ブログネタ
HSBC香港(香港上海銀行) 海外投資のススメ に参加中!

いつもHSBC香港お助け支店をご利用いただき誠にありがとうございます。

HSBC基本情報のページへようこそ

香港上海銀行(ほんこんしゃんはいぎんこう、 The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited、香港上海匯豐銀行有限公司。略称は英語でHSBC、中国語で匯豐、広東語読みウイフォン、はイギリスの金融グループHSBCホールディングス傘下の銀行です。香港に本店を置き、香港ドル発券も行う銀行です。

香港HSBCお助け支店 HSBC香港本店夜景
 
1991年に香港上海銀行グループの持株会社としてHSBCホールディングスがロンドンで設立されました。それに伴い、HSBC香港上海銀行は、同グループのアジア太平洋における中核子会社となりました。

《設立》
1865年3月にユダヤ系イギリス人のアーサー・サッスーン卿(ロスチャイルド一族のメンバー。父親はデイヴィッド・サッスーン)によって、アヘン戦争後にイギリス(大英帝国)の植民地の香港で創設されました。
一ヵ月後にはイギリスの共同租界が置かれていた清の上海で営業を開始しています。

当時は香港に本社を置き、主に在華外国企業(サッスーン洋行、ジャーディン・マセソン商会、デント商会などのアヘン貿易商社)のインドなどの他の大英帝国の植民地との間における(アヘン貿易の利益のイギリス本国への送金を含む)貿易金融を扱ったほか、通貨の発行も行っていました。

香港HSBCお助け支店 旧本社ビル


《香港ドル発券銀行》
日本占領時代の旧本社ビル20世紀初頭には極東地区最大の銀行となり、その後の辛亥革命後の清朝滅亡や、その後の中華民国と日本との間に勃発した日中戦争、第二次世界大戦時の日本による香港や上海、シンガポールの占領や、国共内戦後の中華人民共和国建国による上海からの撤退などの波乱の時代を経て事業を拡大してきました。
 
また、商業銀行ですが、1997年の香港のイギリスから中華人民共和国への返還、移譲に伴う1993年の香港金融管理局成立以前は、香港において中央銀行が行うべき役割も果たしてきました。なお、現在もスタンダード・チャータード銀行、中国銀行 (香港)とともに、香港ドルの発券銀行の1つとして機能しています。
 
その後1965年には、香港で最大の華人系銀行であった恒生(ハンセン)銀行が破綻したため、その過半数株式を取得し、現在もグループ傘下に収めて営業を行っています。


香港HSBCお助け支店 本店ライオン 左


《拡大》
1980年代に大掛かりな買収戦略による拡大を開始してアメリカでマリンミッドランド銀行(現:HSBC USA)を買収するなどイギリス連邦(カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど)の地域の有力銀行を次々に傘下に収め、ほぼ同時期に中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチンなど)、中東(エジプト、サウジアラビア、レバノン、UAEなど)、東南アジア(タイ、マレーシア、フィリピンなど)、南アジア(インド、パキスタン、スリランカ、バングラデシュなど)、トルコなど高成長が見込まれる地域の有力現地銀行多数を傘下におさめて「ほぼ全世界」を活動地域としてカバーする世界で唯一の銀行になりました(国際的に活動する銀行はスタンダード・チャータード銀行やシティバンク、バンク・オブ・アメリカなど多数あるが「ほぼ全世界」をカバーしている銀行は他に類を見ません)。

2007年現在も中華人民共和国、ベトナム、東欧各国、ロシア、中米(メキシコ・パナマなど)、南アフリカなどで拠点網を拡大、強化を続けています。

《HSBCホールディングスの設立とロンドンへの移転》
こうした大掛かりな国際展開の背景には、1997年7月の中華人民共和国への香港返還、移譲がありました。他のイギリス植民地資本(ジャーディン・マセソンやスワイヤー・パシフィックなど)と同様、香港上海銀行もイギリスが香港の宗主国でなくなり、中華人民共和国に返還されることを政治的リスクだと考えていたからです。
また、1992年のイギリス最大のミッドランド銀行(現:HSBC Bank plc)の買収にあたり、登記上の本部をイギリス本国に移転することをイギリス政府から要請されていました。そうした事情から、前年の1991年ロンドンにHSBCホールディングス(HSBC Holdings plc)を設立し、登記上の本拠地をロンドンに移動、イギリス法人となりました。

ロンドン本社はドックランドのカナリー・ワーフにある「HSBCタワー」(香港本部と同じくノーマン・フォスター卿の設計)です。


香港HSBCお助け支店 ロンドンHSBCタワー


《総資産世界最大》

その後1999年にはアメリカのリパブリック・ナショナル・バンク・オブ・ニューヨーク(現:HSBC Bank USA NA)、2000年フランス商業信用銀行(CCF、現:HSBC SA)など世界各地の金融機関を積極的に買収してきました。

この様な動きを受けて2001年にはキャッチフレーズを「The world's local bank(全世界の地元銀行)」に変更し、併せて全世界で高い人気を誇るF1のジャガー・レーシングチームのスポンサーになるなど、名実ともに全世界をカバーする展開を行いつつ、拠点数と収益を伸ばし続けています。

現在、HSBCグループは、ロンドン、香港、ニューヨーク、パリ、バミューダの証券取引所に上場しています。時価総額規模では、アメリカのシティグループ、バンク・オブ・アメリカに次ぎ世界第3位(ヨーロッパでは第1位)。2006年半ばの業績発表で総資産ではシティグループを抜いて世界最大になりました。 2009年11月におこったドバイ金融危機でも、ドバイに最大の投資をしていたといわれています。


《HSBC香港本店見学ツアー》

本店内部大公開!




■「これから始めるHSBC香港口座 超入門書」
2018年8月版発売中!!

これから始めるHSBC香港口座 超入門書
海外FXランキング

HSBC香港お助け支店長の「ブログだけでは終わらない!!」が
マグマグ大賞2014のニュース・情報源部門第9位に選ばれました!
< こちらより無料配信中!! >

ブログランキングに登録してます。 更新の励みになりますのでよかったらクリックの協力をお願いします。
banner_22 ブログランキング 中国関連ブログランキングへ