2018年01月10日

あけましておめでとうございます。
代表の武田です。

昨年に続き3回目となるJTRA主催の「トレイルランニング・フォーラム」が、1月8日(月)東京海洋大学で開催され、私も理事として運営のお手伝いをしてきました。

IMG_1299

午前中は、屋外では、鏑木毅さん、石川弘樹さん、吉住友里さん、小川壮太さんによるランニングセミナー、屋内では、私がサポートしたアドベンチャーレーサーの田中正人さんの地図読み、ターザン編集長内坂庸夫さんの心拍トレーニング論など計7セミナーを同時開催。

IMG_1255IMG_1228
ボリューム満点の内容に、皆さんいい時間を過ごしているようでした。

午後は、スケジュールには載っていませんでしたが、奥宮俊祐さんによる「FTR100&FT50」での事故報告に続き、北里大学病院救命救急・災害医療センター稲垣医師による「レースの救護体制」についてのお話があり、
IMG_1268IMG_1270
今後は、トレイルランナーへの野外災害救急法の普及啓発に努めていくと決意表明されていました。

当クラブでも、同じ考えのもとウィルダネスメディカルアソシエイツジャパンの講習などを開催し、その知識向上に取り組んできていますが、今後もクラブメンバーにしっかりとそのような習得プログラムの提供をしていきたいと改めて思った次第です。

続いて、パネルディスカッション。
第1部は、鏑木毅さん、大瀬和文さん、上田瑠偉さん、丹羽薫さん、吉住友里さんと超豪華パネラー陣による「日本のトレイルランナーは世界でどこまで戦えるか?」をテーマに、皆さん熱くそしてたくさん語って頂きました。

IMG_1265

「世界で戦えると思った瞬間は?」との質問に、それぞれのエピソードを交えたトップアスリートしか語ることができないお話などに参加者は大変満足したことでしょう。

第2部は、「トレイルランニングと安全」をテーマに、石川弘樹さん、田中正人さん、望月将悟さん、宮地由文さんがこれまでの経験値に沿った強いメッセージを発信して下さいました。

IMG_1295

フォーラムの雰囲気だけでも感じていただけたでしょうか。来年は、ぜひ皆さんご参加下さい。必ず何か得ることがあること間違いなしです。

講師の皆さん、パネラーの皆さん、そして理事の皆さん本当にお疲れ様でした。


そして、フォーラム終了後は、恒例の理事会を開催。
夜遅くまで、日本のトレイルランニングの未来について熱く語り合いました。(さすが皆トレイルランナーということもあり疲れ知らずです。)



htrchtrc at 11:30コメント(0)
JTRA   このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月13日

代表の武田です。

3回目となる「トレイルランニング・フォーラム」が、来年1月に開催となります。

2018年のテーマは「トレイルランニングと安全」です。


日時:2018年1月8日(月)9:00~17:15
場所:東京海洋大学 越中島キャンパス(東京都江東区越中島2-1-6)
主催:日本トレイルランナーズ協会(JTRA)
参加料:2,800円 定員:340名 チケット購入制


当日のスケジュールですが、
午前中は、様々なジャンルの専門家を招き、トレイルを楽しく安全に走るための技術や知識、体づくりを学びます。

【屋外クラス】150分+着替え30分(定員各20人)
1)隅田川リバートレイル(ランニングセミナー初級)
 講師:石川弘樹さん

2)ランニングセミナー中級
 講師:吉住友里さん

3)ランニングセミナー上級
 講師:小川壮太さん

4)45歳からの走力アップ術
 講師:鏑木毅さん

【屋内クラス】1クラス80分で入れ替え(定員各40人)  ★は20人
1)トレイルランナーも地図読みをしよう
 講師:田中正人さん(JTRA理事)

2)UTMBを笑って完走する心拍トレーニング
 講師:内坂庸夫さん(JTRA理事)

3)トレイルを走るための体幹トレーニング
 講師:石井基義さん(石井道場)★

4)ロングディスタンスを乗り切る補給の基本
 講師:齋藤通生さん(VESPA)

5)自分の身を守るテーピングと応急処置
 講師:芥田晃志さん(ニューハレ)

6)山の天気の基本と気象情報の利用法
 講師:猪熊隆之さん(ヤマテン)

7)初心者から100マイラーまで、シーン別装備術
 講師:桑原慶さん(Run boys! Run girls!)



