HRDidee

日々の作業、商品のご案内など

スクリーンショット 0030-10-05 午後4.52.46

ご存知定番ロックナットの取り外し依頼です。

このタイプのナットと、それがむき出しになったホイールの組みあわせは比較的簡単に取り外しが可能です。

しかし、今回は、ナットが錆びてもろくなり、取り外す際に欠けてしまったような状態です。
ナットとホイールも錆びついてしまっている様子で、やや慎重な作業が必要です。

もちろんこのような状態でもホイール・車両側は無傷で取り外す事が出来ました。
スクリーンショット 0030-10-05 午後4.54.09


このような状況になってしまった場合は、すぐに諦めてお持ち込み頂くと、傷つける事無く、さらにお安く取り外す事が出来ます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_8962

BMW M6カブリオレのコーナーウェイト(軸重)を測定です。
今回は調整目的では無く、2トンを超えた車重の個体をアンダー2トンを目標に軽量化
ブレーキをカーボンに、ホイールをBBS、バッテリをリチウムイオンなどで達成しました。

それよりも驚くべき結果は、FR車両なのに前後重量差はほぼ無く、左右差もご覧の通り!
さすがBMWのMシリーズです。
こだわりを感じます。
ちなみに、スポーツカー代表にGT-Rなどは左右差が激しく違い合わせるのは大改造が必要です。
FD3Sは良く出来ていましたね。

これで次回から車検諸費用もお安くなります。
IMG_9556

アライメント調整はするが、コーナーウェイトを合わせないというのは如何なものか?と私は考えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_8030

IMG_1281

M6の標準ブレーキをカーボンセラミックブレーキシステムに交換しました。
フィーリングも非常に自然で快適です。
とても扱いやすく、効きもバッチリです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スクリーンショット 0030-10-03 午後1.33.51

M6にお乗りのお客様よりシート高が低すぎて前が見えないとの事で、全高をおよそ3cmほどUPさせました。

お好みの高さに調整が可能です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

限定大特価!!

トヨタ86およびスバルBRZ専用のブレンボブレーキシステム前後セット大特価販売のお知らせです。
Frに4ピストンモノブロックキャリパー(レッド)+345φ2ピーススリットディスク
Rrに2ピストンキャリパー(レッド)+316φスリットディスク
の組み合わせ


こちらのキットを限定1名さま限り大特価にて販売いたします。
価格のお問い合わせは、info@hrd.bzか、048−927−1100までお電話ください。
頭金0円!低金利ブレンボローンも承ります。


取り付け参考画像はこちらです。
純正17インチホイールに加工取り付けの画像になります。
IMG_9910


IMG_9911

IMG_9912

※キットは新品未使用ですが、Fr片側のみ車両に仮合わせを行っております。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_3091


以前に別の車種でキット購入(RC用345φ)された方の車両変更に伴い、RCF用380φコンバージョンキットをご注文頂きました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



いつでもどこでもワイヤレスリモコンで格納自由自在になります。
もちろん日本のナンバープレートに対応させた仕様です。

ご興味のある方は、HRDまで
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_3720IMG_3719

トヨタタンドラ のオーバーフェンダーに合わせたサイズのホイールをやっと見つけました。
タイヤもごついやつにしてワイルドに決めたので、子供っぽくも無く、大人しくも無い独特の雰囲気に仕上がりました。
IMG_3722IMG_3726IMG_3724

特殊なタイヤ、ホイールなどお探しの方はぜひHRDまでご相談ください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

A9902471

こちらのアバルトは、GTECのマフラーが装着されていましたが、作りが悪く腹下が垂れ下がり下部をぶつけまくる事、後部のクリアランスも狭く(無く)エンジンの揺れで擦れてしまいます。
また、最大の欠点、音が悪すぎる!

対策の為、マフラーの作り直しとなりました。
使える部分をなるべく利用し、全ての問題を払拭します。
ついでにテールをカーボンの左右2本出しに変更しました。
A9902473


A9902485
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

タンドラ の後部座席にヘッドレストモニターを取り付けました。
標準のヘッドレストだと角度が合わない為前後入れ替えての装着です。
IMG_3667

ついでにバッテリが弱ってきているので、新品の高性能品に交換しました。
IMG_3669
電圧計の指針も上がり好調です。

が、しかし・・・
時々エンジンが掛からないという事ですが、ちょうど良いのか悪いのか?当社に入庫と同時に全くエンジンが掛からなくなってしまいました。

バッテリは問題無し、でその他電装系もすこぶる調子が良さそう。
これはセルモーター系統かキースイッチ、イモビなどが原因と考えられます。
車高が高いのですぐに潜ってセル点検するも大丈夫そうなので、やはり電装系の異常です。

まだ新しい車両なので、劣化などは考えにくい。

そうなるとイモビかセキュリティ?
そもそもセキュリティがついていたかどうか不明でしたが、確認するとこっそりと装着されてるようです。
しかも純正OPかな?
とすると装着した人がやらかしてる可能性大!!

色々はぐって、先ずはキースイッチのST関連の確認

IMG_3666
見たくなかったいい加減な結線と決戦です。
これは引っ張ると外れてしまいそうなやり方なので、接触不良が発生しても当たり前の例です。

これで、ヒューマンエラー度が90%と確信

IMG_3665

やはりありました。
ぶらぶら状態でかろうじて繋がっていて、今まで走っていたと思われます。

このデカイ車、運よく入庫と同時に原因がわかり助かりましたね。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