September 07, 2004

「やはりこの夏最大の上がり馬」なのか「やはり長期休養あけでも皐月賞馬」なのか。

nikkansports.com > 競馬TOP > 競馬ニュース 3連勝中のオペラに注目/朝日CC
11日阪神のメーンは朝日チャレンジC(G3、芝2000メートル)。デビュー3連勝中のオペラシチー(牡3、栗東・佐々木晶)が、重賞制覇に挑む。1000万クラスを勝ち上がったばかりだが、今回の重量は52キロ。重量差を生かして古馬に立ち向かう。

nikkansports.com > 競馬TOP > 競馬ニュース 1年半ぶりノーリーズン/朝日CC
昨年の阪神大賞典4着以来、1年半ぶりにノーリーズン(牡5、栗東・池江泰郎)がターフに戻ってくる。左前浅屈腱(くっけん)炎を克服しての復帰だ。


朝日チャレンジカップは、頭数が少ない割に面白い取り合わせになった。片やこの夏2000mを3連勝した、芝での最大の上がり馬、片や皐月賞馬が2年ぶりに2000mを走る。こういう取り合わせは非常に楽しく、ぜひどちらも好走して欲しい。
オペラシチーは有駿HC、佐々木晶三厩舎、佐藤哲三鞍上と、いかにもタップダンスシチーを思わせる取り合わせ。これならば、2000mは結構面白そうか。なにせ上がり馬が少ないだけでなく、菊花賞に向かう馬すら少なくなっているだけに、ここはせめて見せ場を作って欲しいところ。
皐月賞馬ノーリーズンには、皐月賞で◎を打ちながら馬連しか持ってなくて馬券を取り逃した痛い思い出がある。それ以降結構追っていたのだが、菊花賞落馬ありぃので、皐月賞のあの強さを見せぬまま屈腱炎で休養。本当ならば相手にするべきだったシンボリクリスエスもすでにいなくなってしまった。やっぱりドイルじゃなきゃだめなのかもしれないが、安勝でちゃんと皐月賞馬だったことを思い出させて欲しい。(なんか書けば書くほどネタ書いてるみたいな気分になるが。)
どっちにしても、下から成績と登ってきた馬と上から空白の時間に伴い落ちてきた馬で、どちらもまだ上への伸びがありそうなだけに、良いレースを期待したいところ。いや、まだまだイマイチぴりっとしない秋競馬を盛り上げるにも、ここでしっかり走って欲しいんだけれども。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hrnews/6589900