平塚八幡宮公式ブログ

2012年09月

本日午後二時より、当宮境内にある太子堂にて九月祭を斎行いたしました。
IMG_3056_1






IMG_3062_1祭典では平塚八幡宮の太子堂を崇敬する平塚鳶工業連合会に木遣りを奉納いただき、秋風の吹く清々しい境内に勇壮な木遣りが響き渡りました。




IMG_3045_1太子堂には聖徳太子をお祀りしております。聖徳太子はわが日本の文化史上における代表的偉人で、その政治上の功績は云ふまでもなく、学問著述教育宗教音楽芸能工芸築建医療養護社会施設その他諸道の祖として信仰されております。



IMG_3074_1特に室町の時代には神道・仏教宗派にとらはれず、太子を芸道の祖として尊ぶ信仰が生れ、鳶・大工・左官・屋根職等の仕事師の絶対的信仰をあつめ、今でも全国にある太子堂のほとんどは、地元の建築関係の皆様により崇敬され、正月・五月・九月(主に二十四日)にはお祭りが行われております。


IMG_3070_1また「木遣り」は、建築用材に用いる大木を運ぶ時、大勢の力を合わせて引く歌を云い、木曳歌と同義語で、木曳の際の号令の役目をした掛声が木遣歌となったと言われております。
古来は音頭に合わせ真棒と曳綱に命をかけて建設への基礎造りを続けて来ましたが、現今では、木遣と云えば木遣音頭を以て代表され 諸々の行事に広く歌われるようになったと言われており、祭典では鳶の伝統の保持と仕事の安全、そして新時代に即応した業界の発展を祈念する意味で木遣りが奉納さています。
(山田)


昨日、平成24年 平塚八幡宮 ぼんぼりまつりが終了いたしました。

IMG_2838_1昨年よりも多くの作品(揮毫)の奉納があり、また、昨年よりも多い参拝者に八幡山に灯る幽玄な光をお楽しみいただきました。




IMG_2844_1総代・世話人・神輿会のご奉仕による模擬店も盛況で、今や単なる記念行事ではなく平塚市の風物詩・文化的催しとなった「ぼんぼりまつり」をご堪能いただけたことと思います。




IMG_2659_1献灯祭・鎮地祭・長寿祭といった期間中の祭典も滞り無く斎行することができ、8月の例大祭に続きまた一つ大きなお祭りを無事に終える事が出来ました。




最後にご協力いただきました全ての方々に感謝・御礼申し上げます。

尚、Facebook平塚八幡宮ファンページにて今回のぼんぼりまつりの写真集を公開しております。こちらも是非ご覧下さい。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.430006810390475.102214.195090610548764&type=1&l=1070847be0

本日は「ぼんぼりまつり」の最終日で、朝9時より当宮由緒に由来する鎮地祭を斎行いたしました。
IMG_2891_1IMG_2885_1






IMG_2898_1祭典の最中は天気も良かったのですが、終了と同時に早い風にのった雨雲が流れてきて、職員総出で出したばかりのぼんぼりに雨除けを施しました。



雨は直ぐに上がりましが変わりやすい天気の中まだまだ予断を許しません。しかし「雨降って地固まる」とも申しますように、まさに地を固める恵みの雨・・「地を鎮める」鎮地祭にぴったりのお天気となりました。

IMG_2899_1この後神社では模擬店の準備を行います。本日も午後4時ごろからご奉仕申し上げますので、皆様お揃いでぼんぼりまつりへ起こし下さい。



尚、本日の模擬店奉仕及び奉納演芸は午後8時までとなります。

このページのトップヘ