HUAS BLOG -法政広研公式ブログ-

法政大学広告研究会の日常や、お気に入りの広告などを定期的に更新する予定です。
コメント欄でLet's討論!
みんな、遠慮せずにどんどん書き込んじゃいなよ。

痩せたい今日この頃

あけましておめでとうございます!63期多摩代表の標饗(くわはらまさる)です。
 前回ゆうとに言われた通り、最近のあだ名はまーくんです。これからよろしくお願いします!

画像1

 まずは、最近の広告研究会の活動についてです。
 先日、学内大会がありました!

画像3

 一年生の発表を見たら、去年を思い出して懐かしいと感じてしまいました笑。もう去年の学内大会から一年が経つのかと思うと早いなぁと思いました。
64期の皆さんは大変だったと思いますが、改めてお疲れ様です。


 さて、私事ですが、最近私のiPhoneのスペックが低いことで悲しいことが起きました。




そうです。写真の画質がそこまで良くないのです!!!!

画像7

 これは冬休みに行った長崎の夜景の写真です。撮影センスもそうですが、微妙ですね。はいどんまいですね。本当は一眼で撮りたかったんですが、忘れるという大バップを犯してしまい、このような結果に終わりました。
 冬だったこともあり、バッテリーがまだあるのに寒さで電源が落ちてしまうことも多々起きる事態に!泣。多摩キャンの方ならこの気持ちはわかる人も多いと思います。そろそろ6sから機種変更もしようかと考えている今日この頃。

 さて、そろそろ本題に入ろうかと思いますが、今回はそんなiPhoneの話をしようかなと思います。


 皆さんは「ながらスマホ」というのを知っていますか?テレビを見ている人はよく見かけると思いますが、今とても問題になっているのです。

画像2

 現在、世界各国で問題となっている、運転中の「ながらスマホ」は、ちらっと直線道路を走っているに見るだけなら大丈夫と考えたりする人が多いようですが、わずか数秒前方から目を離しただけで、交通事故のリスクが3倍にも増加する非常に危険な行為です。

日本でも、平成28年中の携帯電話使用等に係る交通事故は1,999件発生しており、5年前と比較すると約1.6倍となっているすうです。

 それにもかかわらず、なんと10人中8人のドライバーが「運転しながらスマホを使っている」と答えた調査結果も出ているそうで、危険だと分かっていても、ついスマホに気を取られてしまう現状があるようです。


 そこで抜本的な対策に乗り出したのが、スウェーデンの”アウディ”。
 ドライバーのモラルに訴えかけるのではなく、“半ば強制的にスマホでネットサーフィンをしづらくする”というアイディアを考案しました!

 同社が公開したこちらのHTMLソースコード。白い四角で囲まれた部分をHPのソースに書き込むと、そのサイトを見ているユーザーがどれくらいのスピードで動いているかをGPS機能を使って自動的に測定します。


画像4



 時速20キロ以上で移動している場合には『運転中ではありませんか?』というメッセージが表示され、下の方にある『運転していません』というボタンをタップするまでそのページを見ることができない仕組みとなっているのです。

画像5



 コードは誰でも無料で使用することが可能で、”アウディ”はひとりでも多くのサイト運営者にこのコードを使うよう促しています。仮に全てのサイトでこのスクリプトが実行されれば、運転中のながらスマホを劇的に減少させることができるかもしれませんね!

 車の安全性能を高める様々な技術を通じて、より安全なドライビングを目指し、自分や周りの命を守るため、ドライバーの安全運転をユニークな角度から推進する取組みでした。

みなさんも運転する際には「ながらスマホ」をしないように気をつけて下さい!以上!



次回は、僕の大好きなタネちゃんです。

画像6

はい可愛い。それじゃあまた会う日まで〜〜〜

63期ブログ始まるよ!!

みなさん初めまして。
法政大学 広告研究会63代会長を務めさせて頂きます、田村祐斗(たむらゆうと)です。

tamura


この似顔絵は今年の名刺のデザインです。相棒の制作局長、タネハシが描いてくれました。
あ、もちろん全員の名刺に僕の似顔絵が描いてあるわけではないです!(笑)
それぞれの似顔絵が描いてあるのでとても面白く、各方面で好評です。結構似てます。ありがとうタネハシ。

名刺は「初めまして」の時に渡すものですからね。相手とすぐに打ち解けて話を進めることが難しいことって多いかと思います。僕も大学生になって初めて名刺を持つようになって、何度かその壁にぶつかったことがあります。
でもこの名刺を渡せば、まずここから話が始まるのでとても助かります。ありがとうタネハシ。(2回目)



さて、広告研究会の会長はこの5年程女性が務めていましたが、久々の男会長です。10月の代替わりから早くも2ヶ月経ち、バタバタしながらもなんとか過ごしています。未熟なところも多いですが、どうか暖かく見守って頂きたく思います。よろしくお願いします。

引退がっしゅく_4832


このブログでは制作局のメンバーが面白いと思った広告やキャンペーン、あと趣味とか(?)を書いていきます。
63期の初回に何を書こうかな・・・と色々考えたのですが、まずは最近の広告研究会の活動を紹介させて頂きます。



まず、代替わりして最初の大きなイベントは、11月初旬の学祭でした。
僕たちは屋台でタピオカの販売と、教室での作品展示をしました!