午後は、パネルディスカッション。

テーマ1 《日本のトレイルランナーは世界でどこまで戦えるのか?》

パネラー:鏑木毅さん、大瀬和文さん、上田瑠偉さん、丹羽薫さん、吉住友里さん
モデレーター:福田六花さん
 

テーマ2 《トレイルランニングと安全》

パネラー:石川弘樹さん、宮地由文さん、田中正人さん、望月将悟さん ほか
モデレーター:千葉達雄さん



受講枠も限られているので、希望者は今すぐお申込みを!
当日は、私も理事として参加する予定です。

詳しくは、JTRA公式サイト(http://trail-runners.net/event/jtraforum2018/)をご覧ください。







htrchtrc at 21:50コメント(0)
JTRA   このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月04日

代表の武田です。

先日(11月25日)、我がクラブの一年間の活動報告会を札幌コンベンションセンターで行いました。

前半は、一年間のクラブ活動実績、後半は、メンバーによる海外レース参戦報告。

IMG_0903
(レース報告をするアンドレイさん)


●今年一年間活動回数は、35回(会議8回、試走3回、練習会等11回、受託事業2回、大会支援2回等) 

その他にクラブPR活動(ブログ投稿等)を合わせ、私、事務局momoがワンツー、サポートメンバーではikuさんがトップで一年間活躍してくれました。

●サポートメンバー活動 

 メンバー:ikuさん、ふうさん、さかもとさん、イマさん夫妻、F木さん、S藤さん、T島さん、O川さん、yuriさん、Y岡さん 

・練習会企画運営に関すること

・練習会コースの試走

・地域振興・社会貢献事業に関すること

 
一年間、裏方業務も多い中、皆一生懸命に携わってくれました。

●練習会 

1)4月23日 石狩浜サンドラン 18名

2)5月13日 野幌森林公園 21名   

3)6月18日 濃昼山道 16名

4)7月14日 藻岩山 (ナイトラン) 12名

5)7月28日 藻岩山 (ナイトラン: 道新/UHB花火大会) 8名 

6)7月30日 道民の森(マチネシリ・ピンネシリ) 14名

7)8月27日 手稲山 7名

8)9月 2日 函館山(交流練習会) 8名

9)9月 3日 恵山・海向山(交流練習会)  7名

10)9月17日 ニセコ連山(チセヌプリ・ニトヌプリ)  10名

11)10月29日 白旗山 18名
計11回 

ちなみに、今シーズンの練習会ナンバーワン参加(私は除く)は、サポートメンバーを抜いてN川さん夫妻とアンドレイさんの計8回でした。よく一緒に走りました。

 

●地域振興・社会貢献等事業

6月25日   尻別岳チャレンジ!トレイルランニング大会支援  (スイーパー業務)

7月1,2日  石狩市トレイルランニングガイド養成事業

8月6日   石狩市ファミリートレイルランニング受託事業   試走

8月11日  石狩市ファミリートレイルランニング受託事業

9月16日   ルスツトレイルランニング大会支援     (コース整備)

9月24日  ルスツトレイルランニング大会 (スイーパー業務)

地域振興関連事業では、何といっても多くのメンバーが参加した鏑木毅さんとの濃昼山道トレラン。
今シーズン一の出来事かもしれません。

 

●底辺拡大事業

3月4日  女性限定トレイルランナー情報交換会

ikuさん・M野さんの企画で、多くの女性トレイルランナーがクラブに参加してくれることとなりました。

8月6日  石狩市ファミリートレイルランニング受託事業   試走 (再掲)

8月11日 石狩市ファミリートレイルランニング受託事業  (再掲)
  
クラブ初のジュニア向けトレイルランニングの講師を石狩市受託事業としてお引き受けして、濃昼山道で行いました。
女の子のバランスよく走る姿がカッコ良く、とても印象に残っています。
トレイルランナーとなって、この事業がきっかけで走ってくれることとなったらうれしいですね。
 

●所属団体業務

北海道山岳連盟 理事として

 3月 道岳連理事会
 5月道岳連総会 (ふうさん代議員で参加)

JTRC理事として 

 1月8日 JTRAミーティング 東京


後半は、U津さんはCCC、達也くんはYCC、O川さんはPTLとUTMBカテゴリーをほぼ網羅した豪華版。
それぞれ視点を変えた説明に、一同大満足、いい刺激になりました。

IMG_0887IMG_0891








IMG_0896IMG_0901








最後は、アンドレイさん。yuriさんの通訳のもと、台湾の3レースの報告をしてくれました。
距離は50㎞ほどですが、観光がてらの参戦にはとても良さそうです。
トレイルランニングのアジア熱がぐんぐん上がってきているんだなぁと実感しました。

ということで、

IMG_0878

報告会は、無事終了。

そして、夜は忘年会。
一杯やりながらのトレラン談義も楽しいひと時となりました。

今シーズンもクラブ活動中に、大きな怪我をした方もなく無事に終えることができたことが何よりです。

サポートメンバーの皆さんの支えもあり、最高な一年となりました。

また、来シーズンも皆で楽しくトレランしましょう!



htrchtrc at 17:51コメント(0)
会議   このエントリーをはてなブックマークに追加