2013年08月19日

こんにちは。代表の武田です。

昨日(8月18日)、10月27日(日)開催の第2回Gokibiru Trail 30Kの試走を兼ねた練習会を行いました。

P1000568


明け方までの雨の影響もあり、当初参加予定の半数で、スタート地点である厚田公園を出発しました。
P1000571
最初の登りは、旧厚田スキー場です。

P1000572
頂上の「恋人の聖地/厚田公園展望台」を野郎どもだけで目指します。

P1000574
聖地に到着。恋人がいないのでスルーする面々。

P1000575
暑寒別天売焼尻国定公園の絶景を眼下に臨み、ここから下ります。

P1000576
走り出すまで雨が降っていましたが、晴天に恵まれました。

P1000583
公園を後に日本海を北上し、日本100トレランコースに選ばれている「濃昼(Gokibiru)山道」を目指します。
潮風が気持ちいい!


P1000585
ここから、山道です。コロン、コロンと鈴の音に力が湧いてきます。

P1000587
幕末からの道に突入です。

P1000590
日本海を背に登ります。

P1000593
登りきると、別世界がトレイルランナーを森へと誘います。

P1000595
緑のじゅうたん

P1000596
木漏れ日が美しいトレイルを一層引き立てます。

P1000600
永遠と続くシングルトラックを満喫するOさん。

P1000601
振り返ると石狩湾が一望できます。

P1000604
濃昼峠を過ぎるとエイドポイントまで下りパートとなります。
左側は切り立った崖となっており、危険なポイントです。
自然の中で行うトレランは、レースだからといって安全度が高まっているわけではないということを肝に銘じて下さい。
怪我や大きな事故とならないよう各自のリスク管理が大切です。
細心の注意を払って走行して下さい。

P1000607
危険ポイントをクリアし、給水ポイントの濃昼市街へ
P1000609
山道を出て橋を右折します。

P1000610
まもなくエイドです。
P1000611
旧濃昼中学校前がエイドで、ここから折り返しゴールを目指します。

P1000614
帰りは、沢で遊びました。

P1000615
キャー冷たい!でも、気持ちいい!

P1000617
足が気持ちいい!と喜ぶSさん。

P1000618
もう起き上がりたくない。放心状態のたつさん。

P1000620
山道を抜けると日本海が出迎えてくれます。
なんだかホッとして最高な開放感に満たされます。
実は、ここからゴールまで5kmほど続くダラダラとした登りが、勝負ポイントです。
最後のパートを納得いく走りができた者には、最高の時が待っています。

NCM_0391[1]
ゴール!
約5時間の「Gokibiru Trail 30K」をメンバー全員最高に楽しみました。

コース整備(草刈り作業)を8月17日(土)に行っていますので、レースに参加予定の皆さんも試走してみてはいかがでしょうか。
整備の様子は後日レポートします。
会員の写真家・KEN五島さんのブログにも早速記事がアップされています。

ゴール後のアツい身体には、あいロード夕日の丘観光案内所の冷やしたぬきそばがお勧めです。

では、10月27日に厚田公園でお待ちしています!


htrchtrc at 21:48コメント(0)トラックバック(0)
練習会 | Gokibiru Trail 30K  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字