嬉しい状況なんですけど、兄さんは急に「EXHUMED飽きたわ」とか言い出すこともあるのがね…。
さて、2011年の復活作以降は常にクオリティの高いアルバムをリリースし続けているこのEXHUMED。
ただ近年はモダンな鋭さやギターメロディの挿入方法および楽曲展開などに力を入れていた印象があり、初期2枚や復活1作目のようないきなりガツンとくるパンチ力が減退している気がしていました。とはいえ、それはそれでベテランらしい進歩の仕方ではあるので致し方ないと思っていたのですが、本作を聴いてビックリ。

めっちゃグラインドコアしてるやん。

楽曲の長尺化が進んでいた近年の路線を捨て去って全曲3分未満で収まる、というか1分~2分に収まる楽曲が大半の超絶ショートなグラインドコアアルバムを作ってきやがりましたw
前2作のようにミドルとファストを繋いで楽曲を練り上げていこうなどという意識は全くなく、リフをいくつか繋いでブラストビートやDビートを合わせて「はい出来たから次!」な楽曲がズラリと並んでいます。
でもこれが功を奏して前2作で失われていたグラインドコアらしいパンチ力がガッツリと戻ってきています。鋭いリフと激烈なスピード感、Mattのギャーギャー喚き散らすハイピッチシャウトとRoss Sewage(Vo,Ba)のディープなガテラルによる高低のVoワークなど、回りくどさを省いてキャッチーな部分だけを凝縮した楽曲の連続にテンションが上がらないわけがあるまいて。メロディックなギタープレイを完全に捨て去っている点も潔し。
これはあれか、Matt兄さんの「長い曲作る飽きたわ」ってやつなのか?w
この姿勢は初期2枚に通ずる部分ではあるものの、あの2枚とは違って本作のサウンドは近年のモダン路線を継承しています。モダンに感じる要因としてMike Hamilton(Ds)の整合性溢れるドラミングによるところが大きいんですが、ギターに関しても近年のデス/スラッシュ気質なリフワークをたっぷりと織り込んでいるので、サウンドはそのままに初期のフォーマットで纏めた感じです。中身はそのままに型だけ初期のものを使っている感じ。
てか初期2枚より楽曲がショート化してるんだよね。

鋭いデスメタルリフを粒の揃ったブラストビートに乗せて突撃した後、ガテラルによる小汚い疾走パートを抜けて、コーラスは高低のデュアルVoでゴラグラインド的にリズミックにハモる#1。
#2はDビートやバスドラ連打の疾走に粗野な刻みリフを乗せていくグラインドコアナンバー。タイトルを汚く合唱するコーラスがキャッチーですな。
どっしりしたオールドスクールデス的な疾走で幕を開ける#3は一気にブラストで加速した後、ガテラルと喚きのコンビネーションで畳み掛け、クラスティな疾走でドタバタ暴れるグラインドコアナンバー。
オールドスクールデス由来のトレモロによる爆走と小汚い疾走の2本立てな#4。
#5は10秒未満の超ショートナンバー。
#6はノリノリなアップテンポでスタートし、猛烈な刻みとブラストビートによるデスメタリックな爆走へ雪崩れ込む曲。
喚きVoとガテラルの高低の掛け合いがグチャグチャリフの爆走の中でキャッチーに映える#7。
#8はブラストビートとDビートを使い分けながらデス/スラッシュ的な刻みのスピードも上下させるグラインドコアナンバー。
踊れるテンポでキャッチーに疾走し、リズミックなVoと刻みが愉快さを増幅させている#9。こういう曲ホント好き。
#10はもったりしたアップテンポにパンク気質の粗野な刻みを乗せ、高低デュアルVoが荒っぽく乗っかる曲。後半はブラストビートで爆走し、サッと終わり。
のっけから爆裂ブラストビートとグラインドリフで暴れ倒す#11は30秒ほどの曲。
#12はデスメタルリフで爆走し、フラッシーなギターソロを挟んで再びデスメタルリフで爆走し、またフラッシーなギターソロを挟んで再びデスメタルリフで爆走して終わるシンプルな構成の曲。
半音階を上下するトレモロで爆走し、クラスティな疾走パートとの対比を効かせる#13。
転がり回る高速リフとブラストビートで爆走し、前のめりな突進パートやスラッシュ的なアップテンポで締める#14。
ラストの#15はヤケッパチな爆走感とキャッチーなVoラインが一体となったグラインドコアナンバー。

久々の快作です。いや、前2作も好きだけどね。
まさかEXHUMEDがここにきてこういうグラインド路線でくるとは思わなかった。
最近のEXHUMEDに違和感を感じていた人にこそ聴いて欲しいです。

評価:★★★★★

CULT OF LUNA / A Dawn To Fear (2019)

a dawn to fear cult of luna
CULT OF LUNA / A Dawn To Fear (2019)

1. The Silent Man
2. Lay Your Head To Rest
3. A Dawn To Fear
4. Nightwalker
5. Lights On The Hill
6. We Feel The End
7. Inland Rain
8. The Fall

CULT OF LUNAの6年振り、通算7枚目のアルバム。
Metal Blade Recordsからのリリース。

スウェーデン出身のスラッジ/ポストメタルバンドです。
2016年にJulie Christmas(Vo)という女性とのコラボレーションアルバム『Mariner』をリリースしていますが、CoLの単独作としては久々。
メンバーはその『Mariner』を制作した時と同じです。
本作はMetal Bladeに移籍して初のアルバムとなります。
日本にも熱心なファンはいるけど、イマイチ人気があるとは言えないこのCULT OF LUNA。
最近のアルバムはスラッジ的な閉塞的ヘヴィネスをオミットしてよりポストメタルらしい雄大なスケール感を持ったマイルドなヘヴィネスを強めた作風へと舵を切っていってる印象で、そのポスト志向が如実に表れていたのが3年前の女性Voとのコラボアルバムだったように思います。
んで、本作の話。
作風としては近作と同様のポスト要素が濃い目の路線。
ギターはヘヴィリフを刻む場面が前作以上に減っており、メランコリックだったり冷ややかだったりする高音アルペジオやぶわっと粒の粗い音を撒き散らす残響系トレモロなど、空間を掌握して押し広げていくようなギタープレイが過去最高に多いです。演奏のヘヴィネスはパワー系のドラミングとベースリフに任せて、2本のギターとKeyをほどよく絡ませてカラフルかつ多層的なメロディを作り上げることに専念している印象で、正直、このバンドのメタル的な部分を気に入っていた自分にとってはやや物足りなさを感じます。
とはいえ、緩やかな静寂から奔流の如く音が押し寄せる動的パートへのスムーズな楽曲展開の連続やここぞ!という場面での圧の強さといったCoLが昔から持っていた強みはそのまま残っていますし、CoL特有の細やかなメロディ使いという強みは更に活きたサウンドになっているとも思います。
結果的に「これはこれでアリ」と思ってしまうだけの説得力がある。
悔しいけど聴かせ方が上手いのよな。

