タンギングのきれいな演奏は、それだけで上手く聞こえる。しかし、タンギングにサブトーンが入ったり、雑音を恐れて発音が不明瞭になったりする悩みを持っている人は多い。実際、自分が初心者だった頃は、タンギングの音色や速いタンギングができないことに大いに悩んだものだ。こうした悩みをどうやって解決したか紹介したい。

まず最初に、クラリネットで発音したり音を止めるときには、舌をリードに接触させてリードの振動をオン/オフさせるのが基本だ。喉で息を止めたり、タンギングなしで発音するのは邪道であって、正しいタンギングを身につけるのに妨げになるように思う。

演奏中の舌の位置は普段口を閉じているときと全く一緒。舌先は下前歯4本の内側に接している。舌とリードの接点は、図の前舌の部分(舌先でないことに注意)をリードの先端に接触させる。
音を出す前は、前舌がリード先端に接して振動を止めている。発音時に、Tuという感じで舌をリードから離す。音を止めるときには、図の前舌と中舌〜奥舌の2カ所を閉じる。前舌でリードの振動を止め、中舌〜奥舌で息の流れを止める感じだ。音符が2つ並んでいるときは、前舌のみでリードの振動を一時的に止め、中舌〜奥舌は開いたままで息の流れは止めない。
口蓋
重要なポイントは、舌先を前歯裏につけたまま、前舌の上下動作だけでタンギングを行うこと。舌先でリードの先端に触れようとすると、舌を前後にも動かすオーバーアクションになって、速いタンギングが難しくなる。アムブシュアも不安定になりがちになる。

タンギングは息のコントロールも重要だが、まずは舌の使い方をマスターしよう。