前回の記事が思ったよりも反響があったので今度は違うコンセプトでチームを組んでみました。今回は西日本と東日本で分けてみました。





西日本選抜

FW:松実玄・江口セーラ

MF:白水哩・松実宥・高鴨穏乃・愛宕洋榎

DF:清水谷竜華・石戸霞・荒川憩・新子憧

GK:園城寺怜



東日本選抜

FW:宮永照

MF:宮永咲・大星淡・小瀬川白望・天江衣・染谷まこ・姉帯豊音

DF:弘世菫・福路美穂子・辻垣内智葉

GK:原村和



東日本強い(確信)


しかもこのフォーメーションだと東日本は西日本とはかなり相性がいいんですよね。

西日本は典型的な4-4-2のボックス型
東日本は変則的な3-6-1
今のJリーグだと浦和レッズと同じ形です。


西日本はFWは火力重視で中盤は攻撃力より安定感、サイドバックは逆に攻められる選手を配置。細かいパスワークで相手陣内に侵入していく。
特に玄-宥姉、セーラ-洋榎、シズ-憧のホットラインは鉄板。
怜は一巡先を読むGK。PK戦に圧倒的な力を発揮しますね。



東日本は照咲淡のトライアングルに加え豊音とシロのテクニシャン二人を融合させた波状攻撃が魅力。

中盤の底には衣とまこを置いてゲームを支配&コントロール。
攻撃時はまこが後ろに下がり4バックの形となり衣から前線の選手へ楔のパスを供給。

前線の選手は細かいポジションチェンジを繰り返しつつ縦へ抜ける機会をうかがいます。
この時前の五人が5トップの様な形になり相手DFの間にギャップが生まれやすくなります。
そこを使う形ですね。
更にサイドの攻防ではサイドのDFも攻撃に参加するので数的有利をより作りやすくなります。
これもろにレッズの戦術や


ただ、攻撃に人数を割くのでその際のリスクマネジメントには注意が必要です。縦パスを狙われてショートカウンターを食らうこともあります。攻略する際は守るときのポジショニングと衣からの縦パスですかね。











ちなみにリアルでサッカーするとしたら


FW:片岡優希・江口セーラ

MF:高鴨穏乃・大星淡・清水谷竜華・森合愛美

DF:井上純・加治木ゆみ・亦野誠子・新子憧

GK:愛宕絹恵



こっちは体力重視で。
とにかく元気なキャラか体力有りそうなキャラから選びました。憧は小学校時代にはシズと一緒に走ってたので体力ありそう。




こんな感じでどうでしょうか。

今回はちょっと時間が遅くなってしまいました。スミマセン。



それでは今回はこの辺で。
今度はこんなコンセプトでチームを組んでほしい!とかありましたらコメント欄でどうぞ。
お待ちしております。


それでは ノシ