P子の冒険譚 HSP/HSS(たぶんね)

P子です。毎日私が思った事、感じた事、仕事や海外生活のこと等を書いてます。ネットショップで生計を立てながら海外で暮らしています。
私は日本では疲れ果てててほとんど鬱だったよ。友達にも家族にも恵まれなかった。でもホロスコープ読み解いて海外に出てとても健康になった。
アストロマップで海外行ったら外国人の友達がたくさんできた。海外暮らし超オススメ。あなたももし日本が合わない辛いなら海外向きなのかも。
HSP:Highly Sensitive Person(高度に感受性の強い人・敏感な人・繊細な人)。生きづらい現代を生き抜いて来た感受性が強く敏感なあなたにエールを贈ります。HSPとは持って生まれた性質で病気ではありません。生物学者によると生物の15%前後がHSPで、ごく自然なこと。人の場合も人口の15%前後とか。HSPならではの能力を活かしているHSPの有名人もたくさん。なおそれぞれの記事内容は私個人の考察の類にしか過ぎないよ。
私は別にHSPの代表でもないので私のブログ読んで「HSPってこういう人」的な思い込みや勘違いはしないでね。人間は個人差の大きい生き物。
転載・リンクしたいならしてもいいけど一応連絡はちょうだい。著作権は当然ながら私。当方リンク先表記・「引用」してね^^
但し賛同者に限るよ。「違う考えの人」を認められないタイプの人は読まない方がいいよ。

アイルランドの街なかの写真です。全体的にグレーと茶色。なんだか堅実なイメージのする町ですね。
イタリア サンレモやフランス ニースあたりの明るいオレンジやピンクの壁とは全然感じが違うね。
WP_20170227_15_14_19_Smart


WP_20170227_15_15_39_Smart

PC仕事に使ってた図書館。
古くて味のある素敵な建物。外側はたぶん14世紀とか15世紀とかのものかも。
(アイルランドは地震がないので古い建物がよく残っています。私は地震がとてもニガテなので地震ないだけでも安心)
WP_20170227_15_42_02_Smart
外側はとても古いですが、中はとても近代的というか今風というか。普通な感じ。
WIFIも自分のパソコンを持ち込めば図書館にいる間中、ず~っとエンドレスで使えるので便利。(ただし登録番号とパスワードカードが必要。どうも住民でないと登録できないみたいでブライアンが私の代わりに登録してカードをくれた)
図書館内にパソコンスペース、自習室スペースがあって、デスクトップパソコンがたくさん。パソコン20台くらい置いてあった。パソコンない人も30分までなら図書館のパソコンが使えます。

この建物はどうも何かの学校みたい。こんな学校なら通いたいよな~
WP_20170224_10_44_32_Smart

この日はブライアンが歯医者にホワイトニングに行くのについていきました。
WP_20170224_09_27_48_Smart
私は待合室で待ってました。どの壁にも絵が飾ってあった。それも油絵とかのちゃんとした絵。ブライアンの家にも絵が数えきれないくらいある。たくさん飾ってあるけど、飾る場所なくてお蔵入りになっている絵が50枚くらい以上ある。額に入ったまま放置。絵はヨーロッパでは割と必需品ぽいな~。絵描きやアーティスト系が日本よりは食べていけそうな。
WP_20170224_09_27_32_Smart

その後、お茶飲もうということでカフェに入りました
WP_20170224_10_23_43_Smart

WP_20170224_10_02_44_Smart
白とグリーン系。野の花が飾ってあって素敵。アイルランド人、野の花が好きな人多いみたい。ブライアンの陶器の工房でも野の花をカップに描いてる。アイルランドは確かに自然がとても美しい。

別の日の写真なのですが、土日だけの市場に行った時の写真。なかなか写真をアップする機会がないし、写真喜んでくれる読者の方々が多いのでついでに載せておきますね~^^
WP_20170304_10_19_55_Smart
チーズいっぱい。「トムとジェリー」に出てきそうな穴あきチーズ。
WP_20170304_10_28_52_Smart
グリーンのチーズもある。珍しい。右の茶色いのは、乾燥イチジクとアーモンドだけ固めて作ったケーキみたいなもの。シンプルで美味しい。

WP_20170304_10_27_43_Smart
チーズの種類が多いし美味しくて安い。なんだかちょっと日本の豆腐感覚?に近い気がする・・
WP_20170304_10_26_47_Smart
地元でとれた魚らしい。日本ではあんまり見たことないかもな気がする・・。ヒラメみたいなのも丸い斑点模様入り。
WP_20170304_10_08_30_Smart

紅茶だけ売ってる店。種類がとても多い。香りも良い。
WP_20170304_10_19_28_Smart

お城。前載せたゴージャスなお城(貴族の居城)とは違って、ここは「戦うための城」「戦士が集まってた城」らしいです。城の目的が違うのね。
WP_20170221_20_55_05_Smart
城の入り口がやたら上にあるし狭い。今、木の階段で入れるようになってるけど、戦時には入り口を外すか燃やして失くして敵が入りにくくしてたんだろうと思う。壁をよじ登らないと入れない。壁をよじ登ったりモタモタしてるうちに上から矢が降ってきて刺されるんだろうと思う。(または跳ね橋だったか)
WP_20170221_20_45_54_Smart
城の中はオバケがいそうだな。左に白っぽいボワっとしたの写ってるけど深く考えたくない^^;
とりあえずステンドグラスが美しいね。
WP_20170221_20_45_45_Smart
これもあまり深く考えたくないですね。戦士が集まってた場ならではかもね。でもこれアイルランドではあちこちにある。ブライアンに「なんで?」と聞いても「わからない」とのこと。
WP_20170221_20_31_25_Smart

大きな鹿(絶滅危惧種のアイリッシュエルク)の大きな角が素晴らしい
WP_20170221_20_31_15_Smart
椅子は王様の椅子がやたらと特大サイズで、女王の椅子が普通サイズ。


WP_20170221_20_40_21_Smart

WP_20170221_20_29_10_Smart

これトイレだそうです。落ちないように柵が作ってあります。あと地下に牢屋がありましたがあまりにも恐ろしい雰囲気だったため写真撮る気にもなれませんでした。
WP_20170221_20_28_03_Smart

こちらはまた別の城。もともとの城の主は女性で、女主の城だったのですが、戦争で攻め込まれて降伏し敵の王と結婚することになってしまったのですが
なんとその女城主が、他国の王をこの城の窓からロープで吊るした(hanged up)ということで有名な城です。
窓に首吊りされた敵の王を見て、きっと当時の民衆は大喜びしたのかもしれませんけど・・。
それにしてもアイルランド女性、したたかで強いね・・・こええ・・
WP_20170225_15_16_11_Smart
いや~スゴイですね・・いろいろ驚くエピソード満載だよアイルランド
グレイッシュな空に、ダークグレイの古城、そして古城の歴史が迫力満点過ぎるよ・・

仕事を続けていくにも、息抜きや気分転換、運動もとても大事ですよね。
人間は機械ではないのでね。

ブライアンともずいぶん話し合って、ずいぶんケンカしました。ダンスのことで。 
ピノともさんざんもめましたが、男性はディスコやクラブ等に関しては、まったく寛大ではないですね・・
その他のことでは割と寛大ですけどね~。

「ダンスのことではもう神経が耐えられない別れたい」「台湾に帰って」とまで言われました。
えっ、そこまで
そんなに耐えられないほど別れたいほどしんどいの
その辺がちょっと不思議ですけど・・
多くの男性はやっぱり無理なんですかね~こういうの。

ダンスのことが本当にストレスみたいで、ものすごくしんどそうにしているし、強いストレス感じてるのか、高血圧の薬、いつもより多めに飲んでるブライアン・・。(ブライアン、HSP/HSS 陶芸家)

一度、夜、無理やり踊りに連れて行ってもらったときですが、ブライアンが店内で挙動不審になってしまい。
いつもは落ち着いていて優しくて寛大なタイプなのですが
いつもとは全く違う落ち着きがないなんだか変な人になってしまっていました
それ見て私のほうが不安になってしまい
踊らずに速攻で家に帰りました
何かその辺「心の傷」とかあるのかもしれないなあ・・とも思いました。(金星がキロン絡みの人ね。ネイタルもハーモ5もハーモ8もね)

まあね・・想像してみたのですが
私ももし娘が毎週末、オシャレして夜中踊りに行くとなるとやっぱり気が気ではないかもだし挙動不審にもなるかもしれないな・・とも思うので(娘とは前世夫婦関係だった配置があるので)、気持ちがなんだか少しはわかるだけにう~ん・・・(私と娘とは前世で夫婦相性。ちなみに娘はディスコやクラブ行きたがるタイプではないみたいなので想像にしか過ぎないが、やっぱりツライかもなあ・・私も挙動不審になったり怒り出したりするかもしれない)

そして踊りに行きたい私の気持ちはたぶん
「ダンスが好きで好きで踊りに行かずにはいられないタイプの人たち」でないと、きっとよくわからないことなのかもな・・とも思います。

男性の多くはディスコやクラブに行く目的がほぼナンパだけで、たぶんそれしか考えてないからじゃないの?と思いますけどね~
踊る楽しみとかはたぶん全然知らなくてわからないのでしょう。

実際、ダンスが好きなのは女性が多いもんな・・ダンス好きな女性はけっこういるけど、ダンスが大好きな男性、ディスコに「踊るために行く」男性ってとても希少というか超少ないかもな・・。
(モルガーナには2名そういう男性が居たが。ダンスが好きで踊りに来てる人たちは、わき目も振らず、とにかくずっと長時間踊り続けてるからすぐわかる。私も2~3時間くらい全く休みなしで踊り続けるし、踊り続けてトランス状態になるのが大好きなのでそうするわけなんですが、そこまで踊り続ける人たちは確かに少ないよ。踊るの好きな国民性のイタリアでも少ないっちゃ少ない。
でも居ることはいるし、30分か1時間くらい踊り続ける人たちならイタリアでは老若男女問わずけっこう多い。
アイルラドンドはそういう土地ではないみたい。なんか日本とどこか似てるし特にダンスが好きな国民性ではないもよう。イタリアとは違う)

そして驚いたことに、ブライアンが言うには「ディスコはゴミ箱だ」 
「なぜ君はわざわざゴミ箱なんかに行くんだ?」ってことらしいです。

ディスコって「ゴミ箱」 
う~ん・・重症だなこりゃ

イタリア サンレモの Morgana Bayは海の上の野外ディスコで場所としてはもう最高だし、タバコも煙たくないし、マフィアもいないし、安全だし、スピーカーもいいし、ヨットオーナーやお年を召したリッチな皆さんも踊ってて、年齢関係なくて、ほんと最高なディスコだった。(主な営業はバカンス時だけで冬場はやってないけど年中やってほしい気持ちでいっぱい)

・・アイルランドのディスコは当然ながら屋内だが、「箱」でもゴミ箱みたいなトコなんだろうか??う~ん・・

私が「とにかく踊りが目的で行くだけ」と言っても全然信じてもらえない・・

「スピーカーと選曲が良くないと実は踊れないんだよ。スピーカー悪くて大音響だと耳が痛くなるから無理なんだよ。どこでも踊れるわけじゃないんだよ。場所は選ばないといけないんだよ」 
「飲むのは水だけ。酒は一切飲まない。グラス差し出してくる人はたくさんいるけど全部断ってる。酒飲むと転んで危なくて踊れないから一切飲まないし自分でペットボトルの水持参してる(実際私ほとんど飲めない体質でブライアンもそれ知ってる)」
「触ろうとして手を伸ばして来た人の手は叩いてる(実際ホントに何人も叩いてきた)」

そういうこと正直に話してもあんまり信じてもらえない・・
というか話しても「受け入れることができない」感じ?

