吴裕泰1

呉裕泰茶荘(桂林旅行)は清代の光緒13年(1887年)に創業された。すでに120年余の歴史があります。

呉氏茶荘の茶葉は安徽省、浙江省、福建省などの産地から直接仕入れている。更に福州、蘇州などに人を派遣して、年代物育ちのジャスミン茶を水、陸運で北京へ運び、色々なランクのジャスミン茶を作っている。上は高官から下は一般市民まで、色々な職業の人々が、お茶を味わったり友人と会ったりする際に、呉氏茶荘の茶葉は欠かせないものとなっている。

創業120年のお茶専門店が抹茶味-チベット旅行とジャスミン茶味のソフトクリームを売っているのだ。私の経験上、中国のソフトクリームは牛乳の分量が少ないのか濃厚さに欠けるものが多く、個人的にはあまり美味しいと思ったことがなかった。そのためこれもまったく期待せずに食べたのだが、結論から言うと2種類とも予想以上に美味しかった。特に抹茶味は緑茶のしっかりとした風味が感じられて「さすが呉裕泰」と感心した。珍しいジャスミン茶ソフトのほうは、抹茶に比べるとお茶の風味が薄く、香りもほとんど感じられないが、口当たりがさっぱりとしていて、こちらもリピートしたくなる味。

吴裕泰2
 
 
人々がこぞって買い求めていたのは、呉裕泰茶荘のお茶ソフトクリーム。現在、呉裕泰茶荘は190軒のチェーン店、茶葉加工配達センター、茶文化陳列館(桂林観光)、茶芸チームと3つの茶館があり、中国でも有名な老舗です。