2017年04月15日

私が連珠で人間vsコンピュータをやりたい理由

 明日は土曜出勤でしかも7時すぎには出社するつもりなのですが、ここ数日どうしても書きたかったことを。

 先日の将棋電王戦第1局で、佐藤天彦名人(本来電王戦では叡王と称すべきですが、ここでは名人と称します)がコンピュータPONANZAに完敗を喫しました。
 ついに、将棋の名人が、コンピュータに敗れました。
 局後の記者会見でも、名人は本番の対局でのPONANZAの好手を称えるだけでなく、練習でもほぼ勝てなかったことを認め、人類を上回っていることを明確に認めたと解釈できる発言さえありました。
 それはそれは爽やかで、名人のお人柄どおり大変に好感が持てるものでしたが、随分あっさりしているなと感じた方も多いかもしれません。

 「着手の選択肢が広いゲームほど(あえて砕けて言えば、難しいゲームほど)、コンピュータが人間を追い抜く日は遠い」というのが、2年ほど前までの一般的な感覚だったと思います。
 具体的には、オセロやチェスはもう抜かれており、将棋は抜かれたかどうか、囲碁はまだずっと先、というイメージでした。
 これは、「コンピュータが人間を追い抜く」と「コンピュータがそのゲームを解明する」ことがかなり近しい意味で捉えられていたものと、私は解釈しています。

 ところが、あのアルファ碁の出現です。
 囲碁はコンピュータに三子か四子置かせてどうか、という世界だったはずが、あっという間にトップ棋士たちがコンピュータを通じて囲碁の奥深さを再認識する風潮になり、もしかするとすぐに立場が逆転するかもしれません。
 なぜ囲碁のトップ棋士たちがここまで素直な反応を示したかといえば、それはやはり着手の選択肢の広さ、奥深さによるものであり、トップ棋士とて一局の中で量質ともに大きなミスをしていることを自覚しているが故のものと解釈しています。
 もっとも、囲碁のアルファ碁と将棋のPONANZAでは、かけられているヒト・モノ・カネの桁が違うのでしょうが、ひとまずそこは度外視することにします。


渡辺明ブログ 「電王戦2」
 一方、冒頭の将棋電王戦を受けての、渡辺竜王のブログです。
 「ではPONANZAにどうやったら勝てるのかと考えた場合、」と言及し、「低い確率の先にまた低い確率が待っている、というイメージです。」と述べておられます。
 私の注目したいポイントも、ここにあります。

 将棋の電王戦は今回が最終回とのことですが、第2局がどんな結果であれ、「まだ羽生が」「渡辺が」、あるいは「豊島が」「永瀬が」、さらには「千田が」「藤井が」といった声が出るでしょう。
 囲碁に比べれば着手の選択肢が狭い将棋においては、トップ棋士であれば、一局を(ほぼ)ノーミスで指し切ることは可能である、という発想があるようです。
 初手に22通りのランダム性を持たせていることが示すように、PONANZAとて将棋を解明したわけではまったくないわけで、特に序盤は劣勢に陥る(ことに気づかない)可能性はあると考えれば、人間が(ほぼ)ノーミスで指せば勝てる、と考えるのは至って自然です。

 では、少々極端な例にはなりますが、○×ゲームの三目並べはどうでしょうか。
 正確な年数は忘れましたが、このゲームは少なくとも私が生まれる前には、完璧に最善手を打てる、つまり解明しているコンピュータが出ていたはずです。
 が、私でも、たとえ全局後手を持っても、50%の勝率を残すことができます。つまり全局引き分けです。ノーミスで打てるからです。

 冷静に見て、アルファ碁やPONANZAにトップ棋士が50%の勝率を残すことは難しい。
 つまり、今は、「着手の選択肢が広いゲームほど(あえて砕けて言えば、難しいゲームほど)、人間がコンピュータに勝つ可能性は低い」といえるのかもしれません。
 どうしても、ミスの量質で人間が上回ってしまうからです。

 連珠の場合、トップ棋士なら、感覚的に10局に1局は(ほぼ)ノーミスで打っているはずです。
 三目並べと将棋の間に位置するイメージでしょうか。

 単純に他のゲームの愛好家と私の交流が増えたからなのでしょうが、「連珠のコンピュータって、もう人間より強いの?」は、最近非常によく受ける質問です。
 もちろん、私が九段であることに気を遣っていただいて、本当は「強いの?」ではなく「強いんでしょ?」と仰りたいことはわかります。
 いかにも二進法で、コンピュータが得意としそうなゲームなのですから。

