14日・15日・16日の3日間、神社で最も重要なお祭りである「例大祭」斎行されました。
当宮では、先日このブログ上でご紹介いたしました14日の扇松海岸での「禊行」から始まり、16日の若宮社例大祭までの三日間の行事を平塚八幡宮例大祭としております。

IMG_0201_1
IMG_0211_1

今年は14日につるみね幼稚園・氏子自治体の皆様による「ぼんおどり」が行われ、例年とは違った雰囲気の中での「宵宮祭」となりました。
宵宮祭は総代・世話人・歴代総代・神輿会・囃子保存会・交通安全協会の皆様が参列され厳かに斎行されました。

IMG_0278_1
IMG_0334_1

翌15日は、早朝6時より御殿前にて浜降祭(神輿発御)が斎行され、参列者一同は「浜祭典」が行われる扇松海岸へと向かいます。

IMG_0430_1
IMG_0539_1

到着した神輿は海岸へ降り、波打ち際を練った後に砂丘に設置された祭場へ入り、7時より「浜祭典」が行われ、前日の禊行の時とは打って変わった晴天のさわやかな朝の日差しの中、日の大神様のお恵みを感じながら無事御奉仕ができました

IMG_0648_1
IMG_0768_1

神輿の渡御に随行する方々を残し、宮司を始め神職、そして主立った役員が神社に戻り、いよいよ10時半より例大祭が斎行されます。伶人の奏でる雅楽を先頭に、当宮宮司・神職・助勤に来ていただいた他の神社の神職の方々、そして献幣使としてお越しいただいた神奈川県神社庁副庁長、又ボランティアの高校生の方々、当宮舞教室の舞姫の子供達などが雅に、煌びやかに参道を参進しいたしまし、御殿内におきましては一年に一度の大祭にふさわしく、厳粛な雰囲気の中例大祭が斎行されました。


IMG_0954_1夕方4時からは市民センター西側にある公園を祭場に、ご来賓の方々を始め多くの参列者のもと神幸祭が行われ、そしてそ神幸式・神輿渡御へと続きます。



IMG_1203_1
IMG_1573_1

とても暑い中でしたが、神輿渡御の力強いかけ声に背中を押され、また道行く人の笑顔にお力をいただき、例年以上の盛り上がりを見せた最後の宮入りを経て、還御祭まで無事に御奉仕をする事ができました。
祭典終了後、皆様が互いに「お疲れ様」「明日の若宮も頑張ろうね」と声を掛け合う姿が印象的でした。

そして平塚八幡宮例大祭3日目、16日は若宮社例大祭です。
今年は、去年行われなかった弓馬術礼法小笠原流宗家の方々による「歩射神事」も行われました。

IMG_1843_1まず、弓馬術礼法小笠原流宗家にもご参列戴き、当宮末社若宮社の例大祭(併せて発御祭)を斎行します。
若宮社の神輿は、昨日の神輿渡御の疲れもなんのその、まったく疲れを感じさせない「ドッコイ・ドッコイ」のかけ声で神社を後に、氏子地域へと繰り出して行きます。

そして神輿を見送った後、境内では歩射神事が行われました。

IMG_1979_1
IMG_2012_1

多くの見学者の中、古来より伝わる作法により神事は行われ、的に命中するごとに観客からは「おお!」と言う声と、拍手が送られておりました。
神事で使われる的は「千木」と呼ばれ、これを得ると魔除けになると言われております。尚、今回命中した千木は当宮授与所にてお頒かちしております。
「歩射神事」当的はこちらからご覧戴けます。

IMG_2152_1続いて夕方5時より「街かど広場」において御旅所祭が斎行され、その後公園通り・パールロードと神輿が練り歩き、大門通を経て宮入となります。




IMG_2219_1駅前の商店街の渡御の盛り上がりは大変賑やかで力強く、道ゆく方々が皆御神輿を見上げ、心を一つにして一緒に町を練り歩いてゆく素晴らしい一体感があり、改めて神輿渡御の醍醐味を味わえたように思います。



IMG_2354_1境内に還り若宮社の前では名残惜しそうに何度も甚句が詠われ、そして定刻、神輿が台に降ろされ還御祭・直会と進み、3日間に及ぶ平塚八幡宮の例大祭は、その全ての日程を滞り無く終える事が出来ました。


最後に、今回ご協力戴きました関係各位の皆様、ボランティアの皆様に感謝申し上げると共に、遠く飛騨高山よりお越しいただき、宵宮・浜祭典・例大祭とご参列戴きました、「櫻ヶ岡八幡神社」の皆様を始め、ご参列戴きました多くの方々、来賓の方々にこの場をお借りし御礼申し上げます。
皆様お暑い中大変ご苦労様でございました。
(山田)