・・それにまあ私の配置だと、こういう話を信じてもらうの受け入れてもらうの無理かもな~とも思いました。
「疑われやすい」配置ですからね実際。海王星かなり強めですからね・・
だからこそこの配置、「音楽」とか「ダンス」で使いたいんだけどな~。
でもこの配置なら仕事にまでできない限り無理かもしれない・・。でもそこまでのチカラはないし、ダンスを仕事にできる年齢でもない。

そして西洋占星術師は続けないといけない配置だろうな・・と思われ。できれば日本語だけでなく英語かフランス語でやりたいし、やらなきゃいけないと思う。語学の勉強をもっと続けないとな・・
そしてネットショップ等これからも仕事続けるには、とにかく鑑定書作っていくには、今の私にとって世界中でもアイルランドが一番イイし、たぶんブライアンが必要だろうと思う・・(前世家族相性なので生活していくというか仕事していく相性ね。とにかく落ち着くというか浮かれにくくなる相性。毎日の生活はつまんないけどとりあえずご飯は美味しいし、とりあえず毎日マジメにコツコツ仕事はできるようにはなる。コンポジット月土星セスキーコードレイトでイヤでも落ち着く。おまけに私のアセンダントにベスタ載せて来る「枷」みたいな相性の上に前世運もアリ)

というわけで、今私が仕事を続けていくには確かに必要な人なのですが、私が元気に暮らすにはダンスも必要。ですが、ブライアンはとにかくディスコだとどうしても心理的に無理みたい。
「う~ん困ったなどうしようかな・・」とこのところお互いいろいろ考えていましたが、その後の流れで、代わりにブライアンの友人つながりでコンサートに連れて行ってくれることになりました。

日本でもライブエイドやバンドエイド、昔ありましたが、その主催者の ボブ・ゲドルフのパンクバンド The boomtown ratsのバックステージチケットだそうで、友人だけにしか配らないVIPチケットなんだそうです。

ライブエイド主催者ボブ・ゲドルフのバンド、ブームタウン・ラッツのギタリストの弟がブライアンの友達なんだそうで。
それも高校時代からの長い友人だそうで。その彼がブライアンにバックステージチケットを用意してくれたんだそうです。
う~ん・・ブライアンの交友関係、広くてビックリだよ・・

ボブ・ゲドルフは、ライブエイド・バンドエイド・Live8等の世界的なチャリティーコンサートの主催者で、ノーベル平和賞にもノミネートされた人なんだそうです。
彼のバンド The boomtown rats は I don't like Mondays 「哀愁のマンデイ(月曜日は嫌い)」という曲でアイルランド初の全英チャート一位になり、世界的にも有名になりました。
この曲は、ボブ・ゲドルフにより、1979年1月29日月曜日にアメリカで発生した16歳の少女による銃乱射事件をモチーフにして作詞されました。ブレンダ・アン・スペンサーという16歳の少女が、自宅から道路を挟んで向かいにある小学校の校庭で遊ぶ子供たちを狙って発砲を繰り返し、大人2名が死亡、子供8名と1名の警官が負傷した事件だそうです。(Wikipedia 哀愁のマンデイ より)
なお使われたライフルは、クリスマスに父親からプレゼントされたものだったそうです。でも彼女は父親に虐待されていたとか。・・家族問題が絡んでいそうですね・・

ということで、 うーん・・なんかスゴイ人だということはなんとなく伝わってくるが、何だかよくわからない・・
それにバックステージチケットって踊れるかどうかがまたよくわからない・・・
楽屋に入れるってことかね?別に楽屋入れるかどうかは私はどうでもいいんだけどな・・ブライアンにとっては友達でも私にとっては知らない人だしな・・
バックステージやらVIPがどうとかより「踊れるかどうか」のほうが私にはずっと重要なので「バックステージチケットって何?そのチケットで踊れるの?バックステージって楽屋だから踊れないの?」とブライアンに確認していますがブライアンも「知らない。よくわからない」とのことで。なんだかよくわかりませんね・・

とにかく今踊りに行けないし、これしかない。音楽があって、踊れそうな所ならもう何でもいい。
楽屋なんでもしそこで踊れなければ楽屋から出ればいいんだし、楽屋で踊れるならそこで踊ってもいいし。わからないけどその辺適当にがんばろう。なんとかなるでしょう。

近々コンサートらしいのでとりあえず行ってきます。
ずっと踊れなかったので思い切り踊りたいです。PC向かってばかりで腰痛なるし。
踊れないとだんだん鬱ぽくなってくるんで健康に良くないんですよね~。健康でないと仕事の効率も落ちるし。

ただブライアンと行ってもなんかハジけられないというか、気持ちよく楽しく踊れないような気はするけどね~。
(なんか一緒に居ると妙に落ち着くというかマジメになるというか、暗くなるというか・・)

まあでも仕事は毎日落ち着いてできるようになったよ。今は仕事しないとなと思うので。(たくさんの鑑定依頼者の方々をお待たせしてるので)

あと「友人たちに失礼なことはするな」と注意されてるんでね~
でも今まで、ブライアンの地元の友人たち「センセイ」たちの話が聞いてて全然まったく面白くなかったし、長時間つきあわされるうえ女友達がやたら多くて、ほとんど「ガマン大会」みたいだったのでね。

だから、話の途中で無視して抜け出したり、写真撮りに一人で勝手にどっか行ったりと、けっこうさんざん失礼なことを私はしてきたらしいが私もツラかったんでね~
ブライアンによるとコレ失礼らしいよアイルランドでは。「面白くない話だったら聞かずにその場から抜け出す」とかそういうのはイタリアだと割と当然のことなんだけどな。(イタリア人はつまらないところからは自然と抜けるし自然に消えていく。興味があるところに行く。話が面白くないと思いっきり退屈そうにしたり顔に出るし「話が面白くない」「つまらない」とか割とハッキリ言うのがイタリア人ね。私はそういうのが好きだし単に正直なだけで失礼とはあまり思わないけど、これはアイルランドでは注意されることらしいですね。なんだか日本とちょっと似てるような)

「面白くなくてもとりあえずニコニコ参加してなきゃいけない」みたいですよここ(アイルランド)では。

ということは、とりあえず作り笑顔でおとなしく座ってりゃいいってことか・・(う~ん日本と似てるな・・ガマン大会だな・・)

ただ、音楽関係者、ミュージシャンやアーティスト等の友人なら退屈しなさそう。私はアーティスト系の人たちはもともと大好きだし、サンレモでもメインの友達は絵描きやダンス友達だったし、そういう人たち基本的に私の配置にピッタリ合うので、今回はたぶん大丈夫なんではないかなあ。。という気がすごくしてます。
(もし付き合わされても、多分付き合いをけっこう楽しめると思うね。ウンザリしてそこから抜け出すとかはまずないと思うね)

自分の配置にそぐわないものは抜け落ちていく、自分と縁が切れていく、ただそれだけのことなのかもしれませんけどね・・。

(コンサートに行くのは月に1回だけで後は仕事してますよ コンサートに行けるみたいなので仕事の張り合いもできたし、お待たせしてるので頑張ります。なおスカイプ鑑定に変更もお待ちしています
スカイプ鑑定の方がわかりやすい上に、より「その方に合わせた内容」になるのでオススメです。
その人が「本当に聞きたいこと」「本当に知りたいこと」はスカイプ鑑定の最後のほうで聞いてくる人が多いです。ホロスコープをもとにその人らしさを説明するので、聞きにくいことも安心して質問できるんだと思うよ。
私は「いわゆる常識」的なことはあまり基準にしていませんし非難・叱責等もしません。物事には良いも悪いもないと思うので。ただ「その人のまんま」をお伝えしています。時々「ホロスコープから浮かび上がってくる自分本来の姿」に抵抗感を示す人もいるけれど、そういう人はたぶん、長年培った「心のブロック」を外すことが必要かもね

宝石紫P子の西洋占星術◆スカイプ鑑定 ◆全メニュー対応可宝石紫
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

スカイプ鑑定では、あなたの適正・仕事・対人関係・恋愛や結婚のご相談の他、相性鑑定・アストロマップ、この一年間の運勢等、全メニュー対応可能でお得です
メール鑑定・郵送鑑定からスカイプ鑑定に変更できます。またご相談内容のご変更も柔軟にお受けしています
(メール鑑定・郵送鑑定についてのその後の質問もスカイプの「リピーター様特別料金」でスカイプ鑑定をお受けできますのでどうぞお気軽にご利用下さい
スカイプ鑑定ではご質問に対しできるだけわかりやすい説明を心がけています。きっとお役に立つと思います
あなたとお話しできます事楽しみにしています


宝石紫P子の西洋占星術◆スカイプ鑑定 ◆全メニュー対応可宝石紫
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

ブライアン効果かアイルランド効果か知らないけれど、アイルランド来て仕事は前よりかはずっと進むようになりました。

鑑定書作成もずっとあまりできなかったけれど、アイルランド来て3週間たって、自分の中で何か変わってきて、少しづつですが進み始めました。さすがアイルランド効果。(アイルランドは私にとって「再生」の場所)

でもスカイプ鑑定のほうがイイと思うけどね。
鑑定書読んで自分のホロスコープ全体を把握できる素人の人っているのかな?と思うので。
ホロスコープ全体を把握して考えていくのはたぶんとても難しいよ。それができるようになるにはものすごく時間かかるよ。(そしてその間にトシ取っちゃうよ。西洋占星術は奥が深い。私はホロスコープ全体が把握できるまでに20年くらいかかった)
だからスカイプ鑑定で、聞きたいこといろいろ質問してもらったほうが、ご自分のホロスコープ全体をより正しく知ることができて良いと思いますよホロスコープってみんなそれぞれ違うもんね。

「今まで何でこんなに仕事進まなかったんだろう・・」と考えてみるとですね~
場所の効果ももちろんありますが(金星冥王星ラインのイタリア・サンレモでは華やかだけどワガママになると思うね実際。ちょっと反省

何よりこの一年、仕事のモチベーションがダダ下がってしまい。
モチベーションを上げることがどうにもできませんでしたが
それはやはり「子供と別れたこと」が一番の原因だろうな・・と感じています。

娘に続いて息子が日本に戻ってしまった去年の春ごろから、スランプに陥りましたね~。
やろうとしてもできないのよなぜか。
たぶんプチ「空の巣症候群」状態?だったのかもしれない。
母子家庭で子供のために頑張って働いてきただけに、子供がいなくなるとちょっと・・心の隙間を踊ることでなんとかごまかしてた、みたいな?

相性としては、娘にしても息子にしても、私とは相性はとても悪いので、相性悪いと親もツラいけど子供も可哀そうなんですけどね、それでも、たとえ相性悪くて大変でも、私にとって子供は「働く意欲と目的そのもの」だったんだな・・と思います。

Love の語源ですが もともとは
Feed(食わせる・食べさせる・餌を与える)という意味だったとか聞いたことがあります。
「食べさせることが愛」
子供持つ前は意味がよくわからなかったけれど、子供ができてからこの感覚がホントよ~くわかるようになりました。
目の前に子供がいると「この子ら食わせるために働かなくちゃ
変な例えかもですが、それはほとんど「強迫観念」のような、恐ろしく強い思いです。子供って、親にとって物凄く強い「働く意欲」「動機」「モチベーション」になるのですね。
春、ツバメが甲斐甲斐しく子ツバメに餌与えてますけどね。傍で見てるととても微笑ましいのですが、親ツバメにすればあれ、ほぼ「強迫的」な感覚なんだろうなあ・・とか思います。
きっと「子ツバメたち食わせなくちゃ!!(;´・ω・)とにかく何が何でも食わせなくちゃ!!」的などこか切羽詰まったような感覚だろうな・・と。
この感覚、親になればわかるし、なるまではきっとわからないだろうなと思いますが(私も親になるまでわからなかったので)、ものすごく非常に本能的な感覚で、本能には逆らえないというか抗えないというかほぼ強迫観念みたいな感じで「とにかく食わせなくちゃ」ととても強く感じます。
働く動機、働くモチベーションとしては、もう、強すぎるくらい強い思い、強い動機です。
「人間親つばめ状態」と言うか・・まあでもほとんどそんな感じかもな。

たまに子育てができないしない親も世間には時々いたりはしますけど、それはヒトとしてもうよほど疲れ果ててしまってる場合なんじゃないかな・・と思います。親も生き物なんでね。あまりに心身ともに疲弊してヘロヘロになってる状態なら子育てできませんねそりゃ。

世の父親はよく「食わせないかん」と言ってますが、「食わせること」=「愛」なのですね。

ただ何しろ現代は飽食の時代。なので、ご飯食べるのにそれほどは不自由しないし、安い食べ物探せばあるし買えるし、よほどの貧困でもない限り、飢餓で死ぬことはまあほぼ無いかもなので、結果的に「愛がとても伝わりにくい」時代かもですね。でもお金が全然ないと食べ物を買えないので、子供食わせてやれないので、親は子供のために必死で働くわけですね。
あと欲しいもの買ってと言われたら買ってあげたいしね。(ただ私は娘のアイフォンを決して買ってやらなかったがあれは「アイフォンがあると娘を友達に取られてしまうから絶対買ってやるもんか」みたいな心理だったな、と今になってしみじみ思う。はあ(溜息))


あと、家族ってやはり「枷(かせ)」なんだなあと思いました。
枷なので、家族いるとけっこうツライこと多いし、相性良ければいいかもだけど、相性悪いとかなり大変だったりして。自由もほとんどなかったりして。
枷(かせ)だから自由に動きにくいですとても。縛られてます。束縛されてます。
けれど、家族がいないと、人は枷がはずれて野放図になってしまうものかもですね。

「家族がいる幸せ」とか言うけれど、「幸」という感じの成り立ちは、「手枷(てかせ)」だそうですね。
「幸」は、もともと刑罰の道具で両手にはめる手枷(てかせ)の象形文字だそうですね。

その後「手枷から外れることができて幸せ」とかいう意味に変わったそうですが
それってなんだかどう考えてもこじつけっぽいなあと思うのは私だけでしょうか。

私はやはり「幸せ」って「枷」なんじゃないかな、と思います。

人がマジメに働くには、人が真っ当にマジメに生きていくには、家族という「枷」が必要なのですねきっと。

だから家族がいない人たちって、どこか脆い感じがするし、その上、他人から信用もされにくかったりします。
家族という「縛り」「枷」がない人たちだからでしょう。ある意味「自由過ぎる」人たちだからなのでしょう。

自由がなさ過ぎるのも息苦しくて問題だけど、自由過ぎるのも問題なのかもしれない・・きっと人に何らかの「枷」は必要なのかもしれないなあ・・と最近思います。
ただ「枷だけ」しかないとけっこうツライですけどね。何か息抜きも多少はないとね。

人間、家族がいるからこそ頑張れる部分って、確かにありますよね・・
ないと何かが自分の中でフニャフニャになってしまうような・・そんな感じがすることがあります。

最近私の周りの人たちは、すべて私のドラゴンテイルかドラゴンヘッドに月を乗せてくる人たちばかりです。
というか、ドラゴンヘッド・テイル絡みの相性で、その上「過去生での家族」または「来世の家族」の相性の人たちしかいません。
全体的に海外来てからやたら多くてそれがほとんどです。  
私は家族とは一緒に暮らしていませんが、ホロスコープ上の家族相性の人といつも一緒に居るわけです。(自分でもこの状況に「うーんスゴイもんだな・・」と驚くが)

