2019年05月29日

スピーチを含めた話し方!
詳細はこちらから

※どの回からでも学ぶことが可能!
※最初の1回目は無料体験が可能!
※毎回、スピーチの実習を行っています。


日常生活であいさつをしたり、相手のことを認める表現をすることは、心の健康を保つ上で、大きな意味があります


アメリカのある病院でスーザンという女の子が両親によって病院に連れられてきました。
彼女の年齢は1歳10か月でしたが、言葉が話せず、ハイハイすることすらできない状態で、さらに、誰かが近づくとそれを拒もうとしていました。

病院はすぐに検査をしてみたのですが、検査をしたところ、なんと、まったく異常はありませんでした。骨の異常、内分泌の異常など、発育不全の原因が見当たりません。

当初、医者は困惑したのですが、ひょうんなことから原因が発覚しました
それは3週間たっても両親が一度も面会に訪れなかったことでした。
病院が両親に事情を聴くと、この子供が「期待されて生まれてきた赤ちゃんではなく、面倒らしい面倒を見てもらえてなかった」ことがわかりました。

病院はこのスーザンの病名を「母性的愛情欠乏症候群」と名付けて、発育不全の原因は母親からの愛情・承認(専門用語ではストローク)不足と判断しました。
その後、病院はできるだけこのスーザンに認めるための愛情を与えるような配慮をしていきます。
代理母をつけて、1日6時間、つきっきりで抱いたり、あやしたり、
また手の空いているスタッフもなるべくスーザンにかかわるようにしました。

始めは嫌がっていたスーザンも泣かなくなり、体重や身長も驚くほど発達して、歩くこともできるようになり、成長していきました。


このスーザンのケースは、人が認められることなしには、成長にも大きな影響を及ぼすことを示しています。

私達はせわしない生活の中で、そのようなことを怠ってしまっているものです。

話し方を学んでみたい方は是非、こちらから


最後にワンクリックしてくださると嬉しいです☆
ブログランキング

hrhanashikata at 07:11コメント(0) 
人を動かす話し方 

2019年01月26日

人間の学習効果にこのようなデータ結果があります。
視覚から83%
聴覚から11%
臭覚から 3.5 %
触覚から 1.5 %
味覚から 1.0 %

これは、視覚で得た情報はその他の五感で受け取った情報以上に効果があると言うことです。
このようなデータはよく話し方でも応用されます。
見た目に訴える話し方が効果的と言うことです。


私たちは目に見えるものを優先してしまう傾向があります。
このようなことは人間関係に大きく影響を及ぼします。

1対1の対話では、相手の笑顔が素敵なので、こちらも思わず、心を赦してしまうことがあるかと思います。
また、スピーチをしている時、表情から醸し出される人柄によって共感を持って聞いてしまうシーンはあると思います。


話し方では、目に見える表現を態度と呼びます。
話し方では態度が相手に大きく影響を与えるのです。



hrhanashikata at 09:21コメント(0) 
人間関係を深める話し方 

2018年12月25日

時々、こう言う方がいらっしゃいます。
「自分は話すのは得意です。時間が許すならいつまでも話していることができます」
または、このようなタイプの方もいらっしゃるかと思います。
「自分は話すのは苦手ですが、聞き上手です。ずっとうなずいてられます」

どちらが話し上手でしょうか?
どちらも話し上手とは言えないかと思います。

話す力には聞く力と話す力のどちらも必要です。そして、相手を想う力も必要になります。
話し方を向上させる上では、INPUTとOUTPUTをバランスよく伸ばすことが大事になります。


INPUTというのは情報や知識を吸収すること。つまり、聞いたり、読んだり、見たりすることを言います。
それに対して、OUTPUTは自分の中の情報を外に吐き出すこと。つまり誰かに話すとか書くとか伝えることを言います。
話し方ではINPUTとOUTPUTの両方をしっかりすることで自分自身の中身が成長していきます。
どちらか一方が欠けてもだめです。
INPUTしたものをOUTPUTすることで体系的に話し方が身についていきます。

英語も学んでINPUTしただけでは身についたとは言えません。
実際にしゃべることで英語が見につきます。
話し方も実習でスピーチだけしても身につかないのです。
講義でしっかりと理解してそれをスピーチや実践でOUTPUTすることで身につきます。

しかし、驕りが生じるとい、自分はもうできるんだと思うと、天狗になっていまいます。
そうなると、そこにはもう日々新たな気持ちはなく、創意もなくなるので外の情報を中に入れなくなってしまいます。
相手にたいする影響力もなくなってしまいます。

