2018年01月21日

日本の生活を根本から節約生活に変えるダイソー生活

年金生活なので、100円ダイソーなど利用します、なんて皆さま考えているかと思いますは、錦糸町ダイソーにいけば、その考えは吹っ飛びます。

 真面目にいいますが、男が裸で買い物にいき、パンツ、靴下、シャツ、ワイシャツ(注 シャツは300円、ワイシャツは500円)、ネクタイ、バンド、腕時計も100円ですべててにはいります。同じビルにあるユニクロで2000円くらいのズボンをかえば、いちおう、そろうのです。

 食器関係のデザインもよく充実していること。錦糸町ダイソーは、別コーナーを設け、海外のお土産むけの小物や、外国関係者むけの日本土産も開発しています、とてもセンスはいいです・

 私も前回書きましたが、手帳やカレンダーなど愛用しています、


hri826 at 12:28|PermalinkComments(0)

2018年01月17日

デパートが去ったあと、巨大な100円店のダイソーがきた

まだまだ寒い日が続く毎日です。私の住む、近くのバス停ののっておよそ30分程度で錦糸町というおおきな繁華街につきます。錦糸町というのは戦前から歴史のある街だったらしく、デパートや飲食街などがそろっていて便利な町です。

 一言でいえば下町の一大繁華街といったらいいのか、おおきな商業都市です。そこに墨田区が第三セクターをつくってビルまでつくり来ていただいた「そごーデパート」が10数年前のアメリカに端をを発した住宅ローンの不良債権恐慌による経済の混乱をうけ事実上、倒産し去っていきました。

 そこでほっておいたら墨田区がビル建設への銀行から借りた数百億にもおよぶ借金の責任を負わねばならないところまでおいつめられました。

 そこで走りまわって全国チェンの、ユニクロ、あちゃん本舗、マクドナルド、ダイソーの100円専門店など競争に強い店舗を入居させ、その後は順調に経営は行われています。

 9階にあるダイソーへは錦糸町にいくと必ずよることにしています。錦糸町のダイソーは東京ではもっとも広いスペースを有し、すべてがととのっているほど充実しています。

 かつてのデパートの1フロアーをつかっているためその種類に圧倒されます。私はカレンダーや手帳はすべて、ダイソーで買っています。事務用品は大体ダイソーですね。

 老眼眼鏡も買います。バンドも買います。コップなど生活用品も買います。

 ダイソーのおかげでデフレになったというほど、種類は目のくらむように多いです。ただ最近気になるのはアジア系のお客が増えて、店の雰囲気が東南アジア的になりつつあることです。

 ちょっと困るんですが。/span>

hri826 at 14:03|PermalinkComments(0)

2018年01月13日

まともに生活できる年金をもらっていても、会社から離れたあとの人生は大変だ

 昨日は寒い日だった。先輩との仕事のうちあわせで、かの有名な葛飾柴又まで出かけて、駅前で少し酒を飲み、帰った。

 私は、人口49万人の江東区の湾岸地域に住んでいる。70年代〜80年代は、大きな工場がひしめきあっていた工場地域であった。

 その後、大工場は千葉や茨城、川崎、北海道などに移転し、公営、公団、民間マンションがその跡地に作られ、今や高層アパートに住む住民は過半数を超えている有様だ。

 また、20数年前に<東京メトロ地下鉄が全線開通し、千葉の湾岸地域と、都心を結ぶ一大路線となった。一応わが貧しい都営団地の横を東京メトロの駅があるのは奇々怪々ではあるが、路線上やもえない。

 だから別に住民にとってお得ではないが、わが町の地下鉄駅から東京駅、有楽町駅までは電車に乗っている時間は10分程度。デズニーランドへも一回乗り継ぎがあるが30分程度でいける。

