September 28, 2004

Sulamaniまで飛んだか、というとさらにチャンスだがやっぱり飛行機が懸念なのか。

SULAMANI TO MISS ARC: Sporting Life - Racing | Ascot QEII News, Form, Results, Tips, Live Shows, Betting & Statistics
Sulamani was the most notable absentee from the list of 27 entries remaining in Sunday's Prix de l'Arc de Triomphe Lucien Barriere when the latest forfeits were announced on Tuesday.

おー、凱旋門賞からSulamaniが回避。調整時間が足りないという感じである。有力馬がいないからか登録馬が減らない凱旋門賞の中でも、最有力に近い馬が一頭減ったと。これはタップダンスシチーには良い風向きかも。もっとも、Sulamaniなんぞ来るわけないと思って馬券を他の馬から買おう(North Lightあたり)と思っていた人には、カモがいなくなって残念という所だろう。いずれにしても、元々からして上位拮抗から1頭でも有力馬が減ったのは、日本でレースを待つ身からは興味深くなったといえるだろう。
その下には、各種の有力馬、海外馬(トルコの馬もいるのか)、除外馬が出かねないこと、さらにははタップダンスシチーのネタもある。

Top Japanese raider Tap Dance City also stood his ground despite earlier confusion that he would miss the race after his plane broke down in Mexico.

"He will arrive midweek and go to John Hammond's stable," said the horse's connections' French representative Patrick Barbe.

なんとかこれる事になった事、そして飛行機が週半ばに付次第ハモンド厩舎に向かう事になる、ということらしい。それなりに状態は整っているようだから、あとはつくだけ、と言いたいところだが、

"However, as his plane has not arrived at the right airport I cannot be totally confident of that."


などと書かれている。ただねぇ、ちゃんと予定どおりの空港に着いてくれなかったらあとはよくわかんねぇ、と言っているので、やっぱり向こうの心配も同じという事。一度あったことはやっぱりどこのひとも心配してるのねと個人的には結構笑った所でもある。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hrnews/7332852
この記事へのトラックバック
ええ、飛行機トラブルという 前代未聞の出来事で 栄えある凱旋門賞への出走が 絶望視されていたタップダンスシチー (牡7、栗東・佐々木晶) が、急遽出走することに決まったそうです。 う〜ん、そりゃねよかったんでしょうよ。 最初にタップが出れないかも?? って聞いた
●タップ凱旋門出走・・・するんだぁ・・・。【シュミノクニ】at September 29, 2004 02:17
さて、負け馬さまの凱旋門エントリなどを読んでたら 海外馬(トルコの馬もいるのか) というクダリが見え、「あれ、トルコから遠征ってことはあれか」と思って記事の原文をチェックすると、
ルートコの英雄、(たぶん)最後の挑戦。【殿下執務室】at September 29, 2004 14:08
トルコのシンザン (殿下執務室) カイタノは世界中走ってるんだなあとか、ブルガリアから二頭の遠征馬とか、本題以外にも楽しめるところ満載です。ドイツ血統ってホッカイダイヤの血統以降、日本にはもうほとんど導入されていないのでしょうか? 東ドイツ血統とか導入しと
トルコのシンザン【日本のへそ特別】at September 29, 2004 17:11
今年の凱旋門賞は、タップダンスシチーの出走と言うことで、特に注目です。 しかも、有力馬の回避もあって、混戦模様。 チャンスです。 出走馬の情報のあまりありません。 わかっているのは、混戦ということです。 今年のヨーロッパを象徴するかのようです。 以
凱旋門賞 2004【月の記憶】at October 02, 2004 19:19