April 29, 2004

結局ハンデキャッパーの評価ではダンスインザムードが現時点でトップということ。

重賞レーティング 2004年4月
4月18日
第64回 皐月賞 (GI) 
サラ系3歳 (牡・牝) 定量
中山競馬場 2000m 芝・右 (晴 良)
着順馬番馬名性齢重量(kg)騎手タイム着差レーティング
114ダイワメジャー 牡357.0 M.デムーロ1.58.6 114

4月11日
第64回 桜花賞 (GI) 
サラ系3歳(牝) 定量
阪神競馬場 1600m 芝・右 (晴 良)
着順 馬番 馬名 性齢 重量(kg) 騎手 タイム 着差 レーティング
1 9 ダンスインザムード 牝3 55.0 武 豊 1.33.6   111


4月の重賞各レースのレーティングが発表。その他に目立ったのは、オースミコスモが発表で106、ネオユニヴァースが114。オースミコスモはかなりいい数値だと思う。
3歳で並べると、ダンスインザムードが換算で115と、全体のトップ。桜花賞は今年に入ってからのヤマニンシュクル、皐月賞は、コスモバルクを基準でつけたっぽい数値。もちろん着差で単純につけるものなので、必ずしも強さが反映し切れてるとは言わないが、基準馬の選択にはそれなりに恣意性があることを考えると、かなり面白い結果に。っていうか、やっぱりハンデキャッパーの方々から見た場合でもダンスインザムードが一番評価ってことですか、これは。まあ、一口持ってる人ならオークスで確実に勝つってのは当然ながら、結構評判のいいJRAのハンデキャッパーが認めてるんだから、と言いたくなるのも本音だなぁ。
ちなみに、ダービーは1着賞金1.5億円、2着6000万円、オークスは1着賞金9700万円。もうちょっと差があったら参戦する牝馬は増えそうにも思うんだけど。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hrnews/477819