ポール先生のHSBC香港ガイド

世界でも有数の銀行、HSBC香港。口座を開設される日本人の方は後を絶ちません。しかし、多くの方が使い方がわからない、口座からお金を出せない等トラブルを抱えてそのまま放置されている方も多く見受けられます。 そういったトラブルを解決するため、ポール先生がHSBC香港について説明、開設していくブログページです。

Hang Seng Bank(ハンセン銀行・恒生銀行)口座開設サポート

こんにちは♪ポール先生です。

今日は、HSBC銀行以外の情報もお届けしたいと思います。


HSBC銀行口座開設も、弊社ではしっかりサポートをさせて頂いて、
口座開設がちゃんとできておりますので、ご用命の際にはご相談ください。


そして、今日は「Hang Seng Bank(ハンセン銀行・恒生銀行)」の銀行口座についてお話しします。

6757814219_c9b45307fd_b







そんなにHSBC銀行や、スタンダードチャータード銀行と異なることはないのですが、

まず、現物の金(ゴールド)を購入できる銀行です。(HSBC銀行ではペーパーゴールドしか購入できません。)
インターネットバンキングも使えますし、HSBC銀行の100%子会社になります。


ただし、セキュリティデバイスを郵送で日本へ送ってもらえないので、
口座開設時には、セキュリティデバイスをもらえるように注意する必要があります。
(そのあたりもご心配なく!)


また、これはまだわからないのですが、何回やっても日本で初回のインターネットバンキング登録が
できないようです。

VPNを使って、香港を経由してやってもできない状況です。

弊社でハンセン銀行の口座開設をサポートさせて頂く方は、

皆様インターネットバンキングの初回登録、セキュリティデバイスの初回登録、
送金限度額設定、海外引き出し限度額設定も行いますので、通常通り使えるようにさせて頂いておりますので、
ご安心くださいませ。


そして、HSBC口座のセカンドとしても、ハンセン銀行をお持ちの方も多くいらっしゃいます。

海外口座のメリットを活かして、ご自身の資産形成にお役立てください。


※弊社はハンセン銀行ではなく、銀行口座開設及びアフターサポートをさせて頂いている別会社になります。

ご相談・お問い合わせはこちらから


 

HSBC口座のダウングレードについての見解

こんにちは♪ポール先生です。

最近は、HSBC口座開設がかなり厳しくなってきているのが事実です。

ポール先生は、いまだに100%の口座開設実績を保持し続けております。


そんな中、HSBC口座のダウングレードについて話したいと思います。

ご存じの通り、HSBCには3種類の口座がありますね♪

口座種類はこちらから


様々な情報の中から、これから規制が厳しくなり、
ダウングレード後のATMカードを香港に取りに来なければならない等の情報がありますけど、

調べたところ、ダウングレードをしたところで、
郵送で日本に送られてくることは変わりません。

3403076282_cf7cbff783_o







様々な銀行筋に確認をしていますが、そんなことはありません。



ただ、支店によってはインテグレーテッドアカウントで口座開設したら、
ATM PINは郵送、ATMカードは1週間後取りに行く必要があるという支店はあるみたいですが、
それがスタンダードになることもないでしょう。

それはあくまで一時的な対処であり、ある意味嫌がらせのようなものかと思います。


11月に入ってからも相当な数の口座開設をこなしていますが、
失敗もせず、皆さま口座開設がしっかりできております。


口座開設をお任せするなら、ポール先生にお任せありです♪


スタンダードチャータード銀行やハンセン銀行も口座開設は可能ですので、
いつでもどこからでもお電話やメールでもお問い合わせ頂ければと思います。

お待ちしております~。

※年末年始は銀行もバタバタしておりますので、ご予約はお早めに。

お問い合わせはこちらから!
 

日本に住みながら香港HSBC口座がどのように活かされるのか?

こんにちは、HSBC口座開設のスペシャリスト、ポール先生です。

過去にサポートさせて頂いた中で、失敗した人は1人もいません。

つまり、100%の口座開設実績を維持しております。

不安な方は、ご相談くださいね。(相談はもちろん無料、実際のサポートは有償になります。) 

25555640060_3a96ca7c44_c
 

イギリス4大銀行の中でも、最大大手といえる香港上海銀行(Hongkong and Shanghai Banking Corporation)。
イギリスの植民地時代である、1865年に香港で設立された由緒正しき銀行でございます。
150年以上の歴史があり、香港の紙幣発行銀行の1つとなり、紙幣を発行できる銀行というだけでも存在感が感じられます。

ついこの間まで、日本にも支店があったのですよ。
1866年でしたっけ?本社が設立されたすぐ1年後に、横浜支店が誕生しましたね。
しかし、世界に比べられた日本支店は、日本の金融規制の中もがき苦しみ、富裕層の確保がなかなか難しいことから撤退を余儀なくなれました。
※ただし、この日本支店がなくなったことで潰れるとかそういう心配はまず要らないでしょうね。

そもそも、
「香港のHSBC口座を作るメリット」は何なのでしょうね?

