HRDidee

日々の作業、商品のご案内など

DSC00508


フェラーリ360モデナのオイル漏れの点検です。

まず、エンジンルーム内から確認するとアンダーパネル上にオイルの漏れ跡とヘッドのガスケットなどの滲みも確認できます。
DSC00497

リフトアップして下部から確認すると、おそらくタイミングベルトの交換時にうまく組み立てが出来なかったと推測します。

ミッションなどからはオイル漏れはありませんでしたので、今回はエンジンオイルの漏れた(滲み出た)跡でした。

ここで、普通ならカムカバー、フロントカバーなどすべて取り外して新品のガスケット、パッキン類に交換する為、専門店ではおそらく100万円コースです。

HRDでは、もちろん同様な作業をリーズナブルに行う事も出来ますが、オーナー様の負担を最小限にする為に、魔法の添加剤を使用して様子を見る事にします。
本来添加剤の類は嫌いですが、良い物は良いので例外もありです。
何しろエンジンオイル量は8.5~9L使用するので、今回は2本注入で様子を見させていただきます。
DSC00517

経験上、この程度ならピタッと止まり、さらに漏れにくくなるので、漏れてい無い車両にこそお勧めです。


これだけやって、5万円でお釣りがくるって、リーズナブルでしょ〜!

ただ入れるだけなら15000円から

古いフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェには超お勧めです。

常時在庫ありなので、思い立ったらいつでもどうぞ。

IMG_4726


日産純正!
正真正銘本物の箱スカGTR用エンブレム常時在庫有りです。

廃盤!激レア!

32GTR,33GTR,34GTR,35GTRなどにも装着すると良いですね。

32に装着するとこうなります。
DSC00414


GT-R以外にお乗りの方もぜひアクセントに、レアアイテムとしてインテリアの一部にいかがですか?
気分はレーシングカーです。

DSC00426DSC00433

DSC00464
DSC00468

最も一般的なタイプのロックナット、2台分の取り外し作業です。
ご覧のように、ホイールは無傷で取り外し完了。


このメーカーのロックナットがなぜ緩まなくなってしまうのか?

下記画像で見比べて頂くと理由の一つが判ります。

まずよくあるタイプのナット
DSC00471

酷使しているのでややサビなど出てはおりますが特に何も問題はありません。
テーパー部分の痛みもほぼ無く綺麗な状態を維持しています。

次に
問題のロックナット
DSC00466

比較的新しいのでダメージはありませんが、問題はホイールと接触するテーパー部分
接触部分に軽度な焼きつき(固着)が見て取れます。
さらに、テーパー部分とテーパーがない部分のちょうど中間部分で接触しているようです。
これは制作上の問題があると推測出来ます。

ソケット部の強度不足はさておき、これでは食いつきが起こってしまっても仕方無いですね。

ナットは精度もきちんとしていて、強度のあるものを選びたいですね。


rsd430aero001


RSD430scuderia_aero001


RSD360Ftype2001


RSD360CS001


RSD355frontT2004


各種フェラーリ専用ボディーパーツRSDブランドの取り扱いを開始いたしました。
〜サーキットにて切替氏がテストし制作したタイムアップの為の製品です〜



当社のボディーファクトリーは、各モータショー出品車輌を手掛けるなど、熟練の職人が丁寧に仕上げますので、一般的な板金屋さんとは仕上がり&フィッティングが全く違います。

ぜひ、お求めの際は、当社にて塗装・お取り付けをお願いします。


ただいま、取り扱い開始に伴いまして、8月末日までにご商談を頂きました方にはスペシャルプライスにて商品及び塗装、取り付けを行わせていただきます。

詳しくは、HRD info@hrd.bzまたは、048−927−1100までお問い合わせください。

IMG_4967


IMG_4966

BBi
子供の頃憧れた一台

IMG_4969

DBS
英国車らしく気品を感じる一台




このようなめったに出会う事の出来ないエキサイティングなスーパーマシン

当然プライスも一級品だが

繊細が故のトラブルも少なくは無いでしょう

常人には扱いづらい部分もあるでしょう

HRDでは、これら高級スポーツカーをPROのチューナー目線で厳しくチェックし、確実な整備を施し本来の癖は過去のモノとし、扱いやすく、壊れにくく味付けをし、みなさまへお届けいたします。

円安の今
海外に流出する事態が発生中。



今しかない

手に入れるのは何方?

