April 17, 2005

スタート躓こうと、直線ほぼ鞭なしだろうと、ゴール前で押さえていようと、息も上がらないままで2馬身半差の間違いなく圧勝。

netkeiba.com - 競馬:■皐月賞、結果速報
17日、中山競馬場で行われた皐月賞(G1・芝2000m)は、武豊騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝130円)ディープインパクト(牡3、栗東・池江泰郎厩舎)が、3角過ぎで一気に進出すると、後方待機の12番人気シックスセンスに2.1/2馬身差を付け圧勝した。勝ちタイムは1分59秒2(良)。

ディープインパクト、差は少なかったものの圧勝。いや、少なかったことはない2馬身半差だが、レースのインパクトを考えると全くもって差が少ない感じ。予想はしていたが、久しく大興奮。
レースはいろんな意味でどきどきもの。直前にテレビに映った時、横向いてるなぁと思ったらゲートが開いて、そのまま躓いてるわけである。下手したら終わったかと一瞬思う。レース中も、ずーっと上がっていって、無理してないよなぁと心配。そう思っていたら、4角中段で、外に出してマイネルレコルトを凄い脚で抜くあたりで勝利を確信。あとは伸びるのみ。最後押さえてたので差が狭まったが、GI本番だけに無理に差を開ける必要はなかったということか。中山が不安だとかなんとか言っていたのがばかばかしくなる勝ち方と言ってしまってまあOKだろう。しかも、戻ってきたところで息もあがらずけろっとしてるわけで。それでもタイムは2分切ってるわけで、正直、化けもん。
3冠というか、年度代表馬というか、その道は大きく近づいた感じがする。少なくとも、思っていたよりもさらに強いことが良くわかった。アドマイヤジャパンもマイネルレコルトもシックスセンスも弱い馬とは思わないが、相手が悪すぎた。場内では、武豊が1本指を立てるという、なるほどとも言える「どこかで見た光景」が広げられていたらしい。

ちなみに、アドマイヤジャパンを含む3連複で万馬券、3連単なら7万馬券。井崎さんが馬単6100円を1点で取っていることも珍しいが、これを見て3連単買った人は笑いが止まらないだろう。スポニチでもディープから万馬券と言っているが、確かに十分に取れるチャンスはあったということか。いや、実際は単勝1.3倍でもつきすぎた、ということなのかもしれないが。
これで、ダービーまた人が多いだろうなぁ、という気分。というか、昨年も人が多かったが、今年はさらに多そうで、さすがに前売入場券を買わないと入れそうにないので、ちゃんと日程を見ておかなければ、と思っている所である。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hrnews/19187359
この記事へのトラックバック
1着はやはりディープインパクト。 単勝1.3倍の圧倒的1番人気に推されるも、スタート直後まさかの躓き。 しかしここからが並みの馬とは違いました。 4ハロン目で一旦流れが落ち着いた事もありますが、3角付近で既に11番手。 このあたり、武豊ジョッキーがいうところの
皐月賞結果【Futurity blog】at April 17, 2005 23:44