ポール先生のHSBC香港ガイド

世界でも有数の銀行、HSBC香港。口座を開設される日本人の方は後を絶ちません。しかし、多くの方が使い方がわからない、口座からお金を出せない等トラブルを抱えてそのまま放置されている方も多く見受けられます。 そういったトラブルを解決するため、ポール先生がHSBC香港について説明、開設していくブログページです。

「海外の銀行口座」開設のいばらの道

ポールスターインターナショナルのポール先生です。
日本に住む日本人の中で、海外に口座を持つということ。

様々なご活用手段として口座をお持ちの方、これから持っておこうかなとお考えの方が多くいます。
中には、あまり海外の口座を持つ意味をわからないまま口座開設をしようかなという方も少なくありません。

svg








しかし、近年、日本に住む日本人が海外の銀行口座を作ることができなくなってきているのが実情です。

言い換えると、自分の資産に対しての行動範囲が狭くなってきていると言えますね。


海外の口座を開設される多くの皆様は、何かの付随として海外の口座を作っておかないといけないと言われているケースが見受けられます。

人に言われてよくわからないまま口座を作ると、海外口座に対する管理意識が低いまま口座を管理することとなり、多くの皆様は、自身の大切な資産管理場所である海外の口座の維持管理ができない等というケースが多くあります。


過去には、香港に来なくても郵送で海外への口座開設ができた。
香港にきても、一言も英語を話さずに作ることができた。

そんな方もいるでしょう。


Udemy-management-courses-review






しかし今は、HSBCをはじめ世界の大手銀行が、マネーロンダリングや犯罪組織等による資金洗浄に活用され、様々な世界の国や法律から経済制裁を受けて変わってきました。

そのような犯罪資金を銀行を通じて送金されたりすれば、銀行側は信用を失い銀行も悪い資金のやり取りに加担していることに捉えられかねないですよね、、、

そこで銀行では、私達はマネーロンダリングに関する対策として、
新たな口座開設に関わるハードルを上げたり、規制をかけたり、銀行の不利益になりえるリスクを最小限に抑える動きになってきているということです。


更には、OECD(経済協力開発機構)のCRS(共通報告基準)加盟各国の金融機関内での、個人情報の情報共有を国と国とで報告し合う体制へとなってきています。


税金逃れ、つまりは租税回避をできないような対策をしてきております。


日本もCRSの参加国であり、香港も参加国です。
来年2018年からは、自動交換システムが稼働し本格的に情報交換が始まろうとしています。


すでに口座を持っていて、海外の銀行にマイナンバー報告をしていなかったとしても、
これからはマイナンバーを提出してくださいという通達が出され、いずれは海外口座保持者は、日本に住んでいる以上、日本にその報告がされることになるでしょう。


では、「海外に口座を持つことは意味がないのではないでしょうか?」と考えがちです。

本当にそうなのでしょうか?

そもそも資産を海外に隠して、税金逃れをすることは法律上良いことなのでしょうか?


もちろんダメですよね。


office-583841_640









海外に口座を持つということは、本当の意味での外貨を持つことになります。

日本国内で外貨を持つことと、海外で外貨を持つことではリスクレベルが違います。



今の日本は本当に安全で、100%信頼できると言えますか?
答えはNOです。

日本は過去に二度、預金封鎖をしています。
そして年金問題、年金過払い、日本の借金等、問題点はたくさんあります。

海外から見た日本円の信用度も今後どうなっていくのでしょうか?

そんな中、日本国内で外貨を購入しても、自由度が極めて低く、いちいち高い手数料を取られたり、外貨を持っていられる銀行を利用しなければならなかったり、結局は海外から外貨を調達しなければいけないので、中間コストが手数料となり、損が直接お客様へ行く仕組みになっています。