モンテカルロのビジネスマンはじめ、アイルランド3人組はすべて私の太陽にドラゴンテイルをピッタリ乗せてくる人たちです。つまり前世からのご縁が強いですね。日本に居たらまず出会えなかった人たちですね。だからこそ「よく来たね」と非常に喜んでくれるのかもしれませんね。

「過去生の清算」をしているんだなあと感じます。

台湾での親しい友達と、イタリアで出会った人たちは、ドラゴンヘッドにパーソナル天体を乗せてくる人たちばかりです。全員がそうです。
イタリアのピノも鬱病セルビアンも、鬱病セルビアンの弟もみな私のドラゴンヘッドにパーソナル天体載せてきます。

海外出てからこういう相性の人ばかりにやたらと出会うようになりました。
日本に居た頃、ほとんど死んだように生きていたのは、こういう人たちにほとんど出会えなかったからなのかもしれませんね・・。

「そこに居ると死んでるみたいに生きている」という時は、たぶん何か自分で「変えないといけない」のかもしれません。場所とか人間関係とか仕事とか。自分を自分でイキイキさせることが必要なのでしょう。日本人はガマンしがちだけどね。


そして自分のホロスコープや出会った人たちの相性等を総合して考えてみると、アイルランドとイタリアは、私にとって「過去と未来」ということになりそうです。

アイルランドは真面目で抑圧的でホンネと建て前が別なところが日本ととてもよく似ています。
会話していても言葉が表面的でホンネと乖離していることもあるので、私は不安になることがあります。ただ顔と雰囲気に割とけっこう出るのでわかりますけどね外国人。私には外国人のほうがわかりやすいです。日本人の表情のなさというのはある意味スゴイと思うよ。(ただ表情を出さないほうが勝負には勝ちやすいらしいが。日本人「毎日勝負」してるんかね)

イタリアはお国柄的にはかなり不真面目な所だなあと思いますが、会話とホンネと表情がすべて一致しているところが好きです。
ラテン系の皆さん、「自己中でワガママが当たり前で、楽しい人生が当たり前。愛と美味しい食事、当たり前」みたいな感じ?
自分の「快」を大っぴらに当然のように求め、かつそれを隠さない人たちが多いイタリアやフランスでは、腹立つことは実際多いよ。多いけど、一方で、とにかくホンネで生きてる人たちが多いので、そういう意味ではなんだか妙に安心だし共感できるしわかりやすいです。「幸せになることは当然」みたいな雰囲気だからだと思います(日本では幸せな人、幸せになろうとする人は叩かれやすいが、そこヘンだと思うよ)

イタリアは私にとって「未来」を感じさせるワクワクするところです。ただ仕事がとてもしにくいです。だからまた行くの迷うけど。カフェバーとかの肉体労働だったらできると思うけど、頭脳労働・PC仕事は非常にしにくいところです。
ほんとはピノとカフェバーしたかったけど、結局イタリアでピノがバー買ってくれなかったので、私はまだ西洋占星術師続けるしかなさそうです。まあホロスコープ的に考えるとこれでよかったのかもしれないけど。
西洋占星術師はたぶん私、天職ぽいもんね。

前世と来世の間が現在・現世となるわけですが
ドラゴンテイルの相性は、困ったとき助けてくれる場合も多く、「その人のおかげで自殺しなくても済む相性」とも言われています。実際、日本でもドラゴンテイルに金星載せてくる人のおかげで助かったことがあります。

家族を失って以来、働くことができなくなってしまった私を、今、ブライアンが支えてくれてるなあと思います。
とにかく毎日美味しい料理作ってくれて食べさせてくれます。料理作るのが好きな人とは言え、スゴイです・・

WP_20170307_20_51_49_Smart
キッシュ。これ大好き。卵とクリーム、マッシュルーム、ベーコン、ネギが入ってる。すごく美味しい。焼きたてはもちろん、冷めても美味しい。仕事終わってから生地から作り始めるのでビックリした・・・奥の赤紫のはビーツ。

WP_20170305_16_38_03_Smart
ラム肉の丸焼き。肉に刺さっているのは庭から摘んできたローズマリー。ラム肉って疲労回復にイイ
WP_20170305_17_01_43_Smart
ジャガイモがだいたい付け合わせに乗ってます。アイルランド、ジャガイモが主食らしいよ。病害虫か何かでジャガイモがとれなくなった時期、アイルランド人がたくさんアメリカに移住したらしいよ。大西洋を越えてはるばるアメリカ大陸に移住ね。ジャガイモ食いたいがために移住するんだねアイルランド人。
日本人は病害虫で米食えなくなったから海外移住しようとはたぶんあまり考えないよね。耐えて来年こそはと頑張るとかだよね。やはりこれって何か民族性の違いかね?
WP_20170302_19_34_27_Smart
ピザの生地から手作りで作る。トマトソースも何もかも手作り。オリーブがすごく美味しい。

WP_20170228_12_49_54_Smart
朝食のスクランブルエッグ スモークサーモン入り。これ大好物。

海外の方が自分には合ってるなあ・・と思います。

なぜなら海外で私の個性がそのまま受け入れてもらえるからです。(夜ダンス行くこと以外は。今ブライアン家でディスコ禁止みたいになってて踊りに行けないのが一番ツライ。ただ日本では私の年齢ではまず日本のディスコ行くの不可能だから、海外にいた方がマシ。イタリア サンレモまで行きさえすればディスコで毎晩のように踊れるから。おまけにタダで。顔パス?)

日本や家族や子供とは、相性が悪かったとはいえ、一緒に居ると体調を崩すから一緒に暮らすことができなかったとは言え、私にとってはとても大事な人たちです。

両親は老いてしまって、私が行くとたぶん体調を崩すと思う。だから、私と会ったことをキッカケに体調崩して病状悪化して死なれたりしてもイヤなので、私は決して会いに行きません。
相性が悪いということはつまりそういうことだからです。(相性悪いもの同士が一緒に居ると体調崩しやすい)

ブライアンとの相性ではコンポジットチャートで月土星セスキーコードレイトになります。否が応でも「落ち着け」となります。まあディスコなんぞ行けませんよねこの相性では。
自分にとってツライこともありますが、今の私には必要な相性なのでしょう。仕事しなきゃなので。
あと私のネイタルチャート的に、「田舎の陶芸家の家に住む」というのはほぼピッタリなんですよね。

そしてブライアンにとっては、私は「すっごく癒される」「健康になる」相性になります。

ブライアンは内臓脂肪が超危険レベルだったのですが、私と一緒に暮らすようになって3週間で、ずいぶんお腹が引っ込みました。

だいたい男性は女性いないとどうしても不健康な生活になることが多いですね。心身ともに。あと一人で寂しいとつい悪友とつるんでしまう(ブライアンがこのタイプ。ホロスコープ的にも悪友と縁がある配置でもある)

実際、女性と暮らしてないと、一人暮らしだと男性は寿命縮む場合が多いですからね。

つまり「生死がかかっている」ってことですかね~おおげさに言えば。(でも実際はそれほどおおげさでもないと思う。年取って衰えていく恐怖とか、病気に対する恐怖って誰にでもある。一人暮らしならなおさら)

老化とか病気とか、実際「死に近づいている」ってことですからね~。「イキイキする」の反対ですからね実際。

だから男性でタイや中国の女性と出会って付き合ったり結婚したりする人いますけど
なぜか日本では「そういうのあんまりよくない」ってことになってますけど、私は「死ぬよりいいんじゃないか?」と思うんですよね。ぶっちゃけある意味行動力あるなあと思うし。自分で自分を幸せにする道を選んでるってことで、好感持てますね。

あと日本ではドラゴンテイルの相性の人にも、ドラゴンヘッドの相性の人にもほとんど出会えなかったし、周りの人たちとの相性も悪かったので、いつも「ワルモノ」にされがちでした。
相性が悪いとどうしても人間関係は上手く行きづらい。誤解が生じやすいし、なんだか言葉が通じない感じ。日本語話してるのに。海外では言葉できないのにワルモノにはされないし、とても親切にしてもらってるもんね。この辺が不思議。やはり相性は大事。

日本だとだいたいいつも「女がワルモノ」「嫁がワルモノ」にされる。いつも誰か「ワルモノ」「スケープゴート」を必要とする文化なんだなあと思う。(だから日本では「スケープゴートにされないように」いつも気をつけていなければならない。目立たないようにとか叩かれないようにとかね)

でも海外出たら、私を肯定する人たちしか周りに居ません。(ダンスに通うこと以外は。アイルランド、ブライアンの家からはダンス行きにくくてそこが目下の悩み)
日本人だから、白人より下だからなんて、そういう扱いを少なくとも「おおっぴらに」する人は私の周りにはいません。皆さんとても大事に扱ってくれますね~。そして何かそういう扱いをされそうになったときはちゃんと抗議すればそれなりに通じる。
(でも日本では通じなかったのに。「女性をバカにするな」とか「オバサンとか言ってバカにするな」とか日本語しゃべってるのに通じなかったのに、言葉ちゃんとできない海外の方がその辺の意思疎通はできるし、失礼なこと言われないという。)

ブライアンは私に新しく作った書斎をくれたり(建て増しした部屋をくれた)、ブライアンの陶芸の仕事場(ワークショップ)にも私の仕事場所を用意してくれたりするし、仕事の時、とにかく邪魔しません。「ちゃんと仕事しなさい」的な感じです。おかげで落ち着いて仕事できます(アイルランド来てからしばらくずっと図書館通ってPC仕事してたけど最近図書館の常連の人たちで、黒人一人と白人男が一人なぜかピッタリ近距離に近づいてくるようになった。それをブライアンに行ったら、図書館ではなく、ブライアンのワークショップに連れていかれるようになった。今はワークショップのリビングで仕事するか、土日は販売の店舗についていってそこでスカイプしたりPC仕事したりしてる。

まあ私はどうしても社会でそういう人たちに絡まれやすい配置だから、ある意味仕方ないとも言えるが、早く海外で仕事興さなければと思う。今はできないけど、依頼入ってる鑑定書を作り終わったらそっちに移りたい)

モンテカルロのジョニーからは今もお呼びがかかります。(ジョニーともテイルつながりなので、過去生の清算のためたぶん行った方がいいのかもな~とも思います。ジョニー絡みでモンテカルロで仕事の話があるが、かなり迷う。西洋占星術の仕事と両立ができないから)

イタリアのダンス友達からは「イタリア戻っておいで。あなたがいないと寂しい」とメッセージが来ます。イタリアのディスコテカ Morgana Bay 隣接のディスコレストラン、Victory Morgana Bayの新しいWEBSITEには、私らしき人物が二人も映っていました。ちっちゃいけど。確かによく通ったからなあ・・(写真4枚目と10枚目)

日本では友達いなかったのに、イタリアではたくさん友達ができてビックリだよ。イタリア語話せないで行ったのに、言葉が話せるかどうかなんて友達作りにはあまり問題にもならないのね。カタコトでなんとかなる上、友人たちが「早くイタリア語話せるように」と毎日言葉教えてくれるからね。まあ友達になりたかったらそんなもんなのかもなあ・・とにかく助けてもらえる。いろんな場面で。友達ってこういうもんなのか、と海外来て初めて知った。外国人、とてもあったかい。

それにしても、何が正しくて、何が間違っているかなんて、国や文化が違うと、これほどまでに違ってくるものなのですね・・・。

だから日本が合ってる人は日本に居ればいい。同じ理由で日本が合わない人は、日本から出た方がいい。

日本では「納得できないこと」があまりにも多過ぎた。今はそれがほとんどありません。

海外でもいろいろあるけれども、私の人生としては「まあ、これでいいかな」と自然と思えるので、自然と納得できるし受け入れられる。

だから、私にとってはこれで正しい、これでいいのですね。
私にとっては、自分がどうにも納得できないことが、何より一番苦しいのでね。(そういう人けっこう多いんじゃないかと思うけどね)





宝石紫P子の西洋占星術宝石紫 スカイプ鑑定ご依頼者の方から、ご感想メールを頂きました。
ご感想、誠にありがとうございますとても嬉しいです。
ブログ上からですが、P子よりご感想下さったあなた様へ、心から感謝申し上げます
また、メール鑑定からスカイプ鑑定に変更してくださり、重ね重ねありがとうございます!!
せっかく頂いた貴重な素敵なご感想ですし、他の悩める方々のご参考にもなると思うので以下にご紹介させて頂きます


本日はありがとうございました!
こんばんは!
先ほど鑑定して頂いた●●です。

鑑定ありがとうございました^^
荒牧さんの話す声が爽やかで軽やかで耳に心地よくて、さっくりしていて、私も話しやすくて、あっという間でした。とってもとっても楽しかったです!気持ち良かったです。

この鑑定を受けて、もっと自分のことが好きになりましたし、何より人生の謎がひとつとけました。
そういうことか〜と納得しました。
最近自分の心が死んだようになっている(軽く鬱々としている?)理由も、自分が短所だと思っていたところが自分にとって必要だったことも、分かりました。
話を聞いているだけで、活き活きとした気持ちになりました。ひかり、明るい道が見えたような気分です。
新たな自分を見ているような気持ちでありつつも、どこか無意識でやはりそうだよね!と思う気持ちもあります。なんだかとても嬉しいです。そうだこれが私だった。この爽快感。
あと神話(星座の話?)がとっても楽しかったです。

普段常識にとらわれて生きていますが、占星術や荒牧さんのお話はそれとは違う方向からのものなので、それで、自分を取り戻せるというか、自由な気持ちになれます。

まだ考えがまとまってないですが、もう今日は大発見な上に気が軽くなったのでとても良かったです。
今後の方向性としては、悩み相談のようなもの、それと同じくして傷を表現するようなことを音楽の中でしていこうと思います(ちょうどそんな感じの曲をやっています)。海外は、まずは短期でも行ってみたいと思いました。