DSC_0488

DSC_0375

S__22118408

jpg-large

タピオカは完売することができました。ありがとうございました。
また、教室展示のほうにはたくさんのOB・OGの方々に来て頂きました。卒業から数年経っても広告研究会の活動に関心を持って頂いていることに、見守ってもらっているという安心感と会長としての責任を改めて自覚しました。ムーミンが描かれた広研の看板を作った代のOB・OGの方とお会いできたことはとても嬉しかったです。もう10年近く活躍しているようですよ。

S__22118407


続いて、学祭の翌週には62期の引退合宿がありました。

いんたいがっしゅく_6810

(この写真を撮ったのはみんなで徹夜したあとの午前5時くらいなので若干疲労の色が…)

わいわいした雰囲気で始まった引退合宿でしたが、1年生の頃からの活動をまとめた引退Vを見るときや、一人ひとりが壇上で引退コメントを話す頃には涙なしにはいられませんでした。先輩方はそれぞれ色々な思いを持って活動に参加し、また広研に熱い思いを持っていました。一緒にたくさんの時間を過ごしてきた先輩方ともう活動出来ないなんてさみしいです。一部の先輩はまだ部室に現れますが!(笑)
62期のみなさんありがとうございました!






さて、話は変わって。
僕は経営学部に所属しています。
もともと理系で大学受験に挑んでいましたが、いろいろあって、入学したのは文系の学部でした。haha.
1年生の時に経営学総論という、経営学の基礎となるような授業を履修していました。そのときに聞いた「組織」の話。


先生から、「組織の定義とはなにか?その定義に当てはめると、家族は組織になるのか?」と問われました。

「組織か・・・。複数人が集まっていればもうそれは組織なのかな・・・?家族も、まあ組織かな?」
などと考えていました。


組織の定義にも様々な考えがあるらしいですが、授業で紹介された定義は、
「複数人が、ある目的を達成するために集まったもの」
というものでした。1年以上前のことですので、細かいところは間違っているかもしれませんが、だいたいこんな感じでした。笑
この定義にのっとると、家族って組織に当てはまらないかもね!という結論でした。


僕は中学、高校で野球部の主将でした。野球部は間違いなく組織と言えるでしょう。野球部の目的って簡単ですよね。ずばり野球をすること。野球を楽しむこと。そのために勝利を目指して練習し、試合に勝つことを目標とします。主将として練習メニューを相談したり決定したりするのも、「勝利のため」に縛られるのである意味楽でした。(なんかこう書くとすごく思考回路が体育会系っぽいけど、そこまでじゃないです!笑)


では、広告研究会は?
広告研究会は組織か?という問いには、おそらく多くの人がYESと答えると思います。
では、広告研究会に所属する目的とは?
代替わりの時に63期としての活動目標を決めたのですが、それとはちょっとニュアンスが異なりますよね。

広告研究会はマンモスサークルです。そのメンバーには本当に色々な人がいます。サークルのイベント全てに参加する人、飲み会や合宿だけに参加する人、本気で大会の勝利を目指す人。参加スタンスは人それぞれです。それがいいところだと思います。

そんなたくさんの人が広告研究会に所属する目的とは?
数あるサークルの中から広告研究会を選ぶ理由とは?


大学生がサークルに所属する目的は、GOODな大学生活を送るためでしょう。会員が広告研究会に所属目的は、広研にいれば自分が思うGOODな時間を過ごせると思うからかな。なんて思っています。


みんなが思うそれぞれのGOODな時間を、僕は会長として、会員みんなと創っていきたいなと思っています。
活動中、楽しい!!となるのももちろんですが、
来年の引退合宿でみんなが「あー、よかったなあ」と思うような時間。
卒業しても、「広研で過ごした大学生活、なかなか、良かったかな」と思えるような時間。
そんなところを目指したいなと思っています。



はい!
では今回はこんなところで!
もうこの原稿の締め切り過ぎてるんで!終わります!





次回予告。
次回の担当は多摩代表の標況です!あだ名はまーくん。

52

去年に続き、髭がチャームポイントの多摩代表です!!!笑
面白いブログを期待しましょう!ではでは。

愛がつまった62期ラストォのブログです。





r1






みなさん、お久しぶりです!


62代会長の加藤里佳です。



10月半ばになり、肌寒い季節になってきましたね。毎年、この時期のこのくらいの寒さになると私は胸の奥がキュンとするのですが、みなさんはキュンとしませんか?





はい、しないようですね。





上の写真、市ヶ谷RAチのへーりんと伊香保温泉にいってきた時のものです。
前回のせろが紹介で使ってくれた写真とうってかわって、ヒツジ(ヤギかも)と仲良くなったよ!っていう写真です。





はい、この距離感からいって仲良くはなってないですね。





こんな感じで、へーりんとは学部が同じということもあり四六時中一緒にいまして、2人で旅行なんてしょっちゅうです。
韓国いって、草津いって、泊まりディズニーいって、泊まりスーパー銭湯いって、パンケーキ食べに並びにいって、ケーキバイキングいって、コンビニでおやつ買って、

こんな生活をするとどうなるか、みなさんおわかりですよね。





はい、太るんです。(キリッ)





どのくらい太ったかというと、ぼかしてありますが、このくらいです。















r2







いや、株価かよ。景気良いかよ。





こんだけ体重が増えると、みんなの反応でわかるんですよね、「あ、私、太った」って。(実際そうなんだから当たり前)

久しぶりに会う人の反応が、何か言いたそうに
「、、、、、、、??」って


なんか文句ありますか?と言わんばかりの
「、、、、、、、??」って顔して返すんですけどね。



そして、太ったら、みなさん何をしますか。





はい、ダイエットです。





ダイエットいえば、、、、、?





はい、ライザップです。(無理矢理)





ライザップとは、「結果にコミットする」をキャッチフレーズに短期間で大幅な体重減と体型改善ができる個別指導のトレーニングジムです。


あのCMを思い出す方も多いと思います。


ドゥーッドゥッ、ドゥーッドゥッ、ドゥーッドゥッ
タラリラッタッタタッタタ、タラリラッタッタ

ってやつね。

初めてあのCMを見た時、母といたのですが
「ファーーーーーー!!!何今の?!?!?!見たっ?!?!?!見たっ?!?!?!すごい!!!!!!」と2人で騒ぎました。




そんなこんなでライザップ=ダイエットのためのトレーニングジムという印象が強いと思いますが、
最近、アパレルや出版、インテリア雑貨会社、メディア企業、建築会社など、様々な他業種をM&Aしているのはご存知ですか?

