2012年09月22日

こんにちは。代表の武田です。

10月28日(日)に、初開催となる当クラブ主催の「Gokibiru Trail 30K」のコースを9月17日の練習会で試走しました。

厚田公園からスタート。
レース当日(10月28日)は、朝8時30分のスタートです。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2060
いつものように練習会前の記念撮影。パチリ!

「よ~い ドン!」と言ったら走って下さいね。一人だけ走る気満々です。
P1000356

ドン!
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2066
公園裏の旧スキー場に向かいます。


P1000361
頂上にある展望台は、北海道初認定の「恋人の聖地」です。

この斜面を一挙に駆け上がります。ここが第一の勝負どころです。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2069

恋人の聖地に到着。ここから望む日本海に太陽が沈むとき、空は茜色に染まり、ジュッ!と音がするとか…。
P1000366
オヤジの聖地となりました。
レース中の儀式はムリでしょうが、ここには、二人の愛が成就することを願って南京錠を取り付けるフェンスがあります。

聖地を後に一挙に下ります。

P1000368
P1000371
国道231号線に出て、濃昼山道まで北上します。

左手には、日本海の美しい景色がお出迎え。磯の香りが漂います。
ここからは下り基調で、海からの潮風がとっても気持ちいいです。
P1000375
この坂を下ると、暑寒別天売・焼尻国定公園のエリアに入り、地名:安瀬(ヤソスケ)を通り抜けます。
ちなみに、安瀬は、第43代横綱 吉葉山の生まれ故郷で、現横綱の白鵬が所属する宮城野部屋の開祖です。白鵬の横綱土俵入りでは、吉葉山と同じ不知火型を披露しました。

P1000382
もうすぐ、海から山へ。極上トレイルへ突入です。

どこまでも続くシングルトラック「濃昼(Gokibiru)山道」へ。ワクワクしながら登ります。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2120

頑張って斜面を一歩一歩進みます。トレイルランナーが愛する山の中へ。

201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2136

201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2139

全行程で渡渉ポイントは、5箇所。折り返しコースとなっているので、計10回川を渡ります。
アウトドア天国北海道ならではのワイルドコースです。川のせせらぎが非日常を演出してくれます。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2214
転倒注意ポイントです。渡った先のトレイルがコースとなって、川淵を走ることはありません。

峠を越えると、雄大な日本海を見下ろしながらのトレイルランナーお気に入りの下りとなりますが、海側は崖となっているため走行要注意です。転落すると大変なことになりますのでスピードは控えめでお願いします。
ここは、追い越し禁止区域となります。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2156

トレイルから人里へ。どこか懐かしい風景に出会えます。
約20年前に廃校となった中学校が、チェック&給水ポイントです。
P1000151
家主と記念撮影しました。レースでは、関門閉鎖が12時となっています。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2178
エイドを後に町中を走り抜けます。
北海道のトレイルレースでは見られない光景ですが、本州では、山~里~山はスタンダードで、このようなコース設定は北海道初です。北海道のトレイルランナーに是非体験してほしいです。
すばらしいフィールドがある北海道が本州に負ける訳にはいきません。

そして、また、山へ。ここからが後半の勝負どころ。
前半に体力を温存しておくことで、この坂でスパートできます。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2221
今回のコースは、折り返し設定となっているので、ランナーとのすれ違いもあります。どこの山でもハイカーと出会います。急なカーブ、先の見えない地点では、自分の存在を相手に知らせるのはもちろん、減速の徹底などトレイルランナーのマナー向上も今回のレース目標となっています。登っている人(ランナー)に道を譲りましょう。

ピークハント(と言ってもピークは標高357mの濃昼峠)の後は、深い森へ分け入ります。鹿の鳴き声、鳥のさえずりなどの応援を体験できます。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2196
山親父にも自分の存在をアピール。鈴、ホイッスルは必携です。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2225

森の中から海の景色が楽しめるポイントが随所に。石狩湾って本当に湾曲していると実感。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2188

折り返しでの渡渉ポイント。川床は、岩盤で滑りやすく転倒要注意です。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2235

アイシングもできます。猛暑の影響かこの時期でもそんなに冷たくありませんでした。
201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2234

201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2232
どこまで冷やすの~

P1000403
千手観音のような、森の巨人も応援してくれます。

201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2244
トレイルを抜け、ロードへ。ゴールまであと4kmほどです。

だらだらとした登りが続き、踏ん張りどころです。ラストスパート!
P1000407
UTMB風に「アレ! アレ! アレ!」

201209繝医Ξ繝ゥ繝ウ邱エ鄙剃シ・DSCN2261
ゴ~~~~ル! レース後は、皆さんもこんな笑顔となることでしょう。

皆で楽しくトレイルを走り、歩き、約5時間でゴール地点に戻ってきました。

レースの制限時間は7時間です。ゆっくりと楽しめそうです。

今年のラストレースとして「Gokibiru Trail 30K」を一緒に走りましょう。

ご参加お待ちしています。


※この記事の写真の多くは、会員の写真家・KEN五島さんに提供いただきました。ありがとうございます。
KENさんのブログでも練習会のレポートが掲載されています。






htrchtrc at 09:22コメント(2)トラックバック(0)
Gokibiru Trail 30K   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ふらのチーズラーメンのじゅん   2012年09月22日 20:07
5 素晴らしい皆さん素敵な笑顔いっぱい

好い大会になりますよ~きっと

好いなぁ…羨ましい…
2. Posted by たけだわたる   2012年09月25日 00:11
ふらのチーズラーメンのじゅんさん こんにちは。

コメント管理を怠っていて返答が送れ大変失礼しました。
試走に参加した面々からは、とても楽しいコースと太鼓判を押していただきました。後は、天気次第です。

遠くから着てくれたで賞を用意したいと考えています。

ご参加いただければ嬉しいです

コメントする

名前
 
  絵文字