たくさんありがとうございました^^
荒牧さんも素敵な日々をお過ごしください。

(E.I様 広島県)


メール鑑定からスカイプ鑑定にご変更頂きました
「自分のことがもっと好きになった」「人生の謎がとけた」「大発見な上に気が軽くなった」とのこと、良かったです
でもそれはスカイプ鑑定中に質問して下さったからこそお答えできたんですよね。
聞かれないことにはお答えできませんからね。
スカイプ鑑定ではご質問に対しできるだけわかりやすい説明を心がけています。きっとお役に立つと思いますよ
西洋占星術は奥が深く難解なものです。もしかしたらホロスコープ全体を捉えて考えられるようになるのに10年とか20年とかかかるのかもしれません。(私は自分が納得するまでかなり時間がかかったほうで、20年くらいかかりました)。
P子の西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679


宝石紫P子の西洋占星術宝石紫 

「自分自身を知りたい」方、自分らしく生きたいと考えている方
ご自分の適性を知りできるだけ向いている仕事をしたい方
「周りの人たちとの相性を知りその上で何が自分ができるかを考え行動していきたい」方、
「いわゆる常識」に従い過ぎるあまり、自分で自分を縛り、解決策を見失ってしまわれた方
そして「自分らしさ」を忘れてしまった方々、どうぞお役立て下さい

ホロスコープにはあなたに関する役立つ情報が満載です。
ホロスコープは忘れかけていた「本来の自分らしさ」を思い出させてくれます。
そしてその使い方、活かし方はあなた次第です

宝石紫P子の西洋占星術◆スカイプ鑑定 ◆全メニュー対応可宝石紫
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

スカイプ鑑定・対面鑑定以外は単独メニュー別です。星西洋占星術 鑑定メニュー一覧はこちら 

スカイプ鑑定・対面鑑定では、ご自分の適正・仕事・対人関係等のご相談の他、相性鑑定・アストロマップ、この一年間の運勢等、全メニュー対応可能でお得です
またご相談内容のご変更も柔軟にお受けしています
あなたとお話しできます事楽しみにしています
(メール鑑定・郵送鑑定についてのその後の質問もスカイプの「リピーター様特別料金」でスカイプ鑑定をお受けできますのでどうぞお気軽にご利用下さい

アイルランドの神秘的な自然のひとつ。クリフ オブ モハー (Cliffs of Moher)
WP_20170225_17_10_48_Smart
断崖絶壁が美しいです。

WP_20170225_17_10_41_Smart
なんか「神秘的」な断崖絶壁なんですよね。
WP_20170225_17_05_42_Smart

WP_20170225_17_07_01_Smart

WP_20170225_16_55_23_Smart

WP_20170225_16_55_16_Smart


WP_20170225_16_55_06_Smart

私の写真では神秘性と美しさが十分に伝わらないかもなので、興味ある人は以下サイトを見たほうが良いかも。

http://www.cliffsofmoher.ie/


アイルランド、妖精を信じている人たちもまだまだ多いらしいけど、信じる気持ちなんとなくわかる気がする。

自然がとにかく美しい。あと金髪碧眼の少女はほんと妖精みたい。
アイルランドの子供、異常に可愛いらしい。可愛すぎてつい見とれてしまう。子供の誘拐が多いらしいが気持ちはよくわかる。(アブナイ・・)

アイルランド、神秘的な感じのトコ多いんだよね。なんだか恐ろしいような雰囲気漂わせた教会も多い。教会の雰囲気がイタリアとはまるで違う。
あと古城。ダンジョン(牢屋)も古城の中にある。スゴイ怖い。絶対幽霊いると思う。

川のほとりで白い花束をよく見ます。日本人と違って泳げない人が多いみたいなので、飛び込めば死んでしまうのですね。

イタリアではこういうの見ませんでした。なんか雰囲気が全然違うんですよね、アイルランドとイタリア。
だいたいイタリアって精神病院もないらしいし、「難しいこと考えて悩むよりパーティやって騒いで踊ってストレス発散しましょう」的な政策?が実際にされていたんだそうです。どおりで?イタリア、道端で踊り出す人多し。音楽が流れれば、若い人だけでなく、おじさんもおばさんも踊り出すもんね。(それもシラフで)

イタリアって、バチカン(ローマ法王)とマフィアが共存しているという、一種「特殊な場所」だな~、なんで?と思っていたのですが
ブライアン(プロテスタント)のイタリアについての話で
「イタリアンマフィアは本当に悪い。有名だ。でも彼らがもし悪いことをしても、教会に行って告白・懺悔すれば罪は消える。だからイタリア人は悪いヤツが多い」

ああ、悪いことしても懺悔すれば罪が消えるのか・・それだと確かに悪いことしやすいよね心理的に・・。

子供の頃「悪いことすると地獄に落ちる」とか教えられたけど、そういうのとはまったく違う考え方なのね。
「悪いことしても教会で懺悔すれば大丈夫」ってことよね・・(でもこれだと結局教会に何か結果的に「脅される」ことになるのではと思ったりして。ある意味教会に弱み握られてしまうんじゃないの?必然的に教会のチカラが強くなるよね。ただイタリア人で教会を全然信じていない人も今は多いみたいだけど。そういう人たちは「教会はあれは仕事だから」「教会は金もうけだから」などという。)私は無宗教なのでそのあたりのことは何とも。まあいろんな人がいていろんな考え方があるもんね。

ただ、アイルランド、日本に何かどこか雰囲気似てるんですよねー。「抑制」が効いてる雰囲気というか。「ホンネと建て前」が違うというか。何しろ国民の95%がカトリックですからね~。カトリックってバリバリ抑制効いてるらしいよ。今はそれほど教会のチカラも無いらしいけど、でも服装もなんか全体的にスゴイ地味よ。教会の抑制のチカラはまだまだ残ってると私は感じます。社会全体の「雰囲気」として。
WP_20170225_16_52_26_Smart

WP_20170225_16_50_32_Smart

WP_20170225_16_58_22_Smart
「ここから時々飛び込む人いるから」
WP_20170225_16_59_33_Smart

「だよね~。なんか吸い込まれる感じするもん。美しすぎる。でもそれって自殺ってこと?この高さから飛び込むと確実に死ぬよね。ちなみに年間何人くらい飛び込むの?」
「たぶん年間20人くらいなんじゃないかな~」
「そっか・・日本では年間10万人くらい自殺してるよ」
「えっ、そんなに多いの?!」
「多いよ多過ぎだよ。だから日本で自殺するくらいなら海外に来たほうが絶対イイと思うんよね私」
「・・・・」
「私も海外に来て自殺願望全然無くなったもんね。日本ってなんか死にたくなるトコロなんだよね」
「・・・・」

ということで一応確認してみましたが、自殺者って、年齢層では中高年がものすごく多いんですね、日本って。
知らなかった・・・若い人中心かと思ってた・・
特に男性の60歳以上の自殺者多過ぎ。驚いた・・これってたぶん一人暮らしの男性なんじゃないかなあ・・と思いました。
年取って男の一人暮らしってかなり侘しそう・・・
ただ日本の男は女をけなし過ぎて大事にしないもんね。
だから人生に絶望するのかもしれないね。
仕事なくてもとりあえず妻か彼女いれば、男も死ぬ気にはそうそうならなさそうな気が・・

でも女性も中高年以降が自殺者一番多い。
日本向いてる人なら日本でもいいと思うけど、海外の男の方が女性を大事にしてくれる感じなので、日本でお相手見つからなくて、一人暮らしで自殺したいくらいの心境なら、海外来た方がたぶん良いかもでしょう。
日本人女性の場合、中高年でも全然問題なし。日本人女性若く見えて綺麗な人が多い。なんか日本人は「白人女性には自分は適わない」とか思ってる人多そうだけど、違うよ。
日本人女性って、白人女性に比べてもずっと若くてずっときれいだから自信もって来てください
白人女性で私と同じくらい年齢の人、もうしわくちゃだよ。(私より10歳くらい年下でも目尻とかもうシワくちゃなってるよ。白人女性って、日本人女性に比べて、老けるスピードがものすごく速い感じがする)
あと日本の「綺麗」と海外の「綺麗」は少し違う。日本だと痩せてる人が綺麗と言われやすいし、痩せてないと綺麗じゃないみたいな感じだけど、海外は違う。多少デブでも全然OK というかちょっと太めくらいがイイみたい。海外のデブはほんとデブだから日本で「私太ってる」と気にしている人は全然気にしなくて済みますよ
日本人女性が年取っても白人女性ほどは太らないところはかなり評価されているもよう。あと肌や髪のきれいさをよく見られてる感じがする。
中国人女性もきれいだが拝金主義で主張が激しく男性にたてつく感じ、強すぎる感じが白人男性はどうにもイヤみたい。
私もたぶんかなり気が強いほうだと思うが、それでも中国人女性とは全然全く違うらしいよ(何がどう違うのか自分ではわからないが彼らはそう言うので。ちなみにブライアンの弟嫁は中国人でカリフォルニア在住。ブライアンは間近で見てて中国人女性がかなりニガテらしい)
というわけで、この理屈だと、多分ほとんどの日本人女性がヨーロッパではかなりモテるんではないでしょうか。

実はブライアンも60歳だけどね。自分で毎日料理作ってちゃんと食べてるせいか若く見えるけど、でも男性の一人暮らしだとどうしても荒むよね。(実際、糖尿病・高血圧)
あとアイルランド、娯楽が主に「酒」。さすがギネスビールやアイリッシュウイスキーの地。酒飲みすぎで太ってる不健康そうな人がすごく多いよ。ストレスや抑制が多い場所で、娯楽が主に酒だとどうしても病気になりやすいと思う。酒に逃げる人も多そうな。

イタリアのピノも60歳だけどね。年齢よりもずっと老けてる。
ピノの場合、恋愛相手に尽くさないと開運しない配置なのに、口ばっかりで結局何もしてないからどんどん死に近づいていく感じ。星の使い方完璧間違えてるタイプね。私は一応ちゃんと教えてあげたけど、何度言っても聞かないからちょっと付き合えないな・・。私がイタリア出てからピノ、手術して死ぬ思いしたそうです。やっぱり星の使い方間違えると老けるの早いし体調も崩すの早いね。何しろ星のパワーに逆らってるもんね。気づいてないけどある意味とても大それたことしてるわけなので、ある意味当然なんだよね・・「この考え方じゃあもう今生全然無理ぽいから死んで生まれ変わってイチからやり直して下さい」ってことなのかもしれないけど。なんかそんな感じする。男性には教えてあげても無理みたいだなと思った。口では「西洋占星術信じてる」とかいうけど実際何もしないし運気落としたり健康失うだけ。
ピノ以来、「年齢より若く見える人」となるべく付き合うようにしてる。私も「学習」したというか。男性の「学習しなさ」にちょっと呆れたというか。実際命縮めてるのに聞かないからもう私にはどうしようもできないなと思った。

話し戻しますけどね~
やはり男性は、日本人でもヨーロッパ人でも、一緒に寄り添ってくれる女性が必要みたいだなあと思いました。たぶん年取ればとるほどに。

だから男性はもっと女性を大切にするべきなんです。女性のためではなく、自分のために。女性にずっとそばに一緒に居てもらいたいならね。実際女性が一緒の方が男は元気で長生きするみたいだしさ。

実は今、日本人女性を外国人男性に紹介する仕事始めようかな~などと考えています。
日本人女性で、私から見ると「全然問題ないどころか素敵な女性」なのに、日本人男性からは「ワガママ」とか「我が強い」とか言われてて敬遠されていたりする人けっこういるみたいなので「それってなんだかな~」と思うので。
そして日本人男性にいくら言ってもらちあかないみたいだからさ。
(男尊女卑の日本では、男性は女性の言うことに耳を貸さないから。それならつまり女性の私は男性に対しては何もできないなあと思うから)

クリフ オブ モハー。
この日はブライアンにさんざん歩かせられて疲れたので
「もうこれ以上歩きたくない。私ここで待つ」と途中でいったん道端に座り込んだのですが、
「クリフオブモハーは、絶対見た方が良いから」ということで、引きずられるようにして行きましたが、ホント行ってよかった。
すごく綺麗だった。また行きたいな。
WP_20170225_17_06_47_Smart

宝石紫P子の西洋占星術◆スカイプ鑑定 ◆全メニュー対応可宝石紫
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

メール鑑定・郵送鑑定お待たせしてしまい申し訳ございません
スカイプ鑑定でしたら変更日より10日から2週間程度で鑑定ができます。
文字では誤解されてしまいがちなので書けないこともスカイプ鑑定ではいろいろお伝えしています。
スカイプ中はけっこう「ぶっちゃけトーク」しております
メール鑑定・郵送鑑定のご依頼者で、スカイプへ変更したい方は以下よりご連絡下さい。
あなたとお話しできます事楽しみにしております
▼お問合せ・ご連絡▼
https://vivi-accessary.ocnk.net/contact

男性はだいたい社会的動物なので、外でどう見られているかを気にしたり、外ではけっこう「ええかっこしい」している男性もとても多いと思いますが、当然ですが、人間は完ぺきではありません。

そして男性は社会的地位をそうそう失うわけにも行かないし、もちろん社会的立ち位置は維持しなきゃいけないのですが
ホロスコープの星って誰にでも同じ数だけあります。(その辺、平等)