パッとみ、業種がバラバラすぎて、なんで???と思うかもしれませんが、


ライザップグループの中期経営計画『COMMIT 2020』では、「自己投資産業でグローバルNo.1ブランドとなる」ことを目標として掲げていて、そのための「自己投資産業」なんだとか。


ライザップグループの瀬戸社長は「アジアのLVMHになる」と言っていて、実際に業績もうなぎ上がりです。


2017年3月期の売上高は、前年比76.7%増の953億円。うん。すごいですね。

「なぜ他業種を買収するのか」やライザップグループのマーケティングや戦略は調べるとたくさんでてきます!
面白いので、ぜひ調べて見てください!!



(私も3年生になり、就活がはじまりましたので、最近、決算書の読み方を勉強し始めました。どの本や雑誌をよんでもライザップが例にでてくることが多く、ちょっとのっけてみました。)







そんなこんなで
人生最重量の加藤はライザップに通いたいところですが、そんなお金の余裕はありません。23歳でも学生ですから。ネ。


このままではやばい!!!!!と思った私は
9月下旬から始めました。ダイエット。
ちょっとミーハーな私は、流行りダイエットやらなんやらに色々手を出すのですが、今回挑戦したダイエット法は、、、、





『完全無欠コーヒー』

です。






以下、加藤里佳のダイエット日記です。
「加藤、完全無欠コーヒー生活はじめるってよ」


なぜ、今回、完全無欠コーヒーを選んだのか
それは電車広告をみて惹かれたからです。


r3

(参考:http://www.3aaa.co.jp/sp/traffic/)

なんだとか。


完全無欠コーヒーとは
コーヒーに、バターとオイルを入れるだけ!!
しかも、この一杯でお腹が満たされるため、朝はこれだけ飲めばオーケーオーケー!!
しかもしかも、集中力が増す!!
しかもしかもしかも、痩せやすい身体がつくられる!!!




なんだこれ!!!!
最強かよっっっ!!!!




これらが本当だったら、まじでまじな「完全無欠」だね!
これは試してみるしかない!!!!!!!

ということで、材料をそろえるところから



本いわく、コーヒーは豆を挽いて金属フィルターで入れることをオススメしていますが





いや、めんどい。てかそんなもんないわ。





ってことでお手軽にドリップコーヒーを。

次に、コーヒーに入れるバターとオイルです

r4

【左】バターは有機栽培の牧草だけを食べて育った牛からとれるものでつくられたグラスフェッドバターを本ではオススメしています。
普通のスーパーではなかなか売っていなくて、銀座の松屋なら売っているらしいという噂を聞いたのでそこで買いました。

1つ 2500円です。(高いっっ!!!!!)
Amazonなどで2個セット3個セットで少し安く売っているのでそっちで買うのが良いと思います。



【右】オイルです。これもそのへんで売っている普通のオイルではなく、MTCオイル、100%中鎖脂肪酸オイルでなければなりません。

数年前にヴァージンココナッツオイルが流行りましたが、それもこの部類に入ります。




ドリップコーヒーいれて〜
バターをいれて〜
オイルをいれて〜

大切なのが混ぜること
遠慮なくミキサーで混ぜます。







混ぜます。







混ぜます。







r5



泡立ちます。



r6




コップに入れます。
(バタービールのカップにぴったりだね!!!)









r7

上から見るとこんな感じ。




味は
もちろん美味しい!!!!!
脂っこさもなにもない!!!
これを見たみんな(ここまで読んでくれている人がどのくらいいるかはおいといて)引いていると思うけど、本当に美味しいんです!!!!!


あっ、砂糖とかミルクは入れちゃだめだよ!
けど、かな〜〜〜〜りクリーミーになるので必要ないよ!!!
もともとコーヒーはブラックで飲んでいたからかもしれないけど、かなり飲みやすいです。


これを毎朝飲みます。朝食はこれだけです。
コーヒー、一杯じゃお腹空くでしょ?!?!?!と思うかもしれないですが、

それがすっとこどっこい、空かないのです!!!

これはMCTオイルの作用によるものなのですが、そのへんは割愛。


完全無欠コーヒー生活を9月25日から始めまして、本日が10月16日なので、3週間続けていることになります。

体重の変化はというと







2.5キロ減。






まあ、まずまずでしょう。笑



というか、完全無欠コーヒーを飲んだ他に、
…起きた瞬間に腹筋背筋
⊇3回は1時間の筋トレ
という運動をプラスしたことの方が大きいのかもしれない。笑




他には
L諭Ε僖鵑篭卜録べない
20:00以降は何も食べない
グみ物は水のみ(ジュースとか論外)

がマイルールです。これはここ2.3年継続してやっています。



順調に体重減ってます!めでたしめでたし!
で終わりたいところなのですが、
こんなふざけた終わり方だと大ブーイングがきそうなので、、、、、、、、笑


この完全無欠コーヒー生活を初めて、手に入れたのは体重減なのは間違い無いのですが(笑)、

もっと大切なものがあると思っています。




それは「不必要なものを削る」





ってことです。今回の例に関していうと

朝食の時間と引き換えに、私は朝の自習時間を手に入れたわけですね。
(もともと、私は朝食に40分くらい時間をかけていた)


1日24時間という制限があるなかで
やりたいこと・やるべきことを実行するために、どう無駄を省くのか
が大事なのではないでしょうか。タブン


忙しい忙しい!時間がない!
と言っている方、1日のなかで無駄な時間ないですか?
1度、1日の流れを書き出してみると良いと思います。
(私は大学2年の頃、1週間分、時間と自分の行動をすべて書き出して、自分の怠惰さにドン引きしました笑笑笑)


なんでこんなことを言うかというと
「時間がないから」「忙しいから」を理由に
何かを諦めて欲しくないな
と強く思うからです。


23歳学生をやっている私からの強い想いです。笑


まぁ、人間だから、言い訳しちゃうよね、わかるわかる

けど、やっぱそれってもったいない!!!!

