2009年03月13日

ラペルピンとは?

最近ラペルに付けるアクセサリーをよく目にします
このアクセサリーを何処に付けるかで名称が変わるんです

例えば
ラペルに付けた場合『ラペルピン』
帽子に付けた場合『ハットピン』と言います。

女性もこのピンでストールをとめたり、装飾品として
鞄に付けている方もいらっしゃいます

このラペルピン、当協会の生徒さん達も
お洒落アイテムとして上手に活用なさっておられます

そこで今日は
ラペルピンについてご紹介したいと思います

ラペルピン1
右側のラペルピンはオーソドックスな物、
左側はチェーンの装飾がついている物です。

ラペルピンを刺す場所はラペルにあいている
穴を活用します。この穴は昔風よけのために
ジャケットの襟を立てて着用していた時の
ボタンホールの名残りと言われています

ビジネスシーンでは社章をつけるこの穴、
名称をフラワーホール、もしくはラペルホールと呼びます。

ラペルピン2


フラワーホールと呼ばれるだけあって
生花をあしらう事もあるんです

今ではまれにしか見かけませんがラペルの
裏にはちゃんとお花の茎が差し込めるように
"止め"がついているものがあります

ラペルピン3







生花をラペルホールに直接差し込んで飾る方法と、
他に生花を飾る専用のフラワーポット等があります

ここ数年でメンズアイテムのバリエーションが増え
お洒落の幅も広がってきましたね
皆様も様々なアイテムを取り入れ、自分なりのお洒落を
楽しんでみてはいかがでしょうか


次回のブログで『ラペルピンの付け方 使い方』について取り上げます



hsu_kyoukai at 12:56コメント(0)トラックバック(0)オシャレ | 小物 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile
協会紹介
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