イクシオンとかは「人間のどうしようもないダメなとこ」「悪人」「原罪」「男性のHしたい熱望」等を表しますが、これ誰にでもありますからね。
でもそれらを社会ではうまく隠さなければならなかったりするわけですね。(イタリア男はその辺隠さないけどね)
そして時には「そんな汚いみっともないものなんて自分の中にはありませんから」的な聖人君子ヅラしている男性もいたりします。
(一方「自分のどうしようもなさ」をよくわかっていて恥じている男性もいると思いますが、そっちのタイプの人の方が私は好感が持てて好きだけどね)

男性で社会的立場が高い人たちの中には(そして高くない人たちの中にも)、自分の「隠すべき欠点」「知られたくない欠点」「自分が目を逸らしたい見たくない自分の汚いところ」等を身近な女性など他の人たちに「代行」「肩代わり」させようとする人たちがいます。彼らはそれをとても見事に自然にやってのけてしまいます。本人あんまり自覚ないかも。そして自分は「聖人君子ヅラ」してるという。腹立ちますね~。

自分のプライドを傷つけることもなく、自分の汚い部分を認識させられることもすることもなく、「オレは正しい」と言いきる。こうしてその人にとって、とってもラクちんなとっても都合のイイ位置にすっぽり収まることができるわけですが
そういう旦那・男は妻・彼女に自分の「欠点を代行」「欠点を肩代わり」させてるから外でなんとかなってたりするわけですね実は。
そうすることで自分の中でバランスを取るわけです。
星の使い方は自分から使うか、そういう人が周りに来るか。
自分で使いたくない自分の汚い部分や悪い点を他人に「代行」させてるわけです。
そういうホロスコープの使い方もあります。ある意味使い方お見事です。

でもこれってつまり、すっごい「内助の功」なんですよね~。
彼女らのおかげで自分が「聖人君子ヅラ」できるわけですね。
なので、だから妻や彼女に相当感謝して、相当大事にするべきなんですホントは。

「自分の隠すべき欠点」を女性に「代行」させるなら、女性に感謝し、女性を大事にし、そして女性にストレス解消の「ガス抜き」等もどんどんさせたほうが良い。つまり女性に好きなことは自由にさせてあげたほうが良い。

なぜならそうすることで関係が長続きするからです。(関係が切れたら困るのは自分の欠点を代行させてる男性のほうでしょう。女性はもうそういう関係にウンザリしてる場合も多いよ。あと体調崩したり鬱になったり)

女にガマンさせると、その後の修復が難しいので非常に危険だと私は思います。
関係の修復が不可能になると、困るのはたぶん男性側かもでしょう。女性も困るっちゃ困りますが、次がけっこうすぐ見つかりますからね女は。
だから女性にあまりガマンさせるのは非常に良くないと私は思いますね~。あと女性を「しつけよう」みたいな考えもどうなのかなと思いますね。
女性をしつけて万一彼女が良い女性になれば、今度は自分のホロスコープに「合わなく」なって、他の女性を探さなきゃいけないことになり、どちらにしても関係が破たんするからです。

世の中、偉そうに女性を「教育」しようとする男たちがあまりにも多くて本当にウンザリするのですが
これ以上日本女性を「教育」しようとするのは、もうやめたほうが良いんじゃないの~と私は思います。

なぜなら日本女性は教育水準は十分高いからです。
日本居ると気づかないかもだけど、海外に出るとレベルの高さを痛感しますね。(ぶっちゃけレベル高すぎ。なのにそれができないと「できない自分」を責めて鬱になるHSP女性がけっこういるけどかわいそう)

そして本来、教育って、女性対してそれほど十分な効果はありません。自分を振り返ってもそう思います。
感覚で「ヘンやん」とわかるし教育を疑うしあんまり信じないからです。
教育の効果が表れやすいのは実は男性です。(教えられたことをまるっと信じ込むうえに社会に適合しようと必死になるからね)
だからそんなに教育したいのならば、男性同士で教育しあえばよいのです。

そして女性は「もうヤダこの人」と見切りをつけると後を全くほとんど振り返りません。
ガマンし過ぎて、もうすべてを捨てても後悔しないわ、みたいに思い切る女性たちも実際割といますし、
実は、女は男を捨てるくらいのこと、けっこう朝飯前なのですね。
(なぜなら世の中他にも男はいっぱいいるもんね。生物学的にもオスはあぶれやすいがメスはあぶれにくいんだよね。だから女に捨てられて困るのは男なんだよね。女に捨てられて平均寿命が縮むのも男。逆に女は長生きするくらいだからね。ぶっちゃけ男いなくてもあんまり困らないもんね)

演歌には「あなた捨てないで」みたいな「男にすがる女」がよく登場しますが、でも作詞家はほとんど男性。
つまりあれは「男の願望」で、実際「捨てないで」と思っているのは男の方かもでしょう。または「女にすがられたい」願望があるのでしょう。現実的にはその辺、女の方が男よりもずっとサッパリしているのが現実ですね。

だからあまり女性を追い詰めたりガマンさせるのは良い方法とは言えないのですね。
なぜならガマンさせられる女性が可哀そうなうえに、結果的に男性の幸せにもならないからですね。

男女比較して、女は割とすぐ次の相手が見つかるが、男は見つからない場合も多いからね~。
(女に比較して男は次の相手が見つかりにくい。次見つけるの苦労してる男が多い。それなのになぜ女性に無理なことを強いるのか。それじゃますます女から嫌われるだけなのに。もっと女性が喜ぶことした方が良いと思う。そのほうが合理的でしょう。ぶっちゃけ男も女から好かれたほうがいいんじゃないの?)

「きれいだね~」「可愛いね~」を連発するイタリア人男性のように褒め上手になれとは言いませんが、全体的に日本人男性は女性を悪く言い過ぎだし女性をほとんど褒めない。褒めるの下手過ぎ。
日本人女性は外国人女性に比べて「綺麗でよくできた」女性がとても多いのに、どう考えてもけなし過ぎ。ダメ出しし過ぎ。無理な教育や押しつけをし過ぎ。

女性は選り好みしなければ割とすぐ相手見つかりますからね~。「イイ人がいない見つからない」っていう女性見てるとすっごい選り好みし過ぎ。「ストライクゾーン」狭め過ぎでしょう。そしてご本人にはその自覚全くなし。もったいない・・。

お相手が全然見つからない女性は、そもそも相手選びの基準が間違ってるか、居場所がなんだか間違ってるか、星の使い方が悪いかのどれかでしょう。

ちょっと視点を変えれば、そして行動を起こすほんの少しの勇気があれば、人生は全然違ってくるはずなのです。

宝石紫P子の西洋占星術◆スカイプ鑑定 ◆全メニュー対応可宝石紫
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

メール鑑定・郵送鑑定のご依頼者で、スカイプへ変更したい方は以下よりご連絡ください
変更日より10日から2週間程度で鑑定ができます。
▼お問合せ・ご連絡▼
https://vivi-accessary.ocnk.net/contact

アイルランド。週末は鬱です。なぜならブライアンの友人付き合いに付き合わされるからです。
どうも「賢い」友達が多いらしいですが、私からすると、どうでもいいような全然面白くない話ばかりしています。
今日は「食物栄養学」?か何かの「健康」に関する「センセイ」が友達だということで一緒でしたが、その先生の腹はデップリ出ていました。
えっこの人が「健康のセンセイ」なの?説得力ないわー
食べ物に対しての知識はあるかもだけど、食い過ぎで不健康そう。これって本末転倒じゃないの?なんかヘン・・。
健康の知識が実際に健康に役立ってないやん。
知識だけで行動が全然伴っていないタイプだということが見え見えやん・・。

もっと健康的で若々しい健康的な「健康のセンセイ」なら私もぜひお話伺いたいし尊敬もすると思う。でもなんか違う・・

お話はご立派ですが、周りの人は「ほお~」みたいに聞いているけど、私は話だけで実際が伴わない話は聞いてて全然面白くない、つまんないと感じてしまう。なので、1時間くらい我慢したところでもう我慢の限界。なんでこんな人の話聞いてなくちゃいけないのかね。聞きたい人だけが聞けばいいやんか。
それで「私、写真撮りに行くから」とその場を離れました。(そしたら「失礼だ」と後でブライアンに注意されたけど、聞きたくない話をずっと聞かされる私の身にもなれよ 
帰宅後「健康のセンセイのくせに腹デップリ出てて不健康やん。口だけやん」と言ったらブライアン何も言い返せず。
アイルランドのブライアンの周りでは、どうも「知性」が重視されているもようですね~。でも知性だけで行動が伴わない人たちと一緒に居て退屈な時間を過ごすよりも、ディスコ行って踊ってからだ動かしてスッキリしたいのですね私は。毎日パソコンに向かってばかりで腰痛くなるしさ。

アイルランドに来て、3回目の週末。なのに一度も踊りに行けてない(行こうとすると反対・強力阻止されるから)
踊りに行かせないうえに、聞きたくない話をガマンして聞けって言われる。何それ。

だいたいブライアンにとっては友人でも私にとっては他人なんだよね~。そこ気づいてるかね。
それに私は友達は海王星的な人でないと無理。
ブライアンの友達はなぜか妙に「センセイ」が多い。「センセイ」なら身内にたくさんいてもう食傷気味(私の母も叔母も祖父も教師。教師とか公務員系・病院系がやたら多い家系)
「センセイ」になるなら、知性と実践が絶対必要だと思うよ。「センセイ」は話好きな人が多いが、人に話を聞いてもらいたいなら話を聞きたい人だけを集めろよと言いたい。
興味ないタイプの人たちとのつまらない退屈な時間。というより苦痛な時間ね。
全然興味ない話をずっと聞かされてガマンして「ありがたく」聞いていなきゃいけない状況って拷問みたいなんですけど・・。

「なんで私があなたの友達付き合いに参加しなきゃいけないわけ?」と聞くと「アイルランドに友達いないだろ?友達になれるからいいだろ。いい友達を紹介してあげているんだよ」
なんですかこの上から目線と押し付けっぷり。

「私は友達は自分で選びたい。誰を友達に選ぶかは私の自由。だから押し付けないで。それにあなたの友達、全然私のタイプじゃないんだけど。私は友達にするなら一緒に踊りに行けるような可愛いくて楽しい友達がいい。あなたの友達、賢いかもしれないけど口ばっかり達者で全然面白くない。私は別に賢くなくてもいいからバカでもいいから、実際に自分で行動するタイプや、自分の思ったことを自分で正直に言う可愛いタイプが好きなの。たとえそれが間違っていたとしても。
だいたいあなたの友達はホンネでは何考えてるかわからなくて、私からすると全然友達になりたくないタイプばっかり。なのになんで週末私はあなたの友達に会わなければならないの?ブライアン一人で行けば。それより私週末はダンスかカラオケ行きたい。アイルランドはカラオケないみたいだからダンス行きたい。毎日仕事ばかりでパソコンに向かってばかりの毎日で疲れた。だから週1でいいからダンス行きたい。私一人でも行く。」

すると「ディスコは夜中だし危ないからダメ。夜中絶対一人で行っちゃダメ
「いやディスコはどこでも夜中だし。その理屈なら夜はどこでも危ないってことになるよね。それにたとえ危なくても踊りには行きたいから。ブライアンだって糖尿病で高血圧のくせにワインとチョコレートやめられないじゃん。その健康状態でワイン飲むの危険なのにワイン好きだから毎日飲むやん。それと一緒」

すると「この辺は、ダンス行くと危険なんだ。殺されても知らないぞ」(というので近所の殺人事件を調べたら、女が男を殺してバラバラにして埋めた事件なら最近あったが、女が殺された事件はなし)

「最近、アイルランド女性が男を殺してバラバラにして埋めてるよ(アイルランド女性、強いねビックリだよ)」

すると、「俺とダンスとどっちを選ぶんだ」
うわ~、何その質問・・かなりビックリしました。
「どっちを選ぶ?それって俺を選べ、つまりそれって私にダンスやめろってこと?信じられない。あんた何様よ?そういう質問するなら、私台湾に帰る。飛行機変更する」
そして
「質問に答えてあげる。私はダンスを選ぶ。あなたを選んだら、私の一番好きなことをやめなきゃいけないから。それは私を否定しているから。ダンスやめたら私が私ではなくなるから。私を否定する質問はするな」

ああ、もう無理だなあと思いました。こんな残酷な質問をぶつけてくる男なんて、いらない。
私は何でブライアンのために一番好きなことをやめなければならないのでしょうか。
それってほとんど人権蹂躙みたいなもんじゃないですか。 思い上がりもいい加減にして。

つまり、私が好きなのではなくて、自分が好きなのですよ、コイツは。
または私が夜ダンスに行くことに、自分が耐えられないのですね(私がダンス行こうとするとすごくアワアワしていて全然余裕がない)

でもさ・・なんで私がコイツのために一番好きなことをやめなきゃいけないのか?なんだそれ?そこまで自分を殺して合わせなきゃいけないのかね?

彼は自分のために私を変えようと思ってるわけなので。でも私変えられたくないし。だいたい好きなことやめろって何それ。

自分(ブライアン)が心理的にどうしても耐えられないから私が好きなこと(ダンス)をやめろと。
これは「男のワガママ」ではないのかね?