 それでも、別に生活の上でお得感はない。大体、有楽町、銀座なんぞはいかない。別世界だ。デズニーランドもいかない。地方の親戚が来たとき案内していくときもある程度。

 日ごろ行くところは運河をわたったところにあるイオンモール。家から店の入り口まで約300メートル。また隣町の豊洲という石川島造船工場の跡地につくられた大ショッピングセンターにいく。けれど地下鉄を使って遠いt地区から押し寄せてくる人が多いのでものすごくつかれるので、あまりいかない。

 話はころりとかわるが、70歳を超えて、食べていけるくらいの年金をもらっているお年寄り、とくに男性はどうすごしているとおもいますか。

 ごく一部のお年寄りで木の剪定などの技術をおもちのかた、なんの技術もないけど仕事に前むきの方は自治体が管理しているシルバーセンターに登録して仕事をしています。

 多くの年寄り、特に男性は時間をもてあまして、自宅の万年床で一日中テレビ三昧、このケースは最悪のケースで早死にします。

 あとは、図書館で週刊誌など読んだり、居眠りしたりして、一日中すごす。私の友人は隣のイオンモールの二階のレストランコーナーにある無料休憩椅子の主となり一日過ごす。昼食もそこで食べる。長くいるとイオンモール仲間ができて、結構、暇つぶしなるという。

 でも、年金の額が低くて、生きていくのは厳しいという報道はされるが、生活できる年金をもらっても、趣味やボランチアの世界からはずれたお年寄りも大変なのだ。/span>

hri826 at 10:21|PermalinkComments(0)

2018年01月09日

超小型パソコンの機能ももつ生意気なスマートホンに移行して

昨年9月末から私の携帯電話はスマートホンに変えた。それまでウイルコムのPHSの家族契約、割引で夫婦で6000円を切れる価格で、不満はなかった。

 けれど奥さんが近くのスーパーで携帯を落っことして、いろいろ探しても出てこなかった。やもうえず近くのウィルコムの店舗に出かけたら、看板はワイモバイルに代わっていた。ソフトバンクに吸収され新会社となっていた。

  機種変更をお願いしたら、せっかくにチャンスということで私はワイモバイルのスマートホンをすすめられ、奥さんは携帯電話となった。夫婦とも電話番後はかわらずだ。

 もう10月から3か月間使っているが、やっと一部ではあるが使いこなせるようになりつつある。私はパソコンのカーソル、キーボード育ちのため、画面を触って画像変換することに結構抵抗があった。でも画面触りが出来なければ、スマホはスタートから動かせないので、がんばって体に慣れさせた。

 次に大きな障害は、検索したり、電話帳に名簿登録、メール書きなどの文章作りだが、これが狭い画像に現れたキーボードでなかなか打つのがむつかしく、苦労した。やっと字を打てるようになりつつある。

 こんなこというと笑われるけど、最初のころは電話の受けがなかなかできなくて、かかってきたら画像表面を横に撫でればいいのだが、それも当初はあせって、違うところを触っていて、相手に迷惑をかけた。

 まあ、携帯電話が小さなパソコン的能力をもった電子機器なので、生意気な機械だが、使い方さえしっかりすれば情報機器としてはとても役にたつ機器のような気がする。


hri826 at 11:05|PermalinkComments(1)

2018年01月04日

全国チェンの100円寿司の「はま寿司」が隣町にやってきました

あけましておめでとうございます。もう1月4日ですが、遅くなりました。ことしもよろしくお願いします。

 我が家からバスで3駅くらい先に12月末に100円回転ずしの「はま寿司」がオープンした。「はま寿司」は、沖縄でも何回となく食べたこともあり違和感なく数日前に夫婦で利用した。

 今回の「はま寿司」は、沖縄の時と比べて、いっそうコンピューター化が進み、受付で画面タッチして席の予約番号を手に入れるのが、原理は同じだがロボットのおなかの画像にタッチして席予約をすることになった。実にくだらないけど。

 今までは、普通はベルトに回っている皿をとり、希望する皿がない場合、目の前のテレビをタッチして予約すると目の前に希望した寿司皿が到着というシステムだった。

 これが、常時寿司ネタを乗せた寿司皿は廻っていなくて、目の前の液晶パネルに注文するとあっという間に目の前にベルトにのせて届くという、システムへと発展していた。

 大手100円回転すし会社は、どんどんIT化をすすめており、スマフォで予約できるようにしている。一応スマフォは持っているが、まだスマフォ予約はしていないが、半数程度の客はスマフォ予約だ。特に4人〜6人程度の家族には待たなくてもいいので好評のようだ。

 まあ、別にふらりとは入っても液晶画像に人数を入れ、カウンター席か、6人まで向かいあって座れる椅子席かの情報を入れるだけだ。

 けど回るベルトに寿司の皿が回っていないのにはびっくりした。けれで、しばらく画像から注文していて、到着がすごく早いこと、好きな寿司を重点的に選べることなど、これも進歩かと思った。

 けれど、その犠牲も大きい。すでに30年ほど頑張ってきた個人の寿司屋は閉店。その近くの小さな回転すし屋(100円でなく高い)は客の入りも悪く、いつまでもつかという危ない状況。

 はま寿司のあるビルから100メートル先にある、ちょってお高い、けど美味しい寿司屋も、あと半年ももたないかと思う。近辺の大企業のサラリーマンが利用するかがカギだが、危ないね。

 大型全国チェン店の回る寿司屋が来てくれたのはいいけど、まわりの寿司屋が全滅の方向へ進んでいるのは資本主義とは言え、弱肉強食のすさまじい姿をみました。合掌。


hri826 at 15:02|PermalinkComments(0)

2017年12月28日

日本に航空母艦が誕生するとき

 今年もこのブログを読んでいただきありがとうございます。筆者のスタンスは「憲法9条を守る」立場ですが、ただ安倍政権による軍拡が異常に進み、自衛隊の軍事装備の増強についても把握しなければと、軍事についても本を買って勉強してきました。

 先日、政府内部で検討が始まっているという、「空母」についてのお話です。現在、海上自衛隊は「いずも」という護衛艦1台を運行しています。まもなく2代目も完成する予定です。

 この「いずも」という護衛艦は、満載排水量は2万6千トン、全長248メートルで、ヘリコプターは14機おくことができ、俗称「ヘリコプター空母」とも呼ばれています。

 けれど、憲法9条を守るべき自衛隊ですから「専守防衛」のスタンスで、現在は、ヘリ空母の目的は他国の潜水艦を見つけ、追い払うこと(紛争になれば撃沈も可能)が主な仕事です。

 しかし、この「いずも」は全通式甲板をもち、改造すればイギリスで開発され、アメリカで改造された「ハリアー」という特殊な戦闘機をつかえば離発着が可能になることが言われていました。

 アメリカは「ハリアー」の後継機として、「F35B」という戦闘機を開発、やっと本国などで使い始ました。アメリカ軍では海兵隊が、強襲船に乗せてつかいはじました。日本の岩国や沖縄の普天間にも配置されています。

 自衛隊はこれから数年かけて50機の「F35A]を購入する予定です。このF35シリーズのなかで、滑走路をはしらなくても垂直に上昇し、垂直におりることができるのが「F35B」です。

 この「F35B」は離陸するときや着陸するときエンジンガス放出部分を下にむけるため、高熱の熱風のため普通の鉄の甲板ではとけるため補強工事が必要だといえます。また、ヘリのように垂直に上昇と大量の燃料がいるため、通常、ジャンプ台といわれる台を設置して離陸しやすくしています。

 政府の検討なかみは「F35B」は10機、ヘリは15機程度を予定しているとか。

 いよいよ安倍政権は、アジアの盟主になりたいとの本性が出てきました。

hri826 at 10:27|PermalinkComments(0)

2017年12月21日

東京を愛することのむつかしさ

 いよいよ本格的な冬の季節となってきました。東京が寒いなって、北海道や東北、北陸の人たちからみると笑われますが、東京の風土になれたやわな体になった身にとっては寒いです。

