2017年07月19日

代表の武田です。

昨日(18日)は、札幌でヒグマの目撃が相次いで報道されていましたが、今回は「クマに会わないために」そして「遭ってしまった場合」の対応について考えてみたいと思います。

クマ対処は、相手が生き物ということもあり、遭遇時の統一マニュアルは存在していませんが、アイヌ民族最後の狩人といわれている姉崎等さんの実践的対処法やその他文献を参考に、その対処のポイントを整理してみました。


●問いかけ内容 その1
クマと遭遇しないためにすべきことは…

<第一に周知したいこと>
基本的にクマは警戒心が強く攻撃性の薄い動物であり、人間の存在を知らせることができていれば、クマから避けてくれる。

<対処例>
・ヒトの存在を知らせる。
 笛、声、拍手、鈴等で音を出すことが有効

・川筋や沢にクマがいることもある、こちら側の音が伝わりにくいため注意が必要

・風上に向かって走るときも音や人の匂いなどもクマに届きづらく注意が必要

・土砂降り、霧の日も人の気配や音などを伝わりにくいため注意が必要

・早朝・夕暮れ時は、クマが動く時間で遭遇の確率が上がるので注意が必要 など

 
●問いかけ内容 その2
もし、クマにばったり会ってしまったら…
トレイルランニグ中にクマとばったり遭遇。そのときあなたはどうする?

<第一に周知したいこと>
 「決して走って逃げないこと」

<対策例>
・走って逃げてはいけない。
 背中を見せて逃げるのは自殺行為。走るものを追う習性がある。
 走る速度は、時速50kmを越えると言われており、逃げ切れるものではない。
 下るスピードも人間以上。 

・子グマだからと安心してはいけない。危険度が高い状況と思え。
 直ぐそばに母グマがいて、子どもを守るために先制攻撃してくる可能性が高い。

・若グマは、じゃれついてくる可能性が高く、相手から逃げなければ危険度が高い状況と思え。
 人間にとっては、じゃれ=襲われることと何ら変わらない。 

・相手が気づいていなければ、ゆっくり後退してその場から離れる。

・相手が気づいていれば、目をそらさず両手を上げて、声をかけて自分の存在を知らせる。

・クマが立ち上がってもそれは威嚇サインではない。周りを確認しているだけ。
 この段階でクマを驚かさない(急に逃げる、大声を出す)。

 
●問いかけ内容 その3
もし、クマにばったり会ってしまったら…
クマが近づいてきたら? 攻撃してきたら?

<第一に周知したいこと>
 「戦う準備を」

<対策例>
・近づいてきたら、動かず、目をそらさず、強い口調で怒鳴りつける。 

・威嚇されても、けっして走っては逃げない。後ろを見せてはいけない。
 クマ撃退スプレーで追い払いを行う。

・クマが頭を地面につける格好(猫がネズミを狙うよう姿勢)をしてきたら、危険度はかなり高い。
 本攻撃へ移行する前触れと判断し、戦う覚悟をすべき。

・攻撃されたら、素手では勝てない。武器となるものを手に反撃するのみ。

・致命傷となる後頭部から頚部は必死で守る。

<その他>
・クマに一度でも渡った物(ザック等)は、絶対に取り返さない。
 過去の事故例(福岡大ワンゲル部:クマ襲撃事件)からも、クマは一旦自分の手にしたものは自分の所有物と認識し、人に取り戻されたら取り返そうと執拗に追ってくるので、非常に危険。




htrchtrc at 13:04コメント(0)
リスクマネジメント   このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年07月16日

代表の武田です。
一昨日14日(金)にナイトラン練習会を行い、総勢12名で夜の藻岩山を楽しく走りました。

P1050019
(藻岩山山頂にて)

昼の藻岩山は登山者が多く、すれ違いマナーから歩くことも多くなりがちのため冬以来の藻岩山練習会です。
今回は、ナイトということで、登山者はゼロ。

遠慮なく思いっきり走ることができ、楽しい練習会となりました。

P1050011

P1050013

ここ数日北海度でも30度を超える日が続いていて、この日も気温が下がらない夏の夜となりました。

旭山記念公園~藻岩山山頂の往復約8㎞、記念撮影・トイレ・休憩タイムも含め、約1時間半。
トレーニングの「特異性の原則」から、平日のちょこっと山トレでもベストトレーニングといえます。

28日にもナイトランを予定していますので、メンバーの皆さん一緒に走りましょう。




htrchtrc at 07:30コメント(0)
練習会   このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年07月13日

こんにちは。事務局momoです。

会員のこれでも昔はクライマーさんが、ラジオに出ます!

FMノースウェーブの「RUNNING PARADISE HOKKAIDO」という番組です。

すでに収録は済んでおり、15分前後のトークで、トレランを中心にお話しされたそうです。

20170716_DSC_0545



ぜひ、お聴きください♪

【番組概要】
・番組名
 RUNNING PARADISE HOKKAIDO

・放送日時 7月16日(日) 7:30~8:00

・周波数 札幌82.5MHz
※パソコン、スマートフォンなら「ラジコ」で聴くことができるようです。
 


htrchtrc at 12:01コメント(2)
メディア関係、講演会等   このエントリーをはてなブックマークに追加