 ところがどっこい、今や、連珠は数少ない人間が比較的高勝率を残せる可能性を持ったゲームなのではないか、そこで注目されてもよいのではないか、むしろ今その機会を逃すのは重罪なのではないか…ということなのです。
 何しろ、去年、世界コンピュータ選手権を5連覇しているYiXinというソフトが、トップ棋士とは言い難いEpifanov(ロシア)に2勝4敗2分と負け越した事実があります。
 最新版は桁違いに強くなっているらしいのですが、どう考えても、「人間が負けるから見るだけ無駄」という状況ではないはずなのです。

  
Posted by hrs_okabe at 00:19Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月14日

練馬連珠会予定

いずれも練馬区生涯学習センターにて

4/30(日) 13;30〜17:00
第2・3教室
※イベント開催予定、詳細は後日発表

5/13(土) 14:00〜17:00
第2教室
※通常例会およびゲムマ前日打合せ


http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/kominkan/
  
Posted by hrs_okabe at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月14日

東北東京対抗戦・東北選手権

東北東京対抗戦と東北選手権を連日で開催することになりました。

会場:いわて県民情報交流センター(盛岡駅徒歩3分)
http://www.aiina.jp/

7/8(土)11時〜東北東京対抗戦
※夜は、わんこそば大会予定!

7/9(日)11時〜東北選手権
  
Posted by hrs_okabe at 18:12Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月24日

練馬連珠会

■1/15(日) 14~17時
■2/11(土・祝) 14~17時

いずれも練馬区生涯学習センター2階第3教室

西武池袋線・有楽町線・豊島線・都営大江戸線の練馬駅から徒歩8分


http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/kominkan/

ご参加お待ちしております。

  
Posted by hrs_okabe at 17:54Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月23日

連珠世界誌2017年1月号/発行遅延

日本連珠社ホームページ(http://www.renjusha.net/)にも記載のとおり、連珠世界誌2017年1月号の発行が大幅に遅れる見込みです。
読者の皆様にご迷惑をおかけいたしますことを、編集委員として私からもお詫びを申し上げます。
何卒ご容赦くださいませ。  
Posted by hrs_okabe at 00:29Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月21日

連珠名人戦第3・4局

今週末、第54期名人戦五番勝負第3・4局です。
ネット中継の詳細は追ってご連絡します。
第3局 12/23(祝) 10時〜
第4局 12/24(土) 10時〜
※第3局で中村名人が勝った場合、第4局はなし
東京都練馬区・向山庭園
  
Posted by hrs_okabe at 00:12Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月18日

連珠公式戦で挙げた勝数にちなんで

 今年も連珠公式戦で挙げた勝数にちなみ、27勝×500円=13,500円をマダガスカル口唇口蓋裂医療協力へ寄付させていただきました。
 一つでも多くの命が救われ、幸せな生活が送られることを願っております。
  
Posted by hrs_okabe at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月10日

blog10年

あす2016年11月11日、このblogを初めて丸10年となります。

おかげさまで、10年間炎上しらずで来ました。
炎上するほどの閲覧者がいないからに他ならないわけですが、増えるときは増えるので、ほくそ笑んでいます。

気づくのが遅すぎて、何も特別なことはできませんが、とにもかくにもご覧いただいている皆様には感謝です。

最近はTwitterやFacebookとの併用で、このblogはほぼ連珠の大きなイベントの時に連投するだけになっていますが、無理せず続けていきます。  
Posted by hrs_okabe at 19:35Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月02日

本日の昼食

IMG_20161002_115411
  
Posted by hrs_okabe at 12:04Comments(0)TrackBack(0)

第54期名人戦五番勝負第2局

皆様おはようございます。
第2局立会人の岡部です。
これでおそらく連珠界で初めて、記録係、時計係、対局者、立会人と制覇しました。
ありがとうございます。
厳密にはあと名人が残っていますね。

さて、本局は名人の残月提示で始まりました。
残月は54期の歴史の中でなんと五番勝負初登場なのですが(残るは新月、遊星、彗星のみ)、名人はあまりそういう話には興味を示さないため、A級リーグで何局か打たれていた残月に何か思うところがあったのでしょう。
神谷六段が唯一引き分けた飯尾戦が残月で、その局と同様に黒番を選択しています。
次の白12が大きな分岐点ですが、果たして。

※本日は立会人かつ大盤解説のため、更新は少なくなります。ご容赦ください。

択 神谷 俊介 六段(22)
示 中村  茂 名人(57)
黒11まで

IMG_20161002_104209
  
Posted by hrs_okabe at 10:51Comments(0)TrackBack(0)