自立を支援する社会保険労務士天野初音@愛知県豊田市

がん患者さんの就労支援インディペンデント始まりました。豊田市市民活動団体平成29年1月登録です。  

カテゴリ: がん就労支援

仙台土産

  週末、二泊三日で仙台へ両立支援コーディネーター基礎研修に行ってきました。研修後は仙台の社労士さんが食事会をセットしてくださり、ほぼ初対面の人々計6人で…と書き続けてしまうとと本題に入れなくなってしまうので、その時オススメの仙台土産を教えてもらいました。

改めて 治療と仕事の両立は みんなで考える問題

 日曜日は、私達の団体「がん患者さんの就労支援インディペンデント」主催の就労セミナーの日でした。講師は、30歳という若さのがん患者さん山本翔太さん。彼の置かれている状況はとても厳しく、どう厳しいかをここに書こうか日曜日から何度もトライしていますが、私が書く

10月7日 山本翔太さんをお招きしての就労セミナー

 10月7日(日)13:30~16:30とよた市民活動センター会議室にてがん就労セミナーを開催します。当初は、豊橋創造大学の大野裕美先生とのコラボでタナトロジーカフェと一緒に開催する予定だったのですが、先生のご都合が悪くなりキャンセルの連絡が・・・このセミナーは大野

インディペンデント通信第5号完成しました。

 インディペンデント通信第5号ができました。今回は新しく始まる季節にちなみ「仕事を探して働く」を意識して作りました。日本一わかりやすい労働法や社会保障制度の記事を目標に一年、当初の目的の3か月に1度の発行を達成することができました。最初は1000部から始

  お正月も2日目。今年は何をしようかなぁと考えるにはもってこいの日。私は「不言実行」で参ります。   去年、がん患者さんの就労支援事業を始めて、一番感じたのは、考えることとやってみるのとでは全く違うということ。そして、やってみなければわからないことば

インディペンデント通信第4号

  ようやくインディペンデント通信第4号ができあがりました。せっかくの新年号、年に一度は写真を入れた方がいいと言われ、人物写真家KOZOさんに撮っていただいた写真を第1面に。  印刷が出来上がったかと思ったら、ミスを発見し、シールを2000枚作り、カッターで

  久々の更新です。 インディペンデント通信第4号の印刷が出来上がりました。早速ある会社に持って行きました。たまたま有期契約労働者の無期転換について聞かれたので、この通信の1ページ目の特集記事を見せながら説明しようと取り出したところ、あれれ、図の矢印が一個無

↑このページのトップヘ