だって!
学生生活って今だけだもん!!!!笑



幅広い、色んなこと・好きなことをやって経験して、吸収するのって
大学生ならではなんじゃないでしょうか。



社会人になってないから知らんけど。笑


実際、私も
興味のあることを「とりあえず」やってみる
ってことをこの3年間続けてきて
後悔ないです。

強いて言えば、
もっとはやく大学1年の時に削られるもの削っておきたかったなと思うくらいですね、




無駄なことを削って、うまれた時間をつかって

広研の作品制作の時間にあてたり
語学の勉強をしたり
運動したり
インターンしたり
本読んだり
新しい何かに挑戦したり

そんな風になったら、きっと毎日がとっても充実するんじゃないでしょうか、、、、、?タブン


私が言ってもタブン全然、説得力ないと思うので笑笑
ぜひ、この動画を見てみてください。笑

長岡秀貴さんの『時間という財産』というものです。
(https://www.youtube.com/watch?v=EzXvih454dM)






はい。
言いたいこと言えたので、そろそろシメたいと思います。笑
めっちゃ長くなりました、、、。何人の方がここまで読んでくれているかはわかりませんが、、、、、笑

62期はこれで引退です!!!!
みなさん、本当にありがとう!



62期のみなさん、
みなさんと一緒にやってこれたことを本当に嬉しく思います。
私はなんだかんだ広研のこと好きなんだと思います。62期で良かったと心から思っています。


63期のみなさん、
これからどんな広研がつくられていくのか、私はとっても楽しみです!
63期、市ヶ谷多摩、全員で力を合わせて、より良い広研をつくっていってね。
けど、自分達が楽しむことを忘れないで!!笑


64期のみなさん、
いや、もうかわいい!!笑
その一言です。笑
広研に入ってくれてありがとう!
広研をうまく使って、学生生活を楽しんでほしいと思います!



450人というマンモスサークルの会長をやってこれたのは、先輩・同期・後輩、皆様のお陰です。
本当にありがとうございました!!!

以上!!!!!です!!!!!!!!!!!!


またどこかでお会いしましょう!!!!


タックルタックルくるくるぱぁ〜

どうも皆さん、おはこんばんにちは!62期多摩代表の瀧川世路です。

IMG_3220

早いもので、62期の引退まであと1ヶ月となりました。

はじめに、法政広研の近況をお伝えしたいと思います。

先日、東京学生広告研究団体連盟主催の学生広告展の本戦が行われました。

S__121782295

法政は1年生のGR作品が協賛企業賞を受賞しました!おめでとう!

では、本題に移りたいと思います。
今回紹介するのは、AIGジャパンスペシャルムービー「#Tackle The Risk」です。
まずは動画をご覧ください。



この動画に起用されている黒いジャージの人たちは、世界最強のラグビーチーム「オールブラックス」の選手です。皆さん一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

article_800x481_133_1445159377

ものすごい迫力ですね、、、

実は、僕は中高6年間ラグビー部に所属していたので、この動画が話題になった春頃には次の制作局ブログはこれにしようと決めていました(笑)

余談はさておき、動画を見てみるとオールブラックスの選手が、自転車に乗った男性や、着ぐるみを着てビラ配りをする人、名刺交換しているビジネスパーソンなどに次々とタックルを決めていきます。
動画の後半では、オールブラックスの選手がタックルをした人たちに様々なリスクが降りかかり、タックルによって怪我などが事前に回避できていたことが明らかになります。

この動画の素晴らしいところは、AIGの新しい事業戦略コンセプト「ACTIVE CARE」を非常に分かりやすく表現していることだと思います。

「ACTIVE CARE」とは、日常やビジネスの現場には様々なリスクが潜んでいること、また、AIG グループが“まさか”を未然に防ぐための受け身ではない能動的なサポートを、積極的に提供していくといったものです。

動画を見れば一目瞭然。まさしく「ACTIVE CARE」の概念を動画に落とし込まれています。

コンセプトを作品に反映させることって一見簡単そうに見えて、実はとても難しいのです。自分も学生レベルながら色々な広告やプロモーションを考えてきて痛感しました。

そして、保険会社の広告なのに保険会社の広告っぽくないところも感銘を受けた点です。
保険会社の広告って、だいたいエモに寄せるていてどれも似たり寄ったりな感じがして、受け取る側からしたらどれも同じに見えてしまうのが現状です。

ただ、「#Tackle The Risk」は従来の保険会社のアプローチとは違う方法でメッセージを伝えています。この常識を打ち破る感じ、意外性、めちゃくちゃかっこいいなと思いました。

この動画、なんと世界中で拡散され再生回数は1億回を超えたみたいです。

3分という少し長めの動画ですが、伝えたいことの明確さ、新鮮さ、画の面白さ、バズるべくしてバズったといった感じでしょうか。

以上、「#Tackle The Risk」の紹介でした!

ということで、62期が担当するブログも残すところあと1回です、、、
最後はもちろんこの人!!!

S__10371081

絶対的会長、加藤里佳(23)です。
お楽しみに!!!!!

