買ってきましたヤンガン。


まず本編の前にリンシャン会報での松田さんの咲-Saki-の最初のイメージに笑わされました。


弓を放ってたりとかしてって言われてますよ。



image




まぁこんなですからね。


これだけ見て麻雀漫画だって分かる人の方が少ないと思いますし。










ではでは本編の感想をば







とりあえず今回の見所は揺杏の悪い顔ですかね。


あとのよりんたちの驚きの顔。





何て言うか、揺杏って結構腹黒いキャラですよね。


でもそれが嫌味にならないと言うか……。


結構こういうキャラは好きなんです。


イタズラ心溢れていると言いますか、ちょっと黒いけど楽しげに麻雀打ってる感じがイイですね。
自分なりに楽しみながらも頑張ってるというのが感じられます。


で、最後はお約束のしっぺ返しを食らうという。



リーチかけて部長に差し込ませようとして、結局洋榎に振り込む流れとか。






あとあと、ミョンファの能力ってやっぱり風牌関係なんですかね。


今回の話だとミョンファの手牌が描かれる度に自分の風牌が暗刻になってる気がするんですよね。


偶然ですかね?



部長が和了った局はアレ完全に誤植だと思いますが……。




そして部長が平和ドラ3テンパイしてミョンファも親の三倍満テンパイした時に部長が4ピンをポンして赤5ピン捨てた時の咲さんとのどちゃんとのよりんの顔が中々です


image




これでミョンファの和了り牌を喰い取り自分が1000・2000をツモ。


しかもこれ1ピンじゃないと和了れないんですよね。


流石悪待ちの部長さんです。


こういうのは自分では出来る気がしませんが出来たら格好良いと思います。








ちなみに次号も咲-Saki-は載るそうです。





そしてその次号には『リツハユ』なるものが載るそうです。


これ見たときリツハユってなんだよ!って声に出ちゃいました。


まぁ、面白そうではありますけどね。


そして付録は怜と竜華のお風呂ポスター!!!



一応、画像は仮のものです。と保険かけてありますが多分怜&竜華。


やったぜ!







以下コメント返信です






ちょこ様



>そもそも部長は和に「東北鳴かせるな」とは言ってませんけどね。「東北鳴いてる人がいたら四喜和考慮してもいいんじゃない?」と言っただけで。
そう言った方が忠告受け入れてくれる可能性高いと考えたからでしょうが。
まあデジタルの和が東北どちらか鳴かれたくらいで四喜和警戒する方がおかしいからあれでいいと思います。あの世界で場違いだろうが、それが和のアイデンティティーだから一貫して欲しい。
結果論とはいえ、はっちゃんが東北揃った後に南西切ってないし、もしかしたら南西しぼる気もあったかも。
場にあまり見えてない字牌だし別に不思議ではない。
聴牌すれば切りそうだけど。




まぁのどちゃん、その忠告を聞いた上で更にはっちゃんが北家で東と北鳴いての小四喜テンパイ見ても偶然ですね。で片付けちゃったんですよね。多分それがよく叩かれてる原因の一つだと思いますが……。
でも確かにあの子はあのまま自分の考えを一貫させてもらいたいですよね。
あの子の強さは一貫して自分のスタイルを貫いているところだと思うので。








通りすがりのヤクサム様



>和の一番すごい所は、どんな相手が来ても一切自分の打ち方を変えないこと。 柔軟性にかけるようにも見えますが、下手に能力などを考慮して、自分の本来の打ち方が出来なくなるようではそれは「弱さ」になってしまう。
相手が誰であれ自分の打ち方を貫き、決して揺れない心を持っていることが、和の本当の所の「強さ」なのでは?と思います。

>まあおもちは揺れまくるのですが。





揺れるおもちとブレない心。
のどちゃんの魅力ですね。
色々なところに引っ越してきたのどちゃんだからこそ、自分の信念というか心だけはココに有るって感じですかね。


あのおもちは風船みたいにフワフワしちゃってますけどね……。


玄ちゃん好きの名無し様



>醜女とロリコンの嫉妬は醜い



次の全国編のアニメでは遂に全国の大きいお友達が歓喜の渦に包まれるはずです!







それでは今回はこの辺で。ノシ