フィードバックノイズによる導入で始まる#1はメロディを含ませた轟音リフを淡々と叩きつけてアップテンポに進行し、幽玄なヘヴィリフや目の粗い残響トレモロなどを使って彩りを加えていくスラッジメタルナンバー。いきなり10分半超えの大曲です。ゆったりと漂う中盤やポストらしい眩いメランコリーが増幅していく後半など、尺の長さを存分に活かして聴かせる佳曲です。
ブンブン唸るベースリフを無機質な電子音やドラミングと合わせてミニマルに反復するスローな演奏に荒々しいスクリームを乗せた#2。どっしりした重心の低さを感じるもスラッジーなヘヴィネスは控えめでそれ以上にスケールの広さを感じさせます。
ゆらりゆらりと掴みどころのないアルペジオを柔和に垂れ流し、囁くようなクリーンVoやKeyメロが混ざるように溶け込んでいく残響系の静寂パートがひたすら続き、後半はちょろっとドゥーミーな重さを加えてどんよりしていく#3。
無機質なドラミングの上でブラックメタルにも通ずる薄気味悪い高音アルペジオを反復するイントロ ~ ヘヴィリフ&スクリームの登場と共に演奏の分厚さが増して暗黒性が強まる#4。中盤の軽快さが目立つロックパートからディストーションにまみれたスラッジ/ポストメタルへと移行していく様がなかなかに劇的。
続く#5もイントロの空虚なメロディにブラックメタルっぽさを感じますが、4分以上続くイントロが終わった後はジャカジャカと悲哀に満ちたギターを掻き鳴らしてポストブラックに通ずる部分をみせています。6分半あたりでやっとVoが登場。ねっとりと甘いメロディが漂う中をスクリームで切り裂いていく様が痛快ではあるんだけどいかんせん重さが足りない。
#6はエフェクトを掛けられた囁くクリーンVoがギターのフィードバックと絡み、徐々に音の厚みが増していくメタル色ゼロの曲。
#7はヘヴィネスのない鬱屈した演奏にスクリームを合わせて沈み込んでいく前半 ~ ゴツゴツと硬い演奏をぶつけつつKeyの音色でスケールを広げる後半といった構成のスラッジ/ポストメタルナンバー。
ラストの#8メロディックではありながら鈍重なヘヴィネスをしっかりとみせつける芯の強い曲。ヘヴィリフとトレモロのコンビネーションが冴えており展開の上手さも光る。アルバムを締めくくるに相応しい佳曲。

どの曲も長尺で忍耐力を求めらるので決して聴きやすいアルバムではないけれど、メロディ量は豊富でサウンド的な聴き難さはないんじゃないかと思います。
個人的には#8みたいなガツンとくる強い曲がもっと欲しかったです。

評価:★★★★

MAYHEM / Daemon (2019)

daemon mayhem
MAYHEM / Daemon (2019)

1. The Dying False King
2. Agenda Ignis
3. Bad Blood
4. Malum
5. Falsified And Hated
6. Aeon Daemonium
7. Worthless Abominations Destroyed
8. Daemon Spawn
9. Of Worms And Ruins
10. Invoke The Oath
11. Everlasting Dying Flame *
12. Black Glass Communion *

MAYHEMの5年振り、通算6枚目のアルバム。
Century Media Recordsからのリリース。

ノルウェー出身のブラックメタルバンドです。
メンバーは前作から変わらず。
2017年には1st『De Mysteriis Dom Sathanas』の完全再現ライヴで来日したMAYHEMですが、新譜としてはだいぶ久々になります。
個人的に前作はMAYHEMのディスコグラフィの中でもかなり気に入っているアルバムで、その年のベストアルバムの内の1枚にも選んでいたので本作にも結構期待しておりました。
作風としては前作の延長のストレートなブラックメタル路線。
吹雪くように掻き鳴らされるトレモロやドス黒いリフをブラストビートに乗せ、Attila Csihar(Vo)のアクの強い絶叫で全体を邪悪に纏め上げたサウンドは正しく前作の延長です。
前作の段階で1stっぽさを感じていたんですが、本作では更に1stっぽい原点回帰感を感じます。
黒々とした決してメロディックとは言えないトレモロやカッチリし過ぎない荒っぽい疾走感などが前作よりも顕著に表れていることが1stっぽさを感じる要因になっています。1stの完全再現ツアーを行ったことが本作へ与えた影響は間違いなくあるでしょう。
本作で一番の功労者は間違いなくAttilaで、AttilaのVoパフォーマンスは前2作を上回るほどに鬼気迫る勢いを感じます。
ブラックメタルのトレードマークである金切り声の絶叫から闇の深いグロウル、邪教の司祭のような野太い演説的咆哮、オペラティックに朗々と歌い上げるノーマルVo、怨念染みたハーシュVoなどなど、とにかく多彩で悪趣味なVoのオンパレード。Attilaが参加したMAYHEMのアルバムの中では過去最高に存在感のあるVoパフォーマンスをみせていると思います。