まだわたしの夏休みは終わらない

はじめまして!62期多摩Webチーフを担当しています、山内美裕(やまうち みゆ)です。

y1

↑最近流行ってるハッシュタグのやつで使えそうな写真を、名古屋の高校の友達が撮ってくれました!


私は、HUAS内ではほとんど「へいへい」というあだ名で呼ばれています。
そろそろ名前で呼んでほしいな〜、と思うこの頃です。



前記事で、相方の市ヶ谷Webチーフ有岡が青春について語っていましたが、みなさんは学生時代、青春を過ごしていますか?

先日、1つ下の代である63期チーフ陣初の勉強会を開催した媒体もありました。みんなお疲れ様。


初めての勉強会はすごく緊張した覚えがあります。
こちらは昨年の第一回Web勉強会の写真。

y2

一応、左下の手前にいるのが私です。髪の毛が長いですねー(笑)懐かしい。


自ら主催する勉強会や大会運営など、チーフとして活動してきたHUASでの日々が、なんだかんだ私の中では青春の1つとなっています。

たくさんの後輩が来てくれて嬉しかったなー。だから64期のみんな!是非勉強会に参加してね!笑



さて、少しはWeb媒体のチーフですのでWebの魅力について語っておきたいと思います。

みなさんはWebにどんなイメージを持っていますか?

「html使ってなんか数字とか英語とか打ち込むやつ」

的なことをおっしゃると思います。


正解です。笑


Webサイト、つまりネットには必ずたくさんのコードを用いたhtmlやcssを使っています。

だから、「インターネットを利用する仕事って大変そう」と思われがちです。
いや、実際に大変で難しいです。

でも、コードを扱う人はエンジニアさんであって、ネットを扱う仕事は他にもたくさんあります。


2015年度、日本の総広告費は約6兆円で、インターネット広告費は約1兆円でした。
これは、4マス媒体のテレビを除く、新聞・雑誌・ラジオの総広告費よりも上回っており、次年度さらにインターネット広告費は増加しています。

つまり、インターネットを利用した広告ビジネスが今後大きく力を伸ばすということがいえます。


“じゃあインターネットを利用した広告ビジネスって何よ?”



それは、SNS内に表示されるSNS広告(※1)や、ニュースメディアやキュレーションメディアにユーザーの情報利用体験を邪魔せずに表示されるネイティブ広告(※2)、個人の検索ワードに合わせた検索連動型広告(※3)
などなど。

※(1)SNS広告

y3

(2)ネイティブ広告

y4

(3)検索連動型広告

y5

どれも見かけたことがあるはず。
いたるところにネット広告って潜んでいるんです。

自分に関連する広告が表示されやすいため、思わずポチっと押してしまった!そんな経験もあるはず。

その生活者のワンクリックで広告主はお金を稼いでいるのです。


こういった広告を出してお金を稼ぐことができるのもインターネットを用いたWebサイトやWebサービスが充実してきたから。


「コードが難しくて私には無理」というあなたでも、こういったネット広告マーケティングなら少し興味が湧くのではないでしょうか。


でも、インターネットの基本中の基本はやっぱりhtmlを知ることから。

Webを勉強すれば様々な視野が広がると思います!!!




さてチーフ陣が一巡しまして、続いての方は2回目のブログ担当になります。
62期多摩代表 瀧川世路(22)

y6

今月誕生日を迎えられたそうです、おめでとう♡

Step by Step

こんにちは、62期市ヶ谷Webチーフの有岡祐介です。

ari1

この写真は今年の3月末に行われたWeb合宿(俗称)での写真です。二日目にいちご狩りに行ったのです。

さて、最近のHUASでは夏合宿があり、学展の制作があり。

いよいよ62期の引退、寂しくなってくる次第であります。

思い返せば、青春の数々といったところでしょうか。

楽しい思い出、恥ずかしい思い出、様々です。



みなさんは、青春といえば何を思い浮かべますか???

「高校の放課後の教室」とか、「最後の部活の大会」とか、「体育館裏で女の子に告白」とか、

イメージすると色々思い浮かぶものはあると思います。

でも、突然

青春とは?

と、聞かれても答えるのにつまるのではないでしょうか??


それは、あくまでイメージされる青春というのは、映画、漫画、小説。

さまざまなメディアによる妄想であり、フィクションが多いからです。

そういった群像劇的な日々を、実際に過ごせた人は多くはないでしょう。



僕は、青春とはなんのなのか。

高校の頃から、考え始めるようになりました。

隣の席のギャルの女の子が言うのです。



ギャル「青春した〜〜〜い!」



青春てなんだよ。

そんなこと言ってないで、校則守れよ。




そんな日々を過ごしてから、数年。


答えが出るのは、30歳くらいになってからだろうと思っていました。


が、最近その答えといえるものが出たのです。






というか、


あった?


見つかった?



こういうのは、答えといえるのかわかりませんが、

今までのモヤモヤしていたものが文字化されていたというか、

21歳の有岡には、「これだ」という納得感で満たされてしまいました。




それは、




「GOING STEADY」というバンドの歌詞の一節にあったのです。





そのバンドの曲に「青春時代」という曲があります。(まんまやんけ)





