ポール先生のHSBC香港ガイド

世界でも有数の銀行、HSBC香港。口座を開設される日本人の方は後を絶ちません。しかし、多くの方が使い方がわからない、口座からお金を出せない等トラブルを抱えてそのまま放置されている方も多く見受けられます。 そういったトラブルを解決するため、ポール先生がHSBC香港について説明、開設していくブログページです。

HSBC口座開設だけじゃダメ!

こんにちは、ポール先生です。

HSBC口座開設は、ブースで口座開設できた!だけでは通常通り使うことができません。


541a0554





ブースで口座開設ができた後は、


入金をして、

インターネットバンキングの登録をして、

セキュリティデバイスの申請をして、

リスクに対するアンケートをして、


ATMカードのアクティベートをして、

ATMカードのPIN番号を変えるところを含めて


口座開設のサポートになります。



もちろん、ダウングレードが必要なら、ダウングレードがちゃんとできるまで
お手伝いしないとダメですよね。


お問合せを頂く中には、

ブースで口座開設をして、入金をしただけの方等もいらっしゃるようです。。。


上記のことをちゃんと知っておかないと、日本に戻ってから、香港でやり忘れた!ということになってしまいます。


HSBC口座は、他銀行と違ってインターネットバンキングでできることが多く、
凍結を除いて、ほとんどのトラブルは、香港に来なくても解決できることが非常に便利です。

そこで!

HSBCの全てが一目でわかる無料メルマガ。

まだ無料登録がお済ではない方は、下記から登録してみてくださいね
無料メルマガ登録はこちら 「香港HSBC口座の全て」週刊 
※ある程度のHSBC知識は無料メルマガでつけられますし、バックナンバーも見れますよ♪ 


ちゃんと必要知識は最低限頭に叩き込んでおきましょう~♪


 

HSBCインターネットバンキングのログイン方法が更新!!

HSBCの全てが一目でわかる無料メルマガ。

まだ無料登録がお済ではない方は、下記から登録してみてくださいね
無料メルマガ登録はこちら 「香港HSBC口座の全て」週刊 
※ある程度のHSBC知識は無料メルマガでつけられますし、バックナンバーも見れますよ♪ 
--------


こんばんは、ポール先生です。

最新情報となります。


HSBC銀行のインターネットバンキングのログイン画面が変更になるようです。


HSBCから、ログイン画面が変わりますよ~、というメール通知が届いたら、
1ヵ月以内にログイン画面が変わってしまいます。

徐々に、メールが届き始めると思います。


今までのログイン画面は、

12


上記が今までの画面で、右上のLog onからログインぺージへ行くと、

今までのログインページ
これですよね?



それが変わるのです。


下記が、新しいログイン画面です!!


新しいログインページ

 
1、口座開設時、もしくは、秘密の質問を設定している人は、第一質問の答えを書く。
もし、設定をしていない場合には、第一パスワードを今まで通り入れればよい。


2、上の画面はセキュリティデバイスでログインする場合ですけど、、、
今まで通り、第2パスワードか、セキュリティデバイスどちらかでログインをするのですが、 

表現の仕方がちょっと変わりますね。

without セキュリティデバイス
or
with セキュリティデバイス

と出てきます。

どちらか選んでログインしてくださいね~。


 

自力で海外銀行口座開設ってできるの?

こんにちは、ポール先生です。

海外の口座開設、むしろ香港の口座開設をしようと一度でも考えたことのある方なら、

自分で口座開設ってできるのかな?って誰もが考えたことがあると思います。


1人でできるもん!



ポール先生も、自力でできるなら、その方がサポート費用もかからないし、いいと思います。

たまたま運がよければ、口座開設できることもあると思います。



できた理由は、

・英語なのかもしれない。
・タイミングが良かったのかもしれない。
・丁度その時行った支店が良かったのかもしれない。
・担当者が良かったのかもしれない。


ですよね?



確かに、昔、数年前は、自力で作りやすかったと思います。


しかし今は、非常に厳しくなっているのが実情です。

弊社に口座開設のサポートを依頼頂く皆様は、
自分で行って、断られてから口座開設サポートの依頼を頂くケースが多く見受けられます。


そんな時にでも、弊社では口座開設をしたいというお客様がいるならば、
何とか口座開設ができるように、あの手この手で策を練ります。


そして、自力で口座開設をトライされるときに、失敗した時のことも考えて、
注意事項があります。

失敗した時の履歴が残らないように

出来る限り、

パスポートや、名前を銀行員に教えないでください。




それは、銀行員によります。



「口座開設したいんですけど?」と言った時に、


・門前払いされるのか!


