日本人の多くは「契約自由の原則」を知らないみたいです。

売買契約(店と客。売る人と買う人)ももちろんこれに基づきます。

「お客様は神様です」的な対応をしているのは、そして世の中のほとんどの人がそれを「当然」と勘違いしているのは、たぶん日本だけかも。

そんな日本では、接客業をしたがらない人たちが非常に多いのも、まあ当たり前ですね。

「契約自由の原則」
①締結の自由(契約をするかしないかは当事者たちの自由である)
②契約内容に関する自由(契約内容をいかなるものにするかは当事者たちの自由である)
③相手方選択の自由(いかなる相手と契約するかは当事者たちの自由である)
④契約方式の自由(契約の方法は当事者たちの自由である)


また曖昧なまま契約したり「相手の善意」を期待したりするのもたぶん日本だけでしょう。


よくわからないまま、曖昧なまま契約すると、「曖昧なままの契約でお互いOKした」ということになります。

そしてこれを悪用し、人を騙したり振り回す人たちも残念ながら世の中にはいます。

もっと「交渉上手」にならないといけないし、相手も厳選しなきゃいけないんだなあとつくづく思います。


店側も「客だから」と誰でも相手していてはいけない、ということです。

「日本の常識は、世界の非常識」とよく言われますが

日本って、いろんな意味でガラパゴス化しちゃってるところみたいですね。

私は日本しか知らなかったから、「世の中こんなもん」と諦めて絶望していたけれど、日本しか知らないと多分絶望しやすいかもと思います。


日本は世界的に見て特殊なところがたくさんあるので(良い意味でも悪い意味でも)
「日本が特殊な国」ということを知っておくのは、生きていくうえでとても大事なことかもしれないと思います。

日本は、自殺する若者がとても多いですが、日本しか知らず、無知のままで自殺するよりも、いろいろ知ってよく考えてから、自分のことをどうするかを決めたほうがいいんじゃないかなあと思ったりします。

「お客様は神様です」的な対応をしているのは、

そして世の中のほとんどの人がなぜかそれを「当然」と思っているのは、たぶん日本だけかもです。

 

店側も「客を選んだほうがいい」ということだし、「当然ながら客を選んでいい」ということなのですね。

商売を続けていくなら、たぶんお客は選ばないといけないんじゃないかなあ、と私は感じています。

でないと商売がやりたくなくなるからです。


さらに日本は男尊女卑の国。今も昔も男女平等なんて単なる建前にしか過ぎません。

それどころか、「男女平等」を男性の都合よく解釈し、社会的に弱い立場の女性たちをさらに苦しめる男性たちの何て多いこと。

 

「お客様は神様です」と「男尊女卑」のダブル攻撃の場合、ほとんどモンスター化していて、こういう男性が女性に嫌われるのはごくごく当たり前のことなのですが、ご本人には全く自覚がなく、ご自分を正当化してくることがほとんどなのですね。


というわけで、一般的に日本では、女性よりも男性のほうが妙な勘違いをしている人がさらに多く、女性に対しやたら偉そうな人たちが多いし、無知ゆえにおかしなこと失礼なことを当然のようにしてくる人たちも、とてもとても多いなあとも感じています。

ですから日本はモンスターカスタマーがとても多いのでしょう。

 

自覚なきモンスターカスタマーの何て多いこと。

 

無知ゆえです。「ご存じない」のですね。

 

だからこそ、こういうことをブログで発信するのもとても大事だと思うのです。

日本って、すごい勘違いをしていて、しかもそれを「当然」と思っている人たちが、とにかくものすごく多いところだと言うことについては、たぶんよく認識しておいたほうが良いだろうと、私は思います。