April 13, 2004

実は激しく隠れてサンデーの曾孫はすでに去年産まれてたらしかったりする。

嵐猫:サンデーサイレンス系
そうかー、サンデーサイレンスの曾孫が誕生しているなんてなぁ。血統表にすると、サンデーサイレンスは3代前になる。フジキセキが旧4歳の春に引退したとはいえ、まだ12歳。早く感じるなぁ。

それどころかどうもサンデーの曾孫、フジキセキの孫、去年産まれてたらしい。調べてみたらとんでもないのが出てきた。
Shodo-farmのデータをなんとなく見てると、たまに何の実績もない馬に種牡馬マークがついてて、例えばバブルガムフェロー産駒のビクトリーハートなんてのにも種牡馬マークがついてるのだが良く分からないし、そもそもこのマークもあてにして良いのかどうかもわからない。で、ついでにフジキセキもと思ってみたらこいつにもそんなのがいる。どうせネタかとおもったらサンデー系にめちゃくちゃ強いSunday Worldではちゃんと認識してるみたいで2003年産が1頭いるみたいだったりする。当然超マイナー種牡馬なので、どうってことないかもしれないし、そもそも競走馬になれるのかどうかもわからないが、まずは最初の曾孫ということでキタイしてみたいところ。(これが言いたかっただけとか。(^^;;;)
まあ、言うまでもなく、ダイタクリーヴァが当面の本命だとは思いますが...さすがサンデー、孫でもこういう種牡馬を残すか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hrnews/375927
この記事へのトラックバック
<A target=_blank href="http://blog.livedoor.jp/hrnews/archives/375927.html">実は激しく隠れてサンデーの曾孫はすでに去年産まれてたらしかったりする。(<A target=_blank href="http://blog.livedoor.jp/hrnews/">負け馬@馬耳東風) なんと、サンデーサイレンス.
サンデーサイレンス系その2【嵐猫】at April 13, 2004 23:15