少しファイナンシャルを学ぶと、日本の「預金保護制度」(通称ペイオフ)は、外貨預金は対象外です。

もし日本が預金封鎖だ~、なんだ~で特に、いくら日本国内で外貨を持っていても、日本国内で資金をおいておけば、それは預金封鎖の対象になってしまいます。

本当の意味での、安全な場所に自分の資産を保有するということが、海外の口座に繋がってくるのだと思います。



海外の口座を持っておくということは、新たな自分の資産の管理場所であり、資産を増やすための道具となりえます。

1つの口座で12通貨をまとめて管理することができ、海外に直接資産を保有していることになります。


そうすると、例えば海外で投資をしました。
投資をして戻ってきた外貨(例えばUS$)をそのまま、US$のまま保有することができ、余計な為替を考えず、再投資することもできるようになります。



海外に口座を持っている人は、今一度、海外に口座を持てていることを再認識して、口座を維持管理して、いつでも自分の資金を操れるようにしっかりと管理してほしいと思います。


これから口座を持っておこうかなと考えられている方も、まだ遅くはありません。
そこからが本当のスタートになると思います。

まだ海外の銀行口座は作ることができます。
作れるうちに最低限のリスクで口座開設しておくことをお勧めします。


ただし、口座を作るからには、自分で海外口座を管理していこうという強い気持ちを持っておく必要があります。
口座が通常通り使えなくなってしまった時の代償は自分に跳ね返ってきます。



口座開設及び、口座サポートをするのが私達の役目であり困った人を助けるために業務をしています。

自分で口座を作れる!
自分で口座を管理できる!

それに越したことはありません。

本来は、みんなそうであってほしいです。


ただ、困ったり、情報難民にならないように、海外の資産運用情報も共有できますし、
海外口座を維持管理するうえでの注意点等もきちんと伝えております。


何か困ったことがありましたらご相談ください。


お問合せはこちらからできます。





HSBC口座開設は年末年始が近づくにつれて難しくなっていくでしょう。

こんにちは、ポール先生です。
HSBC口座開設サポートはいまだに健在しております。

まだHSBC口座を作ることができます。

Interior-of-HSBC-Headquarters-Hong-Kong




毎年恒例となりますが、年末年始が近くなってくるとだんだん開設レベルも難しくなっていきますので、海外のHSBC銀行口座をお作りになりたい方は、お早めに予定を立てられることをお勧め致します。


香港には、ハンセン銀行、中国銀行、スタンダードチャータード銀行、DBS銀行、HSBC銀行、その他ローカル銀行等数多くの銀行があります。


口座開設は、昔は個人で行って英語等のお話をしなくても簡単に作れたものでした。
しかし、近年では香港の非居住者に対する対応が厳しくなってきており、1人で行って英語が話せれば作れるというものでもなくなってきました。


香港へのご渡航費、ホテル代、現地で使うお土産やお食事代もかかりますので、口座開設を目的にご渡航されるにしても、失敗してしまってはすべてが無駄になってしまいます。

また、一度失敗をしてレコードが銀行に残されてしまいますと作れなくなってしまいますので、
「安心を買っていただく」とお考えいただければ良いかもしれませんね。

失敗するリスクを極めて低くすることができますので、ご不安な方はお気軽にご相談くださいませ。


ポール先生へのお問合せはこちらからどうぞ。

HSBC口座凍結解除後のATMカードの有効化について

こんにちは、ポール先生です。

HSBC口座の凍結解除をした後に、ATMカードの再発行をしてATMカードの有効化(アクティベート)をする場合に現段階で2パターンが考えられます。

HSBCATMカード







1つは、そのまま日本のATMで残高照会をしてATMカードの有効化(アクティベート)ができるパターン

2つめは、香港のATMで残高照会をして有効化(アクティベート)するパターン


最近、2つめのパターンじゃないとATMカードの有効化ができないケースがありました。



もしかすると、口座の凍結状態にもよるのだと思いますが、
凍結解除後のATMカード再発行後の有効化手続きは、ルールが変わったのかもしれません。

ただ、安心してください。
その場合であってもポール先生の方では、香港にお越し頂かなくても、ATMカードの有効化をして頂けるようサポートさせて頂きます。


ご相談はいつでもお気軽にしてくださいね。

お問合せはこちらからどうぞ。

ハンセン銀行の口座開設の状況について

こんにちは、ポール先生です。
ハンセン銀行の口座開設をされたいというお問合せを良くいただいております。

ハンセン銀行での口座開設をしたいなあと思われる一番の理由としては、
やはり「金の購入」がダントツで多くいらっしゃいます。


kuan2180-img600x429-1496129046wdonu726309







ついこの間までは、ハンセン銀行に口座をお持ちではない場合でも、
ハンセン銀行までいって、金貨やバー等の購入もできたのですが、
今では、ハンセン銀行の口座を持っていないと購入そのものができなくなってしまっている点がネックとなっているようです。