常に新たな気持ちで興味や関心をもって接することが大切です。



hrhanashikata at 18:16コメント(0) 

2018年09月01日

以前、知り合いに結婚したい女性がいました。
彼女は40歳を過ぎているのですが、
「子供が産みたい、1人では寂しい」
という理由で、結婚しようと思いました。

男性と知り合い、婚約までしました。しかし、婚約相手の男性の性格があまり好きではありませんでした。
「私、本当にこの人と結婚していいのかな?」
と私に相談しました。
「性格が悪くて、私のことなど何にも考えていないのよ」
と彼女は言います。

その後、彼女は結婚式を延期しました。
男性があまりに自分勝手だったので、少し考えたいということで、時間を空けたのでした。


このようなシーンで私達はこの女性にどんな聞き方ができるでしょうか?
私たちは様々な悩みをいだいて生活をしていきますが、
相手の悩みを聴く際には、話し手の心は穏やかではないことが多いという前提条件があります。
そのような時に、私達が正解を伝えてもそれを受け取ってくれないことが多々あります。
相手に寄り添い、相手を受け入れる聞き方が求められます。



hrhanashikata at 19:22コメント(0) 
聞き方 

2018年07月05日

良いスピーチには充実した内容だけでなく、目に見える表現があります。
ジェスチャーや表情はその1つです。

ジェスチャーを入れることで、熱意や内容を体でも表現して立体的な情景を聞き手が思い浮かべることができます。

しかし、ジェスチャーがあまりに大胆だったり、多すぎることで、逆に違和感を与えることもあります。
以前、アメリカ人の牧師が日本の教会で説教した際に、聞き手である日本人が引いてしまうシーンがありました。しばらくするとスピーカーも状況の違いに気づき始めます。しかし、何故かはわかっていないようでした。結局、そのまま、ちぐはぐした雰囲気の中でスピーチは終了しました。

日本人はアメリカ人ほど大きなジェスチャーを好まなかったりします。
また、過剰なジェスチャーを嫌います。

あくまでも聞き手にあわせてジェスチャーを入れる必要があります。




hrhanashikata at 16:30コメント(0) 
livedoor プロフィール

銀座一丁目話し方教室

こんにちは!
銀座一丁目話し方教室の講師がお届けするブログです。
ここでは話し方を向上したいと思っている方々が集まってきています。私どもはそこで話し方のエッセンスをお伝えしています。
その一部をここでも紹介させていただいております。また、日々の出来事から感じたことも話し方と絡めてお伝えしていきますので、どうかお付き合いよろしくお願いします。

林 誠
NPO法人話し方HR研究所 話し方講師
司会者(ブライダル、セレモニー)養成、朗読指導などを中心に活動。 態度や発声などを得意分野とする。
受講生の方がアットホームな気分で参加できるような空間を目指し続けます。
倉智 崇司
NPO法人話し方HR研究所 話し方講師
青山学院大学法学部卒業後、システムエンジニアとなる。プロジェクトリーダに携わることで話すことの大切さを知り、話し方教室に通う。数年前に卒業して講師となる。
論理的な話し方やファシリテーションなどを得意とする。その他、営業セミナー、人事セミナー、企業研修などの実績を持つ。
話し方は人生と切っても切り離せない存在であることから、より多くの人に話し方を向上してもらいたいと思い、受講生に広めていく。
光家 弘子
NPO法人話し方HR研究所 話し方講師
ロビーコンシェルジュの資格を取得しており、マナー分野を得意とする。
「成功する秘密はIQでも偏差値でもなく話し方」お客様を相手にして仕事をしている私は、この言葉を日々、身をもって体験しております。
話し方が仕事に、仕事が話し方に生かされていて、そこから得たことを皆さんに 伝えていきます。
山本 昭子
NPO法人話し方HR研究所 話し方講師
消費生活アドバイザー、産業カウンセラー、交流分析士インストラクターなどにも携わっています。
職場でのトラブル、コミュニケーション分析をを得意とする。
区民・市民協同講座にて話し方塾。聞き方、話し方講座など開催。 その他、クレーム対応、社員教育などの実績を持つ。
心理学の勉強中、自分の考えが意図した通りに伝わらない。「なぜ?」・・・この思いが話し方を学ぶきっかけになる。
藤田 宗靖
中小起業ではありますが社長をやっています。
銀座といったロケーションもありビジネスマンの方が多く教室に通われますが、多くの人に信頼され、話していて楽しい人になりたいと思います。
人間関係が良くなり、より豊かな人生を送るための話し方を一緒に学びましょう!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード