2018年05月19日

昨年秋、妻が入院して

夏が近づいてきました。来月には梅雨になり湿っぽい季節にもなります。毎年のことですが、外出には熱中症になりやすいのですので、ご注意ください。

 わたくしたち夫婦も高齢で、現役のときは、家事は奥さんにまかせきりでしたが、現役後も、任せきりの不届きの生活をしておりました。

 ところが、昨年、秋に奥さんの腰が悪くなり私立大学病院に2週間入院し手術をおこないました。

 まいにち、着替えや、果物などを渡しに、病院に日参しつづけました。手術は成功しましたが、あくまで緊急手術にすぎません。

 毎日、数百メートルのかるい歩行訓練など、リハビリはかかせません。その功もあり、最近では、バスを使えば、健康な時にちかい、行動がとれつつあります。ほっとしております。

 しかし、いつなんどき、再発するかもしれず、わたしも、いざのために、家事一般はすべて体におぼえさせるようにがんばっています。

 2週間の経験であまり自慢できませんが、できる限り、外食は避け、野菜の多い食事を心がけることの必要性がよくわかりました。

 それでも、スーパーでうっている、冷凍食品やコメのパックなども利用することも必要です。単純にいえば、朝食はみそ汁に、限りなく野菜をいれることなど、考えました。

 同じ、マンションにいる友人の妻も昨年秋に亡くなったのですが、彼は家事はできなく、毎日外食ばかり、体はどうなるか心配しております。

 噂では、奥さんが亡くなって、片方の夫は数年で亡くなるとか。その原因は食生活の乱れとか。これは大切な提言ですね。

 

hri826 at 17:36|PermalinkComments(0)

2018年05月16日

葬儀が情のない式典に 最後は火葬だけの直葬か

JMIU労組関係のNさんの奥さんが亡くなり、11日には都内の葬儀場で直葬が行われました。

 わたしも多少付き合いがあり、友達を代表してsさんが代表として参加されました。Nさんは親類と若干の友人で数人程度と予想していましたが、革新政党の機関紙に、直葬の場所、時間も公表されたため奥さんの古い友人も駆けつけ30名近くとなり、多少混乱したそうです。

 Nさんは85歳で、奥様もおなじくらいですので、それなりに十分いきてこられて満足しておられることですが、脳血栓関係で倒れて2か月前から入院されており、そのまま亡くなられたのでした。

 85歳ともなりますと、現役のころの友人は亡くなり、親戚もほとんどない場合は、残念ですが直葬という、経費もあまりかからない葬儀も増えてきているようです。

 最近私の先輩などの葬儀に出席すると、せちがらい葬儀が増えてきました。なかでもA君のお通夜は食事もでず、すわる椅子もなく、お隣の部屋から、順番にならんでお焼香をする始末でした。

 そのうえお礼の手紙もこなくて、お通夜への出席を悔やみました。でももっとひどかったのは、私が大変世話になったBさんの葬儀です。この場合は、多分、家族葬はしたと思われますが、連絡はこずそのご5人ほどの友人と家を訪ねて、香典をもって焼香させていただきました。

 その、現在までなんのお礼の手紙はこず、さみしいものでした。

 だんだん、人情なき、葬儀がふえて悲しい、時代になってきました。


hri826 at 10:11|PermalinkComments(0)

2018年05月11日

2020年東京オリンピック晴海選手村を見に行く

今日は東京地方は20度を超える天気となり、いささかホットしております。それにしても一昨日、昨日は雨がじとじと降り、昨日は雷もなるなど、寒さが身に染みる数日でした。

 今日は早朝散歩をかねてシルバーパスをつかって、2020年夏のオリンピックの選手村になる晴海までいってきました。

 私も奥さんも現役のころは、銀座、有楽町などにでけるときに晴海あたりも立ち寄ったことも多くありましたが、最近はさっぱりです。

 久しぶりに晴海地域を歩いたら、タワーマンションが6棟もたっており、中規模の24時間スーパーも営評されて、なかなかの街に変質しておりました。

 ひと昔まえは、晴海は晴海ふ頭の地域でして、貨物船の離発着埠頭でした。多きな倉庫が山積して、素人があるくとフォークリフトが走り回っており、危険な場所でもありました。

 ところが、すっかり高級マンション地域に変貌しておりました。それというのもこの地域に、2020年の東京オリンピックの選手村が作られるのです。

 今日見た感じではすでに1棟が建設中でした。選手村といっても40〜50階のタワーマンションを数棟建て、大会が終了後民間に売り渡して、高級・高額マンションとして一般の人に売るそうです。

 70年代から東京湾の埋め立て地域に住んできたものにとって、とても喜ぶことはできません。タワーマンションを一棟つくれば1000人くらいが移住してきます。

 こうしてできた町は、まさに地域性がゼロで、 ベッドタウンそのものです。住民同士の横の連隊も弱く、日常生活での隣近所のつきあいもなく、災害には、なんの助けあいもできず、行政の不備をなじるだけのマンション難民化することが固いのです。

 


hri826 at 10:32|PermalinkComments(0)