 これから書くことはとても差別的なこともあるかもしれませんがお許しください。東京都という大都市は、たとえば大都市である大阪市や福岡市、名古屋市、仙台市、札幌市といった地域的一体感はきわめてとぼしい町です。

 しかも昼間人口は、近隣県からの通勤客がさらに無国籍のような「東京人」が増えます。そのうえ、例えば、私は江東区49万都市の隅っこに住んでいますが、地方から安い住宅をもとめてこの地にきたので、区をこれっぽっちも愛していません。

 ごく一部で、明治、昭和、平成へと3代、4代くらい住んでいると、町への愛着は深まるかもしれませんが、それも少ないきがします。

 今、江東区豊洲という町は、石川島播磨東京工場が撤退して、そのグループの三井住友不動産の主導で、超高層マンションや15階建てを基準とした大企業がはいるオフィスビルが続々たてられ、銀座に近い都心ではもっとも活気にみちた町となりつつあります。

 住民もわかい夫婦が多く、地域では受験塾がおおはやり、どこを向いても塾だらけといったありさまです。まあ、40、50階建てのタワーマンションは10年経た中古でも6000万程度ですので、若い夫婦は大変です、

 町で見かける彼らは、サラリーマンとしてはエリートの層と見受けられますが、住宅ローンを背負い、こどもを背負い、苦難な歴史がまっているかと思うと同情します。

 だが、かれらは、町の便利性を利用して、町を愛する立場はまったくないのです。だいたい1980年代に東京住民となった方は、東京都を愛することは夢にもないとおもう。

話は続きます。


hri826 at 12:03|PermalinkComments(1)

2017年12月18日

神社は日本人にとって必要なのかもしれない

 お笑いになるかもしれませんが、殺人事件のあった深川八幡神宮について、心から困っております。現代の日本人にとって、天照とかわけがわからん神様を祈っても、何の利益も起きないことは承知している。

 ただ長い習慣で753とか車の新規購入や家を建てるときとか、さらに正月には会社あげて参拝するときに神社で祈ってもらう。いわゆるキリストやイスラムのような宗教理念にもとづく宗教とは、異質な「宗教」らしきものにすぎない。

 でも、町の風物詩としてはないと困る。私は、東京湾を埋め立てた土地に住んでおり、かつて戦前、そして戦後、大工場のがあり、80年代頃から撤退していった土地に住んでいる。

 江戸時代から明治、昭和の時代およそ1945年ころまでは、工場もおおくあり労働者が多く住んでいた。そこには小さいながら神社があった。お祭りもあった。

 それが、戦後80年代ころから撤退した大工場のあとちに大規模な公団住宅や都営住宅が建ち、新しい町がうまれた。私がすむ土地も巨大な都営住宅の街となった。

 けれど、それは人工的な町で、スーパーや診療所、床屋や保育園,小中学校はできたが、神社はできなかった。

 東京都南部地帯で10万人以上が住む地域に神社がないのも不思議だが、神社本部もそこまで金も人もなかったかもしれない。そのかわり近くに個人の尽力で、そのかたの敷地に地蔵さんをまつっている。

 私は無神論者だから神社を擁護するつもりはないが、日本文化として神社がありまつりがある町があるほうがとてもおちつく。

神社のない町は、品格もひくく、人間の体にへそがないのとおなじだ。


hri826 at 15:45|PermalinkComments(0)

2017年12月15日

今年は深川八幡神社にいかない

 今年はお正月に深川八幡宮にいくのをやめました。別に神や仏を信じているわけではありませんが、恒例として、1月1日には朝6時半ころ、近く眺めがいいところまで出かけ海から上るお日様を拝んで新年も元気ですごせるようお願いしていました。

 その後朝日をみてから、歩いて30分〜40分くらいかけて深川八幡ととなりにある深川不動(成田山新勝寺東京分院)まで出かけ、お祈りし賽銭をあげるのが習慣だった。

 今年は、あのような殺人事件があった八幡へはいかない。絶対いかない。姉を殺して自分も自殺した弟の遺書には、「怨念として祟る」というようなことも書いてあり、拝んで祟れたら、どうしょうもない。

