HRDidee

日々の作業、商品のご案内など

DSC04326


DSC04330


DSC04332


以前の記事でご紹介した他車用の持ち込みブレーキ部品を取り付けです。

ブラケットとホースのみワンオフ製作、ベルハウジングは純正より厚く出来ていたので、薄く加工いたしましたので、クリアランスの無いホイールでしたので、装着前よりもごくわずかですが内側にオフセットする事が出来ました。

DSC04307


今回は、他店にてエンジン載せ替えをしたお車の各部見直し、修理&チューニングです。

入庫時より気になっていた排気漏れの音の原因が見つかりました。
EXマニ取り付けナットの最後部が着いておりません。

また、エアコンホースが純正の取り回しと遮熱チューブのままなので、EXマニと非常に近く、このままではあまり永くは保たないでしょう。
さらに、排水ホースもフロントパイプと接触している為に穴が空いてしまっておりました。
このあたりは、エンジンを載せる前に対処しておかなくてはなりません。

まだまだ何か見つかりそうな予感・・・


次回に続く

フォルクスワーゲングループの車両全般に言える事ですが、毎日乗らないような車両は、ガソリンタンクのガソリンを満タンに維持をしていても、なぜかフューエルポンプが頻繁に壊れます。

純正のフューエルポンプですが、なぜ壊れやすいのかポンプを分解して検証してみました。

すると、コアのブラシ接触する部分が腐食して異物が出来てしまっています。
これが肥大化するとブラシに当たってしまい回転を妨げてしますようです。
DSC04292

まるで、人の胆石に似た病気みたいなものですね。

削り落として元のように組み上げると正常に回転するようになりました。

しかし、このまま組み上げても、また新品を組み上げても近いうちに同じ状況になってしまう事も容易に予想されます。

実は今回の車両、この前にも新品に交換しておよそ2年ほどで同じ状況になってしまいました。

これでは、たまったもんじゃありません。

そこで、壊れにくく、静音性にも優れ、吐出量も十分確保でき、そして安価な国産のポンプを流用する事にしました。

中身は全く違いますが、組み上げれば見た目もほぼ同じです。
DSC04294

メルセデスやBMW、フェラーリなども同じようなパーツ構成なので、壊れた方は、新品交換をせず、HRDで改良ポンプをお試しください。

単なる修理屋さんではないので、当然パワーUPに対応するための大容量化も可能です。
目標馬力を教えていただければ見合ったポンプを組み込みます。

純正を送っていただければ改造して返送いたします。

DSC04284

純正ピストン

DSC04286

ワンオフ製作品

通常、市販のブレンボキャリパーはピストン等が傷んだらキャリパーごと交換なので、細かいオーバーホール部品は設定がありません。

こんな時もHRDにご相談頂けましたら対応可能です。

IMG_3114


DSC03195


ハコスカGT-Rを以前よりレストアしておりますが、意外に状態が良くないためほぼ全てに手が入る事になっております。

純正部品がほぼ市場には無く、コピー品か程度の良い中古、または修理で補うしかありません。

このお車は、オーナー様の意向により極力オリジナルでという事で作業中です。

サビだらけ、凸凹だらけのパネルもご覧の通り綺麗に修復中です。

DSC04276


DSC04275


HRDでは比較的珍しいシルビアのご入庫です。

このお車は1年以上前に他店でチューニングをされた後に、当社にリセッティングをさせていただきましたが、今回サーキットにて走行の際に、高回転で息付きが起こるというので、点検をする事になり今回のお預かりです。
僕のセッティングではデータ上の原因はまずあり得ないので、これまで無点検だった事を考えるとプラグが一番怪しいかと・・・

しかし、お預かりしてすぐに解った事は、なんともつまらない答えでした。

単なるブーストのオーバーシュートにより、もしものために設定しておいたコンピュータ内のブーストリミッターのおかげでした。
なにかの理由により設定時よりも少し高めになっていたようです。
リミッターを上げて対応する事も可能ですが、お客様がより耐久性を重視するという事でブーストを下げる事で対策です。

エンジンのコンディションも一通り点検し、良い状態を維持している事を確認。

オイル関係もお好みに合わせた物をチョイスし、絶好調!!

次は排気量UPで低速トルクもUP!

といきたいものですね。

DSC04272


DSC04273


ちょっと前のブログでご紹介したエアコンコンデンサーのパーツ違いの記事がありましたが・・

ほ〜れこの通り!!

合体作戦により見事完成です。

当然ながら圧力テストも行ったので完璧です。

_DSC4257

またしても、パーツ持ち込みにてブレーキキット製作のご依頼です。

今回は、新型エルグランドにGTRのキャリパーとメーカーはわかりませんが400パイのディスクを装着するためのブラケットとベルハウジング、ブレーキホースの製作依頼です。
お客様は遠方の方でしたので、お車はそのままお乗り頂いて、完成したらお手元にお届けし、お取り付けもお客様の方で行う事が可能です。

E52系はデータがあるので、ナックル等のパーツは不要になりお客様のご負担も軽減されました。

HRDでは数百種類の蓄積された車両データから、現車が無くてもあなただけのワンオフブレーキシステムが製作可能できます。

_DSC4258


今回は、はるばる三重県からお越し頂きましたBMWの純正ロックナット取り外しです。

一般的には、ホイールを壊すか、足回りごと取り外してからハブ部分を破壊して外す他には取り外し不可能と言われているスピンシュラウドタイプのロックナット(ここではヨーロッパ車ですのでロックボルト)です。
通常は、純正ホイールに純正ロックボルトの組み合わせの場合、比較的容易に取り外しが出来ます。

しかし、今回のロックボルトはものすごく硬く締まっており、当然のごとくテーパー部が焼きつきを起こしさらに強固に固着していました。

以外に手こずりましたが、もちろん取り外し完了です。
_DSC4265

このページのトップヘ