#1は荘厳トレモロによる疾走にAttilaの多彩に声色を使い分けた絶叫を乗せたブラックメタルナンバー。序盤こそスピーディーですが、中盤では徐々にテンポダウンしてメロディの暗黒性を色濃くしていくあたりがMAYHEMらしい。
続く#2は陰湿なスロー/ミドルの中にAttilaの不安感を煽る咆哮を加えて気持ち悪ーく進めていき、最後はトレモロの疾走で怒り狂うように爆走するブラックメタルナンバー。
#3は軽快なブラストビートにひんやりトレモロを被せ、時折ザクザクした刻みで変化を盛り込んでいる曲。
淀んだ高音アルペジオと掠れたVoが合わさった導入 ~ Attilaお得意のボェボェお経Voがどんよりしたミドルテンポに絡む#4。時折挟む、Voを絶叫スタイルへ切り替えて冷たいリフをザクザク刻み突貫するファストパートが激烈で良いですね。
キモいVoパフォーマンスで始まる#5はバスドラ連打の疾走にブラック/スラッシュちっくなオカルト系トレモロを組み込んだブラックメタルナンバー。途中で一気に加速したと思ったら、急にトーンダウンして空虚な静寂へ堕ち、そこからアイドリングするようにゆっくりとテンポを上げていく展開が面白い。
MAYHEMらしい冷酷な高音アルペジオをアクセントに配したドラムロールで幕を開ける#6はバスドラ連打のミドル/アップテンポに冷たくもメロウなトレモロを被せ、爆走パートでAttilaのグチャグチャなVoパフォーマンスが炸裂するブラックメタルナンバー。本作の楽曲の中ではこの曲のメロディが一番叙情性強いかなと思います。
#7は1stを思わせる闇雲な疾走にAttilaの朗々とした歌唱や瘴気まみれのVoなどを乗せた爆走ブラックメタルナンバー。
#8は手数を抑えた儀式的なドラミングに冷気を帯びたリフを絡ませ、屍術師の呪文か何かのようなVoを加えたスローなブラックメタルナンバー。
明朗なトレモロで爆走するキャッチーな#9。ほぼスピードダウンしない徹頭徹尾ファストな姿勢の中でダミ声と絶叫を切り替えていくAttilaパフォーマンスが際立っています。
本編ラストの#10は薄っすらとシンフォニーを被せた荘厳なミドルテンポを中心に邪教感漂う仰々しいブラックメタルを聴かせています。気色悪く折り重なるVoと共にフェードアウトしていくエンディングはホラー映画っぽくて非常に格好良い締め方。
#11はボートラ。高音アルペジオとバタバタしたブラストビートが絡むブラックメタルナンバー。前作っぽさのあるかなり格好良い曲。
#12もボートラ。小気味良く冷たいメロディを刻むリフが引っ掛かりのあるリズミックなミドルテンポに乗っかった曲でこちらもなかなかの良さ。

前作に引き続き素晴らしいアルバムです。
「VargがEuronymousのクソ野郎を殺ってなかったら俺が殺ってたわ」というNecrobutcher(Ba)の発言がやたらと話題になっていましたが、そんなことより本作の出来の良さを話題にするべきでは?と思いますね。

評価:★★★★★

THE OBSESSED 来日決定!!

the obsessed kadaver church of misery japan tour 2020

THE OBSESSEDの来日が決定しました!!


東京
1/17(金) 渋谷GARRET
1/18(土) 渋谷GARRET



Wino爺が来日!?
スゲー!!!

確かこれって元々はKADAVERとCHURCH OF MISERYで公演が決まってたよね。
最初はKADAVERのヘッドライナー公演っぽい宣伝の仕方してたけど、KADAVERじゃ売れ行き悪くてTHE OBSESSEDを足した感じなんだろうか。
まぁ僕もKADAVERだけの時はスルーする予定でした。
THE OBSESSEDは2017年に新譜を出してるし、その後で1stがリイシューされてるからタイミングもバッチリ!と個人的には思う。

ここ最近は少し前じゃ考えられないくらいドゥーム系の来日が増えていて、マジで日本にもドゥームの波が来てるんじゃないかと錯覚するほど。
もっとドゥーム流行れ!!!

KORPIKLAANIとSKYCLADの来日が決定!!

korpiklaani skyclad skiltron japan tour 2020

KORPIKLAANIとSKYCLAD、SKILOTRONの来日が決定しました!!


大阪
2/29(土) 梅田amHall

東京
3/1(日) 渋谷STREAM HALL



コルピも嬉しいけどSKYCLADマジ!?
正直、SKYCLADは僕も持ってないアルバムがいくらかあってそもそも持ってないアルバムどれだったっけ?って状態だし最新作も未チェックなんだけど、まさか来日するとは思ってなかった。

コルピは前にEVPが招聘した時も盛況だったから今回も盛況だと嬉しいな。

OLD MAN GLOOMのエクストラ公演が決定!!

old man gloom japan show 2020

leave them all behind 2020に出演するOLD MAN GLOOMのエクストラ公演が決定しました。


東京
2/3(月) 新代田FEVER



FRIENDSHIPとWEST TOKYO PANIC SYNDICATEも出演するとのこと。


OMGのヘッドライナー公演キター!!!!


こうなったらこっちに行くでしょ。
FRIENDSHIPまで観られるし。
WEST TOKYO PANIC SYNDICATEはごめん全然知らない。

こうなるとPOWER TRIPのエクストラ公演もお願いしたいけど、大阪でやるから流石に東京はないかな。

BENEATH THE MASSACREがCentury Mediaと契約!!

beneath the massacre century media

BENEATH THE MASSACREが新たにCentury Media Recordsと契約を交わしました!!

https://lambgoat.com/news/32309/Beneath-The-Massacre-sign-w--Century-Media-announce-new-LP


バンドは2020年の2月に4枚目となるアルバムをリリースする予定とのこと。


生きとったんかワレ!!

最近は全然音沙汰なくてもう解散状態なのかと思ってたよ。
この7年の間でメンバーチェンジがあったみたいで新たにSHADOW OF INTENTのAnthony Barone(Ds)が入ったそうな。
前任にも負けない馬鹿テクDsなのでパワーダウンの心配はなさそうですな。

今にして思えば2012年の来日は観に行って良かったなぁ。

CATTLE DECAPITATIONとREVOCATIONの来日が決定!!

cattle decapitation revocation japan tour 2020

CATTLE DECAPITATIONとREVOCATIONの来日が決定しました!!


東京
2/28(金) 渋谷CYCLONE
2/29(土) 高円寺HIGH

ミーグリ付: ¥10000 / ポスターサイン付: ¥9500 / 一般: ¥6800 / 学生(大学生・専門学生以下): ¥3500
2日間: ¥10000



THE BLACK DAHLIA MURDERのゲストとして来日したCATTLE DECAPITATIONが初のヘッドライナー公演!!
ゲストは約12年振りの来日になるREVOCATIONですってよ!!

