HRDidee

日々の作業、商品のご案内など

DSC00071


ヨーロッパ車の部品は、国産車に比べやはり高めな価格がほとんどです。

そこで、今回のケース

ショックアブソーバーのオイル漏れによる交換修理です。

特にスポーツ走行やドレスアップは必要としないお客様なので、純正品に交換して改善というのが通常の流れですが、あのビルシュタイン製ショックアブソーバーの方が、お安くご提供が出来るのです。

当然ながら、安い方を選択します。

同じ修理をするなら安い方が良い!性能も良い方が良い!

ですね。

ディーラーでは当たり前のように純正ですので、お得な事が好きな方はぜひHRDにご相談ください。

ある人は、

バネ下重量が増す事を極端に嫌います。

では、ブレンボの大径ブレーキシステムを装着したらやはり重くなってしまうのでしょうか?

答えは・・・・

その前にレクサスRC300hのFスポーツのブレーキとの大きさの違いを見ていただきたい
DSC00064

こちらはフロントです。

そしてこちらがリア
DSC00060

こんれほどまで大きさは異なります。

そして気になる重量差は
フロントがご覧の通り、これほどまで大きくなるのにもかかわらず、かなりの軽量化になります。
41


リアは極端に大きくなりますが、ほんの少し増す程度です。
09


わずかですが燃費の向上も期待でき、それ以上にハンドリングも大幅に良くなり、乗り心地すら良くなる可能性があります。
もちろん強大なストッピングパワーが手に入る事は言うまでもありません。

ぜひ、本物のブレンボを装着してみてください。

偽物にはご注意を!!

※偽物の特徴 ベルハウジングのアルマイトがゴールドなど派手目な化粧アルマイトが多く、当然粗悪な構成部品が使用されています。
キャリパーも純正OEM品などにbremboロゴを配している場合がほとんどです。

レクサスのRC用ブレンボブレーキシステムは、以前より設定しておりましたが、今回はハイブリッドの300h専用ブレーキシステムを販売開始いたしました。

DSC00069


通常のガソリンエンジン用を使用すると様々な弊害を及ぼす恐れがある為、HRDでは、300h専用に新たにブレーキシステムを設定いたしました。

回生ブレーキに合わせたセッティングを施し、ペダルフィーリングの向上と自然なブレーキングを重視して開発されております。
さらに、ブレーキダストを控えた専用パッドで快適なシステムに仕上がっております。

純正ブレーキ
27

Fスポーツ車の為、ノーマルも悪くないフィーリングですが、いかんせん見た目はメルセデスやBMWに劣ります。

HRDbremboブレーキシステム装着例
44



今回は、ブラックのキャリパーにスリットタイプのディスクで、やや控えめにホイールの隙間から見えるキャリパーとディスク、そしてブラックハードアルマイトベルハウジングの組み合わせです。
しかし、明らかに大きなそれは誰の目にも本物である事は明らかで、bremboである事を主張します。

もちろん、有り余るほど余裕のあるストッピングパワーとパニック時の不用意なハードブレーキングでもより安全に減速出来る事を保障いたします。

ストリートからサーキットまで思う存分楽しんで頂きたいシステムです。

たまには、入庫車両のご紹介などをやってみようかと

たんなる気まぐれなので継続はしません。。
DSC00041

本日、またレクサスRCのご入庫ですが、前回のRCFに続き、今回はハイブリッド車です。

ブレーキをbremboシステムにアップデートです。

DSC00046

何度かご入庫いただいておりますNSXです。

こちらは、定期的に行う車検のご入庫です。
改造車の車検も行っております。

おっと、忘れるところでしたが、こちらも改造車ですがオデッセイの車検の入庫がありましたが本日早々に納車済みです。
IMG_4427


そして最後のご入庫は、シーマのマックGロックナット取り外し不可車のご入庫で、こちらも早々に納車完了です。
DSC00047


ついでで申し訳ありませんが、フリードのフロントガラスの飛び石修理もありますが、直してからの撮影でどこがどうなったのか全く分かりませんね・・・
IMG_4428


ウインドリペアも行っておりますので、ぜひなんでもご相談ください。

26

240ZG今見てもかっこいいですね〜
悪い子しか乗ら無いオーバーフェンダーにGノーズ!

