HRDidee

日々の作業、商品のご案内など

DSC04674


今回は、先日当社より車両をご購入下さいましたお客様が、もう一台別にお持ちのお車をご入庫していただきました。

車検と各部のメンテナンスという事でしたが、当日エンジンがかからなくなってしまい積載車に積んで不動の状態での入庫です。

年式を考えると比較的きれいなお車ですので、調子が悪いのは非常に残念です。

お話をお聞きすると、今まで通っていたショップ様で最近不信感を抱き事が続き、行かなくなってしまったとの事。

私の見立てでは、この車両はチューナーのスキル不足である事は一目瞭然です。
当社に入庫したからには、見違えるような調子の良い車に蘇らせてお返ししましょう!

DSC04677


エンジンがかからないので、お客様からお話を伺った話からもプラグがかぶってしまっている事はほぼ間違いないので、先ずはプラグ交換をして動くようにします。

プラグを外すと、規格に合わないプラグが装着されておりますのでこれでは失火の原因になります。

基本的にはコンピューターのセッティングが原因である事もほぼ間違い無いので、これは後日改善しましょう。

ついでですが、エアインテークのバンドが締まっていないのでこっそり直しておきましょう。

バッテリも2年経過という事でしたし、グレードの低い物が付いていたので、エンジンマネージメントの事を考えるとここで新品に交換した方が良さそうです。

プラグを交換したら一応やや不調ながらもエンジン始動に成功し、少し動かすと、ブレーキが全くといっても良いほど効きません。

韓国製の模造ディスクが着いているのが気になりますが、それよりもキャリパーのシールが硬化して正常に作動していないようです。
最低でもキャリパー要オーバーホールです。

今日はここまで


今回は、ポルシェカイエンの車検と修理です。

p2


画像で判ると思いますが、一番上はエアバックの警告灯が点灯してしまっています。
二番目は、専用テスターとお客様にお渡しする修理結果のプリントアウトした物です。
三番目は、無事警告灯の消去と共に異常を修復です。

一般の修理やさんではお持ちでないスーパーカー対応のスキャナー(故障診断テスター)ですが、HRDでは、ポルシェはもちろんフェラーリ・ランボルギーニ・マセラティなどなど外国車の中でも特殊なプレミアムカーであってもほぼ全車診断・調整・修理が可能です。
どんなお車も全てHRDにお任せください。

p1

そしてこちらは、比較的地味な作業ですがリアゲートダンパーの交換作業です。

車検と合わせてのご依頼でした。

これら作業はもちろん全てポルシェディーラーで出来ますが、金額が全然違います!

もちろんHRDにご依頼頂けましたら、きっと浮いたお金でiPad位は買えちゃいますね。

DSC04655


最近ご依頼の多いブレーキキャリパーのピストンワンオフ製作です。

今回は、SUBARU 純正ブレンボ キャリパーの1個のみ製作です。

このように1個から喜んで製作承ります。

製作事例として

チタンクーリングチャンネル(キャップ)の追加や

ノックバックスプリング仕様(ピストンの裏側に専用のスプリングを入れ初期から安定したブレーキングが可能になります)に変更など

様々なご要望にお応えいたします。

旧車やレーシングカーのパーツ製作からサポートまで

HRDにご相談ください。

DSC04606


発売開始より大変ご好評をいただいておりますGRX130系のECU書き換えチューニングです。

今回は噂を聞きつけ遠方よりご来店頂きました。

2.5L,2.5LG'z用も現在開発中です。

近日先行特別販売開始いたしますので、お待ちのお客様はたのしみにお待ち下さい。

DSC04599


今回のロックナット取り外し依頼は

なんとハブボルトの先と同じ位の位置で綺麗に折れてしまっていて、ほぼ表面に出ている部分が無くなってしまい、さらには細く深いナットホールのホイールの組み合わせです。

お客様によると、タイヤショップでハイトルクで締め付けて折れてしまったのではとの事です。
つまりは、折れてなくても取り外しは非常に困難な状態という事が言えます。

過去の作業事例では外す事はほぼ不可能!