これは凄い!!
REVOCATIONは見逃して後悔してたから嬉しいですね。

学割チケットも良い制度だと思うからどんどんやって欲しい。
自分が学生の頃にあればなぁ…。 

NO ONE KNOWS WHAT THE DEAD THINK / No One Knows What The Dead Think (2019)

no one knows what the dead think st
NO ONE KNOWS WHAT THE DEAD THINK / No One Knows What The Dead Think (2019)

1. Yorha
2. Autumn Flower
3. Dagger Before Me
4. Rakuyo
5. Stars Hide Your Fires
6. Cinder
7. Sayaka
8. Kaine
9. Red Echoes
10. Dominion

NO ONE KNOWS WHAT THE DEAD THINKの1stアルバム。
Willowtip Recordsからのリリース。

US出身のグラインドコアバンドです。
元DISCORDANCE AXISのJon Chang(Vo)とRob Marton(Gt,Ba)が元COHOLのKyosuke Nakano(Ds)と新たに結成したバンドであります。
JonはGRIDLINKなどで音楽活動はちょこちょことやっていましたが、RobはDA以降表立った音楽活動はなく、シーンに帰ってくるのはだいぶ久々ですね。
さて本作の話。
まずサウンドは当然の如くグラインドコアです。
JonはDISCORDANCE AXISのあとにGRIDLINKをやっていましたが、やはりGtの違いからGRIDLINKはDAとは質感の異なるグラインドコアサウンドでありました。個人的にGRIDLINKはGRIDLINKでDAにはないメタリックな鋭さがあって好きだったんですけどね。
ただ今回のGtはDAのRobということもあって、DISCORDANCE AXISを正統に引き継いでいる感が強いです。
ハードコア/グラインドコアらしい乱雑な高速リフを使いつつカオティックコア/マスコア的なフレージングやポップにすら感じる素早い単音リフを導入しているあたりはDAを彷彿とさせ、DAの3rdから初期衝動的な勢いを少し減らしてよりスマートなリフワークに仕上げたって感じが凄く凄くします。若干スマートに纏まり過ぎて小奇麗過ぎるきらいがありますが、それが本作の味になっている部分でもあるので一概に悪いとは言い切れないですね。
ドラミングはカッチリした爆走とヤケッパチに乱射するブラストを絶妙に切り替えており、個人的には凄く良かった。Dave Witte(Ds)のような瞬発的スピードや圧倒的手数でなく、整合感のある硬いショットでスピードを上下させていくモダンさが本作のリフワークと非常に相性が良いように感じました。
Jonの甲高いスクリームは未だ健在。ギャーギャー喚きつつ時々グロウルで唸るグラインドコアのお手本のようなVoパフォーマンスで疾走感をビンビンに高めていってます。やっぱりグラインドコアのVoはやかましくて存在感がないとね。

ブチギレスクリームとリズミックな轟音の叩きつけでスタートし、奇怪なリフが踊るブラストパートや獰猛なグロウルで吠え立てる小汚い疾走などへ展開する#1。
#2はキャッチーな単音リフをブラストビートに乗せて爆走し、おどろおどろしいグロウルパートと対比を効かせるグラインドコアナンバー。
キレの良い単音リフとスラッシュビートによるスタスタとした疾走を合間のブラスティングでやかましく装飾し、後半はテンポを落としてヒリついたヘヴィネスを高める#3。
混沌としたスロー/ミドルテンポで始まる#4は途中から緊迫感のあるカオティックなリフワークで爆走する曲。
#5は前のめりな単音リフとスクリームがユニゾンするカッチリ寄りの爆走から徐々に崩壊するようにカオス度を高めていくグラインドコアナンバー。
ちょいメロなリフワークとブラストビートが混ざり合って何処となくメロウネスを感じさせるグラインドコアになってる#6。ロック的な緩さを感じさせるルーズなリフの裏でけたたましいブラストビートが炸裂するコーラス(?)がとてもキャッチーです。
#7は小躍りするような単音リフで軽快にかっ飛ばし、ブラスティングでやかましさをプラスしていくグラインドコアナンバー。タイトルが「さやか」だけど、歌詞を見る限り多分あのアニメのアレだと思う。「おぎやはぎのメガネびいき」の影響で僕でも見たことあるあの超有名なやつ。
乱雑なリフとバタバタのドラミングで荒っぽい爆走をみせる#8。
#9は某黒澤映画のセリフを使ったインタールード。DISCORDANCE AXISの1st『Ulterior』の冒頭でも使ってましたね。
ラストの#10は爆走するイントロから一転、ゴリゴリとカオティックコア気質なミドルテンポにグロウルを合わせ、最後は絶叫と共に突撃力の高い大爆走をみせて終わるグラインドコアナンバー。前曲と同じく『Ulterior』に収録されていた曲のリレコVerですね。

10曲で18分というサッ!!と聴けるアルバムです。
僕が買ったデジパック版(ビニールにはDisc Made In Mexicoって書いてありました)は上記の10曲しか入ってませんが、別のVerだと本編のあとに本作のカラオケVerが収録されたやつもあるそうです。

評価:★★★★☆

IRON MAIDEN 来日決定!!

iron maiden japan tour 2020

IRON MAIDENの来日が決定しました!!

https://www.creativeman.co.jp/artist/2020/05ironmaiden/


横浜
5/19(火) ぴあアリーナMM
5/20(水) ぴあアリーナMM 

大阪
5/22(金) TBA

プレミアムシート: ¥20000 / 指定席: ¥13000



『LEGACY OF THE BEAST TOUR』での来日!!!
つまりそれはどういうことか。
名曲だらけのセットリストということである!!!
恐らく今やってるセットリストとそう変化はないだろうから気になる人は見るといいと思う。
行きたくなると思うから。

しかし平日かー。
有休案件だな。絶対行くけども。

DOWNLOAD FESTIVAL JAPAN 2020 第1弾ラインナップ発表!!

download festival japan 2020 part1

DOWNLOAD FESTIVAL JAPAN 2020の第1弾ラインナップが発表されました。

https://www.downloadfestivaljapan.com/ja/news/1stlineup


・ MY CHEMICAL ROMANCE
・ THE OFFSPRING
・ EVANESCENCE
・ JIMMY EAT WORLD
・ IN FLAMES
・ AT THE GATES



再結成したマイケミがヘッドライナー!!

恐らくメタラーからしたらガッカリなメンツなんでしょう。
ただ、個人的には悪くないメンツだと思います。
MY HCEMICAL ROMANCEもTHE OFFSPRINGも"メタラーが過去に通ってきた"率の高いバンドではないかと思う。
マイケミは30±5歳、オフスプは35±10歳あたりのメタラーが通ってきた人は多いと思う。
というか僕がそうなので。
JIMMY EAT WORLDもオフスプと同じくらいの年齢層で聴いていた人はいるんじゃなかろうか。僕は全然好きになれなかったバンドなんだけどね。

メタラーウケするのはIN FLAMESとAT THE GATESか。
ATGは名盤『Slaughter Of The Soul』を全曲演奏するそうな。
…まぁ単独公演ではあのアルバムの大体の曲を演奏するけど、それを知らない人にとっては良い宣伝材料になると思う。

これで6バンド。
今年も恐らく2ステージ制だろうから残りも5~6バンドってところか。
オーストラリアのメンツだとDEFTONESやCARCASS、TESTAMENT、MINISTRYあたりからいくつか連れてきて欲しいね。
MINISTRYはメッチャ観たい!!!!