というわけで

どなたか、SP/SR S30/31 S130 Z31,GC10~R31SKYLINEを譲っていただける方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

その他旧車、スーパーカー等なんでもお願いします。

DSC00002


DSC00005


今回のロックナット取り外しは、
専用キーをメーカーより取り寄せての取り外しチャレンジも虚しく、外せなくなってしまったというケースです。

当社で検証したところ、締めすぎやホイールに問題があるのでは無く、間違いなくこのメーカーのロックナットが欠陥品であると判断します。
純正のナットは、相当なトルクで締め付けても少々固めな程度で外れなくなる事はありません。
場合によっては、ネジ部が固着しボルトが折れてしまう事もありますが、これはネジ山が潰れるほど締め付けたり、山にサビなどが発生した状態で着けてしまった場合などにしか起こりません。
また、ナットの頭(6角)部分が舐めてしまう事などまずあり得ません。

この事からもナット自体、および専用キーソケットの強度、素材、設計自体に問題があると言っても過言ではありません。

この種の製品をお使いの方は気をつけてください。

もちろんHRDに持ち込んでいただけましたら、ご覧のように綺麗に取り外しが可能です。
DSC00010

DSC04905


47


カマロに装着された専用ソケット紛失ロックナットの取り外し作業です。

ホイールのナットホールが小さめでナットも奥に入っておりましたが、ホイールに傷をつける事なく無事取り外し完了です。
このタイプの取り外しは、難易度も低く最も安価になります。

IMG_4267


今回のお客様は、32GTRを新車時より以前勤めていた会社より長年ご入庫いただいているお車です。

今回でクラッチ交換3回目になります。

20年以上も前の車両ですが、細かなパーツも全ての製品とは言えませんが、少しづつ進化を遂げ、性能はもとより扱いやすさと耐久性は確実に上がってきています。

今まではメタルのトリプルプレートでしたが、このカーボンツインはそれよりも高耐久で何よりペダルもノーマルよりむしろ軽く、回転部分の重量が驚くほど軽いので、ギアの入りがすごく良くなるというメリットがあります。
ギアチェンジを楽しくさせるアイテムでもあるのです。
これはスポーツカーにとっては嬉しい恩恵ですね。

ミッションのシンクロも傷まず、相当な無理をしなければこれから数十年ノートラブルでいけるでしょう!

価格はメタルに比べて高額ですが、永く持つ事を考えると安くつきます。

そろそろ次はターボあたりが交換対象になるかも・・・

DSC04902


今回は80スープラのカスタマイズです。

ブーストアップのライトメニューにブレンボのブレーキシステムでシステムアップしました。
純正のブレーキは、スポーツカーにあるまじきプアなブレーキシステムのスープラ
パワーUPする前から危険なほど効きの悪さが際立ちます。
特に今回のAT車ではなおさらです。

変更後は、もちろん余裕で止まってくれ、コントロールも思いのままになるので安心です。

システムは、Fr6ピストンに380φ2ピースディスク+Rr4ピストンni380φ2ピースディスクをチョイスしました。
キャリパーは特別塗装色のイエローに変更、パッドもアンチダスト改良版のパッドに変更です。
※この上記OPは全て無料にてアップグレードします。

純正のキャリパー
DSC04874



ブレンボ6ピストンキャリパー
DSC04876

画像でお判りでしょうが、これほど大きなブレンボのキャリパーの方が軽量です。

DSC04868

DSC04867

交換前

DSC04903

DSC04904

交換後

2jZエンジンはブーストUPでも、吸排気系とコンピューターのセッティングをきっちりと行う事により550PS程度は余裕で出てしまいますが、今回の仕様は、およそ400PSほどにとどめておりAT車としてはとてもバランスの良いセットアップと思います。

今回は、フェラーリの特別な限定車F40の純正ブレーキレストア再生のご依頼です。

IMG_4205

こちらの画像は、現車より取り外したキャリパーです。

ご覧のように、サビと腐食・打痕などで少々荒れております。

車両の性格上、これを機にシステムUPという選択肢が当社では最も多い修復方法です。

今でも十分ハイパフォーマンスな車両なので、オリジナルを尊重し、純正ブレーキの新品に交換というふうにお考えの方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし、残念ながらF40キャリパーは現在生産終了している為、注文すると代わりにF50タイプのキャリパーが送られてくる事になります。
F40キャリパーの特徴でもあるシルバーの浮き文字”brembo”ロゴは、白いペイントに代わり、ボディーのつや消し黒の梨地は、艶のあるブラック塗装に代わってしまいます。
これを良しとする方は問題ありませんが、オリジナルにこだわる方には非常に残念です。

HRDでは、このようなご要望にお応えして、オリジナルを再現いたしました。
ついでにサビの進んだブリーダープラグとキャップを新品に交換です。
DSC04899


DSC04897


低年式のお車や最新のスーパースポーツまで、ブレーキをはじめ、エンジン、ボディー、足回りなどの修理、グレードUP、様々なご要望にお応えいたします。

ぜひ、 HRDにご相談ください。

このページのトップヘ