ポール先生のHSBC香港ガイド

世界でも有数の銀行、HSBC香港。口座を開設される日本人の方は後を絶ちません。しかし、多くの方が使い方がわからない、口座からお金を出せない等トラブルを抱えてそのまま放置されている方も多く見受けられます。 そういったトラブルを解決するため、ポール先生がHSBC香港について説明、開設していくブログページです。

HSBC口座開設について

こんにちは、まだまだ100%の口座開設実績を誇るポール先生です。


よくお問合せを頂けることと、ご紹介を頂けることはとてもうれしいですね

IMG_7828









英語に自身がない方でも、弊社と連携をすれば口座開設をできないことはございません


弊社では、サポートをさせて頂くのにあたり、費用を頂いています
3,500HKD(単独名義)です
HSBC口座を作れるのであれば、決して高くはないサポート費用です。


ご自身でチャレンジされるのも良いとは思いますが、失敗をしてしまうことを考えると
香港現地の口座開設のプロにお任せをして頂いたほうが成功率は大幅にUPします

先日も、ご自身でチャレンジされて失敗をされてしまったみたいで
弊社へお問合せを頂くケースもございます

英語が話せれば口座開設ができるというわけではございません。
香港の非居住者であれば、それだけで断られるケースもあるのです

4i_b












数年前よりも非常に難しくなってきている口座開設ですから
もうご自身でチャレンジなされる時代は終わりました


せっかく渡航費用をかけて楽しい気分で香港へ来られるのに
失敗して、意味のないことにならないようにしてください


当日失敗されて、突然口座開設サポート会社へ電話しても
ほとんどの会社は突然のことに対応はしてくれません

事前にしっかりとした準備をしてから口座開設に挑むことが鉄則です


弊社では、どんな場合であっても臨機応変に対応させて頂きます

口座開設だけでももちろん喜んでサポートさせて頂きます



まだ無料登録がお済ではない方は、下記から登録してみてくださいね
無料メルマガ登録はこちら 「香港HSBC口座の全て」週刊 
※ある程度のHSBC知識は無料メルマガでつけられますし、バックナンバーも見れますよ♪  


 

日本のATMでの引き出し事情に変化!!

皆さんこんにちは!ポール先生です。

HSBC口座について、日々情報は更新されていきます。
その際の、重要な情報にお役立てください。

前回書いた1回につきのATMでの引き出し事情に変化がありました。

まだ無料登録がお済ではない方は、下記から登録してみてくださいね
無料メルマガ登録はこちら 「香港HSBC口座の全て」週刊 
※ある程度のHSBC知識は無料メルマガでつけられますし、バックナンバーも見れますよ♪  

HSBC-axes-jobs-014-1940x1164













今回執筆させて頂く内容は、日本のATMでの引き出し事情についてです。

日本にある全てのATMで引き出しをしてみれば全ての情報を網羅できるのですが、、、
それはなかなかできないですよね、、、


まず、日本のATMで1日に引き出しをできる金額は、50万円までとされています。

その中でも、1回に引き出しのできる金額が、ATMによって異なるのです。

それはどういうことなのか?


つまり

1回の引き出し額が少ない場合、何度も引き出しをしなければいけなくなりますよね?


「手数料が多く取られる!」ということになります


今のところの情報ですと


・ゆうちょ銀行➝1回10万円➝5万円
・ローソン・ファミリーマート➝1回20万円➝5万円
・セブン銀行➝1回5万円



このように各設置されているATM機により異なるんですよね

00403_1380539276
20140805003424
E383ADE383BCE382BDE383B3
hc0g7400000269vo












ただ、あまりHSBC口座自体にお金が入っていない場合は、
多量に引き出しをして使うのは得策ではありません。

せっかく海外で資産形成をしているのに、海外から日本内にお金を入れてしまっているのです。


ただ、もしHSBCからお金を引き出して使いたい場合には、知っておくと便利な情報です。

よほどのことがない限りは、海外で運用したほうが良いと思います。



海外の口座についてのお問合せ・海外の資産運用に関するご相談は
こちらまで
 

お気軽にお問合せしてくださいね!
 

HSBCインターネットバンキングにログインができない?