2018年05月07日

5・3憲法集会に行くことに

5月3日に江東区の有明にある防災公園で開かれた、憲法集会に出かけた。主催者発表によれば6万人ということですが、まあ3万〜4万程度ではないか。

 それでも、首都圏で開かれる、労働団体や市民団体などの集会では最大規模であるのは間違いない大集会でした。

 安倍首相が2020年までに、国民投票を実現して改悪するといっており、絶対許してはいけないという、緊張感あふれる集会だった。

 この防災公園は、とても広くて、労働団体がメーデーにつかう代々木公園よりひろくて、あまり歩きまわると疲れるので、トイレの近くの場所からあまり離れないようにしてじっと静かに壇上の話を聞いた。

 実は、この有明防災公園は我が家から無理すれば歩いて行ける場所にある、けど、実際はバスにのって10数分かけていくわけですが。

 つまり地元主催のため、行かざるおえないわけです。また友人たちも、遠くからこの集会に駆けつけてくるわけですので、デモ後、飲み屋に案内せざるおえないわけです。

 デモ解散地には、それなりに飲み屋はありますが、この日は11時から開いており、午後4時ころからの酒飲み会となり6時には終わりました。


hri826 at 11:11|PermalinkComments(0)

2018年05月01日

今日はメーデーの日です 28日にメーデーを行う馬鹿もいるけど

今日はメーデーの日だ。資本家と闘うどころか、協調、癒着、べったりの連合は、日ごろ労働者の要求に応えないが、連休に連続して休むためと、この1日を避けて28日にメーデーを、おこなった。

 5月1日を避けて、違う日にメーデーをおこなった労働団体は世界広しと言え、日本連合くらいだ、ただ、今回の連合はどの政党団体も来賓として呼ばなかたった。

 つまり、連合幹部の本当のおもいとは、選挙前に民進党が希望の党へ合流し、衆院選挙で多くの議席をとらせる。この反共の希望の党を躍進させ、政府と協調路線の野党を支援したかった。

 しかし、政府の思いをうけて、「健全な野党」育成をねらった連合のたくらみは完全に破綻、とどのつまり、野党共闘に積極的な立憲民主党を認めたくない、けれど、容認せざるおえない、矛盾の結果、どの野党もよばなかった。

 実は、もともと小池都知事主導の希望の党は、安倍首相より右翼的排外的な思想をもつ議員が多数を占めていた。

 これに怒って、立憲民主党が結成され、野党共闘の力もあり、一定の成果を獲得した。さまざまな国民世論も反映して、維新の党を除いて、野党は団結を一層つよめることとなった。

 


hri826 at 16:54|PermalinkComments(0)

2018年04月27日

スマートフォンを使い始めて半年 強い影響を受ける

ワイモバイルのスマートフォンを使用初めて半年近くになる。スマーフォンとは直訳で、「賢い電話機」というらしいが、まあそんな感じの印象だ。

 基本的には、電話機を可能な限りパソコンに近づけようとしている。いわゆるインターネット網に結合できるのだ。

 パソコンはインターネットブロバイダーと契約してインターネット検索ができなければ、その役割はほとんどない。

 スマートフォンもインターネットの網の上にのったのが最大の特徴ではないかと思う。ただどうしても多くの情報の文字、画像を読むため、機器を大きくしなければならなく、ポケットに入れるのはきつく、カバンにいれるのがきつい。

 ただソフトバンク系の格安スマートフォンでアンドロイド系でありグーグルとの契約だ。それでも電話機能もほぼ無制限だ。

 いまのところは、お気に入りに「朝日新聞」「読売新聞」「ヤフーニュース」を入れている。基本に導入されているグーグルで検索できるため、疑問はすぐ調べられる。これがとても便利だ。

 メールはいつでもつかえるがまだほとんどつかっていない。便利は便利な機械だが、機械に振り回される危険もありそう。

 だんだんスマートフォンに犯されつつある日々です。/span>

hri826 at 16:14|PermalinkComments(0)

2018年04月24日

障碍者にとってもっとも優しい公共交通はなんでしょうか

ますます夏らしき季節となってきました。いちおう11建ての鉄筋住宅にすんでいると熱の伝導率いうのがあって、特にコンクリ―トは熱伝導率が低いというのです。

 具体的に、昼間が暑いと、夜になってもコンクリートは冷めず、明け方ころに外の温度くらいに戻るというのです。

 だから、昼間25度を超えるときには、深夜になってもビル全体が下がらず、場合によってはエアコンをつかわざるおえない、本当に無駄に電気を使う生活なのです。

 話はころりと変わりますが、日本中で障碍者や赤ちゃんずれの婦人にとって移動すすための公共交通でもっとの優しい乗り物はなんでしょうか。

 私の経験では東京都の都営バスだと思います。東京都営バスは走行距離からも台数からも予算規模からいっても日本最大の公営バスだと確信しています。

 この都営バスは、交通バリアフリー法が2000年初頭に実施されてから、都バスへの車椅子の障碍者をいかバスに乗せるか相当検討し、実施しました。

 これには、出口側に近い、窓際の2つの椅子を折りたたみ方式にして、車いすに乗ったまま乗車が可能としました。

 また、車いすの付き添いはいらなくてもすむように、バス運転手を訓練し、入口に板を敷き、車内に運転手の助けで乗り込むことができるようになりました。

 10年前くらいには運転手の訓練不足や障碍者への反感も多少あり、車いすの客がくるときには露骨にいやな顔の運転手もいましたが、今では、とてもスムーズに乗り降りできるようになりました、

