image


結構気になっていたアラシのウェイク!

ぐらぐらラインアイをウェイクベイトで使うとどうなるのか。




そもそもウェイクベイトってあまり使っている人を見ないのは私だけ?(^_^;)
出回っているウェイクもあんまり多くはないですよね。
オールドフットルースやバジンクランクも発売されてだいぶ経ちますし、トリプルインパクトはまたジャンル違いな気もします。
最近話題になったものってあるのかな、私が知らないだけでしょうか(^^;)

バズベイトやクランクは使うけどウェイキングはしないって人けっこういる気がします。




バズベイトとウェイクベイトを比べると、一定のスピードで表層を引く点は同じですね。
バズの方がウェイトも豊富で、アピール力もあってシングルフックでカバー周りを打ちやすい利点があると思います。

ウェイクの利点としては浮くことですね。
着水後の間や首振りはもちろんですし、バズで飛距離を出そうとウェイトを増やすと表層を引くのも難しくなります。
クランクの形をしたファットなウェイクベイトは浮力が強く、その分ウェイトを積める形と言えます。




サスペンドしたバスや激浅なシャローを効率良く探るにはバズとウェイクで使い分けが大事ですね。
って理論的にはわかっていても、それを釣果に結びつけるのが難しいんですよね。



image


まずぐらぐらラインアイですが、構造上の問題なんだと思いますが、リップの真ん中からラインアイが出ています。
リップからラインアイが出るのはアラシシリーズ共通で、ウェイクの立ったリップに真ん中からラインアイが出るとロールを意味します。バジンクランクやフットルースのコピーであるウェイクマンもラインアイは根元にあります。
それらの動きよりもロール寄りってことです。


ラインアイの位置だけで動きを説明したらまた怒られるといけませんね。

image

画像じゃわかりづらいのですが、フロントフックより後方にメインウェイトがありますし、テールには大きめのワンノッカーが入っています。

後方に重心があるということは、ウォブル方向の動きを抑えてロールに振りやすくするウェイト設定です。

ワンマイナスやRCウェイクよりも力強いロールでピッチはゆったりで引き波はそこそこ出ます。
ただフットルース好きな私にとっては、見た瞬間良い動きとは思えませんでした。


image

サイズとウェイトはダイバジンと同じくらいで16.6g。
フットルースより飛距離を出したいときに使えたらな~と思い購入しましたが、違うタイプの動きですね。

確かに飛距離は出ますし、カバー関係ない表層で明滅重視の食わせの釣りとしては正解なのかもしれませんが、まだまだ使いこんでみないとわかりませんね。

カバーに当ててリアクションっていう釣りではなく、追わせて食わせる釣りなので飛距離とロールで良い気もします。






↓↓↓↓にほんブログ村用↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓↓人気ブログランキング用↓↓

人気ブログランキングへ

ブログトップページへ