「青春時代」の一節。これが現時点での僕の”青春”です。








『可愛くて憧れだったあの子が 今じゃあ歌舞伎町で風俗嬢だとよ

PKを決めて英雄だったあいつが 今じゃあちっちゃな町の郵便屋さんさ

とても幸せなはずなのに なんだかなんでか涙が出るよ

あああ 僕は何かやらかしてみたい 

そんなひとときを青春時代と呼ぶのだろう』






僕は何かやらかしてみたい 

そんなひとときを青春時代と呼ぶのだろう







あぁそういうことか。





僕が幼稚園の頃、お泊まり保育で女の子のほっぺにキスしたことも、



僕が小学校の頃、秘密基地の隣にある家の窓を割ろうと不法侵入したことも、



僕が中学校の頃、不登校になって突如漫画家を目指し始めたことも、



僕が高校の頃、学校がつまんな過ぎて生徒会とか入っちゃたことも、






ほんとに小さな、


僅かなことながら、



全部、青春時代だったんだと。



何かやらかしてみたい。



この曲を聞いて、21歳の僕は納得がいってしまいました。





大学に入ってから、なんか違うなと思っている人たち、就活に怯える人たち、そして自分そんな自分。


飲み会で吐くまで飲んだり、好きな女の子を狙ってみたり、



実際に行動できたか、否か。

そんなことは関係なく。

「なにかやらかしてみたい」と思っていたなら、

それは、青春のひとときを過ごしていたのかもしれないです。




それは、ひとそれぞれであり、これが答えとは限りません。


でも、現時点では


僕は、




命が尽きるまで、








この青春時代を過ごしたいなと思います。




情熱、理想、妄想、意志。



歳は老いても、精神は老いることなく。



「何かやらかしてみたい精神」を忘れずに。



そして、ほどほどに笑。





長くなりましたが、ここまで読んで下さりありがとうございます。乱文失礼致しました。



さぁ、次回のブログ担当者は、62期多摩Webチーフの山内美裕(へいへい)です〜!キュートな写真!

ari2

よろしく頼みます!!Heart!

全部夏のせいだ!

はじめまして。
多摩RAチーフのあきやまみかこです。
ロードするとこんな感じです。
そのまま大人になりました。

S__53395459

学展お疲れ様でした。
夏は満喫できましたか?
夏休みもあと少し。最後まで楽しみましょう!
今回のクライアントは株式会社ニトリ。

"お値段以上、ニトリ"

この文字を読むときについついメロディーにのせて、読んでしまいませんでしたか?
今回は、この"サウンドロゴ"について、お話しさせていただこうと思います。

サウンドロゴ (sound logo) とはー
企業が、CMなどにおいて、自社の呼称や商品名などにメロディを付けたりあるいは音声や効果音などの音響でアピールして宣伝効果を高める、ブランド手法である。

RAやCFでも用いられる、サウンドロゴ。
印象に残れば、街中で広告や商品を見ただけでも、音が聞こえてくるように感じてもらうことができます!
形として見えないものとはいえ、音の情報は企業にとって大切な資産です。
五感である聴覚に訴えかけるので、より印象的で、企業イメージを大きく左右します。

まずはわたしの大好きなおかし、
株式会社カルビーのじゃがりこのCMです。



戸田恵梨香、かわいい。
じゃがりこを食べる際には、じゃがっじゃがっりこっりこっと思わず口ずさんでしまいますよね!
商品名とじゃがりこの特徴である食べる時にでるあの豪快な音を結びつけることで商品の良さがサウンドロゴに組み込まれ、耳に焼き付いて離れない!状態になります。
聞くと食べたくなってしまう!

サウンドロゴには、ニトリのようにキャッチコピーとして魅力的なもの以外にも「カルビー」や「マツモトキヨシ」など、メロディがつくからこそ印象に残るものがあります。
例えば、
コンビニエンスストアのローソンのCMです。
「ローソンっローソン」と二度続く印象的なメロディ。



「ローソンローソン」のように、メロディにのせたモチーフを繰り返すことで、
より耳に残りやすいサウンドロゴが作ることができます!

「その会社のサービスは利用したことなくても、なんとなく社名は覚えている」
印象的なサウンドロゴで想像力を掻き立てることができれば、頭から離れない、やみつきになっちゃうようなRA広告やCMを作ることができるのではないでしょうか。

学展でみんなの作品を見るのを楽しみにしています!

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

次のブログ担当者は
S__51412998

イケメンで面白い有岡くんです!
きっとためになる記事を書いてくれるでしょう!わくわく

雨ばかりでヴォイ泣き

はじめまして。おはようございます。
市ヶ谷RAチーフの河慧琳(はーへーりん)です!
成長するとこんな感じです。時の流れは残酷ですね。

h1

ついに夏の制作講座がおわり、64期達の媒体決定の時が来ました!
いやはや、自分たちの時は2年前のことですか。懐かしいですね。エモい。

h2

そんな初心に帰るべく、ラジオについてさくふわっと説明したいと思います。知ってるよ〜!っていう方は早々とスクロールして最後だけ見てください。

まず、
ラジオとは:音声のみで情報を伝える媒体。です。これに尽きますね。

ラジオ広告の特性として
 屬覆ら聞き」ができる
→何かをしながら聴く方ができ、リスナーの行動の自由度が高い。(例:運転しながら、通勤・通学しながら、家事をしながら)
▲拭璽殴奪箸鮃覆蠅笋垢
→生活習慣の中にラジオを取り込んでいるケースが多く、特定の曜日・時間帯に同じ番組を聴いているリスナーが多い。このため狙ったターゲットに広告を届けやすく、同じCMを刷り込みやすい。
リスナーの想像力を喚起させやすい
→言わずもがなですね。
ぅ僉璽愁淵螢謄ーに親近感を抱きやすい
→基本的にラジオは1人で聴く。語り手であるパーソナリティーとの1対1の深い関係が作りやすく、共感しやすい。

などがあげられます!


今日び、ラジオを聴くことは少ないと思います。
しかし、スマホの普及により「radiko」をはじめとするネットラジオの台頭や、それに伴い、すぐシェアできる手軽さといったソーシャルメディアとの親和性が注目されているのです。

好きな芸人さんやアーティストのラジオ番組を聴きながら、ラジオ広告について意識して聴いても楽しいかもしれません!

