GW終わってから一回も更新してなかった……。ヤバイヤバイと思いつつ結局更新できませんでした。


昨日は鹿島戦、さいスタにて観戦してきました!

興梠のゴールは確かにオフサイドっぽいですけどいっぱいフリーキックもらって決められなかった鹿島側にも問題有りということで。



ポンテのシャツの後ろに「ポンテ」って書いてあるのは可愛かったです。
















さてさて、今回は咲ポでの咲さんの鬼のような強さを紹介したいと思います。

とりあえず2戦した時の写真つきで。

まずは一戦目。
相手はムッキーと歩と藤田プロ。

ルールは原作と同じです。


まずは東一局目から。





image



配牌がおかしい……。


そしていきなり5pを槓。


image




一巡目でリーチです。
咲さんを使うと槓からの一巡リーチは時々見ます。酷いときにはドラのおかげで三倍満までいきます。
実際にあって覚えているのが確か配牌が


4m12399p南北北北中中中中


で中を暗槓、嶺上牌が北でこれを暗槓で嶺上牌は南。
これを4m切りでリーチして9pで出和了り、ドラ4で三倍満直撃。確か東パツだったのでそのまま終了だったと思います。



ちなみに上の写真は最終的にこうなりました。

image




そして一本場


image




あぁ……、いきなりこんな……。



結局こうなりました。


image



これを歩に直撃させて歩がトビ寸前に。



最終的にこの半荘はこうなりました。




image




安手を藤田プロやムッキーに直撃させていたら四本場までもつれ込みました。

しかし25000点スタートのはずなのに90000点を越えてくるとは……。




次は2戦目。
対戦相手を変えてもう半荘です。




image



能力のおかげでこのゲームではトップクラスに強い部長と透華、槍槓で和了すると特別なカットインが出るかじゅが相手です。


まずは東一局目。


咲さんはさっきが異常なだけで基本的には配牌はこんな感じです。


image



咲さんの代名詞の嶺上開花!

とは言ってもこのゲームだと結構何回も槓出来ることが多いのでそこまでこだわらなくても和了れるんですよね。
むしろ槓してからのリーチの方が多いかもです。



そして東二局。


image




しかしここで満貫親っ被りしていた部長の逆襲。



image



和了されました。リーチをかけてれば一発でしたが……。



次は東三局。迎えた親番です。

image



この手が……、


image



跳満になりました。

ドラの乗る咲さんは一回一回が重いことが多いのです。



そして一本場。


image



配牌を撮り忘れるというミスをするも嶺上のみという手でした。(ちなみにこのあともう何回か撮り忘れがありました)



二本場は流局、テンパイしていたので連荘でした。



三本場


image



二連続です。配牌の撮り忘れ。


さて、四本場です。


image




これが、



image



こうなりました。
槓狙いだったのが結局槓材が来てくれずに流局寸前でした。



次は五本場。


流局でした。




次は六本場。


image



そしてこれが






こうなります。




image



中を鳴いてすぐに和了しました。


そしてこちらも七本場。


image




混一まっしぐらの筈なのに中々ピンズが来なくて時間がかかりましたが最終的にはこうなりました。



image




東をかじゅから大明槓。責任払いです。

その結果………


image




十万点を越えました。


五万~七万点くらいは咲さんなら簡単なんですが十万点はあんまりでないです。



咲さんを使うときはとにかく槓をすると手が早くなりテンパイまで一気に持っていけます。
あまり嶺上開花にこだわらない方が強いと思います。
ただ、時々事故るのでその時は諦めた方が良さそうです。


個人的にはなぜだか咲さんはマホには勝率が著しく低いです。




















それでは今回はこの辺で。ノシ