・話し込んで、パスポートや証明書類を提出してどこかに持っていかれてから断られるのか。




この違いは、非常に大きいです。


口座開設するなら、少なからず英語は少し自信のある方々かと思いますが、
何か自分の情報を見せる前に、できるのかどうか初めに必ず確認したほうが良いということです。


今は、昔キットを買って口座開設できた人からHSBCキット等をもらったり、買っても、
同じ支店でも口座開設できなくなっているでしょうし、非常に難しいと思います。
(香港に住んでいればもちろん口座開設はできますけどね。)


ポール先生のような、口座開設のサポート会社にお願いする場合は、

成功率が100%の会社であり、確率を高め、

安心をお金で買っていただく方には、もってこいだと思います。



いつでもご相談くださいね~。


あ、メルマガも読んでみてくださいね!
↓↓

まだ無料登録がお済ではない方は、下記から登録してみてくださいね
無料メルマガ登録はこちら 「香港HSBC口座の全て」週刊 
※ある程度のHSBC知識は無料メルマガでつけられますし、バックナンバーも見れますよ♪  






 

HSBC銀行の陰に潜むハンセン銀行・スタンダードチャータード銀行

こんにちは、ポール先生です。

香港や日本には、口座開設のサポートをしてくれる会社さんがたくさんありますね。

ただ、ほとんどがHSBC銀行の口座開設サポートだったりするのですよね。

HSBC-Logo-PNG-02527








スタンダードチャータード銀行やハンセン銀行・シティバンク銀行の口座開設サポート会社さんは
すごく少ないのですよね。

確かに日本からの遠隔による、口座トラブルの対処はHSBCが一番遠隔で解決できる項目が多いですね。


まず第一に、口座管理をちゃんとしていれば、口座が使えないというトラブルには至りません。

gif








年々、時期や状況によって口座開設のしやすい銀行や支店、時期が異なる中で、
比較的安定した口座開設ができているのがHSBCなのかもしれませんね。


ハンセン銀行も、セキュリティデバイスがありますし、使いやすいのですけどね~。
現物の金も購入できる銀行ですしね



スタンダードチャータード銀行の口座開設は、裏話になりますけど、
最近は結構厳しくなってきていますね。

まず個人で行き当たりばったりで行っても作れないでしょうね。

svg






確実に失敗をしたくないよ!っていう人は、成功確率を高めるために
口座開設のサポート会社を利用する方はたくさんいます。


実際に今は、無料の口座開設キットを購入しても、口座開設を断られてしまうケースも多く存在します。

無料だから何も言えないし、、、失敗しちゃったし、香港にきた意味がなくなってしまいますよね、、、


安心して、口座開設サポートをお任せするならポール先生にお任せくださいね。

口座開設以外の香港での金融話にも花を咲かせることもできますし、
香港に強い良い知り合いができた感覚でお任せ頂ければと思います。

あ、メルマガも読んでみてくださいね!
↓↓

まだ無料登録がお済ではない方は、下記から登録してみてくださいね
無料メルマガ登録はこちら 「香港HSBC口座の全て」週刊 
※ある程度のHSBC知識は無料メルマガでつけられますし、バックナンバーも見れますよ♪  

 
 

HSBC法人口座についての現状

海外の法人口座の開設は非常に難しくなっている。

近年、HSBCは欧米の監察機関にフォーカスしているため、

HSBCのリスク回避の許容度は他銀行より厳しい。

Bank








 

 

銀行業界の情報によると、ここ数ヶ月間、

法人口座開設の失敗率は50%にも及ぶ。

 

その中でも、新規法人と外国法人(サモアやセーシェルなど)の

失敗率が一番高い。

 

大型外資銀行以外の銀行、

 

例えば中國銀行などの親会社が中国にあるために、

監査や罰金などの問題が比較的小さいので、

マネーロンダリングのリスクが高い企業以外に、

口座開設の失敗率は一桁に維持できている。

 

記者がHSBCの法人専門支店に入って、調査してみたところ、

 

「近年は金融詐欺や犯罪を避け、お客様を守るため、

口座開設のプロセスと手続きをアップグレードさせて頂きました。」

 

という注意書きが貼り付けられているではないか。

 

お客様からたくさんの資料を要求し、

口座開設後も高い頻度で口座の動きを監査する。

お客様に電話やメールで連絡する頻度も以前より高くする。

 

香港青年創業者協会の副会長リー・ホウ・ジョン氏によると、

昔のHSBCは他銀行と比べて透明度も利便性も高いけど、

過去2年間では明らかに口座開設の方針が変わっている。

 

HSBCがここ何年で審査の制度を強化するとずっと言っているが、

リー・ホウ・ジョン氏は

「以前聞いたことだが、銀行員の話では昔からあったことで、

最近になってやっとちゃんとやり始めた」とコメントした。

 

リー氏の独自の意見だが、HSBCの雇用数が非常に多いので、

預金の業務のみだけでは稼げないから、

もしかしたらこれが本当の

(小さい企業の口座開設を)断り理由かもしれない。

 

彼の話によると、

最近は支店の銀行員が全ての開設フォームを記入して、

内審査部門に書類を提出しても、平気で断られるので、

フロントの銀行員は非常に無力を感じる。

 

他の銀行マンは、

HSBCがリスクを回避する行為は分からなくもないという。

 

最近HSBCは欧米の監察機関以外にも、

香港地元のSFC(香港の金融庁)からの訴訟にも対応しているので、

顧客の選択に対しては、相当注意をしている。

 

小さいお客様のせいで億以上の罰金をされるのなら、

最初から受けないほうがいいというスタンスを取っている。

 

香港金融管理局の会長チェン・タクシ氏が先月の香港立法会で、

全世界の銀行は積極的にマネーロンダーリングの

リスクコントロール措置を取っているので、

香港の大型銀行も協力するはずだ。
 

 

よって、口座開設のプロセスが相当厳しくなるだろうとコメントした。

 

アナリストによると、チェン氏が言う大型銀行は

HSBCやスタンダードチャータードなど

英資系銀行を示しているではないであろうかとのことだ。

 

記事検索
livedoor プロフィール