ホイールを壊せば外せるでしょうが、それで意味がありません。

HRDでは、このような場合もご覧のようにホイールにも傷が付かないように取り外しが可能です。
DSC04616


56


R35GTーRのユーザーには朗報です!!

なんと、限定で高価なトラスト製チューニングパーツをこっそり今だけ大特価販売いたします。

☆ターボセット(ターボキット+インタークーラーキット)
 TD06SH-20GTWIN
 SPEC−R HG TYPE29インタークーラーキット
 定価¥1350000のところ→¥970000

☆M/Tセット(DCTオイルクーラーキット+DCTオイルパン) 
 定価¥290000のところ→¥220000 

☆インテークセット(RXサージタンク+サージタンクパイピングセット)
 定価¥338000のところ→¥265000

☆インタークーラーセット(インタークーラーキット TYPE6ツイン+サクションキットTYPE2セット)
 定価¥435000のところ→¥310000

☆インタークーラーセット2(インタークーラーキット TYPE29ツイン+サクションキットTYPE2セット)
 定価¥485000のところ→¥360000    
                              全て税別価格

各限定数量1〜2セットです!

お早めにお求めください。

さらに複数組み合わせでお求めの方にはさらにサービスします!!

低金利ローン受付中!

全国通販も可能です。

DSC04326


DSC04330


DSC04332


以前の記事でご紹介した他車用の持ち込みブレーキ部品を取り付けです。

ブラケットとホースのみワンオフ製作、ベルハウジングは純正より厚く出来ていたので、薄く加工いたしましたので、クリアランスの無いホイールでしたので、装着前よりもごくわずかですが内側にオフセットする事が出来ました。

DSC04307


今回は、他店にてエンジン載せ替えをしたお車の各部見直し、修理&チューニングです。

入庫時より気になっていた排気漏れの音の原因が見つかりました。
EXマニ取り付けナットの最後部が着いておりません。

また、エアコンホースが純正の取り回しと遮熱チューブのままなので、EXマニと非常に近く、このままではあまり永くは保たないでしょう。
さらに、排水ホースもフロントパイプと接触している為に穴が空いてしまっておりました。
このあたりは、エンジンを載せる前に対処しておかなくてはなりません。

まだまだ何か見つかりそうな予感・・・


次回に続く

フォルクスワーゲングループの車両全般に言える事ですが、毎日乗らないような車両は、ガソリンタンクのガソリンを満タンに維持をしていても、なぜかフューエルポンプが頻繁に壊れます。

純正のフューエルポンプですが、なぜ壊れやすいのかポンプを分解して検証してみました。

すると、コアのブラシ接触する部分が腐食して異物が出来てしまっています。
これが肥大化するとブラシに当たってしまい回転を妨げてしますようです。
DSC04292

まるで、人の胆石に似た病気みたいなものですね。

削り落として元のように組み上げると正常に回転するようになりました。

しかし、このまま組み上げても、また新品を組み上げても近いうちに同じ状況になってしまう事も容易に予想されます。

実は今回の車両、この前にも新品に交換しておよそ2年ほどで同じ状況になってしまいました。

これでは、たまったもんじゃありません。

そこで、壊れにくく、静音性にも優れ、吐出量も十分確保でき、そして安価な国産のポンプを流用する事にしました。

中身は全く違いますが、組み上げれば見た目もほぼ同じです。
DSC04294

メルセデスやBMW、フェラーリなども同じようなパーツ構成なので、壊れた方は、新品交換をせず、HRDで改良ポンプをお試しください。

単なる修理屋さんではないので、当然パワーUPに対応するための大容量化も可能です。
目標馬力を教えていただければ見合ったポンプを組み込みます。

純正を送っていただければ改造して返送いたします。

このページのトップヘ