好きなことやめろなんて、私のこと全然尊重していませんね。私の個性を否定していますね。でもこういう男とても多いけどね。

(あと実家では職業選択や大学の選択・付き合う人の選択が全然自由にできなかったが、なんか似てるわね・・ちなみに実家では好きな服さえ自由に切れなかった。髪型も実家ではロングヘア禁止で切らなきゃいけなかった。スゴイでしょ?(笑)学校か だから今はロングヘアにしてるし海外で思いっきり好きな服着てるよ毎日)

う~ん・・
ボーイフレンド作るのもうやめようと思いました。めんどくさいだけですね~。私には彼氏必要ないな~と思いました。
ピノと付き合ってたときもダンス行こうとするとさんざん邪魔してきたしさ。ピノがダンス友達に「今日ダンス行かないから」と勝手に電話したりとかもされた(ヒドイ)
男いるとダンスに行けないので、もう男と付き合うのやめます。
私の一番好きなことやめろという男なんて、私の人生に必要ありません。
あーびっくりしたよ今日は・・。驚いた・・

たぶん自分が音楽カフェのオーナーにでもならない限り、ダンスと仕事を融合させない限り、私は自由に踊りもできないのかもしれないな・・

そこで、ブライアンの家が敷地広いし夜景綺麗だしブライアンが料理がプロ並みに上手いので
「ここで野外ディスコやろうよ~そしたら私夜中にディスコ行かなくて済むしさ。ブライアンも安心でしょ」と相談中
夏はここでキャンプファイヤーして、キャンプファイアーの周りで盆踊り大会なんかすると日本とアイルランドの文化交流もできていいじゃないか。(何しろ日本人なので。盆踊り簡単だから誰でも踊れるし)
あとバーベキューなんかもできそうだな。いろいろできそう。
あとはブライアン次第だな。ここブライアン家だし。
(まだハッキリしないけど実現した際にはブログ読者の皆様方もぜひお越し下さいね一緒に踊りましょう今は私がそういう計画話してもブライアンはただ笑ってるだけ。説得に時間はかかりそう。だけど実現するときは一気に実現しちゃうタイプよ私もブライアンも。
でも物事が実現するときって、一気に事が運ぶものよね。だからコツコツ下準備して、やりたいことは粘り強くしつこく「やりたい」と言い続け仲間や賛同者を集め、そして実現の時がきたら躊躇せずに一気に流れに乗っかっちゃうことがとても大事だと思う。私はとりあえずそうやってここまで来たよ)

宝石紫P子の西洋占星術宝石紫 スカイプ鑑定ご依頼者の方から、ご感想メールを頂きました。

ご感想、誠にありがとうございますとても嬉しいです。

ブログ上からですが、P子よりご感想下さったあなた様へ、心から感謝申し上げます

せっかく頂いた貴重な素敵なご感想ですし、他の悩める方々のご参考にもなると思うので以下にご紹介させて頂きます

************************************************************

こんばんは!先ほど鑑定していただいたY.Mです。

最初から自然に私のことをよく知っている人に鑑定してもらっている感じで始まったので、「その通りなんです」などいい忘れて聞いていました。
しばらくしてから「その通りなんです」とぽろっと言ったら「あら、そうだったんですね!」と言う返事で、
そうだ!初対面だったんだ!!と思い出したくらいでした。
それくらい私のことを言い当てていた鑑定でした。
薫さんの話は自然すぎて、「スゴイ強烈なインパクトを求めて鑑定をお願いすると違う感想になるのかもしれないな...」とも感じました。
私はこの自然すぎる感じがとても信頼できると思います。
特別なことじゃない、普段通りの物の中に真実があるというか。

鑑定後、言葉を選んで飲み込んで、言うのを辞めないようにしています。このメールもとても気楽に、好きなように打っています。
「変なことを言っていい、そうした方がいい」って言ってもらえたから。
それだけでこんなに気楽になれるんだって、びっくりしています。ホントに肩から重〜い感じがなくなりましたーー。

今もはっきりと言葉にできないんですが、薫さんの自然に馴染む感じが印象的でした。
初めて話す感じはあるんだけど、よそよそしい感じはぜんぜんなくて、不思議な(でも心地よい)空気を感じながらお話聞いてました。
一番嬉しかったのは、似たホロスコープ?をもっているから...って言ってもらえたこと!
憧れる人(適当な言葉が見つからなくてすみません)と似たものを持ってるって、俄然やる気出ます!!

どのように行動することがホロスコープを生かせるかもきちんと聞けてよかったです。

本音では「今も縛られている支配から逃れること」を避けては通れないと感じていましたが、
楽しいものじゃないし、苦しいだろうし、で目を逸らしていました。
今日ばっちり指摘してもらい、急に全てを変えられなくても、今までの縛りを落としていく意識をちゃんと持って生きようと思いました。

おぉ!感想を書いたつもりが、自分の考えがまとまりました!!

またSkype鑑定お願いしたいと思っています!
今日はあっという間の1時間でした。楽しかったです。それだけでも意味があったなって思います。
アドバイス頂いたお仕事の話、やっぱり断ります。
ボスにあたる人にいい流れを感じられない気がして。私が私らしくいられない事の原因に思えるのです。
彼は大物じゃないし(爆)

ではでは!元気にお過ごしくださいね〜♪生き生きと生活している薫さんをイメージして、私も気持ちよく生きるぞ!!
ありがとうございました。

(Y.M様 東京都)

ご注文頂きましたメニュー 
P子の西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679


宝石紫P子の西洋占星術宝石紫 

「自分自身を知りたい」方、自分らしく生きたいと考えている方
ご自分の適性を知りできるだけ向いている仕事をしたい方
「周りの人たちとの相性を知りその上で何が自分ができるかを考え行動していきたい」方、
「いわゆる常識」に従い過ぎるあまり、自分で自分を縛り、解決策を見失ってしまわれた方
そして「自分らしさ」を忘れてしまった方々、どうぞお役立て下さい

ホロスコープにはあなたに関する役立つ情報が満載です。
ホロスコープは忘れかけていた「本来の自分らしさ」を思い出させてくれます。
そしてその使い方、活かし方はあなた次第です

宝石紫P子の西洋占星術◆スカイプ鑑定 ◆全メニュー対応可宝石紫
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

スカイプ鑑定・対面鑑定以外は以下メニューです(単独メニュー別)。
スカイプ鑑定・対面鑑定では全メニューOKです。


星西洋占星術 鑑定メニュー一覧はこちら 

皆様こんにちは
日本では変態・既婚者・ヤクザなど一癖もふた癖もある皆様方から非常に好かれやすく、恋愛に関しては実はさんざん悩んできたP子です。
(今までブログにそんなことほぼ書いてないから記事探してもまず無いよ。当時まだ日本いたし、子供もいたから、書かなかった)

でも日本って実際変態がとても多いところだと思うよ。海外(台湾・イタリア・フランス)は変態少なめだよ。(アイルランドは来てまだたった2週間だからまだ何とも)
あとついでに言えば、酒飲んで絡む人もほぼ皆無ね、ヨーロッパ。いても非常に珍しいよ。そしてそういう人は「よほど不幸な恵まれない人」って感じだよ(ということは日本人の多くが不幸ってことなのかねやっぱり)
あと、人のブログ読んで文句書いていく人もほぼ皆無ね。日本にはいっぱいいるけど。だからこれってやっぱり日本特有ね。
「イジメ」というのももしかしたら「日本特有の文化」なのではないかと最近思い始めたりして。だって海外ないもんねそういうの。「自分と違うから」とか「個性的だから」なんてヘンてこな理由でイジメられるなんてほとんどないよ。
まあとにかく日本って特にすごくストレスが多い場所なんだと思うよ。「病んでる系」の人も多いし。

そんな日本で占い師するってホントに大変なことだなあ・・と最近思っています。
ブライアンからは「それなら英語もっと勉強してもっと海外向けに西洋占星術師したら」と言われてますけどね~。「日本の仕事もとにかく続けろ」と毎日言われますね~。毎日「今日どんだけ仕事したかチェック」とか入りますね。相性的に実は私はブライアンに「管理」される相性でもあります。ブライアンの家の中に「仕事用に」とのことで私に書斎(それも最近出来上がったばっかりの新築)一部屋用意してくれました。えっマジですか・・(気持ちは嬉しいが、これでますます家に閉じ込められそうな予感がかなりするのでちょっと微妙

そりゃ英語で仕事できたらいいなあとは思うけどさ。客層が一気に広がるよね。英語は世界の共通語だもんね。あと私は外国人とのほうがたぶんイイと思う。性格が割とハッキリしてるし、思ったことそのままハッキリ言うから外国人ウケはいいが日本人ウケは悪いタイプのような気がする・・。

でも英語の勉強したくないんだよね~。フランス語は好きだけどね~。英語はあんまり好きじゃないんだよね~。
ただ英語学校でも行かないと、ブライアンの家からほぼ出してもらえないんだよね~。ここまた住むなら英語学校行かないと缶詰だな。ここ1週間のうち家から出て街に行けたのたった一日だけだった。(まあ、もともと私は閉じ込められやすく自由が無くなりやすい配置もちだよ。その上今は海外向けの仕事への準備の時期なのでこうなる。アイルランドのお隣イギリスは西洋占星術の本場。ここで英語勉強すれば西洋占星術師としてはさらにレベルアップできるうえ、外国人の依頼者もゲットできる。確かに英語勉強した方がイイよね・・)

最近、あるお客さんのおかげで気づいたんですけどね・・私に嫌がらせ?してくる人のほとんどが共通点あって、どうも恋愛に悩んでる人たちみたいですね~そうだったのか~。

私が海外で外国人男性と楽しくお付き合いしてるのがどうにも気に入らないんでしょうね~たぶん。

だいたい「気に入らない人」って「自分がそうなりたいのになれないからムカつく」とかだったりするんですよねぶっちゃけ。

でもたぶん日本で恋愛に縁がない人、あっても私と同じように、変態とか既婚者とかヤクザとかから好かれやすい人なら、きっとたぶんドラゴンテイル絡みじゃないかな~と思いますけどね~。

ドラゴンテイルは「特殊性」を表し、日本では「可哀そうな恋愛」「ヘンな人から好かれる」「恋愛運がない」「モテない」などの結構残念な意味となり、実際、現実的にもそれらのうちのどれかとなる方が多いようですが、外国人との恋愛も「特殊」

星の意味を現実でどの意味に使うかはその人の行動次第の部分があります。

だからこういう人は思い切って海外出ると恋愛運が格段によくなります。(ただホロスコープ全体を見ないとハッキリしたことは何も言えませんけど)

海外出れば幸せになれたりメチャモテの配置かもなのにさ。
なのになぜか海外に出ず、日本に留まることを自分でわざわざ選んでいる、かなり不思議な人たちってことですね。

そりゃ自分が適切に行動しないから自分が悪いのです。そりゃ自分のせいですわ。自分を自分で幸せにすることを超サボってますからね。行けばいいのになぜ行かない?行動すれば何とかなるのになぜ行動しない?本当に不思議だわ・・

だいたいさ。日本で素敵な独身男性と縁があればさ。そりゃ日本にずっといたでしょうよ私だって。まあ一人でもそういう人がいれば日本から出てないと思うよ。(つまりそういう人が誰も居なかったから海外出たってことだよ。今思い返せばものすごく孤独な日々を送っていたと思うよ)

海外に出るとモテるのに、いつまでも日本にいるから縁がないタイプの方々って実はものすごく多いです・・。たぶん男女ともけっこういるんじゃ。日本人ってあきれるほど海外行かない人種。(欧米人に比べると驚くほど行かない。実際「なんで日本人は海外来ないんだ」と周りの外国人によく言われる。「もっと来てほしい」とのことですよ。特に日本人女性)

以前、そこそこ可愛いのになぜか全然男に縁がない友人で、彼氏欲しがってる人がいたので、ホロスコープ見て
「ホントは海外行った方がいいんだけど、どうしても日本で相手見つけたいなら〇〇に行くとモテるよ」と教えてあげて、実際一緒にそこに行ったら、やっぱり彼女ものすごくモテてました。それもどう考えてもかなりとてもイイ男に。

でも彼女の考えでは彼は「イイ男ではない」。
う~ん、全然わかってないわ・・。恋愛に疎い人って考え方が固すぎるというか柔軟性がないというか、なんか頭ガッチガチなんよね・・・
「えっ、なんであんなイイ男を逃す?頭固すぎ、チャンス逃し過ぎだろ。これじゃ無理だ・・」と呆れ果て、さすがの私もサジを投げましたけどね・・それじゃあ無理だよ・・

そして日本でいてそれほどに縁がないのは、「天からのご配慮」としか思えないですけどね。星のパワーというか。
だって日本でご縁があれば、付き合っている人や大事な人がいて幸せなら、そりゃわざわざ海外出ないよね。

実は私も、日本では、なんか変な人(変態など)・既婚者・ヤクザ(のボス)などからなぜかとても好かれやすく、それもあって若いころは自宅軟禁となりましたが(母親なりに「この子、外に出しとくと危ない」と思ったのかもしれない)

日本では「いわゆる普通のイイ男」にはまったく縁がないか、たま~にあっても家族(母親・姉妹・家全般)がちょっとかな~り難ありで無理とか、付き合うとすんごく大変で無理とかそんなんばっかり。

「・・なんでこうなんだろう・・みんなそれなりに相手見つけてそれなりに幸せそうなのに・・結婚相手も見つけられてるのに・・なぜ私は・・」などと人知れず悩んできましたが、海外出たらこの年でもメチャモテですぜあーた。若い人だったらきっとなおさらでしょうよ。

日本では既婚者ばかりで独身者が殆ど周りにいなかったのに、今、周りの外国人男性、すべて独身ですよ。それだけでも嬉しいよ。不倫したくないもんね。不倫はなんか暗いしやっぱり付き合うなら絶対独身のほうがいい。

そして中にはどうもカッコイイ人もけっこういるみたいですよ(私は面食いではないので、実はかっこいいのかカッコワルイのかがよくわからない)