最後に私が愛してやまないラジオCMを載せます。有名なのでご存知の方もいるでしょうが、何度でも聞いてください!
ニヤニヤ待った無しです。上記で挙げたに特に触れていると思います。



さて!次のブログ担当は〜〜〜〜〜〜!

S__2466163

才色兼備・圧倒的RAチーフみかこです!!!
深くて勉強になる楽しい記事を書いてくれます!楽しみですね!!

身長がほしい


テストも終わり、夏休みがスタートしました!いえい!

ハッピーサマーイエイイイイ〜〜〜〜〜〜🌻


アイスがほんとに美味しい。。美味しい。。
毎日アイスコーナーを漁っている毎日です



とは言いつつ、年々この夏の暑さが苦手になってきました。なんでですかね、、、夏と冬どっちがすき?と聞かれたら、真っ先に夏と答えるタイプの人間だったのに(聞いてない)冬どこいったの。。戻ってきて。。



自己紹介遅れました、初めましての人もそうでない人もこんにちは、多摩GRチーフの島田葉月です。

ha1

これは、念願のアリアケのハヤシライス(流星の絆参照)を食べたときのものです。ハヤシライスも美味しかったのですが、ここのクリームソーダが本当に美味しかったので、オススメです!(聞いてない)





現在、HUASがなにをやっているのかというと、、、!
62期と63期の引き継ぎが終わったところであります
着々と62期の引退が近づいてきております

ha2

去年の承認式の写真、、、、
うーんなんとなくみんな若いですね(笑)


この一年ほーんとに早かったな〜〜と感じる今日この頃であります
夏の制作講座真っ最中の63期頑張れ〜〜〜〜〜!



それでは、市ヶ谷GRチーフの黒岩より“GRについてタメになることを書いてくれるでしょう”とやらのバトンをいただいたので、1%くらいはタメになりそうなことをお話しできたらよいなあと思います。




皆さん、突然ですが、コンビニのコーヒーは買いますか??



コンビニコーヒーは、2013年、日経トレンディが毎年発表しているヒット商品ベスト30において第一位の栄冠に輝いて以来、瞬く間に普及していき、今ではコンビニ商品の定番サービスとして定着しています。



コンビニコーヒーには、「45秒の壁」というものが存在しており、美味しいコーヒーを淹れるため、じっくりと抽出するために、物理的に必要な時間です。


しかし、コンビニに来るお客さんが求めているニーズは、“短時間で必要な商品を購入したい”ということです。代表的なコンビニ各社を見ても、ボタンを押してから抽出が完了するまで、45秒前後。コンビニ各社は、コンマ1秒の単位でしのぎを削り、お客さんの「待つ」というストレスを軽減させようとしています。


コンビニコーヒーの前説は、ここらへんにしておいて、ここからが本題!!


コンビニ各社のカップのデザインについて解剖していきたいと思います

季節がら夏なので、アイスコーヒーに焦点を当てていきますよ〜〜



まずはセブンイレブン!

ha3

このようなデザインになっております。シンプルだ〜〜〜〜〜


セブンイレブンのロゴ下には、英文が書いてあり、、
“Delicious beverages and sweets are made fresh, with only the finest ingredients, to add satisfying moments to your day.”

翻訳すると、“あなたの1日で満足できるひと時を届けるために、最高の素材だけを使って美味しいドリンクやスイーツを作っています”となります。(訳に自信はないので、つっこまないでください、、笑)


ロゴと文字だけで構成され、一目見ただけでセブンイレブンだと分かります。しかし、主張しすぎるわけではないので、それが逆にスタイリッシュ。コーヒー自体が大きく透けるカップになっているので、コーヒーの色と氷のしずる感が美味しさを演出させます。



次にファミリーマート!

このようなデザインになっています

ha4

ファミリーマートを連想させるラインのデザインがあしらわれています


ちなみに、ホットコーヒーのカップには、ファミリーマートのロゴの二色がカラーで印刷されています。ファミリーマートのロゴに使われているブルーとグリーンには、それぞれに「楽しさ」、「新鮮さ」、「信頼」、「安心」の意味が込められているそうです。

また、この二色のシンボルカラーで作られたファミリーマートのシンボルマーク(このカップでいうラインにあたる部分)は、お客様との太い絆を表現しているそうです。


セブンイレブンと同様、英文が印刷されています。
“Our espresso coffee is extracted by high pressure in a special way.
Please enjoy its fresh and rich flavor. ”

翻訳すると、

“私たちの提供するエスプレッソコーヒーは、特殊高圧方で抽出しています。どうぞその新鮮さとリッチな香りをお楽しみください”という感じでしょうか。

他社のコンビニコーヒーの中で、エスプレッソコーヒーを打ち出しているデザインは、ファミリーマートだけです。




最後にローソン!


“MACHI cafe”として定着しているローソンのコーヒー。

ローソンのコーヒーは、このように季節ごとの限定デザインを出しています。

ha5

この夏のデザインコンセプトは、シンプルに「夏」。
日本人なら誰しもが思い描く夏の風景ということで、「花火」、「海とヒトデ」をモチーフにしています。



他社のコーヒーカップは、各社ごとの特徴的なロゴを使用していますが、「可愛い」という観点から見たとき、街並みを模した“MACHI cafe”としてのロゴを持つローソンが一番特化しているように思えます。


それもそのはず、“MACHI cafe”は、メインターゲットを20代〜40代の女性を据え、女性に好かれるようなデザイン展開をしています。

季節ごとの限定デザインの登場は、そうした女性たちの心理をどんぴしゃに捉え、SNSにて「可愛い」の拡散・発信されています。




さて、1%くらいはタメになりそうなことをお話しできましたでしょうか。笑


普段見慣れてしまっているものも、街に溢れているものも、なんとなく見過ごしてしまっているものも、よーくよーく見てみると、意味が込められているものがたくさんあります。デザインについて、改めて見直して、調べてみると新しい発見があると思います☺



ということで、ここまで読んでくださってありがとうございます。
拙い文章で申し訳なかったです。。。




それでは、次の制作局員にバトンタッチしたいと思います!


