お味噌汁、大好き!
お味噌汁と玄米ごはんと納豆とか梅干しあれば普段の食事は大満足です。
からだもあたたまるし、酵素もとれるし、最高ですね。



みなさんは、毎日お味噌汁をどうやって作ってますか?
我が家では、時間があるときは出汁をひくところから、
時間がかけられないときは白だしで作っています。

ほ○だしなどの顆粒だしで作る方が一番多いのではないのでしょうか?
この顆粒のおだし、実は使い方にちょっとしたこつがあります。
全くいつもどおりの材料で、ちょっと手順を変えるだけで、
いつもより美味しいお味噌汁ができる
ので、ぜひやってみてください!


1.お湯を沸かして顆粒だしを加え、だし汁を用意する

この時、加える顆粒だしの量を、いつもの半分~7割くらいの量にしてください。
このだし汁で、具材におだしをふくませながら火を通していきます。

2.お味噌をとく

具材に火が通ったら、お味噌をときます。
お味噌のつぶつぶが気にならない人、みそこしを断捨離したい人、おみそを溶くのがめんどくさい人は、溶かずに溶かす方法がおすすめです。
下のイラストのようにお玉に味噌を適量載せて、だし汁に沈めて蓋してちょっと置いとくと、
水分で自然とおみそがふわっとほどけるので、最後にちょちょっと混ぜるだけで、お味噌がちゃんと全体に溶けますよ。


白みそ系はちょっと固いかも。
ポイントは、気持ち薄目に仕上げる事です!!

3.沸騰しないように温める

沸騰するとお味噌の香りが飛んじゃうので注意。
温まったら、お椀によそう直前に、残りの半分~3割くらいの顆粒だしを最後に加えます。
できあがり!


☆顆粒だしは加熱すると香りが飛んで弱くなります。

顆粒だしの原料は、うまみ調味料とかつお等のアミノ酸が多い魚の節粉です。
細かく粉砕して、他の調味料などと練り合わせてつぶつぶに成形して乾かしてできています。
特性として、熱で香りが飛びやすいです。
なので、最後に加えて煮立てないことで、かつおぶしなどの香ばしい香りがより一層引き立ちます。

家族で食事の時間がばらばらな時なんかは、
2.まで作っておいて、お椀によそってから、ひとつまみくらいの顆粒だしをぱらぱらっと加えるのでもOKです。
これだと全員が、時間が経ったお味噌汁でも、ちょっと作り立てっぽい感じが味わえますよ!


↓お味噌汁の具材は何が好きですか?
わたしは茄子とみょうがが好きです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
応援、いつもありがとうございます!



>
⚠速報⚠

Amazon Music Unlimited

Amazon Music Unlimitedが3ヶ月99円で聴き放題!!

ついに来ましたAmazon Music Unlimitedの3ヶ月99円期間限定キャンペーン!!
この機会を逃すと次はいつか分かりませんので、ぜひこの年末特大キャンペーンを利用して、3ヶ月だけでも99円でAmazon Music Unlimitedを試してみてください!!
2019年1月4日まで!もうこんなチャンスは無いかもしれませんのでお見逃しなくッ!!
公式サイトからAmazon Music Unlimitedを3ヶ月99円で試す