1、日本の金融規制下におかれたほぼ並列な、期待のできない金融商品とはおさらばし、自由な環境で運用利回りの肥大化できる海外の投資商品を容易に購入することが可能となります。
例えば~、HSBCのグループ会社の商品、投資信託、香港ドル建て社債、政府債(IPOND等)、米国債、米ドル建て債券、海外ファンド等等、ありとあらゆるものがHSBCから購入もできるのです。

2、一つの口座内で、12通貨をまとめて管理することができます。(意味わかります?笑)
普通の日本の銀行をイメージすると、一つの口座には、日本円しか管理されておりませんよね?
それを12通貨まで、通貨ごとにまとめて管理ができる「マルチカレンシー」口座ですので、通貨のリスク分散も可能となります。


3、カントリーリスクに備えられるということです。
日本に住んでいる限り、体に対するカントリーリスクとまではいきませんが、
過去に日本でもあったように、預金封鎖やハイパーインフレ等が起こった場合に、日本国内の銀行にある預金はすべて引き出し不可となり、国に没収されてしまうことが現実にあります。
そんな時、海外に資産移転、資産形成しておけば、預金封鎖が起こっても没収されてしまうこともなく、
自分の資産を自分で守っていけるということです。


「現在はまだ口座開設が可能」

2016年11月現在、ものすごく口座開設が厳しくなっております。が、私達は口座開設のエキスパートです。
まず立ちはだかるのが、「英会話」です。英会話は今は必須となっておりますが、我々の持つ、英会話集は
極めて聞かれる内容を網羅しており、それさえ勉強すれば開けないことはまずないでしょう。

ただし、今は英会話ができたから作れるという時代も終わりました。
支店によっては日本人というだけで門前払い。同じHSBCなのに!ですよ?
銀行も対面するのは、対「人」ですからね、、銀行にも選ぶ権利があるのですよってところですよね。

そこで私達は、常日頃から銀行と深い繋がりを作りつつ、今までの何百人、何千人の口座開設経験から、ノウハウを活かし今日までに至ります。


「お金を隠せると勘違いは禁物!」

よく海外に資産逃避や資産を隠して税金を払わなくしようと考えている方がいますが、
それはしてはいけません。日本に住んでいる限りは、全世界課税である日本国にしっかり税金は納める必要があることは肝に銘じておいた方が良いでしょう。
例えば海外の投資商品を購入して、利益がでたとしても、利益の確定申告は日本へする義務があります。
そもそも、HSBC銀行の口座自体は、現地居住者向けの銀行であるということを忘れてはなりません。


これから口座開設をお考えの場合には、年末年始はより一層厳しくなる傾向がありますので、
お早めにご予約してくださいね。

 

香港シティバンク2017年から更に厳しく

こんにちは、ポール先生です。

今日はHSBCではなく、シティバンク香港についてお話ししようかなと思います。

HK_TST_Harbour_City_interior_Citibank_Jetco_ATM_Aug-2012





最近、シティバンク香港に関するお問い合わせが殺到しておりますね。


理由は明らかです。

2017年1月1日から、香港非居住者の口座保持者に対して、
口座維持手数料が、毎月400HKDをチャージするようです。

入金手数料も、どの銀行よりも高い、0.5%も取るようですね。


これは昔シティバンクを作った人からすると、とんだ出来事ですよね、、、

昔は、日本語の話せるスタッフがいたり、簡単にシティバンク口座を作れましたけど、
もう今は、富裕層ばかりを集めようという戦略に変えたのでしょうね。

当然銀行側は、口座解約する人がいることも想定内でしょうね。



海外のどの銀行であっても口座をそのままホッタラカシにすることは、おススメできません。

口座の状況にもよりますが、香港に来なければならないかもしれませんし、
非常に面倒な手続きをすることになってしまいます。


パスポートが更新されてたり、メールアドレスが変更されてたり、住所が変わっていたりすると、
当時の本人であることを証明するのもまた面倒ですね。


そういうトラブルが起こらない為にちゃんと自分で管理をしておく必要がありますが、
もし、すでにそうなっている場合には、できる限り自分で対応できるようにしてみてください。


それでもダメなら、お問い合わせくださいね。


ポール先生でした。




HSBC口座開設のリアル厳格化

こんにちは、ポール先生です。

最近は、HSBCの口座開設が非常に厳しくなってきております。

そんな中でも、口座開設実績100%を保持しています。
※保証をするということではありません。

overseas-bank07





弊社が提供する英会話集をしっかり練習してきてくれさえすれば、
何の問題もないのが現状です。

英会話集は、それぞれのサポート会社により異なると思いますが、
弊社のは、聞かれる内容をほぼ網羅していると自負しております。
(担当者によっても異なりますがほぼ大丈夫かと)


更に、その時の状況によって支店を変え、担当者を変え、
臨機応変に対応できるのも、今まで培ってきたノウハウがあるからです。

20a50d99




今はもう、昔できた支店でもできなくなっていますし、
ぽっと支店に入って簡単に口座開設のできる時代は、とっくに終わりました。


しっかりと事前準備を整え、口座開設をサポート致します。
 
記事検索
livedoor プロフィール