2010年06月08日

森とカモシカとガガ

週末はツリーハウスに行って参りました。
長野県の信濃大町近傍の森。

生きている木を痛めないためツリーハウスの固定には釘やボルトを使っていない。
電柱に巻いてあるような金属製のバンドを介してハウスが木に固定されている。treem


ツリーハウスに泊まるだけではなく
薪割り、バームクーヘン作り、製作途中のツリーハウスの手伝い、ライブ演奏など退屈しなかった。

おれはツリーハウスの製作を手伝ったんだけど、途中でカモシカに会いました。
バームクーヘン作りを手伝った息子は巨大なオオミズアオを発見。oomizuaom


ツリーハウスの造りはきっちりとしたものでは無かったが、
プロでなくとも努力とチームワーク次第で実行に至ればここまで形になるものか、
と、普段あれやこれやと頭で思索を練るだけで
なかなか製作に取り掛かることが出来ない俺にとってはとても良いお手本になった。

誘ってくれたみんな、そして森で一緒に過ごしたみんな、どうもありがとう。

蛇足ながら、途上で安曇野のうまい酒と蕎麦が味わえたこともまた格別であった。

huehuetenango555 at 21:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月24日

ドリアンが発酵した

先日は友人のSOL子に誘われ、代々木公園で開催されたラオス・フェスタに行って参った。

ラオス料理・民芸の露店に混じってタイ料理やインド料理、そして大阪焼の露店までもが便乗出展して、
そりゃあもう、ごった返してカオス状態であった。行き交う人も日本人なのかラオス人かタイ人なのかあまり分からない。これぞアジアの混沌。

飲み食いに明け暮れてあまり写真を撮らなかった。
IMGP068p

果物屋でドリアンを買ったのだが、ビールを飲むつもりでいたのであまり口を付けずに持ち歩いていた。
ドリアンとアルコールは胃の中で混じると異常発酵し膨満感・嘔吐・発熱の症状を引き起こすそうだ。
当日は高温多湿であったので袋の中のドリアンが発酵し、我々一群の歩く先々で異臭を放っていた。
そして酔ったその足で公園に隣接するNHKスタジオパークへ。

スタジオパークはテレビスタジオの見学だけでなく、
アニメの吹き替え体験やニュースキャスター体験が出来るテーマパークだそうだ。
案内のお姉さんもドリアンを持った珍客に思わず鼻を覆ったことだろう。
IMG_0073

SOL子さんとニュースを読んで見ましたの図。
ニュースの内容は、「本日、代々木公園で異臭騒ぎ」ではありませぬ。

ドリアンは帰りの電車内でも大迷惑でした。
明日、庭に埋める。

huehuetenango555 at 21:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年05月04日

俺は炎天下の作業員

下は連日の片付けで出たゴミ山の図。
これは氷山の一角である。
gominoyama
こんなの捨てるのにどのくらい時間が掛かるか考えたら気が遠くなる。
ネットで調べた回収業者に来てもらって、見積りをみて鼻血が出た。
回収処分の料金はなんと!バイクの左に見える車・バイクのオイルとパーツ類だけで2万4千円。
随分と足元を見られたものだ。追い返してやったぞ!

その後、流しの軽トラ業者を呼止めたら、6千円で上の写真のほとんどを引取ってくれるという。
長物や毒液なども持ってってくれた。
ゴミの値段とは一体・・・? 6千円とは高いのか安いのか全く分からない。とにかく渡りに舟だ。

**************************************************************

片付けが一段落したので前から作りたかった縁台の製作に取り掛かった。
LUISのブログで、タイのナパラット先生の実家の縁台で酒飲んで酔っ払ってる写真。
それを見てから作りたかったんだ、こういうの。
酒を呑み、物思いに耽るために作るのだ。

shgyotyu1
ゴミの残るガレージで作業開始。
1.8m以上ある長〜い材を持ち帰るのにホームセンターの軽トラを借りた。
でも店の駐車場でこれと同じ長さの材木を原付にくくっているオヤジがいた。
どうやって曲がるのだろう。アジアの底力を感じる。

wakuwaku
材木に防腐剤を塗りたくって枠を組んだ後の様子。

フランスのゴム長靴さんからもらったインパクト・レンチがめちゃめちゃ役に立った。
impact
炎天下で電動ツールを使って作業しても汗だくだ。
当初、ネジ打ちを手で全部やろうと思っていたが、無謀な話であった。

finish1
完成の図。
天板の色はわかくさ色にしてみた。
だって全部ダークブラウンじゃあ、綺麗にまとまり過ぎてつまらないじゃん。
でもグリーンの発色がビビット過ぎて、何だか中華っぽい。麻雀のマットみたい・・・。
昔の大井町線の色だ。
ペンキの缶には、塗料は紫外線に強く退色しないのが特色です、と書いてあるが
早く退色して落ち着いた色になって欲しい。

huehuetenango555 at 23:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0) よしなしごと | ライフワークの模索