palace for the insane shrapnel
SHRAPNEL / Palace For The Insane (2020)

1. Might Of Cygnus
2. Salt The Earth
3. Vultures Circle
4. Cannibal
5. Begin Again
6. Bury Me Alive
7. Turn Off The Lights
8. Infernal Choir
9. The Mace
10. Violent Now, Forever
11. Future Sight
12. Palace For The Insane

SHRAPNELの3年振り、通算3枚目のアルバム。
Candlelight Recordsからのリリース。

UK出身のスラッシュメタルバンドです。
前作リリース後、VoとBa、Dsが脱退。バンドはVo兼Baを加え、オリジナルメンバーのDsが復帰した4人組編成になっています。
このバンドをここで紹介するのは初めて。
Candlelight所属になった前作で知り、後追いで1stを聴きました。
サウンドはモダン要素強めのスラッシュメタル。
ガリガリジャキジャキと無機質に硬い刻みや挑発的な吐き捨てをカッチリしたドラミングとユニゾンさせて切れ味鋭く聴かせるタイプでスペインのANGELUS APATRIDAあたりに近い印象でした。それでいて良かった頃のHAVOKみたいな突撃精神も持ち合わせており、非常に優秀な若手スラッシャーだと思いました。
で、本作は2人のGtを残して大幅なメンバーチェンジが敢行しているため、どういった変化が起きているかが気になる点だったんですが、大きな路線変更は起きてないです。
が、今までとは異なる部分がいくらかありますし、内容的には前2作に及ばないかなというのが正直なところ。
楽曲は全体的にスピードダウン。1stが最もファストで2ndでちょこっとスピードダウンして本作3rdでさらにスピードダウンした形です。そしてそのスピードダウンしたスロー/ミドルテンポの曲があまり面白くない。そういった遅い曲ではダークなメロディの導入が大々的に行われているんだけど、そのせいで無駄にかったるい雰囲気になってしまってる。ザクザクと疾走する曲は格好良いのに遅い曲でテンションがダダ下がるから凄くもどかしいです。
Voの交代もサウンドの違いとして表われてます。前任者がDESTRUCTIONのSchmier(Vo,Ba)とSODOMのTom Angelripper(Vo,Ba)をミックスさせた感じの荒い吐き捨てで疾走感煽っていくタイプだったのに対し、新VoはSUICIDAL ANGELSのNick(Vo,Gt)のような妖しさを滲ませた吐き捨てを得意とするタイプでVoワークの激しさは大きくダウンしています。個人的には前任者の鋭くキレた吐き捨てのほうが勢いを感じて好きなんですが、現Voは吐き捨てだけでなく積極的にメロディを追うことも出来るタイプなのでVoラインに幅が出たとは思います。まぁ野暮ったい歌メロだらけで上手く活用出来ている気はしないんですけどね。

HAVOK的なキレたイントロ 〜 SUICIDAL ANGELSのような邪悪な単音の刻み疾走し、テンポダウンしたコーラスは朗々としたVoと共に不穏なメロディをじっくりと漂わせる#1。
ギターノイズのフェードインからバスドラ連打のザクザクのグルーヴへ展開するイントロ 〜 タメたスロー/ミドルテンポに重々しい刻みとリズミックな怒号を加えて行進する#2。
イントロのドラムロールで期待感を高めてベイエリア的なザクザクのミドルテンポに落ち着く#3。
#4はゴリゴリに刻むスローテンポのヴァースから妖艶なオブリを配したブリッジを抜けて、コーラスは邪悪なメロディで疾走するモダンスラッシュナンバー。
切なげなピアノの導入 〜 ノロマなヘヴィリフを刻む湿っぽい演奏に大味な歌メロを乗せた#5。
#6はテンポの良いメロディを盛り込んだ刻みで勢いのある疾走をみせるスラッシュナンバー。HAVOK的な重たい鋭さが格好良い曲。
バスドラを活かしたリズミックに跳ねるミドル/アップテンポにパワー/スラッシュ的な明るい刻みを組み込んだ#7。
#8はSLAYERタイプの猛烈な刻みで疾走するスラッシュナンバー。
#9はDESTRUCTIONっぽく捻れたフレーズをガリガリ刻んで疾走するスラッシュナンバー。
湿ったアルペジオで幕を開ける#10はひたすら刻むミドルテンポのヴァースからメインVoがバッキングVoの怒号と掛け合うアップテンポのブリッジを抜け、ドロッとしたスローなコーラスへ展開するWARBRINGER風の曲。
歌えるVoが重苦しい演奏に乗っかったスロー/ミドルテンポの#11。
ラストの#12はHAVOKタイプの鋭い疾走が気持ち良いスラッシュナンバー。

速い曲は良いのに速くない曲がそうでもないというスラッシュでよくあるタイプのアルバムです。
僕は本作をバンドのHPから直接買ったのですが、一緒に買った2019年のEPのほうが格好良かったです。

評価:★★★