 つぎに大きな期待がかけられ、乗車が増えているのがベビーカー乗車です。私の住んでいる地域は新造マンションが多く、赤ちゃんもいっぱいいます。

 そこでの移動はバスしかいないと断定できるほど乗り込まれれてきます。ベビーカー乗車賛成の立場ですが、大きな問題をかかえています。このつづきはいつか。


hri826 at 09:27|PermalinkComments(0)

2018年04月20日

千葉の看護学校の入学式に参加して

暑くなってきました。寒暖がはげしいのでお体に気をつけてください。

 退職して結構長い間無職でして、地域サークルなどで出かける以外、外出の機会が相当減ってきました。それでもまだ声を掛けてくれる方がおり、会議や学習会などでお茶の水、大塚、代々木などは
時々でかけます。

 しかし、先輩を通して千葉の看護学校の卒業まじかの生徒に一般教養科目の社会保障を若干教えてほしいという要望があり、10月から12月ころまで週1回程度、講義する予定となってしまいました。

 面接や卒業式、入学式に来賓としてでてほしいとの要請があり、千葉県の山奥というか、東京の江戸川のどてっぱらというか、一戸建ての建売住宅団地以外、なんにもないところに学校はありました、

 親病院は開業して20数年たちますが、鉄道駅からも遠く、バスかマイカーで通院するという交通過疎はかわらず不便なところでした。

 そこで親病院は、2年前JR駅ちかくに移転。看護学校だけ旧病院横に取り残されたままです。まだ20数年しかたっていないので病院はまだ建物としてはつかえるのですが、買う企業は出てこないらしいです。

 でも、入学式にでたら、やるき満々の学生40名を見て、これにこたえねばと、後ろ向きの姿勢を前向きにかえつつあるところです。


hri826 at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年04月16日

我が家から10数分歩くところに東京オリンピック水泳場が建設されている

かなり暑くなってきました。桜の樹も花は散って葉っぱが生い茂っています。ここ数日からツツジが満開しはじめました。

 我が家から歩いて10数分のところに2020年の東京オリンピックび使われる水泳場の建築が山を越え、全貌が見え始めています。

 今朝、夫婦散歩で建築現場の前をとおったら、偶然、ダンプなどが入る大きな入口が開かれていました。なお覗いてみると数万人(3万人かな)入る国際水泳場だけあってとても大型の、たぶん国内最大の水泳場みたいな建物が見えました。

 だけど、建築場所からおよそ300メートルくらいのところに辰巳国際水泳場があり、我が国の国際水泳大会はほとんどここで行われています。設備も充実、交通もべんりなのに、すぐ近くにさらにデラックスな国際水泳場が建設されるのは無駄だとおもいます。

 辰巳国際水泳場もここ10年前くらいに、民間企業に経営委託してやっと都からの持ち出しの維持管理費用を少なくしてほっとしている状況です。

 スポーツ施設を民間ベースで黒字をだすことはほとんど無理です。私はオリンピック後、多く作った施設に膨大な維持管理費がかかってもやもう得ないと思いますが、都民に情報公開して、納得してもらうように知事はすべきかとおもいます。


hri826 at 11:04|PermalinkComments(0)

2018年04月09日

孫娘の大学入学式に強引に出席

たった一人の孫娘が私立の理工系大学に入学した。驚くほどの高い授業料だが、息子夫婦も覚悟しているようだ。

 笑われるが、有楽町の駅前の国際フォーラムで開かれた入学式に強引に夫婦ででかけた。大学と大学院あわせて2500名とパンフにかいてあったが、それに父兄をあわせると3000名をこえる大入学式だった。

 私たち夫婦も息子も文系なので、特に息子は一人娘が理系の大学に入りたいといったとき、理解できずかなり混乱し、反対だったらしい。

 私たちは、孫が理系の大学に進むのは大賛成だ。卒業してから企業で働き続ける技術を磨いてほしいと、かねがね思っていたからだ。
 
 ただ、入学式の学長と理事長のあいさつを聞いていると、はなはだ単純でわかりやすい挨拶だった。言葉をかえれば、事理主義のあいさつ、もっときつくいえば、文学性ゼロのあいさつだ。

 でも、私はそれでいいと思う。地域の役員を長くつとめてきた私は、近隣の小学校や中学校の卒業式や入学しに来賓として出席する機会がおおかった。

 いずれも公立の学校だが、校長や教育委員会などの挨拶は、ほとんど建前だけの中身がまったない、そらぞらしい挨拶ばかり。それとくらべると、この大学の学長のあいさつは本音がでていて、よかったと思う・

 
 子どもは、小学生までが一番かわいい。ほぼ大人になってしまった孫娘をみてもなんだかさみしいですわ。


hri826 at 08:13|PermalinkComments(0)