ラパラのフラットラップ10を買い足しました♪

image


いつ発売されたか知りませんが、今はあまり取り扱い店がないように感じます。

以前紹介したものもたまたま中古屋にあったのですが、今回はわずかに在庫のある店を見つけて新品で購入です。

ミノーですのでカバーに強いとは言いづらい部分もあります。
なので消耗品としてストックは重要ですね♪




image


箱から出してフックに違和感。。。
ブラックニッケル?加工でしたっけ?

嫌な予感がしてブルーバックの重さを計ると12.6g。
以前のものは13.2gあったのでかなり軽くなっています…

まさかと思ってゴールドの方も計ると、予想を超える11.7g。。。
もしかしたらラパラのことだから比重に合わせて内蔵ウェイトの量を調整しているのかな?と思いフローティング具合を見てみると、明らかに浮くスピードもバラバラ…



そう言えばフラットラップの8も新品で買って微調整が必要でした。
最近のものは比重がバラバラになってしまったのでしょうか。

もしくは元々ラパラは天然素材の壁を越えられてはいなかったのか。
たまたま最初が絶妙なスローフローティングな高比重だったのでしょうか(--;)

パッケージには12gと書いてあるので最近のものの方が正解なのかもしれませんね。
ただ私にとっての正解は13.2gなので板重りチューンはします。
レンジ違いでいけるかなとは思いましたが、ミノーでそこまでレンジ意識も必要ない気がします。
image

で、こんな感じ。

結構適当です(笑)
少しでもシンキングなら失敗ですが、サスペンドになったらラッキーくらいの感覚です。
フックも速掛#8です。

image

ちなみに原産国はエストニアになっています。
国による違いは私にはわかりませんが(^_^;)




比重が違ったとしても、タイトなロールによるフラッシングの素晴らしさに変わりはありません。
操作性を上げるためのスローフローティングだと思っています。

あのラパラがとうとう比重管理できないとなったらバグリーと同じ道ですかね。
今のうちに中古のシャッドラップ買い漁らなきゃいけないのかもしれませんね…



スイムチェックするパートさん、フローティング具合くらい見てくれないもんかな(*_*)


ラパラでこうなるってことはどんなメーカーもとりあえず重さを計ることは肝心だってことですね(^-^)




※クリックして頂けるとポイントが入り上位に行けます
↓ブログ更新の励みになりますので御協力お願いします!↓


↓↓↓↓にほんブログ村用↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓↓人気ブログランキング用↓↓

人気ブログランキングへ

ブログトップページへ