こんばんは、ポール先生です

まず、

HSBCの全てが一目でわかる無料メルマガ。

まだ無料登録がお済ではない方は、下記から登録してみてくださいね
無料メルマガ登録はこちら 「香港HSBC口座の全て」週刊 
※ある程度のHSBC知識は無料メルマガでつけられますし、バックナンバーも見れますよ♪ 


-----------
皆さん意外とHSBC口座をお持ちの方の中でも
トラブルを抱えられていらっしゃる方が多いのですよね。

それは言語の問題もありますが、銀行のルールは常日頃からセキュリティ強化の為に変わってしまうためです。

常に最新の情報を持っておかないと対応がどんどんできなくなっていってしまいます。



今回は、インターネットバンキングにログインができない?についてです。


ログインできない理由は、
1、ID・パスワードが間違っているまたは忘れてしまった
2、長い間ログインしていなく、使っていなかった。
3、インターネット環境の問題

様々なケースが考えられますが、あわてないでください。
解決方法は当然ございます。

お困りな場合は、ノウハウの宝庫であります弊社へお問合せください。


HSBCアフターサポートは、ポールスターインターナショナルまでお問合せください。


2016-01-27T055643Z_2_LYNXNPEC0P0UB_RTROPTP_3_HSBC-CHINA






また、最近HSBCを名乗る詐欺があるようですね。
辞めてほしいものですが、よほどのことがない限り、日本居住者には電話はしてこないでしょうね。

また、HSBCのWEBサイトと類似したニセサイトもあるので、本物のHSBCかどうか
用心することも大切です。

巨大な銀行であるために、そこにはびこる詐欺も存在するので要注意してください。



 

何もしていないのにATMカードが届いたら?

皆さん、こんばんは!
ポール先生です。

まず、

HSBCの全てが一目でわかる無料メルマガ。

まだ無料登録がお済ではない方は、下記から登録してみてくださいね
無料メルマガ登録はこちら 「香港HSBC口座の全て」週刊 
※ある程度のHSBC知識は無料メルマガでつけられますし、バックナンバーも見れますよ♪ 

--------

今回のHSBC口座に関するお題は
「何も手続きをしていないのにATMカードが届いたら?」

に関してです。


何もダウングレード・アップグレード・ATMカードの再発行申請をしていないのに
勝手になぜだかATMカードが届いたら、、、困りますよね。

ただ、稀にそんなこともあるものです。


そんな時は、

①まず、ATMカードと一緒に入っているレターをちゃんと読む。

レターに何かしらの届いた理由が書かれているかもしれませんよね。


そして


②インターネットバンキング内で、自分の口座ランクステータスの確認


をすることです。


なぜ、インターネットバンキング内で、自分の口座ランクステータスを確認するのかというと、
届いたATMカードが、自分の持っている口座ランクのものと不一致だった場合、
勝手に、ダウングレード、アップグレード等されている可能性があるからです。 


ネット上で確認をして、口座ランクのステータスが変わっていれば
なぜだかダウングレード、アップグレードが変わっていることになります。

その場合は、HSBCに問合せをして理由を聞いてください。 


それでも

どうしたらよいのかわからない場合は、ご相談してください。


ポール先生が解決まで有料にはなってしまいますが、完全サポート致します。



お問合せはこちらから!

 

2016年5月の最新口座開設情報!

皆さんこんにちは!ポール先生です。
 

HSBCの全てが一目でわかる無料メルマガ。

まだ無料登録がお済ではない方は、下記から登録してみてくださいね
無料メルマガ登録はこちら 「香港HSBC口座の全て」週刊 
※ある程度のHSBC知識は無料メルマガでつけられますし、バックナンバーも見れますよ♪ 

--------

さて、本題に入りましょう~。
2016年5月の口座開設状況はどんな感じなのか気になるところですね。


結論から先にお伝えしますと、

現在のところ、まだ口座開設は100%の確率でできております。

hsbc_img01





ただし、これからパナマ文書の問題もしかりで
香港法人の口座、オフショア法人の口座開設はかなり厳しくなってきております。

そうなると、個人の口座にも何かしらの影響が出てくるものと予想できますね。


口座開設サポートがいつまですることができるのか、
もし仮に他社ではできなくなったとしても、弊社ではできる可能性は多いにあります。


ただ、本当にいつまで香港非居住者の皆さんが
個人口座開設をできなくなってしまうのかは今のところまだわかりません。


時代は変化し私達も時代とともに変化し続けなければなりません。


口座を持っている方は、維持し続けること、

口座を持っていない方は、口座を作ること。

個人資産を守る武器として、
これをできるだけ早く確実に行ってほしい一心でございます。




 
お問合せは こちら から
記事検索
livedoor プロフィール