はい、これだ〜〜〜〜れだ!!!
ha6

答えは〜〜〜〜〜

市ヶ谷RAチーフのへーりんです!

次回乞うご期待♡

梅雨は何処へ

みなさんこんにちは。「しろすけ!」「違うっ色違い!」でお馴染み(?)のくろすけです。


全然お馴染みではない気もしますが、、(笑)初めて言われました。(笑)

改めまして初めまして。市ヶ谷62期GRチーフをやらせていただいています黒岩敬太(くろいわけいた)と申します。

q11

紺色の方です。
さて、本題に入る前にちょっと雑談を、、、、
7月8日に広研のメインイベントのひとつであるAdfesの本選が行われました。
本選に出場した片倉をはじめとしたムンク班のみなさん。そして、葉月をはじめとしたダヴィンチ班のみなさん本当にお疲れ様でした。
q22

q33

いい笑顔ですね。
Adfesも終わり、いよいよ62期も引退が迫ってきたなあと実感している毎日です。
さて、雑談はこの辺にしておいて本題に入りましょう。

今回紹介させていただくのは地域活性化プロモーションについてです。
まずはこの動画をご覧ください。



いかがでしたか?
これは四国にある徳島県が制作したPR動画です。
2014年9月、県の政策全般にわたる共通コンセプトとして徳島県は「VS東京」を掲げました。発表と同時にネットで公開されたPR動画はTwitterやfacebookで大きな話題となり、動画の再生回数はわずか10日で10万回を超え、Yahooでは「検索急上昇ワード」にランキングされ、トップページには2回登場しました。
この動画をはじめとしたプロモーションは、徳島県の知名度向上、ブランドイメージ確立のために対外発信戦略統括本部によって制作されました。この部署は県庁内の様々な部署の職員とクリエイティブディレクターによって構成されました。
都道府県の魅力発信となると観光的なアピールが真っ先に思いつきますが、彼らはそれでは二番煎じで終わってしまうのではと考えました。議論の結果、比較の対象を明確化し、対象に向かって挑戦していく県の姿自体をコンセプトにするという結論に至ったそうです。しかし、何故よりによって東京なのか。そう思った方も多いのではないでしょうか。自分もそう思いました。
そこには対象を東京にしたしっかりとした理由がありました。
地方創生がうたわれる中、東京の一極集中は止まることを知りません。東京にはかなわないという諦めムードの漂う地方自治体も多いのが現状です。自虐的なキャッチフレーズでマスコミの注目を集める手法すらも横行しています。しかし、だからこそ「VS東京」なのだといいます。「角の取れた丸いものでは、誰の心にも響かない、あえてここはエッジの効かせたコンセプトで勝負しよう」というプロジェクトチームの熱い想いがあったそうです。
「vs東京」は徳島県自らの覚悟であり、県民に対して地元の良さを改めて自覚してもらうためのきっかけづくりという狙いがありました。
確かに個人的にはこのくらいトゲがあった方が人々の心に響くこともあるような気がします。
しかし、この「vs東京」。文字だけ見せられても言葉のインパクトが先行してしまい、実際の狙いが見えにくくないですか?
そこでチームはコンセプトシートと呼ばれる「宣誓書」によって、コンセプトの内容を事細かに説明し、弱点をカバーしました。
その宣誓書がこちら

q44

「東京」に取って代わる新しい価値観を、「徳島」発信で提案していこうという熱い思いが、「共通コンセプトの狙い」「勝機」「ストーリー」「意義」「活動」の5項目に、それぞれ詳細に記載されています。徳島県では理解を高めようと、このコンセプトシートをポスターやチラシ化し、各所で掲示したり配布したりしました。
さらにこのようなポスターも制作しました。

q55

まず目に入ってくるのはポスターの青さだと思います。このポスターは徳島の特産である藍の花から抽出される藍色を使用しています。さらに藍色一色で染めることで徳島を強くイメージさせる狙いがあります。
さらにこのポスターは藍染の阿波和紙に印刷されました。これによりポスターが徳島産であることを強く意識させます。
そんな中ポスターのデザインは東京をはじめとした都会の若い層へ響くことを意識しています。
記者会見の際、「VS東京と掲げることで、まずは東京在住の徳島出身者に響き、そこから別の形でメッセージが発信されていくことを期待している」との発言もあったそうです。
「VS東京」があえて「共通コンセプト」という言葉を使用するのは、この試みが一過性のもので終わらないようにするためなのではないかと個人的に思っています。

このプロモーション、賛否両論あったそうですが、個人的にはすごく面白い企画だなと思います。私は地方出身なのですが「地域活性化を目指します」という言葉を何度も聞いてきました。しかし、地域活性化を実感できることなんて今までほとんどありませんでした。仮に何かのイベントがあったとしても一過性のもので終わってしまい、賑わいがあるのはごく短い時期のみです。そういった意味で、今回紹介した企画は一過性のもので終わらせないようにするため「VS東京」というコンセプトを貫き通した興味深い企画だなと思いました。
徳島行ってみたいです、、、、(笑)
さて、徳島に行ってみたくなったところで今回はこの辺で終わらせていただきます。
拙い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

さて、、、、次回の制作局ブログは〜〜〜〜〜〜〜〜〜?????
ジャジャン
q66

多摩GRチーフの葉月です!
彼女はきっとGRについてためになることを書いてくれることでしょう!
乞うご期待です!
  • ライブドアブログ