TWILIGHT FORCEからDe'Azshが脱退!!

de'azsh twilight force

TWILIGHT FORCEからDe'Azsh(Ds)が脱退しました。

https://ja-jp.facebook.com/twilightforce/posts/2687892194602412?__tn__=K-R


脱退の詳しい理由は明かされていませんが、様々な生活の変化によるものとのこと。
後任にはIsak Olsson(Ds)なる人物が加入すると発表されています。


トワフォの来日決定で喜んでたらDe'Azsh脱退かよ…。
でも声明を読む限りじゃChrileon(Vo)脱退の時と違って今回はかなり友好的な脱退だったみたい。

まぁトワフォのことだから下手な後任は選んでないだろうけど残念です。

TWILIGHT FORCE 来日決定!!

twilight force japan tour 2020

TWILIGHT FORCEの来日が決定しました!!
本ツアーにはGRAILKNIGHTSの帯同も決定しています。


大阪
1/24(金) 梅田amHALL

東京
1/26(日) 新宿BLAZE



新生トワフォ来日!!!
EVPありがとう!!!

Voチェンジがあったとはいえ、新譜がメチャクチャ良かったし東京は休日だしこれはかなり埋まると思うけどなぁ。
メッチャ売れて欲しい!!

KNOCKED LOOSEとSANCTIONの来日が決定!!

knocked loose sanction japan tour 2020

KNOCKED LOOSEとSANCTIONの来日が決定しました。


東京
1/29(水) club asia

名古屋
1/30(木) 3STAR

大阪
1/31(金) BEYOND

横浜
2/1(土) B.B. STREET

東京
2/2(日) 新宿ANTIKNOCK




BLOODAXE FESTIVAL 2019で来日したKNOCKED LOOSEが半年も経たずに再来日!!
今回はSANCTIONもゲストとして帯同するとか最高じゃん。今年Pure Noiseからリリースした1stアルバムが黎明期のメタルコアやカオティックコア要素の強いサウンドで正直こっちも凄く観てみたい。

来年も1月から来日公演が目白押しですなぁ。

SLAUGHTER TO PREVAILとLORNA SHOREの来日が決定!!

slaughter to prevail lorna shore japan tour 2020

SLAUGHTER TO PREVAILとLORNA SHOREの来日が決定しました!!


福岡
1/18(土) EARLY BELIEVERS

大阪
1/19(日) 心斎橋VARON

東京
1/20(月) 渋谷CYCLONE

一般: ¥5900 / VIP: ¥7900



これは凄い組み合わせ。
「来日は無理だろー」なんてデスコアファンの間でも言われていたSLAUGHTER TO PREVAILがまさか来日するとは…。
同じく初来日のLORNA SHOREは元SIGNS OF THE SWARMのCJ McCreery(Vo)が加入した新体制。新旧のSotSのVoが1ヶ月違いで来日するのは因縁めいたものを感じますね。どちらも招聘元は同じですけど。

これは多分東京はソールドアウトすると思う。
天気予報
プロフィール

そのへん

メタルとラジオとユニークをこよなく愛する、そんなブログ。まぁ、楽し・・・かった、よね?
俺、さき行ってっかんな!!

訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

検索
最新記事
アートワークギャラリー
  • EXHUMED / Horror (2019)
  • CULT OF LUNA / A Dawn To Fear (2019)
  • MAYHEM / Daemon (2019)
  • NO ONE KNOWS WHAT THE DEAD THINK / No One Knows What The Dead Think (2019)
  • SUICIDAL ANGELS / Years Of Aggression (2019)
  • AS I LAY DYING / Shaped By Fire (2019)
  • COFFINS / Beyond The Circular Demise (2019)
  • KILLSWITCH ENGAGE / Atonement (2019)
  • SLIPKNOT / We Are Not Your Kind (2019)
  • DESTRUCTION / Born To Perish (2019)
  • EXHORDER / Mourn The Southern Skies (2019)
  • HAMMERFALL / Dominion (2019)
  • DISENTOMB / The Decaying Light (2019)
  • DISILLUSION / The Liberation (2019)
  • SACRED REICH / Awakening (2019)
  • VITRIOL / To Bathe From The Throat Of Cowardice (2019)
  • TURILLI / LIONE RHAPSODY / Zero Gravity (2019)
  • PATHOLOGY / Reborn To Kill (2019)
  • KNOCKED LOOSE / A Different Shade Of Blue (2019)
  • MAJESTICA / Above The Sky (2019)
  • XENTRIX / Bury The Pain (2019)
  • ABNORMALITY / Sociopathic Constructs (2019)
  • FUSION BOMB / Concrete Jungle (2019)
  • BATUSHKA / Hospodi (2019)
  • TWILIGHT FORCE / Dawn Of The Dragonstar (2019)
  • MORTAL SCEPTER / Where Light Suffocates (2019)
  • KRYPTS / Cadaver Circulation (2019)
  • NORTHTALE / Welcome To Paradise (2019)
  • SPIRIT ADRIFT / Divided By Darkness (2019)
  • TOMB MOLD / Planetary Clairvoyance (2019)
  • ENTHRONED / Cold Black Suns (2019)
  • VIRCOLAC / Masque (2019)
  • SAVAGE MESSIAH / Demons (2019)
  • FLESHGOD APOCALYPSE / Veleno (2019)
  • DOWNFALL OF GAIA / Ethic Of Radical Finitude (2019)
  • THY ART IS MURDER / Human Target (2019)
  • DEAD WITCHES / The Final Exorcism (2019)
  • SABLE HILLS / Embers (2019)
  • GUTTURAL SLUG / Plague Of Filth (2019)
  • WAYLANDER / Eriu's Wheel (2019)
  • DESTRAGE / The Chosen One (2019)
  • ABBATH / Outstrider (2019)
  • STORMLORD / Far (2019)
  • FIRESPAWN / Abominate (2019)
  • ENFORCER / Zenith (2019)
  • ORPHEUS OMEGA / Wear Your Sins (2019)
  • MEMORIAM / Requiem For Mankind (2019)
  • SABATON / The Great War (2019)
  • FULL OF HELL / Weeping Choir (2019)
  • AEPHANEMER / Prokopton (2019)
  • SWORN ENEMY / Gamechanger (2019)
  • MAELSTROM AETERNA / Hellweaver (2019)
  • RAVAGER / Thrashletics (2019)
  • EXUMER / Hostile Defiance (2019)
  • EQUIPOISE / Demiurgus (2019)
  • SUHNOPFER / Hic Regnant Borbonii Manes (2019)
  • RENDERED HELPLESS / Suffer, Seraphim (2019)
  • ORGANECTOMY / Existential Disconnect (2019)
  • VLTIMAS / Something Wicked Marches In (2019)
  • OCTOBER TIDE / In Splendor Below (2019)
  • FETID / Steeping Corporeal Mess (2019)
  • SAINT VITUS / Saint Vitus (2019)
  • RAMMSTEIN / Rammstein (2019)
  • PROSTITUTE DISFIGUREMENT / Prostitute Disfigurement (2019)
  • FALLUJAH / Undying Light (2019)
  • DEATH ANGEL Humanicide (2019)
  • YEAR OF THE KNIFE / Ultimate Aggression (2019)
  • GLORYHAMMER / Legends From Beyond The Galactic Terrorvortex (2019)
  • BLACK MASS / Warlust (2019)
  • AMON AMARTH / Berserker (2019)
  • FROZEN CROWN / Crowned In Frost (2019)
  • SAOR / Forgotten Paths (2019)
  • MALEVOLENT CREATION / The 13th Beast (2019)
  • ATLAS PAIN / Tales Of A Pathfinder (2019)
  • DEATHSPELL OMEGA / The Furnaces Of Palingenesia (2019)
  • NOISEM / Cease To Exist (2019)
  • RHAPSODY OF FIRE / The Eighth Mountain (2019)
  • WHILE SHE SLEEPS / So What?
  • ENTERPRISE EARTH / Luciferous (2019)
  • GRAND MAGUS / Wolf God (2019)
  • ANCIENT BARDS / Origine - The Black Crystal Sword Saga Part 2 (2019)
  • CHILDREN OF BODOM / Hexed (2019)
  • POSSESSED / Revelations Of Oblivion (2019)
  • NUMENOREAN / Adore (2019)
  • BLOODBOUND / Rise Of The Dragon Empire (2019)
  • DARKENED NOCTURN SLAUGHTERCULT / Mardom (2019)
  • FLOTSAM AND JETSAM / The End Of Chaos (2019)
  • VENOM PRISON / Samsara (2019)
  • WHITECHAPEL / The Valley (2019)
  • INSANITY ALERT / 666-Pack (2019)
  • IN FLAMES / I, The Mask (2019)
  • MISERY INDEX / Rituals Of Power (2019)
  • CANDLEMASS / The Door To Doom (2019)
  • BRYMIR / Wings Of Fire (2019)
  • EVERGREY / The Atlantic (2019)
  • OVERKILL / The Wings Of War (2019)
  • NORDJEVEL / Necrogenesis (2019)
  • BLEEDING UTOPIA / Where The Light Comes To Die (2019)
  • BLACK THERAPY / Echoes Of Dying Memories (2019)
  • NIGHTRAGE / Wolf To Man (2019)
  • DEVIL WITHIN / Dark Supremacy (2019)
  • ELUVEITIE / Ategnatos (2019)
  • BATTLE BEAST / No More Hollywood Endings (2019)
  • PISSGRAVE / Posthumous Humilation (2019)
  • SWALLOW THE SUN / When A Shadow Is Forced Into The Light (2019)
  • DUST BOLT / Trapped In Chaos (2019)
  • BEAST IN BLACK / From Hell With Love (2019)
  • LAHMIA / Resilience (2019)
  • FRIENDSHIP / Undercurrent (2019)
  • LEGION OF THE DAMNED / Slaves Of The Shadow Realm (2019)
  • CARNAL FORGE / Gun To Mouth Salvation (2019)
  • BORN OF OSIRIS / The Simulation (2019)
