今日、モデルホームの内壁施工の状況を期待して、このブログを見来ていただいた方には申し訳ないのですが・・・

土木部で施工中の「消波ブロック」制作現場に
おじゃますることが出来たので、その報告です。

P5310126


消波ブロック用型枠の上に設置された足場に昇ってみました。

台風2号から変わった低気圧の影響でしょうか。
少し風が強い能代港でしたが、天気も良く日本海が見渡せます。

とかく「建設業」と一括りにされる事の多い「土木」と「建築」ですが
このような現場を拝見すると、土木ってすごいなぁと感じます。

建築大体が、平坦な場所に建物を組み立てていくものですが、海や山や川を相手に格闘する土木工事は、そのスケールに圧倒されてしまいます。
この消波ブロックは住宅の2階建てくらいの高さはあるようで、そのくらい大きなコンクリートの塊を造るのです。
これ1個に使うコンクリートの量で、何件分の住宅基礎が出来るでしょう・・・
やっぱり凄い事です。

そうこうしていると、足場が宙を舞います。
足場ごと移動させるというのも建築ではあまり見かけません。

P5310127


この現場では、明日朝からコンクリートを打設する予定なのだそうです。
残念ながら、明日は見学出来そうにありませんが、次回は是非拝見したいものです。


調べてみたら俗に言う「テトラポッド」は登録商標のようで、正式名称が「消波ブロック」なのだそうです。
知らなかった・・・(汗)