IMG_4874


HRDで最も多いエンジンは言わずと知れたRB26です。

チューニングしてハイパワー化されたエンジンばかりです。
こんなエンジンの分解時最初の難関が、クランクシャフト先端の焼きつきです。

今回のエンジンはv-CAMとT88シングルターボにNOSといった仕様。
これは間違いなくプーリーとベルトのスプロケットは焼きついて外すのに一苦労するのは必至ですね。
ノーマルならプラハンでコンコンやりながら引っ張れば大抵は外れる簡単な作業で終了するので、時間にして1分位のところ、焼きついていた場合は、注意しながら、壊さないように抜いていくのでへたすると30分位格闘する事もあります。

覚悟を決めプーラーをかける

恐る恐る締め上げる

と、

なんとスルスルっと外れてしまい難なく終了です。

良かった良かった

このエンジン遅かったもんなぁ〜・・・、幾ら払ったんだろうこのエンジンに・・、と心の中で呟いていたのは言うまでもありません。


ちなみにうちで組んだエンジンでは無いので悪しからず。


と言うわけで、

HRDオリジナルクランクプーリーワッシャーのご紹介!!

DSC00308


これを使えば、1000馬力のエンジンでも焼きつきはほぼ起きません。

純正の他、ATIプーリーにもボルトオン装着可能です。

車載状態でも取り付け可能ですので、ぜひ転ばに先の杖としてご利用ください。

価格は、13800円(税別)です。




IMG_4833 2


昔、ほぼ自分用に作ったECUセッティング用のコントローラーですが、Windows8、10の64bIT用に新たに制作いたしました。

今回は、シャレでおっさん達に懐かし〜い任天堂ファミリーコンピューターのコントローラータイプで
す。

これで、一人運転+現車あわせも捗ります!!

タブレットPCにも対応してるので、画面タッチとコントローラーのセッティングでさらに時短化

気が向いたら動画のUPをしますのでご期待ください。

価格は決めてませんが、いくら位で欲しいアイテムかな〜?


ちなみに僕は、これがないとセッティングする気になりません。

DSC00424


お客様のご依頼により、F01系BMWのリアブレーキをブレンボに交換作業中です。
この車両は、最近主流になりつつある電動パーキングの一体キャリパーがリアに採用されているため、
リアのブレーキキット設定がありませんでしたが、HRDでは、電動パーキングを生かしつつ、ブレンボの対向ピストンキャリパーと大径の2ピースディスク化を可能といたしました。

今回は、純正キャリパーを加工し、ブレンボとのツインキャリパーの設定ですが、純正は鈍いメッキ加工がなされているため、高級感を出すために結晶塗装を行いました。

次回、完成取り付け例をご紹介出来ると思います。

乞うご期待!!

IMG_4808


7月8日に発売になったGERMAN CARS に当社HRDの記事が掲載されました。

ブレンボブレーキシステムの事が中心の内容となっておりますので、ご興味のある方は是非ご購入頂けましたら幸いです。

全国書店にて、税込価格1000円です。

12v jump starter


超小型のバッテリブースターを初回のみ特価でご紹介いたします。

排気量UPのエンジンのジャンパー

オークション会場などでのバッテリ上がりの車の下見などにも便利です。



今回限り、29800円(税込)にてご予約販売受付中

製品の特徴
1. 超小型、大容量18000mah、最大電流600Aのハイパワー
2. 12Vデイーゼル車・ガソリン自動車のバッテリー上がりに対応
3. 多機能でノートパソコンや車載家電に電源供給可能
4. USB×2で携帯電話など2台同時に充電可能
5. スマートジャンパーを搭載している為、+と−の間違え接続で電源遮断
6. 国内家庭充電器PSE対応

※24000mAh12V・24V大型トラック対応の小型製品もご用意しております。

このページのトップヘ