 テレビでの報道では、いつもは30万人でにぎわう八幡さまも激減するだろうと商店街の人は青ざめていた。神社の周りの露天商や商店街約150軒が致命的打撃をうけるだろうといわれている。

 わたしの観測では、数万人も無理だと思う。ほとんど行かないと思う。物好きの人もいて数千人くらいくるかもしれないが。わざわざ祟りをうけるため行く馬鹿はいないと思う。

 もともと深川八幡神社は、歴史は1600年代創建で歴史はふるい。けれど特に正月の参拝客が大幅に増えてきたのは、40年ころ前だ。それは地下鉄東西線門前仲町駅が開通し、この神社への交通がものすごく便利になってきてからだ。

 そのうえ、10年ころまえには都営地下鉄大江戸線が開通し、さらに深川八幡さまえの交通はべんりになった。そのうえ、近隣の会社も大幅に増えて、八幡さまへ納める金も増えに増えた。

 そのころから、あそこの富岡家おかしくなったのでは。なにせ正月3が日だけでも1億円の賽銭その他の収入があるとか。

 神につかえる身にありながら、所詮、金の亡者か。

hri826 at 13:11|PermalinkComments(0)

2017年12月09日

雪が降る札幌に行ってきました

しばらく寒い地方に行っておりましたので、ブロブの更新はできなくてすいません。数年前から、なんか偶然ですが12月にも札幌に出かけるようになりました。

さらに恒例ですが夏の8月の時期の札幌への避暑滞在はそれなりに10年くらいたちました。けど特に夏は7日〜10日くらいの滞在ですので、ウィークリーマンションのような安くて実用的なホテルを探すのにいつも苦労しています。飛行機代は格安飛行機会社の誕生で破格の価格となり喜んでおります。

ただ、10年ころからと比べると、夏の札幌はアジア系(主に中国本土)の旅行者が極度に多くなり騒がしくなりました。10数年前ころには、私たち夫婦が宿泊するような安く清潔な全国チエ〜ンのビジネスホテルは夏でも比較的に予約できました。

けどここ数年は、札幌市で中堅どころのビジネスホテルの中期滞在の予約はほとんどとれなくなりました。当初は、8月上旬は避けて下旬に予約しておりました。しかしその時期も埋まり始めて、安くてい安心できるホテルは予約がすごく困難になりつつあります。

話はコロッと変わるのですが、冬の札幌は多少覚悟がいる旅です。もちろん、札幌はほぼ11月頃から4月頃まで2月の雪まつりをのぞいて、あとはオフシーズンです。

だから、飛行機(特にLCC)もホテル(格安系)も予約しやすいです。さらに。このオフの時期、ホテルも飛行機会社もわりあい空いていますので、とても安くツアー料金を売りだします。
具体的に言いませんが、JAL往復、高級ホテルに泊まって、絶句するほどの安さでした。

さて、4日の週の札幌市は毎日雪が降り、それが凍って、つるつる滑る、とても危険な町と化していました。けれど札幌駅前から、すすきのあたりまで大地下道は整備され、ほとんど地上に出なくてもいいようになっております。

今回は、私は東京で雨靴、奥さんは防水のブーツを買って、札幌に乗りこみましたが、つるつる道路には完敗でした。でもいいわけになりますが、札幌市民も一日で1500人が凍結ですべり10人が救急車で病院に運ばれたそうです。

でも、札幌の雪はからっとした雪で、すごくきれいです。大通公園の夜のLDDによる飾りの風景は素晴らしいの一言です。

寿司もうまいし、ラーメンもうまいし、そばも意外とうまいし、食べるものはとてもうまいですね。正月用の食材を山ほどかいました。

「買い出しか」といわれればそうですが。でも土産専門店で買うと、東京価格で安くありません。空港などは最も高いです。

市民が買う、専門店をさがすのが大変なのです。


hri826 at 11:22|PermalinkComments(0)