  • HECATE ENTHRONED / Embrace Of The Godless Aeon (2019)
  • SOILWORK / Verkligheten (2019)
  • SERENITY / Lionheart (2017)
  • ORIGIN / Unparallelled Universe (2017)
  • UNDER THE CHURCH / Supernatural Punishment (2017)
  • THROUGH THE EYES OF THE DEAD / Disomus (2017)
  • ENSLAVED / E (2017)
  • AMENRA / Mass VI (2017)
  • OCEANS ATE ALASKA / Hikari (2017)
  • TRIVIUM / The Sin And The Sentence (2017)
  • VEIL OF MAYA / False Idol (2017)
  • INCANTATION / Profane Nexus (2017)
  • GYZE / Northern Hell Song (2017)
  • MUNICIPAL WASTE / Slime And Punishment (2017)
  • PANZER / Fatal Command (2017)
  • NARGAROTH / Era Of Threnody (2017)
  • ENTARTUNG / Baptised Into The Faith Lust (2017)
  • DEMON HUNTER / Outlive (2017)
  • CYHRA / Letters To Myself (2017)
  • TAAKE / Kong Vinter (2017)
  • DER WEG EINER FREIHEIT / Finisterre (2017)
  • SERENITY IN MURDER / The Eclipse (2017)
  • WITHERFALL / Nocturnes And Requiems (2017)
  • FIT FOR AN AUTOPSY / The Great Collapse (2017)
  • KING WOMAN / Created In The Image Of Suffering (2017)
  • THE FACELESS / In Becoming A Ghost (2017)
  • MEMORIAM / For The Fallen (2017)
  • EXARSIS / New War Order (2017)
  • NECROT / Blood Offerings (2017)
  • PALLBEARER / Heartless (2017)
  • DRAGONFORCE / Reaching Into Infinity (2017)
  • WAR OF AGES / Alpha (2017)
  • THE CHARM THE FURY / The Sick, Dumb & Happy (2017)
  • EAGLEHEART / Reverse (2017)
  • THE GREAT OLD ONES / EOD: A Tale Of Dark Legacy (2017)
  • SEPTICFLESH / Codex Omega (2017)
  • OCEANO / Revelation (2017)
  • ALESTORM / No Grave But The Sea (2017)
  • SHATTERED SUN / The Evolution Of Anger (2017)
  • ICED EARTH / Incorruptible (2017)
  • CANNABIS CORPSE / Left Hand Pass (2017)
  • TROLLFEST / Hellvuna (2017)
  • NOCTURNAL RITES / Phoenix (2017)
  • EXHUMED / Death Revenge (2017)
  • OBITUARY / Obituary (2017)
  • ACCEPT / The Rise Of Chaos (2017)
  • SLAUGHTER TO PREVAIL / Misery Sermon (2017)
  • WOLFHEART / Tyhjyys (2017)
  • IN THOUSAND LAKES / Age Of Decay (2017)
  • FORESEEN / Grave Danger (2017)
  • EVOCATION / The Shadow Archetype (2017)
  • SPECTRAL VOICE / Eroded Corridors Of Unbeing (2017)
  • BLOOD FEAST / The Future State Of Wicked (2017)
  • GOATMOON / Stella Polaris (2017)
  • FLESHKILLER / Awaken (2017)
  • ELECTRIC WIZARD / Wizard Bloody Wizard (2017)
  • SEPULTURA / Machine Messiah (2017)
  • CRADLE OF FILTH / Cryptoriana - The Seductiveness Of Decay (2017)
  • ARCHSPIRE / Relentless Mutation (2017)
  • BEAST IN BLACK / Berserker (2017)
  • GAME OVER / Claiming Supremacy (2017)
  • WOLVES IN THE THRONE ROOM / Thrice Woven (2017)
  • SONS OF APOLLO / Psychotic Symphony (2017)
  • HIDEOUS DIVINITY / Adveniens (2017)
  • WHITE DEATH / White Death (2017)
  • WARBRINGER / Woe To The Vanquished (2017)
  • TANKARD / One Foot In The Grave (2017)
  • AUGUST BURNS RED / Phantom Anthem (2017)
  • ARCH ENEMY / Will To Power (2017)
  • BUTCHER BABIES / Lilith (2017)
  • THE BLACK DAHLIA MURDER / Nightbringers (2017)
  • FIREWIND / Immortals (2017)
  • ANNIHILATOR / For The Demented (2017)
  • THY ART IS MURDER / Dear Desolation (2017)
  • BLOODCLOT / Up In Arms (2017)
  • THE LURKING FEAR / Out Of The Voiceless Grave (2017)
  • MORBID ANGEL / Kingdoms Disdained (2017)
  • VALHALORE / Voyarge Into Eternity (2017)
  • ENSIFERUM / Two Paths (2017)
  • CROMONIC / Time (2017)
  • CONVERGE / The Dusk In Us (2017)
  • CANNIBAL CORPSE / Red Before Black (2017)
  • THE MONOLITH DEATHCULT / Versus (2017)
  • CYTOTOXIN / Gammageddon (2017)
  • SIX FEET UNDER / Torment (2017)
  • JOHN FRUM / A Stirring In The Noos
  • SUFFOCATION / ...Of The Dark Light (2017)
  • DYING FETUS / Wrong One To Fuck With (2017)
タグ絞り込み検索
ニュース
  • BENEATH THE MASSACREがCentury Mediaと契約!!
  • TWILIGHT FORCEからDe'Azshが脱退!!
  • CHILDREN OF BODOMからオリジナルメンバーの3人が脱退!!
  • OBSCURAがNuclear Blastと契約!!
  • ARTILLERYのMorten Stützerが死去
  • DECAPITATEDのVoggがMACHINE HEADに加入!!
  • KREATORにFrederic Leclercqが加入!!
  • SAORがSeason Of Mistと契約!!
  • DRAGONFORCEからFrederic Leclercqが脱退!!
  • AS I LAY DYINGがNuclear Blastと契約!!
  • PESTILENCEがAgoniaと契約!!
  • MERCYFUL FATEが再結成!!
  • BLACK CROWN INITIATEがCentury Mediaと契約!!
  • HIGH ON FIREからDes Kenselが脱退!!
  • SACRAMENTUMが再結成!!
  • BENEDICTIONにDave Ingramが復帰!!
  • LAMB OF GODからChris Adlerが脱退!!
  • INSOMNIUMにJani Liimatainenが加入!!
  • INTRONAUTがMetal Bladeと契約!!
  • Andre Matosが死去
  • FIREWINDがAFMと契約!!
  • HELLYEAHにRoy Mayorgaが加入!!
  • MAYHEMがCentury Mediaと契約!!
  • BENEDICTIONからDave Huntが脱退!!
  • THE GATES OF SLUMBERが再結成!!
  • TOXIC HOLOCAUSTがeOne Musicと契約!!
  • ALCESTがNuclear Blastと契約!!
  • DESTRUCTIONがNuclear Blastと契約!!
  • NORTHTALEがNuclear Blastと契約!!
  • SLIPKNOTからChris Fehnが脱退!?
  • XENTRIXがListenableと契約!!
  • CULT OF LUNAがMetal Bladeと契約!!
  • TURILLI/LIONE RHAPSODYがNuclear Blastと契約!!
  • HIDEOUS DIVINITYがCentury Mediaと契約!!
  • DESTRUCTIONにセカンドギタリストが加入!!
  • BORKNAGARからVintersorgが脱退!!
  • ALL THAT REMAINSにJason Richardsonが加入!!
  • WARBEASTのBruce Corbittが逝去
  • AGENT STEELが再結成!!
  • DISMEMBERが再結成!!
  • ENTHRONEDがSeason Of Mistと契約!!
  • WIND ROSEがNapalmと契約!!
  • THE POODLESが解散!!
  • SACRED REICHにDave McClainが復帰!!
  • WOLVES IN THE THRONE ROOMがCentury Mediaと契約!!
  • CANNIBAL CORPSEのPat O'Brienが逮捕!!
  • TURILLI/LIONE RHAPSODY結成!!
  • DEEDS OF FLESHのErik Lindmarkが死去
  • HOUR OF PENANCEがAgoniaと契約!!
  • ACCEPTからPeter Baltesが脱退!!
  • EXHORDERがNuclear Blastと契約!!
  • ALL THAT REMAINSのOli Herbertが死去
  • SWORN ENEMYがM-Theoryと契約!!
  • VISCERAL DISGORGEがAgoniaと契約!!
  • MACHINE HEADからPhil DemmelとDave McClainが脱退!!
  • PRIMAL FEARがNuclear Blastと契約!!
  • CANDLEMASSにJohan Langquistが復帰!!
  • SEPTICFLESHがNuclear Blastと契約!!
  • HUNTRESSのJill Janusが死去
  • CANCERがPeacevilleと契約!!
  • DYNAZTYがAFMと契約!!
  • DESTRUCTIONにRandy Blackが加入!!
  • WHIPLASHがMetal Bladeと契約!!
  • KVELERTAKからErlend Hjelvikが脱退!!
  • EYEHATEGODからBrian Pattonが脱退!!
  • HATEがMetal Bladeと契約!!
  • 元MALEVOLENT CREATIONのBrett Hoffmannが死去
  • Vinnie Paulが死去
  • ABBATHからKing Ov Hellが脱退!!
  • Ralph Santollaが死去
  • AS I LAY DYINGが活動再開!!
  • TWILIGHT FORCEにAlessandro Contiが加入!!
  • KILLSWITCH ENGAGEがMetal Bladeと契約!!
  • ASSASSINがMassacreと契約!!
  • DEW-SCENTEDが解散!!
  • FIT FOR AN AUTOPSYがNuclear Blast Entertainmentと契約!!
  • UNLEASHEDがNapalmと契約!!
  • EVILEにOl Drakeが復帰!!
  • BLEEDING THROUGHが再結成!!
  • VOMITORYが再結成!!
  • NECROPHAGIAのKilljoyが死去
  • UNEARTHがCentury Mediaと契約!!
  • SEVEN SISTERS OF SLEEPが解散!!
  • SUFFOCATIONからFrank Mullenが脱退!!
  • CARCASSからBen Ashが脱退!!
  • ARSISがAgoniaと契約!!
  • ATHEISTがAgoniaと契約!!
  • UNANIMATEDがCentury Mediaと契約!!
  • FULL OF HELLがRelapseと契約!!
  • JUDAS PRIESTのGlenn Tiptonがツアー活動から離脱
  • Zeno Roth死去
  • SACRED REICHがMetal Bladeと契約!!
  • SODOMにFrank Blackfireが復帰!!
  • DESTRUCTIONからVaaverが脱退!!
  • SLAYERがファイナルツアーを発表!!
  • BETWEEN THE BURIED AND MEがSumerianと契約!!
  • SODOMからBernemannとMakkaが脱退!!
  • ENSIFERUMからNetta Skogが脱退!!
  • Warrel Daneが死去
  • CYNICからSean Reinertが脱退!!
  • DREAM THAETERがSony Music / Inside Out Musicと契約!!
  • HIBRIAからAbel Camargo以外のメンバーが全員脱退!!
  • BULLET FOR MY VALENTINEからMichael "Moose" Thomasが脱退!!
  • MALEVOLENT CREATIONが新たなラインナップを発表!!
  • THE CROWNがMetal Bladeと契約!!
  • AC/DCのMalcolm Youngが死去
  • EXHORDERが再結成!!
  • GLORIOR BELLIがSeason Of Mistと契約!!
  • PILGRIMのJon Rossiが死去
  • DERDIANにIvan Gianniniが復帰!!
  • CELTIC FROSTのMartin E. Ainが死去
  • FLESHGOD APOCALYPSEからTommaso Riccardiが脱退!!
  • TWILIGHT FORCEからChrileonが脱退!!
  • RIOTがNuclear Blastと契約!!
  • LIGHT THIS CITYが再結成!!
  • ABYSMAL DAWNがSeason Of Mistと契約!!
  • XANDRIAからDianne Van Giersbergenが脱退!!
  • SKELETAL REMAINSがCentury Mediaと契約!!
  • AT THE GATESの新Gtが決定!!
  • BEAST IN BLACKがNuclear Blastと契約!!
  • TRAP THEMが解散!!
  • SAVAGE MESSIAHがCentury Mediaと契約!!
  • Mike Portnoyが新バンドを結成!!
  • SPAWN OF POSSESSIONが解散!!
  • PERIPHERYからAdam "Nolly" Getgoodが脱退!!
  • VATTNET VISKARがVATTNETに改名!
  • DEVIL YOU KNOWがLIGHT THE TORCHに改名!!
  • LINKIN PARKのChester Benningtonが死去
  • FALLUJAHからAlex Hofmannが脱退!!
  • AMARANTHEにDYNAZTYのNils Molinが加入!!
  • NOCTURNAL RITESがAFMと契約!!
  • CHIMAIRAが再結成!!
  • SOUNDGARDENのChris Cornellが死去
  • TEXTURESが解散!
  • DAGOBAがCentury Mediaと契約!!
  • POSSESSEDがNuclear Blastと契約!!
  • SATYRICONがNapalmと契約!!
  • OVERKILLにJason Bittnerが加入!!
  • KRAANIUMのMartin Funderudが死去
  • SOILWORKの新ドラマーが決定!!
  • DEAD TO FALLが再結成
  • HAIL OF BULLETSが解散!!
  • AT THE GATESからAnders Björlerが脱退!!
  • SIX FEET UNDERにJack Owenが加入!!
  • 1349がSeason Of Mistと契約!!
  • MY DYING BRIDEがNuclear Blastと契約!!
  • NILEからDallas Toler-Wadeが脱退!!
  • AMARANTHEからJake Eが脱退!
  • VENOM INC.がNuclear Blastと契約!!
  • John Wettonが死去
  • NE OBLIVISCARISからBrendan "Cygnus" Brownが脱退!!
  • IRON MONKEYが再結成!!
  • THY ART IS MURDERにCJ McMahonが復帰!!
  • TRIVIUMからPaul Wandtkeが脱退!
  • MORBID ANGELのニュードラマーが決定!!
  • VEKTORからDavid DiSanto以外のメンバーが全員脱退!!
  • CIVIL WARからNils Patrik Johanssonが脱退!!
  • ENSLAVEDからHerbrand Larsenが脱退!!
  • IN FLAMESからPeter Iwersが脱退!!
  • RHAPSODYがオリジナルメンバーによるフェアウェルツアーを発表!!
  • DEICIDEからJack Owenが脱退!!
  • HELLOWEENがMichael KiskeとKai Hansenと共にワールドツアーを行うことを発表!!
  • RHAPSODY OF FIREの新Voが決定!!
  • ALKALOIDがSeason Of Mistと契約!!
  • MISERY SIGNALSがオリジナルラインナップで再編成
  • AMON AMARTHのニュードラマーが決定!!
  • RHAPSODY OF FIREからFabio Lioneが脱退!!
  • A CANOROUS QUINTETが再結成!!
  • IN FLAMESのニュードラマーが決定!!
  • BOLT THROWERが解散!!
  • SABATONにTommy Johanssonが加入!!
  • EMPERORが2017年に再結成!!
  • THE DILLINGER ESCAPE PLANが解散!?
  • MORBID ANGELがUDR Musicと契約!!
  • TERRORIZERがThe Endと契約!!
  • MEGADETHにDirk Verbeurenが加入!!
  • EVILDEADが再結成!!
  • WARBRINGERがNapalmと契約!!
  • IN FLAMESがNuclear Blastと契約!!
  • OPETHがNuclear Blastと契約!!
コメント
月別アーカイブ
アドレス

nonbiri.lml@gmail.com
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター

    みんな、ありがとな~!
    • 累計:

    ご意見、感想、パネェ質問
    • ライブドアブログ