お久しぶりです。

なんだか最近は毎回この挨拶で始まっている気がしますね。


今回は咲本編のネタバレを含みますのでそれが嫌な方はちょいと雑談をしている間に戻ることをオススメします。









今回は約二週間ぶりくらいの更新になると思うのですがこんなになってしまったのは今週は月曜日からインフルエンザにかかりまして………。



なんでこんな時期になったのかは見当もつきませんし、病院でインフルエンザだと言われたときはビックリしました。


まぁ、インフルエンザなんてものは早いうちに薬もらって飲めばわりとすぐに熱も下がるので週の後半はかなり暇をもて余していましたが……。











































さて、そろそろ大丈夫でしょうか?































じゃあそれでは、




今週の金曜日に発売したヤンガンにて掲載された咲-Saki-第113局【気炎】。


タイトルがすでに燃えますね。


南三局一本場

成香ちゃんに良い感じの手が入ります。


image




この子は素敵が好きなんでしょうかね。




そしてすぐに赤五筒が!


image



そしてこの顔です。


しかしこの表情、ちょっと扇情的ですよね。





image




まぁすぐこんな顔になるんですけども。


良い手を張ったと思ったらすぐにガイトさんの満貫に振り込んでしまうという。


しかもガイトさんの手も同じく345の三色を含むという皮肉。




二本場。

ガイトさんが親っパネをツモ。


それを見て悔しがるスズは東場で速度最優先で攻めてきた優希を見て前に末原さんや洋榎に打点だけではなく速度にも気を使った方が良いというアドバイスを思い出します。




image





またもややって来たツモスー、一向聴。

これを無理に役満を狙わずにとにかく和了を最重視すると決意したようです。

まぁ鳴いても役満には及びませんがそれなりの点数が貰えそうではあります。



image





そしてオタ風の西をポン。





『変換する!火力を速度に!!』





そして、9索ツモ







image













スズカッコいい!





これ本当に火力を速度に変換したのかと聞きたくなるくらいではありますがまぁ鳴かなければ役満でしたし。(和了出来るかは別として)





ガイトさんをして、なかなか消えない炎だと評されます。


image



この二人の睨み合い(?)もなかなか。




特にガイトさんが少し笑っている辺り、強者の風格があります。






そして先鋒戦終了!



image





優希は今回もマイナス。

しかし爆発したスズとガイトさんがいたのにこの収支なら回りは誰も文句は言わないでしょう。


そして成香ちゃん。あのあともほとんど何も出来ていなかったのでは?



これ、花田より失点してますね。


まぁ仕方ないと言えば仕方無いですが。




臨海と有珠山の次鋒が誰なのか気になりますね。次号も載るということなので非常に楽しみです。


キンクリで一話で次鋒戦終了ということが無いのを祈るばかりです。











それでは今回はこの辺で。



そろそろ咲ポ阿知賀編予約しなくては……。


ノシ