現在の状況では、ハンセン銀行の口座開設は香港に居住をされている方は通常通り、
口座開設をすることができますが、香港非居住者の口座開設は相当難しいといえます。

ただし、金の購入をしたいという点でいえば、わざわざ高い渡航費をかけて香港までせっかくお越しになるのですから、わざわざハンセン銀行での金ということにこだわらなくても良いのではないかと思います。

world_coin1







ただし、ハンセン銀行以外での金の購入には、金自体の品質に不安があるようです。

その点は、世界的に信頼があり認められている「グッドデリバリーブランド」の金を購入できれば、
不安は払拭できるのではないかと思います。

金の購入先は、一度にどれくらいの金を購入されたいのかや、ブランドによっても異なりますし、
購入先でのルールもございます。

よって金の購入をご検討されている場合には、事前に準備をして購入することが必要となります。
英語が話せたり、金の購入ルートを知っていればサポート会社へ問合せをする必要はないのですが、
やはりそのあたりがネックになっていらっしゃるようです。

弊社はハンセン銀行以外での金の購入ルートも知っておりますし、過去にもご紹介させて頂いた実績も当然ございますので、安心してグッドデリバリーブランドの金を購入して頂けております。


GB0012


資産として金を持つにしても、買う場所によっては安く購入できたりしますし、
リスクの分散としても良いと思いますね。

金の購入サポートへのご相談はこちらとなります。













HSBC銀行のATMカードが日本で使えないのには理由があるの?

こんにちは、ポールスターインターナショナルのポール先生です。
HSBC口座をお作りになられてから、口座維持ができないケースが後を絶ちませんね、、、

HSBC口座は今後、香港非居住者は作れなくなってしまう可能性もあるので、
お持ちの皆様はしっかり自己管理ができるよう、HSBC口座の特性をしっかり認識しておく必要があります。

その一例となりますが、
「ATMカードが日本やその他の国で使えない」

HSBCATMカード








最も多いお問合せの一つですね。

HSBCのATMカードが使えないことには必ず理由があります。
※ごくたまーにHSBCのシステム等の問題で使えない等のことはあるかもしれません。

パターン1:口座開設した後、香港でATMカードの有効化(残高照会)が必ず必要です。
※それをそもそもしていないと、カードの有効化ができていないので日本でも使えません。

パターン2:ATMカードを1年以上使っていない。
※ATMカードは、残高照会でも1年に一度はATM機に入れて使わないと、ロックされてしまいます。その場合、電話でATMカードのロック解除(もちろん英語か中国語)をして頂くか、
ATMカードの再発行をフォームを使ってして頂くかということになります。

パターン3:ATMカードの磁器不良で使えない。
※日本の銀行のATMカードでもクレジットカードでもそうですが、磁器不良はどのカードでもあります。その場合は、ATMカードの再発行手続きにて解決できます。


パターン4:海外での引き出し限度額設定をしていない。
※HSBC香港で作られた口座は、香港以外は日本でも「海外扱い」となります。
その日本でATMカードを使って引き出しをする際には、「海外引き出し限度額設定」をする必要があります。どのように確認できるかといいますと、インターネットバンキングにてご自身の引き出し限度額設定がどうなっているのか確認できます。
もし、「0」になっているようでしたら、インターネットバンキングで設定をするか、フォームにて手続きができます。


よくわからないことは、すごくストレスになると思います。

そうこうしている間に、メンドクサイこととなり、HSBC口座の維持すらしなくなってしまいます。

そして、いずれは閉鎖しに香港へくるということになりかねません。。



お困りの場合には、まずはご相談をお待ちしております。

ポール先生へのご相談はこちらからどうぞ。
記事検索
livedoor プロフィール