スカイプ鑑定中に「外国行けば恋愛に恵まれます」と言うとたまに「え・・でも外国人男性気持ち悪い」とか言う人いるんですが、確かにそうなんですよね。
日本にいる外国人男性、なんか気持ち悪い人多いですよね。日本や台湾に来てる白人男性、全体的にレベル低めですよぶっちゃけ(ハッキリ言っちゃってすみませんが、本国でモテないからこそアジアに来てる白人男性多いからね実際)

というわけで外国人との恋愛ならうまく行く可能性高い配置の人は、とっとと海外行った方が良いでしょう。

実際、日本に来てる白人より、海外の白人のほうが断然素敵なのは間違いない事実です。レベルが全然違います(嘘だと思うなら行ってみな)

ただね・・陶芸家ブライアンが意外にめちゃモテ男でさ・・それが実は今ちょっと悩みですね・・。私から見るとカッコイイ範囲に入らなかったのですっごく意外だった・・(もっとカッコイイ人いっぱいいるからさ。ただ日本人目線のカッコいいかどうかと外国人目線のカッコいいかどうかは、カッコよさの基準が違うかもだけどな・・)

な~んと毎週のように女友達が家に来ますよ。週替わりで違う女が来るか、彼女らの家に招かれて私も一緒に行くか。

彼女ら私のことほぼ全無視で長時間(5時間くらい)ブライアンととっても楽しそう~にしゃべり続けますからね。いや~拷問タイム。けっこうキッツイですよ~。あとなんか「品定め」されてるような気がすることもあるんですけど・・

「・・・ああ、こいつモテ男だったのか・・知らなかった・・これほどモテるとは・・相手選びちょっと間違ったな・・」

モテる男と付き合えるのは、いっけん傍から見ると幸せなことのかもしれません。でも実際は気苦労が多くて大変です。モテない男と付き合った方が気持ち的にはずっとラク。主導権も握れるし。

毎週末、なぜかブライアンの女友達と食事会参加しなきゃって、何それ。ブライアンから見れば友達だろうけど、私から見ると見知らぬ他人だしキツイよ実際。週末が鬱だ・・でもほっとくのもアレだしさ。(ヨーロッパではペア参加が基本。ほっとくと「ほっとく方が悪い」みたいな感じにもなるし後々めんどくさいこともにもなるし)
あとメインの仕事が陶磁器アクセサリーだから、女性や女性客との付き合いはどうしても発生。
仕方ない。

月曜から金曜は特に問題なく幸せ。美味しいごはんも毎日作ってくれるし。料理作るのが大好きで、こんなに料理が上手い彼氏なんてまずいないと思う。でも、土日は拷問タイムよ。その時作ってくれるご飯は相変わらず超美味しいけど。高級レストラン並みだけど。

もっと私が若くて、外国人と普通に結婚しててハーフの子供でもいれば、また全然違ったんでしょうけどね・・もっと安定感あってさ。

もう子供が産める年でもないので、もっと早く海外出るべきだったな・・と後悔していますが後悔先に立たずとはまさにこのことですね。
とっとと行動したほうが良かったですね。今行動しないであとあと後悔してしまいそうな方々はご注意

まあでも当時の私は、とにかく母から逃げ出すだけで精いっぱいで、海外なんかとてもじゃないが行けるような状況などではありませんでしたけどね~。

とにかく、その当時できることを精いっぱいしたなので、これでイイというかこれで仕方ないというか。
というかそれしかできなかったというかそれでも自分にとってはけっこうギリギリ精いっぱいだったしな。まあよくやったと思うよ。

ブライアンとの相性も、テイルつながりなので、過去生でできなかったこと、しなかったことをやり終えるための出会い。なので、今生お互いすべきことが終われば、お互いがおt外の未来に向かう準備が整えば、別れることになります。

・・しなければならないことがあるのなら、とっととやり終えて次のステージに行きたい・・
夫婦相性だから、やっぱり仕事かなあ・・ブライアンの作った陶磁器アクセサリーを私が日本に販売とかかな~あと別にもひとつ思い当たることもあって、私はその仕事がしたいけどブライアンが猛反対するんでね~。難しい。


ところで文字の鑑定書、お待たせしております。
作成がなかなか進んでおりません。やってはいるけどなかなか・・いやはや。
アイルランド来てからブライアンに「早く作りなさい」と毎日言われるので、多少は進んでいますが・・なかなか。すみません・・

あまりお待たせしても悪いし、メール鑑定・郵送鑑定の方、この際、スカイプに変更されませんか?
(スカイプだったらお待たせせずすぐできますよ。変更日から10日~14日後くらいからスカイプ鑑定可能です。場合によってはもっと早くできることもあります)

それにスカイプ鑑定ではかなりぶっちゃけた具体的なことも実際アドバイスしております。
文字の鑑定書だとさ、誤解されることがあるのでどうしても慎重になり書けない内容も実は多いです。だからスカイプで「ぶっちゃけた本当のトコロ」を知ったほうがいいんじゃないかと思うの。
あとご相談事項がない場合とか、やはり書きにくいよね~。星の意味ってすごくたくさんあるけど、相談事項ないとどうしても詳しく絞り込みができないからどうしても曖昧になるし、なんか「ちゃんと伝わってない」気がする・・。あと文字の場合、なんかどうも意味を限定し過ぎで捉えられている感じがする。イメージを広げて読んでくれてない感じがするんだよね・・まあ占星術的にイメージ広げて読むの確かに難しいかもだけどね・・

あと恋愛のご相談の場合、アダルト内容な大人トークであなたのホロスコープについてお伝えしております。だから現実的・具体的にかなりお役立ち内容かもです。後はその方がどこまで行動できるかでしょう。
私たぶん前世男だった場合が多いタイプみたいなので結果的になぜか男性目線よりのアドバイス?となってるみたいで、そういう意味でも女性にお役立ち内容のような。(ただそういう内容恥ずかしがったり照れてしまうご依頼者の方々が多いので「これ以上はあんまり言わないほうがいいかな?」と言いたいこと半分も言えないことが多いけどね。でも人間や生物としてはごくごくアタリマエのことだし大事なことでもあるんで別にそれほど恥ずかしがらなくてもいいんじゃと思う。恥ずかしがってそこに目を背けるとかえって良くない気がする。日本人女性恥ずかしがり過ぎ。確かに家庭でもそういう教育を受けてきたとは思うけど、もう目を背けてる場合じゃない気がする。自然なことだしそういうのに目を背けると自分が損するだけ)

ご相談事項の変更も柔軟にご対応しております。だいたいホントに相談したいことを言えない人やわからなくなってしまってる人たちもけっこういるみたいだなあと感じています。
日本では「禁じられる」「制限される」ことがあまりに多いからね。あと考え方を押し付けてくるとかね。「女性はこうあるべき」的な周りからの押しつけが異常に強くて、なぜかそれを「当然」と勘違いしていて当然のように押し付けてくる人たちが妙に多い。「考え方の押し付け合い」が行われてる。そんなの本来自由でいいはずなのに。妙だ。

恋愛に関しては、今までほとんどブログに書いてないけど、実は日本ではかなり苦労もしたが、ホロスコープ見て考えて実際に行動してきた経験があります。それだけに解決方法もいろいろ知っているので、ご相談いただけたら、実経験も踏まえてかなりの具体策をアドバイスできます
(ドラゴンテイルが強い人には特にお役立ち内容かと。ネイタルだけでなくいろんなチャートを駆使して実際に役立つ鑑定、ホロスコープを現実に活かせるような鑑定をしています。占い師に相談してダメ出しだけされてもねえ、と思うので(実際自分も大昔に経験あり)。困ってるから相談したのに、ダメ出しばかりされてヘコむわ役立たないわ。それじゃああまりに可哀そうだもんね~

「モテない・・縁がない・・」と愚痴ってるうちに、どんどんトシとっちゃうからね。後悔先に立たず。
若い女性は出産年齢のことも考えて動かなきゃだし、若くない女性も楽しい老後のために早いとこパートナー見つけといたほうがいいかもでしょう。年取って一人だと寂しいよ。
あと女性だけでなく男性も、日本人より外国人が向いてる配置の人います。そういう人はとっととそっち行った方がいいんじゃ。自分が「向いてること」やって自分に「縁がある人」探すしかないもんね。そしてそれは人それぞれ違うもんね。他人と自分は違うのよ。
他人が向いてることをマネしてやって、他人と縁があって自分と縁がない人を追っかけたって、仕方ないのよ。

海外で彼氏紹介してほしい人は、スカイプ鑑定時に言って下されば紹介もできますよ。(その時に私がいた場所でになりますけど)
日本人女性は海外で評価高いですよ。ただ紹介できる男性の年齢層ちょっと高めかもだけどいいかな?リッチな独身男性って、けっこういっぱいいるよ。日本より海外が向いてる人は日本でいつまでもくすぶってても仕方ないよ。

英語が話せないならこっちで勉強すればいい。アイルランドの英語留学は他に比べ安いらしいよ。https://rightwordinstitute.com/

男性陣は「年齢は同い年くらいでも若くても全然かまわないんだけどね、あんまり若くて年齢差あると将来自分が爺さんになったとき捨てられてハートブロークンだからイヤだ」とのことです。(外国人はこんな風になんでもハッキリ言うのでわかりやすいよ)
たぶん男性は甘えてほしいんだと思うよ。(なんかそんな感じ。あと白人女性が強すぎるのでツライみたいよ)
若い方はどうぞ捨てないであげて下さいね~

スカイプへ変更したい方は以下よりご連絡ください
▼お問合せ・ご連絡▼
https://vivi-accessary.ocnk.net/contact

また私について、つい怒りに任せて鑑定キャンセルしちゃったけど、もしそれを後悔している方は、私にきちんとお詫びいれてくださる方ならまたご依頼受けてもいいですよ。(通常はキャンセルした方の再依頼はお受けしておりません)ただ今叩き台を作る人もいなくなったしね~、進度は遅いですが。スカイプ鑑定なら早いですけどね(ご依頼後10日から2週間で鑑定日となります)
ただそういう方々が私のブログをとてもよく読んでいらっしゃるのには本当に驚くほどだし、それは私についてかなりこだわりがあるってことなので。愛憎は表裏一体。「愛情の裏返し」みたいなモンだと解釈していますよ(短気で怒りっぽいトコはあるがけっこうサッパリした性格です。「男だったらその性格で全然問題なかったのに」とよく言われていました

宝石紫P子の西洋占星術◆スカイプ鑑定 ◆全メニュー対応可宝石紫
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

私は一般的な日本人が基本的に嫌いなので、主にHSPの人対象に西洋占星術をしてきました

私が嫌いなのは「男尊女卑的考えの人」「本音と建て前が乖離している人」「自分は自分らしく生きることをしないで自由に生きてる人の足を引っ張る人」などかな~、と思うのですが
う~んでも「嫌い」というよりは「不気味だと感じる」と言った方が近いかも。
でもそういうタイプが割と「一般的な日本人」だったりしますよね。だから外国人からは不気味がられますよね日本人のそういうトコ。「なんだかよくわからない」ってことで。
でもそういうトコは同じ日本人としてやっぱり「どうなのよ?」と思うし日本人としてはちょっと悲しいけどね~。

私は外国人からは「かなりわかりやすい」タイプのようです。
もしかしたらたぶん感覚的には日本人ばなれしてるところがある・・のかもしれません。
逆に日本人は私の感覚がもしかしたらわからないのでは・・などと感じることがあります。文字だとなんだか変に誤解受けやすいかもしれないのでたぶん話した方がいいのかもですね。だから今はスカイプ鑑定に重点置いてます。

「普通一般的な」日本人の人たちとどうにも感性が合わないとか、深~い違和感感じる人は、単に「海外向き」の感覚の持ち主なのかもしれない。適材適所ですよね。合わないなら合うトコに行けばいいだけですよね。合わない場所でずっとガマンし続けるのは、もしかしたらちょっと違うんじゃないかな?と私は思います。状況が許すなら合う場所に移動するべきだし、今行けなくても将来的に移動できるように今を準備の時期に充てればいいと思います。

今まで私、主に日本と台湾とフランスとイタリアしか住んだことなくて、だいたいそこだけしか知らなかったので、それらの国と比較して「日本嫌い」と思ってたんですが
アイルランドに来てちょっと住んでみて「私アイルランドも嫌いだわ~」と思いました。(いや単に好みの問題なんでね別に日本やアイルランド否定してるわけじゃないよ、ただ自分が好きじゃないってだけで。単に私一個人の好みの問題だから)

アイルランド、なんか日本とけっこう似てるよ。「ホンネとたてまえ」のトコとか。なんか自分の「ダメな部分」を見ない認めないトコとかね(誰でもあるのにさダメなトコどうしようもないトコ。そして別にそれは悪いことではないのに)。あとなんか考え方が画一的で柔軟性がないので、結果的に合理的ではない(と私は感じる)

まあでも私個人の超個人的な見解ですのであしからず。あとここ私個人のブログなんでね。私の好きに書かせてもらいますよ~ でも私が自分の頭で考えたこと思ったことを自分の言葉でコツコツ書いてるからこそ私のブログ面白いでしょ~「建て前キレイごとブログ」なんてつまんないでしょうが実際。だから私の記事が気に入らない人は私のブログ勝手に読むなよ、って感じなんだよね。勝手に人のブログ読みに来て文句言うって何それ信じられない。読むなよ。それに人のことがそれほど気になるのは自分のことをものすごく疎かにしているからこそ。自分で自分を幸せにすることをサボり過ぎなんだよ。まず自分が幸せになることをしましょうよ。時間と労力の無駄もイイトコですよ。そんなくだらないことやってる間にあっという間に人生が終わる。人のこと妬めば妬むほど片足墓場にズブズブ突っ込んでることに気づこうよ)

でも私のブログ読者の方々の多くはきっと
「もっと幸せになろう」「もっと自分らしくなろう」「自分自身を取り戻そう」などと思い、実際自分を幸せにするために考え、日々努力・行動している人たちだと信じています


話戻しますが
アイルランド、日本と似てるな~、と思うのは、なんだかかな~りけっこう「ホンネと建て前」の世界でさ~。
建て前とかきれい事だけ言ってる感じがする人なんか妙に多い気がしてそこが超イヤ。
あと男性がけっこう意外と男尊女卑ぽいんですよね~(私の周りがそうなのかもしれないが)
だいたい「日本人好き」とか「アジア人好き」の白人はもしかしたら男尊女卑傾向が強いというか、「女性に対してニガテ意識がある」男性が多いような・・気もする。白人女性でさんざんメタメタに傷ついてるんじゃないのかね?または母親(白人)から受けた傷が大きいタイプ。ちなみに母親から相当厳しくしつけられてどうも心がボロボロになった経験がある白人男性を知っていますが、黒人のそれも若い女としか付き合えないみたいです(自分の母親と全然違うから安心みたい)。そして年長の女性に対してひどく辛辣なんですよね~。たぶん何か母親と被るからなんだろうな~と思います。日本人男性の「オバサン」に対する憎しみももしかしたらそんな感じなのかもしれませんね。

えっと話しが脱線しましたが
だから私が嫌いなのは、日本とかそういうくくりではなくて。「日本が嫌い」なのではなくてね。
「ホンネと建て前」の人の中にいることがとにかく気分悪いというか気持ち悪くて仕方ない。とかね。
あと男尊女卑ぽい考えの人の中にいることがどうにも腹立って仕方ない。とかそういうことなのですねたぶん。

(だって日本人の中にも好きな人もいるし素敵な人もいるもんね実際。特に最近のスカイプ鑑定依頼者はほんと素敵な人が多くて「ああこんな人もいるんだ」的な救われた気持ちになることがとても多いよ。本当にありがとうございます

なんかね
アイルランドは日本となんかとても共通点が多いのです。似てますね~。
アイルランド人、マジメでよく働きますけどね、何か男尊女卑でさ。建て前重視で「聖人君子ヅラ」の男がなんか妙に多くてムカつくね。あとなんか地味よ。まあイタリア比較ですけどね。イタリア人はファッションセンスレベルが全体的に高いのと、あと感情を直接顔に出す聖人君子ヅラしてないとこがとにかくすっごくイイ人間的魅力が豊か。ときに人間臭すぎる人も多いが。

アイルランドはなーんと国民の95%がカトリックという国です。プロテスタントたった5%。
カトリックは抑圧・抑制が強めです。そのせいかなんか全体的に服装が地味色メインです。そしてなんか抑圧的でなんかノビノビできませんよ私はアイルランドではちょっとね・・

宗教は歴史上、「支配」の道具として使われてきました。「宗教による人民支配」ですね。日曜は必ず休まなきゃいけないのは定期的に教会に通わせるため。だから宗教関係ない私なんか別に日曜休む必要ないのよ。だから日曜もスカイプ鑑定してるよ。アイルランド人からは「日曜も働くの?」と驚かれるけど私カトリックじゃないもんね関係ないよ。
というわけで、宗教で支配することがなんだかちょっと難しい日本人、無宗教の人がやたら多い日本では、宗教の代わりに「人が人をジャッジする」雰囲気が巧妙に作り出されていますね。日本人って、なんだか恐ろしいほど毎日相手をジャッジしてますよね。他人のこと考える時間がやたら長い。毎日どんだけ人をジャッジすることに時間費やしてるの?って感じ。そして人をジャッジメントする、あれは主に「抑制」「支配」のためですよね。だから人の視線が痛い。ただ「見てるだけ」「眺めてるだけ」の視線なら痛くない。

カトリックは基本的に女性の肌見せはNGなのよね~。特に「胸の谷間」はかなり禁忌みたいよ?(はっきり詳しいことはよく知らないがなんかそうみたい。私カトリックじゃないので間違ってたらあしからず)
カトリック系の学校通ってる生徒はくるぶしまでの超ロングスカート履いてますよ。
いやそれはそれで清楚で可愛いんだけどねアイルランド金髪青い目ロングスカート少女。可愛い
(男性はまた見るとこが違ってて、「プロテスタントのほうがミニスカートだから可愛い」とのことですが
ただね・・アイルランド、セクシーな人が超少ないよ
イタリアやフランスコートダジュールやモナコのセクシーマダムを見るのが大好きな私としては、アイルランド、超ツマンナイですね~

でもアイルランド来てよかったよ。なぜなら私「日本が嫌い」と思い込んでたからさ。
自分の国が嫌いって実際なんだかけっこうツライことよ。自分の国に誇り持ちたいもんね。外国人から日本のこと褒められて少し自信ついたけどね。主に日本車と日本人女性が素晴らしいってことで褒められるよ。(日本で自信なくして海外で自信つけるというね)

おかげで私は日本が嫌いなんじゃなくて「ホンネと建て前が乖離してる人(ぶっちゃけ聖人君子ヅラしてる人)」と「男尊女卑」の人たちが大嫌いだということが良~くわかったからね。
そして自分がけっこう男尊女卑思想なことに気づいてもいない男もけっこう多いもんね。あまりにも深く男尊女卑が浸透してるからこそだけど。

そういうタイプの人たちがなんかすっごく多くて、それがけっこう「フツー」だもんね~日本では。

というわけで、私は「いわゆるフツー」の人たち(つまり本音と建て前がけっこう乖離していて何考えているかわかんない人たちや男尊女卑の人たち)が基本的に嫌いなので、日本向けの仕事としては、HSP という人たちに絞って西洋占星術鑑定の仕事をしているわけですね。

ただ、HSPの中にはHSPじゃないのに、ひどく疲れててしまって実は非HSPなのに自分をHSPだと勘違いしている人たちも時々交じってたりするけど。それでも私のブログに理解示すタイプなら私も嫌いじゃないけどね。

それから「自分のHSP的感性が嫌いだ」と思ってるタイプのHSPの人とは、当然ながら私は全然嚙み合いませんね~。
感性は持って生まれたもの。HSPなのにHSP的感性を否定するのは、自分自身を否定しているのと同じことだもんね~。それってちょっと問題よね~。
なぜなら私は「自分らしく生きることで健康になろう」という方向性なのでそれに逆行することはできません。
自分で自分を否定する人たちのお手伝いをすることは私にはできませんからね~。
そしてそういう人たちと接していると「いったいあなたどうしたいわけ?」と私がどうしていいのかわからなくなるからしません。

私も実際子供の頃から四六時中、潰され続けてきたのでね~。だからそういうのもう飽きた。「自分を殺し」て模範的な誰か、この世に存在しないような非人間的な人を目指すような毎日にもう飽き飽きしたのよね。
そして自分を否定するのは自分で自分に毒を盛るようなこと。毎日自分を否定してたらそりゃ具合悪くなるよ。


「天は自ら助くる者を助く」。
自分で自分を救おうとする気持ちがない人の手助けをすることなんて、誰にも出来ませんね。不可能です。


まあイタリア人もいろいろですけどね。
私の周りは割と「ホンネ丸出し」のタイプのイタリア人がとても多いです。だから顔見てるだけでけっこうかなり面白いです
人間の「ダメな部分」を彼らは否定しません。そこが好きです。誰でもダメなとこあるもんね。それを「なかったこと」にして否定するようなことを彼らはしません。「そのまんま」認めてしまうところが好きですね~。

あと、イタリア人は基本的にワルい人が多いですね~(日本人基準・アイルランド基準ではイタリア人の多くは「悪」の範疇に入るだろうと思われ。)

そしてその上、彼らは自分が悪いという自覚さえもないみたいなんですよね~。
そこがイタリア人のスゴイとこ。けっこう「堂々と」悪いことしてますよ彼らは。(ただし悪いと言っても自分がしたいことしてるだけ。自分本来の欲求に正直に素直に従ってるだけ。そしてそれが日本やアイルランド基準には合わないってだけ)

・・悪人の自覚さえないのが本物の悪人かも・・と私は思いますけどね~

ピノに昨日電話で「ピノって悪人だよね~」と言ったら「自分は悪人じゃないよ、悪人じゃないよ」と何度も何度も言ってました。
何度も何度も一所懸命否定してくるところがまたさらに悪人ぽくてかなり面白いんですけど、いや日本基準ではあなたは悪人ですから~(何がどのように悪人なのかは詳しくは書けないけど。きっと誤解を招くので)

でもそんなイタリア人が(典型的日本人や典型的アイルランド人よりは)私はずっと好き。

結論としては「・・たぶんイタリアしか無理だな私」って感じですかね~

昨日、アイルランドで本当にウンザリするようなイヤなことがあったので、ピノに
「アイルランド人、偽善者ぽくて嫌い。ピノは悪人だけど私は偽善者よりは悪人のほうが好き」と話したら爆笑されました。

そしてピノは「自分はあなたに恋に落ちてるけどあなたは恋に落ちてるのか?」みたいな超めんどくさいことを聞いてくる。こういう質問が一番めんどくさい。

(ピノは恋愛に対して理想が高過ぎてなんか疲れるしすごくめんどくさい5室の支配星が12室にある人ね。この世には存在しないような恋愛を夢見てる60歳イタリア男ね超めんどくさいね。私は「投影されやすい」性質を持つからだと思う。たぶん私じゃない理想の人を私に重ねてくるからそういうトコがすっごく迷惑だし疲れる)

「・・恋に落ちるって何それおいしいの?」そして
「正直そういうめんどくさいことはよくわからない」と答えました。実際それが正直なところですね~。

するとピノから「結婚して」と言われたので「OK~(テンション低め。ホンネとしては全然結婚したくないがイタリアには住めるから。サンレモのディスコ モルガーナに行けるから)

だいたいピノも本気で言ってない可能性も高いしね。もしかしたら言ってる「その一瞬」だけは本気なのかもしれないが。イタリアってこんな感じの会話多い。さすがラテン系は違うわ。(彼らは基本的に自分が言ったことに責任持たない感じ。人にもよるとは思うが、全体的に抑制のきいた日本やアイルランドとは雰囲気が全然違う。だからイタリア男の言うことなんて真に受けちゃダメなんだなと学習したよ私も。彼らの場合特に「行動」を見て判断するしかないと思う。だから本気なら先に行動させた方が良いしそうしなければならないと思う)

それにぶっちゃけ恋には落ちてないですけどね~でも「恋に落ちてない」と言うと語弊ありそうなのでねあと恋に落ちるという感情が実はよくわかりませんね~。

そういう幸せな感情はたぶん恋愛に対してある程度夢が見れる人のだけの「特権」なんではないかな~と思います。
あと「恋に落ちる能力」というのがあるんじゃないか?などと思ったりします。私はそういうのはないかもな~。

ただピノとは来世運がある相性なので、それなりにお付き合いはまあ続けてあげてもいいかな~と思う。それをピノが望むなら。

前回の結婚は、「実家から逃げるための結婚」でした。実家の母親からの束縛と支配から逃げ出すために結婚しました。元夫は私の「救助者」だったのでした。相性はかなり悪かったが助けてくれたのでお礼に結婚したというかそうしないと実家から逃げれなかったというか。子供も二人も生んであげたし子育て大変だったけどあんまり手伝ってくれなかったな。子供とも相性悪かった。相性悪いと頑張っても気持ち通じないし報われないが、とにかく自分がやれることは一所懸命やったので後悔はないよ。

今回(まだわからないしピノも一筋縄ではいかないタイプだし)の結婚は「イタリアに住むため、そしてダンスするための結婚」ですね。まあ正しい内容としては「健康に生きるための結婚」なんですけどね。(もしホントに結婚するとすればだけど)

なんだかな~結婚ってこんなもんだっけ?なんか味もそっけもないよな、と思いますが、これが私の現実だし、そもそも結婚とは「一緒に生きること、一緒に生活していくこと」

生活なので、まずお互い元気に生きていくのが基本ですよね。そして生物は生きるために生まれてきています。人生の一番の目的は実は「生きること」だと思います。
自分が元気に生きていくことは、自分の前の先祖全員が喜び応援してくれること。先祖は飢餓の時代から生き延びるため一所懸命生きてきた。だから自分が元気に生きること自体が非常にとっても正しいことだと私は思います。非常に正しい。とにかく正しい。だからこれでいい。

そして私にとって元気に生きるためには、どうもイタリアでないとなかなか無理みたいなので、これでいいのですね。(イタリア以外ではろくに踊れないからね)

イタリアも最高の場所とかではないよ。だいたい最高の楽園みたいな場所なんて地球上どこにもないよたぶん。
単に比較の問題よ。「他の場所よりもマシで元気に生きていられる」ってだけ。比較の問題です。
そして比較できるのは、いろいろ行ってみて自分で確かめたからこそですね。
ある程度はアストロマップで絞れるけれど、その中でどこが一番イイかは結局自分にしかわからない。
自分にとっては自分の感覚が一番正しい。自分に合うかどうかは自分にしかわからない。
だから行動しない人にとっては西洋占星術はただの宝の持ち腐れになってしまう。

またすぐイタリアに戻れるかどうかまだわからないけどね。
もし戻れるならば、そしてイタリアにずっと住めるのならば、私はもうイタリアから出たくないです。

宝石紫P子の西洋占星術◆スカイプ鑑定 ◆全メニュー対応可宝石紫
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

↑このページのトップヘ